Stoned Brain Returns

遊びの日常。日記<週記

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

お世話様~

いやぁこちらこそ
会えてとっても嬉しかったよ!

テンション上がって、自分の話に終始してしまって
反省しているよ…

あと変な発言は
何卒お許しくださいませ(笑)

貴重な時間を割いて貰って
本当にありがとう!!

「THIS IS IT」観ました
感想はブログに書いたけど

正直あまり期待はしてなかったけど
とんでもない!!

背中がゾクゾクするような
パフォーマンスには感激したよ

観客の為にあれだけマイケル達が
やってくれてるんだぁ~と思うと

エンターテイメントという枠を超えた
何かを見たような気がした

マイケルが死んだのには
我々ファンにも責任があるのかも知れない…

そういう風に思ったよ

2010.01.12  ヤング  編集

>ヤンさん

いえいえとんでもない!
聞きたかったことだったので話聞けてよかった、てか聞き足りん(笑)
忙しいところホントにありがとうでした!

「This Is It」は家でDVD観るのもいいけど、
1度は日常生活のあれこれに邪魔されずに
集中して観とく方がいいと思うんだよね。
中途半端なドキュメンタリーだったらあんなにウザイほどオススメしないけど、
まさかこの直後に自分が死ぬなんて知らなかっただろうマイケルが
ライブのために本気のリハやってる姿を観たらね・・・。
熱狂的なファンではなくても、有名な曲しか聴いてなくても、
マイケルの音楽やダンスで心が動いたことのある人は、
マイケルを見送る意味でも観とくべきだと思うんだ。
他の曲では色んな日のを繋ぎ合わせてたけど、
唯一それをしてなかった「ビリージーン」をちゃんと観とくべきだ!

>ファンの責任
それはちょっと思った。
でもそのファンのためにマイケルはあれほど真剣だったんだよねー。


「こいつうぜー」くらい行け行けうるさく言いましたが、
気に入っていただけてよかった!

2010.01.13  KAORIE  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

連休

2010.01.11

category : DIARY

先週山形のヤングさんが遠路はるばる大分までいらっしゃっていて、
10日は帰りに福岡空港から飛行機に乗る前に数時間だけ約5年ぶりの再会を果たしました。
飛行機の時間があったのでゆっくりという訳にはいかず、
まー、まだまだ話すことは山ほどあったし、
次から次へと出てくるからおっつかないおっつかない(笑)
ブログとかtwitterで近況は知っているとはいえ、
実際に会って話すのとは違うんだよなーとつくづく感じました。
今後の方向性とか音楽の話とか、九州人の交通マナーの悪さとか(笑)
時間がなければないほど、話題が次から次へと出てきます。
ラーメンも食べられる居酒屋(ラーメン屋が経営している)大名の「長浜将軍門」でランチ。
ここは以前ヤンさん来福時に行った「ハーフペニー」の正面にある隠れ家的お店で、
以前忘年会か何かの集まりで来たことがありました。


その後はいつもの「風街珈琲店」にておしゃべりの続き。
この喫茶店は座ってると時間忘れるので、罠です(笑)


今回ヤンさんのスケジュールが会えるかどうか微妙な感じだったので、
3時間くらいでも会えてホントに良かったです。
いや、まったく時間がないならないで飛行場まで見送りに行くぞくらいの
覚悟は当然していたんですけどね。
非常に濃い3時間でした。
5年ぶり、会えて本当に嬉しかった&楽しかったのです!!


そしてその後は地元の友だちとキャナルシティの映画館で
1000円レイトショーで「This Is It」を観に行きました(またか)。
いや、友だちにつきあってって言われて。
つーか、迷ってたんで「行くなら付き合うから、ちょっとでも観たいなら行きなさい」って
ワタシが言ったんですけどね(笑)
映画までかなり時間があったんで、久々に住吉の「庵茂」さんへ。
ここでも写真撮り忘れました。
このお店は寒い冬に行きたくなるんですよねー。
お店の雰囲気が暖かいのであります。
そして昨日はテーブル(ソファー)席に座ったのですが、
お店の人を呼ぶために拍子木がぶら下げてありました。
いいですねー、古き良き日本って感じです。
次は名物の辛ぶた鍋食べよう。。。


映画は1000円の時間帯で、連休中日とはいえ、すごく人多かったです。
5回映画館に行きましたが、段々人が増えてます、7~8割は埋まってました。
ぐずぐずになって泣いてる人とか、椅子に座って体が揺れてる人とか、
そんな人も多かったです。
映画が終わって客電がつくまで殆ど誰も動かないというか、
動けないでいたんですが、
電気着いた途端、背後で「うわっざらざら」という声とも音ともつかない音がして、
何かと思ったら巨大なポップコーンの入れ物をひっくり返したらしく、
床が悲惨なことになっていました(笑)
前が通路の席だったからよかったけど、あの通路なかったら、
ワタシの頭の上にばらまかれていたんだなw
1月27日にDVD出る予定だし、それを見越してか映画館は24日までってところが多いですが、
この調子で打ち切れるんだろうか。

コメント

お世話様~

いやぁこちらこそ
会えてとっても嬉しかったよ!

テンション上がって、自分の話に終始してしまって
反省しているよ…

あと変な発言は
何卒お許しくださいませ(笑)

貴重な時間を割いて貰って
本当にありがとう!!

「THIS IS IT」観ました
感想はブログに書いたけど

正直あまり期待はしてなかったけど
とんでもない!!

背中がゾクゾクするような
パフォーマンスには感激したよ

観客の為にあれだけマイケル達が
やってくれてるんだぁ~と思うと

エンターテイメントという枠を超えた
何かを見たような気がした

マイケルが死んだのには
我々ファンにも責任があるのかも知れない…

そういう風に思ったよ

2010.01.12  ヤング  編集

>ヤンさん

いえいえとんでもない!
聞きたかったことだったので話聞けてよかった、てか聞き足りん(笑)
忙しいところホントにありがとうでした!

「This Is It」は家でDVD観るのもいいけど、
1度は日常生活のあれこれに邪魔されずに
集中して観とく方がいいと思うんだよね。
中途半端なドキュメンタリーだったらあんなにウザイほどオススメしないけど、
まさかこの直後に自分が死ぬなんて知らなかっただろうマイケルが
ライブのために本気のリハやってる姿を観たらね・・・。
熱狂的なファンではなくても、有名な曲しか聴いてなくても、
マイケルの音楽やダンスで心が動いたことのある人は、
マイケルを見送る意味でも観とくべきだと思うんだ。
他の曲では色んな日のを繋ぎ合わせてたけど、
唯一それをしてなかった「ビリージーン」をちゃんと観とくべきだ!

>ファンの責任
それはちょっと思った。
でもそのファンのためにマイケルはあれほど真剣だったんだよねー。


「こいつうぜー」くらい行け行けうるさく言いましたが、
気に入っていただけてよかった!

2010.01.13  KAORIE  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 
PROFILE

KAORIE

Author:KAORIE
NAME:かおりぃ
GENDER:真ん中より右寄り
AGE:70年代最後の年生まれ
LIVING IN:9州のF県
MIXI
TWITTER:cuore_ok
MAIL:
kan.du.beskydda.mig★gmail.com

PROFILE

CALENDER
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
MONTHLY ARCHIVES
CATEGORIES
LINKS(in alphabetical order)
WIDGET








Kaorieさんの読書メーター
ACCESS
FRIENDS REQUEST
MY FRIENDS

■ ブログ名:小人閑居

■ ブログ名:Finally

■ ブログ名:zoetrope【reverse】
FC2 BLOG RANKING
SEARCH

Copyright ©Stoned Brain Returns. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。