Stoned Brain Returns

遊びの日常。日記<週記

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

A HARD DAY'S NIGHT

2009.09.17

category : THE BEATLES

A Hard Day's NightA Hard Day's Night
(2009/09/09)
The Beatles

商品詳細を見る



毎日毎日ビートルズのことしか書いてなくて、
それしか頭にないのかと訊かれたら、そうですねないですねと言った所ですが、
MUSEの新譜もちゃんと買ったんですよ。
もうすぐHMVから白盤とPAST MASTERSと一緒に届く予定。
マルチバイ狙って輸入盤買ったんですが、
国内盤の方が良かったのかなぁ。。。
でもしばらく、ビートルズしか聴かないんだと思います。
ビートルズスイッチ入ると、他のこと何も考えなくていい(よくねぇだろw)ので、
自ら進んでそうしているようなもんですが。


A Hard Day's Night
最初の「じゃーん」ってのが、一番がつんと来るのは、何を隠そう87年盤。
mono盤はあんまりノイズっぽくないし、ステ盤は音が分かれちゃって弱々しい。
あの「じゃーん」は小奇麗に纏める必要ないし、
実はギターの和音だけではないって秘密も分からない方がいいし。
あの「じゃーん」って音は、その後のアルバムの行方を占うような音なので、
がつんとくればそれでいいんですよねー。
しかし、ステ盤これはなかなか健闘です。


I Should Have Known Better
イントロのハーモニカがちょっと違うので、これはステ盤、別テイクです。
「WTB」の最後の「Money」を聴いて、後がどうなるか気が気じゃなかったんですが、
これも中々いいです。
しかしこの曲は、映画を思い出しますねぇ。
電車の中の貨物車両でトランプ始めるシーン。


If I Fell
ステ盤の冒頭の♪If I fell in love with you♪からがジョンのダブルトラック。
87、monoとは違います。
この曲、♪If I give my heart to you♪からジョンとポールがハモり出すまで、
ジョンが淋しげに独りで歌ってる感じがいいんだけどなー。
ダブルトラックとかで中途半端にハモられてもなー。
と、最初は思うんですが、ステ盤これはGJです。
やっぱりロックナンバーよりもこの手のバラードの方がステレオはいいと思います。
ハモりもすごくきれい、さすがジョンとポール。
最後の♪And I would be sad if our new love was in vain♪
ポールが音が高くて声が出なかったなんかでちょっと笑ってるみたいです。
ステ盤、こういうちょっと失敗したトラック多いですねぇ。



I'm Happy Just To Dance With You

ステ盤、ベースがやけにでかくないですかね、ジョージがVo.なのに。
いや、ジョージがVo.だからなのかも知れませんが。
今回のリマスター、何となくベースがやけに目立つようになった気がするけど、
これは生存メンバーの特権ってことなのか。
いや、それはさすがに考えすぎですかね(笑)


And I Love Her
これはステ盤きれいですねぇ。
「WTB」の「Till There Was You」と同系統の良さ。
アコースティックギターの音がとっても綺麗に聴こえます。
ポールの曲はステレオの音に合ってるみたいですね。


Tell Me Why
これは「If I Fell」とは逆で、ジョンのダブルトラックがいい方に出た曲!
ステ盤めちゃくちゃかっこいいです!
「WTB」の「Little Child」で疾走感が失われて残念だったような感じが全くなし。
てか、「HDN」はステ盤いいんじゃないですか?!
Vo.も前作2作に比べたらセンターに来てて、
極端に変なエコーが聴こえるとかもないし、
ロックナンバーもちゃんと生きてます。


Can't Buy Me Love
歌いだしの♪Can't buy me love♪の音がmonoや87よりはっきりしてていいです。
ステ盤の方がシンバルの音が浮いてなくていいし。


Any Time At All
このアルバムに掛けるジョンの気合が伝わるだけに、
この曲の2回目の♪Any time at all♪がジョンには高すぎて、
ポールに譲ったってのは残念だな~。
でもジョン的には、ポールならいいやって感じだったんでしょうかね。
「CBML」と同じく歌いだしがはっきり聴こえるのが、monoや87よりはっきりしてていい!


I'll Cry Instead
monoや87では感じないんだけども、
タンバリンの音がすごく大きくて、
途中からタンバリンの音しか聴こえなくなってしまいましたw



Things We Said Today

これもステ盤良いですねー。
ギターのじゃかじゃーんがすごくきれいだし、ポールのダブルトラックもいいです。


When I Get Home

これもステ盤、かっこよく出来上がってますね。


You Can't Do That
この曲は絶対ステ盤がいい!!
この曲ギターがすごくやらしいんですが、それが聴いててよく分かる!
ジョージだろー、やらしいなー。
このアルバムの中でも2番目か3番目に好きな曲ですが、
♪たーららたららたらたらたら~♪ってリフが87盤聴いてても
耳から離れなくなるんですけども、
ステ盤で聴いてるとだんだんこのギターのフレーズが浮き上がってきて、
間奏になったら、きゃ~ってなりますw
間奏に入る前のジョンのシャウトもGJ!
間奏の♪You can't do that♪のコーラスもいい!
というのも、普通ジョージとポールがハモると、必ずポールの声が勝っちゃうのに、
この曲ではジョージが負けてないんです、超いい!
しかもステ盤はそれがよく分かる!!


I'll Be Back
「You Can't Do That」で「HDN」ステ盤GJ!!となった後、
KAORIE的、ジョンが書いた曲の中で、「Across The Universe」を上回るほど好きな曲、
「I'll Be Back」ですよ。
ビートルズとソロと合わせたジョンのオリジナル曲で、
19年くらいビートルズファンやってて、一番回数聴いてる曲は、
間違いなくこの曲です、絶対自信ある!
それがステ盤で、美しさ増してるんです、感激すぎて泣いた(笑)
♪I thought that you would realise♪のIのとこ、
ジョンの声があんなに綺麗に伸びてると思わなかったっす。
♪You know if you break my heart I'll go
But I'll be back again♪って歌詞から、
恋人にあてた歌詞のようですが、実はジョンの、
しょっちゅう行方不明になってた船乗りの父親との再開の歌なんだとか。
それにしても心に沁みる歌詞です。
「僕がいなくなれば、君にも僕が必要だって気付いてくれると思ってたんだ」とか
「どっかにいってしまいたいけど、君と離れるのは嫌だ」とか。
はぁ、切ないっす、ジョン。





この曲はデル シャノンの「悲しき街角」のコードをアレンジしたとかですが、
あの「悲しき街角」って曲もいいんだよなー、大好き。
1分10秒あたりから歌です。




2ndまでは、ステ盤惨敗でしたが、
ここに来て、よくなってきました。
ただ、すごくきれいな曲もあるし、かっこいい曲もあるけど、
勢いにいまいち欠けるところがあるというか、
小奇麗にまとまり過ぎてる感も否めないのでありました。
でも「HDN」のステ盤は悪くない、ホントに。
PROFILE

KAORIE

Author:KAORIE
NAME:かおりぃ
GENDER:真ん中より右寄り
AGE:70年代最後の年生まれ
LIVING IN:9州のF県
MIXI
TWITTER:cuore_ok
MAIL:
kan.du.beskydda.mig★gmail.com

PROFILE

CALENDER
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
MONTHLY ARCHIVES
CATEGORIES
LINKS(in alphabetical order)
WIDGET








Kaorieさんの読書メーター
ACCESS
FRIENDS REQUEST
MY FRIENDS

■ ブログ名:小人閑居

■ ブログ名:Finally

■ ブログ名:zoetrope【reverse】
FC2 BLOG RANKING
SEARCH

Copyright ©Stoned Brain Returns. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。