Stoned Brain Returns

遊びの日常。日記<週記

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

映画あれこれ

2014.12.08

category : FILMS

「嗤う分身」以来劇場で鑑賞した映画の感想をサボっていたので
ここでまとめて書こうと思います。
Filmarksには色々書いているので、ご興味あればご覧ください。

100歳の華麗なる冒険
日本でも高齢者を主人公にした映画は多くなっている気がしますが、
これはスウェーデンの100歳の誕生日を迎えたアランが
老人ホームから脱走すると言うコミカルなロードムービー。
と言うと可愛らしい感じに聞こえますが、このアランというじーさんが結構頭おかしい。
子供の頃から爆発物と爆破が大好きという危険人物っぷりで、
そもそも老人ホームに入れられたのも、家猫を外に放してキツネに殺されてしまい、
そのキツネを納屋諸共爆殺したという経緯。
もう危な過ぎです。
そのアランが適当に辿り着いた電車の駅で若者から一瞬預かったトランクに
大金が入っていることを知らず電車に一人乗り込んだことでマフィアに追いかけられるという
現在のアランの話と
アランがそれまでどんな人生を送って来たかという物語をクロスさせて話が進行するわけですが
その過去の話がまたブラックすぎて時々「ここ笑っていいの?」というレベル。
あれよあれよと言う間に戦争に巻き込まれ革命に巻き込まれ、
有名政治家に出会い、何となく全て切り抜けていく様は圧巻です。
そして特に感傷的になるでもなく、サラッと次から次へと人が死んでいく。
ホラー映画みたいです。
生首飛んできたときは焦ったわw

日本で高齢者をモデルにした映画を撮るにしても、
ちょっとこういうのはできないだろうなぁ。

紙の月
何度か劇場の宣伝で観て、宮沢りえがよさそうだったので観た映画。
ちょうど中洲大洋のポイントが貯まってたので無料で観られました。
銀行の契約社員である平凡な主婦、梨花が
銀行の顧客の大学生の孫の光太と不倫関係になり、莫大な額の銀行預金を横領。
二人で贅沢の限りを尽くしたが、銀行の書類の不備が明らかになり
梨花が追い詰められていくという映画。

この映画は原作があるのですが読んでおらず、
紙の月 (ハルキ文庫)紙の月 (ハルキ文庫)
(2014/09/13)
角田 光代

商品詳細を見る


ドラマ化もされて評判がいいようですが、観ていません。
紙の月 [DVD]紙の月 [DVD]
(2014/10/24)
原田知世

商品詳細を見る


なので単純に映画がどうだったかということで語ると、
ちょっと梨花と光太が不倫関係に至る経緯が雑な感じで
もうちょっと何かなかったの?と思う所があったのですが、
それでもなかなか緊張感があっていい映画でした。
それと平凡な主婦を演じるには宮沢りえはオーラあり過ぎますね。
地味な化粧に地味なコートを着て、ポケットに手を突っ込んで歩いてても
銀行の地味な制服着ててもカッコいいんですよね。
今まで気付かなかったけど、意外と男前な感じもして素敵でした。
それから銀行の同僚、隅役の小林聡美。
梨花の横領が発覚して、会議室のようなところで二人で話すシーンがあるのですが
張りつめた空気感が、さすがだなと思いました。
更に意外だったのが同じく同僚の相川役、大島優子。
AKBとかどうなの?とちょっと思ってたけど、悪くなかったです。
梨花が横領に手を染めていくのを知っているかのような発言をして
梨花や観ている側をハラハラさせる演技はよかったです。

そしてテーマソングがThe Velvet Undergroundの「Femme Fatale」
Velvet Underground & NicoVelvet Underground & Nico
(1996/05/07)
The Velvet Underground

商品詳細を見る


映画は薄靄がかかったような、冷たい雰囲気だったけれど、
最後に流れる「Femme Fatale」が生々しく、現実離れした空気を出していて◎。


トム アット ザ ファーム
モヤッとした映画でした。
映画を観る前にある程度設定を頭に入れておかないと
ストーリーに必要な人間関係が理解できないような気がします。
トム(監督で脚本も書いたグザヴィエ ドラン)はゲイで、恋人のギョームは
交通事故で死んでしまった。
トムはギョームの実家へ葬儀の為に向かうのだが、家族がちょっとおかしい。
ギョームが「サラ」というカノジョがいると母親に言っていたため
トムはギョームの友達であると自分の立ち位置を偽らなければならない。
ギョームの兄フランシスは暴力的な男で、トムに対しても家に閉じ込め、
家業である酪農を手伝わせ、母親の為にとウソを吐かせ、
とにかく何かにつけて暴力をふるう。
周囲の村人からも村八分にされている様子。
同性愛者を嫌悪している風だったのだが、トムとタンゴを踊ったり、
いつの間にか寝床がくっついていたりして、
「え、トムとフランシスはそういうことになっちゃってるの?」と
思わずにはいられないような男。

ストーリーはモヤッとしていますが、とても綺麗な映画でした。
「愛のサイコサスペンス」という触れ込みを観て
「サイコサスペンスねぇ」という気がしないでもありませんが、
何だかんだフランシスの存在がエロティックで
暴力的だけどどこか惹かれるところがあるんですよね。
フランシスはDV男の典型で、トムはそれに振り回される典型なのかもしれないけど。

そして最後に流れるルーファス ウェインライトの「Going To A Town」


「ブロークバック マウンテン」や「チョコレートドーナツ」のときもそうでしたが、本当にルーファス何なの。
主役がゲイの映画ではルーファスの映画を使うような決まりでもあるの?!
しかもルーファスの曲のせいで映画そのものの価値が上がってるような気がして
騙されたんじゃないかって気がして仕方ないんだけどw

Release the StarsRelease the Stars
(2007/05/15)
Rufus Wainwright

商品詳細を見る




デビルズ ノット

ウエストメンフィス3事件という実際にアメリカで起きた事件に関する映画。
アーカンソー州ウエストメンフィスで3人の男児が惨殺された。
容疑者は3人の10代の少年たち。
しかしずさんな捜査と偏見で容疑者にされた少年たちの、冤罪の可能性を疑った弁護士のロン ラックスや
被害者の少年の母親のパム ホッブスを筆答に、
アメリカの様々な著名人が声を上げ、3人の少年は
「有罪を認める代わりに釈放」という全く意味の分からない司法取引で釈放。
この映画も当然結論が出ないまま終わります。

未解決事件は大好きですが、映画作品として観るにはどうなのかなと
ちょっと思ってしまう内容ではあります。
まぁ啓発目的というのはあるのでしょう。
だいたい私はロン ラックスを演じたコリン ファース目当てで行ったので
内容がどうこうはまぁそこそこ映画としてできていればいいくらいの感じだから
文句はありません。
やっぱりコリンは素敵、スーツ姿カッコいい、コリン大好き。
それより容疑者の1人ダミアン役のジェームズ ハムリックが綺麗な子でした。
若かりし頃のSuedeのギタリスト、リチャードのような美少年でした。
リチャードも今はピザってるけど、加入当初は目が飛び出るような美少年でしたからね。
時間って残酷だね。


365日のシンプルライフ
今年は北欧映画が充実している気がします。

「デビルズ ノット」の後に昼食を食べた後という時間帯に観たので
睡魔に負けて冒頭は記憶にありません、情けないことです。
主人公のペトリはカノジョに振られたのをきっかけに
物が多過ぎる自分の部屋にうんざりして、全て残らずトランクルームに預け、
1日に1つだけ、必要なものを持ち帰り、新しく買い物はせず、
それを1年間続けると言う実験をする。
主人公のペトリを含め、家族もご本人様が演じているという
手作り感満載の映画です。
シンプルに生きようとする人がシンプルに作った映画。
でも服まで預ける必要あったの? トランクルームまで全裸で疾走って
日本だったら下手したら捕まるよwという疑問もある。
まぁ実験ですからいいんだと思います。

「所有とは責任であり、モノは重荷になる」

私の死んだばあさんが、正にこういう感じの人で、
自分の家や部屋はモデルルームみたいでしたね。
ひいばあさんが死んだ時に、その荷物の片付けで大変な思いをしたそうで
その教訓だったらしいです。

以上。
2014年も残すところあと1か月弱となりましたが、
あと何本くらい観られるのでしょうか。
新しい作品ももちろんまだまだあるのですが、
福岡で12月中旬に開催される「爆音映画祭
大好きな「UNDERGROUND」の上映が決定。

アンダーグラウンド 2枚組 [DVD]アンダーグラウンド 2枚組 [DVD]
(2012/04/28)
ミキ・マノイロヴィチ、ラザル・リストヴスキ 他

商品詳細を見る


これは絶対観に行くし、今まで観たかったけど観てなかった映画
「ブルーベルベット」も上映決定。
ブルーベルベット (特別編) オリジナル無修正版 [DVD]ブルーベルベット (特別編) オリジナル無修正版 [DVD]
(2007/11/02)
カイル・マクラクラン

商品詳細を見る


日本公開当時、なぜ劇場で観たのか分からないけど観てて、
もしも今日本で公開されても絶対観るであろう「ドラキュラ」も上映。
ドラキュラ [DVD]ドラキュラ [DVD]
(2009/11/04)
ゲイリー・オールドマン、ウィノナ・ライダー 他

商品詳細を見る


ゲイリー オールドマンですよ。
大好きな映画ですよ。

もう5~6本は観るかも知れませんね。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 
PROFILE

KAORIE

Author:KAORIE
NAME:かおりぃ
GENDER:真ん中より右寄り
AGE:70年代最後の年生まれ
LIVING IN:9州のF県
MIXI
TWITTER:cuore_ok
MAIL:
kan.du.beskydda.mig★gmail.com

PROFILE

CALENDER
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
MONTHLY ARCHIVES
CATEGORIES
LINKS(in alphabetical order)
WIDGET








Kaorieさんの読書メーター
ACCESS
FRIENDS REQUEST
MY FRIENDS

■ ブログ名:小人閑居

■ ブログ名:Finally

■ ブログ名:zoetrope【reverse】
FC2 BLOG RANKING
SEARCH

Copyright ©Stoned Brain Returns. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。