Stoned Brain Returns

遊びの日常。日記<週記

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドイツ映画の底力

2008.01.02

category : FILMS

年末に観た「4分間のピアニスト」を観て再確認しましたが、
ドイツ映画って、あまり日本に入って来ないけど、
面白い作品の多さにビックリします。

「4分間」を観た人の感想を読んでいると、
「話が上手くできすぎ」という物が多いのですが、
確かにドイツ映画って「できすぎ」なストーリーの物が多いかも知れません。
ただ映像や音楽が絶妙にスタイリッシュだったり、
ひねりが利いていて、ガッツポーズしたくなるとか、
テクノやジャーマンメタルのイメージを覆すような、
心温まるドラマがあったり、
少数精鋭といった感じの映画が多いと思います。


フランス映画の言いたいことが分からない(嫌いではない)映画とも、
イギリス映画の泥臭い(と言うかトイレ臭い)映画(嫌いではない)とも、
アメリカ映画のよく観るとウェットな映画(嫌い)とも違い、
スパッと鋭利なナイフで切り付けるようなシャープさです。


そんな中で、正月暇を持て余す僕は、
あの有名な「ラン ローラ ラン」のDVDを観ました。
真っ赤な髪で愛する彼氏マニを救うべく疾走するローラ。
それに合わせて流れるテクノと、
「もしもあの時こうだったら」というタイムパラドックスの世界。
結末は3つ。
こういう展開の映画は大好きだし、
ヴィジュアル、音楽ともにシャープで非常にスタイリッシュ。
うわー、良いなー。
しかも映画自体がそれほど長くないので、
飽きる前にスパッと終わる。


そういえば主人公が奇声を発して物を破壊するのって、
「ブリキの太鼓」へのオマージュなのかな。


うーん、これはカッコいい!
音楽好きも観ておくべき!


・・・観るの遅いよね(笑)


そんな僕が好きなドイツ映画。
数は少ないけど、
大好きな映画ばかりです。

・バグダッド カフェ
・グッバイ レーニン
・ベルリン 天使の詩
・マーサの幸せレシピ
・ラン ローラ ラン


でも最高に好きなのは「4分間のピアニスト」だな。
PROFILE

KAORIE

Author:KAORIE
NAME:かおりぃ
GENDER:真ん中より右寄り
AGE:70年代最後の年生まれ
LIVING IN:9州のF県
MIXI
TWITTER:cuore_ok
MAIL:
kan.du.beskydda.mig★gmail.com

PROFILE

CALENDER
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
MONTHLY ARCHIVES
CATEGORIES
LINKS(in alphabetical order)
WIDGET








Kaorieさんの読書メーター
ACCESS
FRIENDS REQUEST
MY FRIENDS

■ ブログ名:小人閑居

■ ブログ名:Finally

■ ブログ名:zoetrope【reverse】
FC2 BLOG RANKING
SEARCH

Copyright ©Stoned Brain Returns. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。