Stoned Brain Returns

遊びの日常。日記<週記

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋の夜長を蝋燭の灯火で

2007.10.21

category : DIARY

「歩き疲れた」なんて年寄り臭いことを言って、
日付変わる前にOrangeから退散してしまいました。
昨日の「博多灯明ウォッチング」の感想なぞ。

トラブルが発生して仕事が20分程度長引きました。
これが全部回れなかった原因です、くっそぅ。
まずは博多リバレインへ、マップをもらいに向かいました。

ここも灯明でライトアップされていました。

200710201858002.jpg


でも周りが明るいので、可愛いんだけど、
ちょっと勿体無かったです。
リバレインではピースというデュオのライブをやっていましたが、
もう終わるところでほとんど観ていません。

そして向かったのは博多小学校。

200710201916001.jpg


手前に写っている大き目の四角い灯明は、
博多小学校の生徒さんたちの手描きの絵。
その合間から校庭の地上絵が見えています。

そしてすぐ近くの豊国神社へ。

200710201920000.jpg


ここはこの写真に写っている所以外は何もなかったんですが、
小さい神社なので、
でも今回の中でもTOP3に入る綺麗さでした。

そして次は大浜小学校へ。
ここには綺麗な地上絵があるとのことで、
楽しみにしていました。
博多小学校、豊国神社からちょっと離れ、
大博通りという通りを歩くのですが、
この通りは博多埠頭と博多駅を繋ぐ大きな通り。
中央分離帯にはやしの木がズラッと植えてあります。

この大博通りが問題。

今回の博多灯明ウォッチングはこの通りを縦断する形で、
その通りの裏側にメインスポットがあるようになっていました。
昼間はそうでもありませんが、この大博通り。
夜は人通りが少ない上、広いし、
更にここ数日の福岡は風が強いもんだから、
寂しいし寒いし、何度へこたれそうになったことか!

しかし裏通りに一歩入ると普通の住宅地です。
そして大浜小学校まで灯明が導いてくれました。

200710201931000.jpg


曲がる車がぶつかって倒したりしないんだろうかと、
心配になりました。

そして大浜小学校へ到着。
門を入ってすぐ階段がありまして、
それを上ると真っ暗な体育館の床に円形に灯明が飾ってあります。
淡い光がとっても綺麗でした。

その体育館から校庭の地上絵を俯瞰できるようになっています。

200710201933001.jpg


校庭に描かれていたのは蝶の絵でした(多分)

博多小学校は大音量で音楽が流れてて、
ちょっと騒々しかったけど、
ここは静かで良かったです。

そして次。
止めときゃ良かったのに、博多埠頭、ベイサイドプレイスへ。
昔は色々食べ物やとか雑貨屋があってにぎわっていましたが、
今となっては寂れた所です。
でもライトアップは綺麗。

200710201952000.jpg


ただこのライトアップが裏目。
明る過ぎて灯明が生きません。
しかもここでも大音量でライブイベントをやっていたので、
何だかムードもへったくれもなくさっさと退散。

200710201959000.jpg


この写真はベイサイドプレイスの中でも割りと綺麗だったところです。
真ん中に人が立っているでしょう?
この人は火の見張り番なんです。
各ポイントに必ずいて、火が消えるとまた点ける。
豊国神社は会社の目の前の不動産屋さんのご家族が、
火の見張り番をされていました。
こういう皆さんの努力あってこそなんですねー。

もう残すは1時間。
ここからあの長い大博通りを元来た方向へ戻り、
もっと先へ。
長い、寒い、寂しい、お腹空いた、足痛い。
時間もないので、とりあえず博多高等学園の
「ペガサス」だけは見ようと思って、路地を歩きます。
大博通りの裏側の道って、中洲側はしょっちゅううろうろしていますが、
通りを挟んだ反対側の呉服町、
御供所地区はほとんど歩いたことがありませんでした。
なので、新鮮で良かったです。
大博通りからは想像もつかない狭い路地で、
古い民家や「○○荘」みたいな感じのアパートもたくさんあります。
こういう古い町並みが良いんですよ、静かで。

車1台やっと通れるかどうかというような路地で、
灯明で玄関を飾った民家を発見。

200710202026000.jpg


小さな門をくぐって、しばらく歩いて玄関までたどり着くような
お宅の造りになっているのですが、
ここは本当にシンプルで綺麗でした。

そして最後の難関(笑)大博通りに面したお寺の裏通り。
ここは逆に暗過ぎ(笑)
最初は目が慣れないし、灯明の光が淡すぎて、
やや鳥目気味なものだから歩くの怖い。
でもやはり目が慣れてくるもので、
お寺の境内で催し物をやっていて、
きつい照明(電気)が当たっていたのです。
明る過ぎて目が眩む。
やだねー、ワガママで(笑)

200710202027000.jpg


砂利道の真ん中に石畳を1列並べたような道をひたすら歩きます。
こんな道があったなんて知らなかったです。
そもそもこんなにお寺が多かったことも知らなかった。
やっぱりあちこち歩いて冒険ってしてみるものですよ。

もう携帯の画面ですら眩しく感じるようになった頃、
最後の目的地、博多高等学園到着。

校舎の中に入り、3階くらいまで階段を上がって、
渡り廊下から校庭に描かれている「ペガサス」の絵を見ました。

200710202049000.jpg


人が多かった(笑)

校庭に降りてみると、全貌は分かりませんが、
非常に神秘的で寒いのも、歩き疲れたのも、
もうすぐ終了時間だと言うことも忘れてしまいました。

普段蛍光灯の光に慣れてしまっていますが、
蝋燭の炎で静かに照らされた町を歩くのも
風情があって素敵です。


とか言いつつ、
Orangeの会場へ向かう途中の那珂川に掛かる橋から見える、
中洲の煌びやかなネオンも嫌いじゃないんだな(笑)

そしてOrange。
何しろ昨日はちょっとしかいなかったのですが、
いつもよりいろんな人と話せた気がします。
そうそう、CigavettesのVo.の人を発見して、話しかけてみたら、
その場でマイミクシィになってくれました(笑)
PROFILE

KAORIE

Author:KAORIE
NAME:かおりぃ
GENDER:真ん中より右寄り
AGE:70年代最後の年生まれ
LIVING IN:9州のF県
MIXI
TWITTER:cuore_ok
MAIL:
kan.du.beskydda.mig★gmail.com

PROFILE

CALENDER
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
MONTHLY ARCHIVES
CATEGORIES
LINKS(in alphabetical order)
WIDGET








Kaorieさんの読書メーター
ACCESS
FRIENDS REQUEST
MY FRIENDS

■ ブログ名:小人閑居

■ ブログ名:Finally

■ ブログ名:zoetrope【reverse】
FC2 BLOG RANKING
SEARCH

Copyright ©Stoned Brain Returns. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。