Stoned Brain Returns

遊びの日常。日記<週記

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Maraton/Alina Devecerski

2012.11.28

category : MUSIC

comment(0)

Maraton/ Alina Devecerski

P3ではそりゃあしょっちゅかかってたんですが、
日本ではAmazonにすら売ってないので、本国のCDショップです。
アルバムの2曲でKentのJoakim Bergが参加していると言うので、
「Flytta På Dej」も好きだし、CD買うかとなったわけです。



とんがってますねぇ。
ずっとアルバム通してこのテンションだと飽きるかなと思ったけど、
意外にそうでもない。
最後の2曲がいいのかなw





ヨアキムとの共作2曲です。
「Krigar Precis som Du」最初はそうまでありませんでしたが、
だんだん好きになって来ました、じわじわきます。
スポンサーサイト

till mina älskade och älskare

2012.11.27

category : MUSIC

comment(0)


Till Mina älskade Och älskareTill Mina älskade Och älskare
(2012/06/12)
Linnea Henriksson

商品詳細を見る



こちらもP3で聴いたスウェーデンの女性ジャズシンガー、リネア ヘンリクソン嬢。
ジャズシンガーと言っても、ポップな曲も歌っています。
新人さんかと思ったら2010年デビューなんですね。
amazonで買おうかと思いましたが、昨日書いたMando Diaoの「Infruset」と、
アリーナ嬢の「Maraton」と一緒にスウェーデンのストアで買いました。

一番新しいシングル曲がこれです。




P3を聴いていたら、本当にしょっちゅうかかるので、
繰り返し聴いているうちに好きになってしまいました。

スウェーデンのジャズシンガーというと、この人も好きです。


Lisa EkdahlLisa Ekdahl
(2005/05/31)
Lisa Ekdahl

商品詳細を見る


スウェーデン語のけだるい響きが、ソフトなジャズの音によく合うんですよね。
あとスウェーデン女性はハスキーな声の人が多いイメージですから、
ジャズにも向いてるのかもしれません。
ポップもロックもジャズもいけるとか、スウェーデン音楽最強です、知ってたけど。

INFRUSET/Mando Diao

2012.11.26

category : MUSIC

comment(0)


Infruset Schwedisches AlbumInfruset Schwedisches Album
(2012/11/02)
Mando Diao

商品詳細を見る



Mando Diaoと言えば


Bring 'em inBring 'em in
(2003/01/28)
Mando Diao

商品詳細を見る


このアルバムでがっつり北欧ガレージロックを聴かせてくれて、
ライブで痣だらけになるという、貴重な体験をさせてくれたバンドです。
ずっと英語で歌っていましたが、
新譜、「Infruset」ではスウェーデン語で歌っています。
グスタフ フレディングというスウェーデンの詩人の死後100年ということで、
その詩人の詩を音楽に使うという、そういうアルバムらしいです。

P3で聴いて、聴いたことある声だなー、誰?と思っていたら
Mando Diaoだったという訳です。
1stの頃の尖がった感じはすっかり影を潜めてしまい、
オーガニックな雰囲気すら漂うロックになっています。
この人たち、ゴリゴリのロックやめちゃったのかな、ちょっと淋しい。
でも好きだなぁ、こういうMando Diao。


ネヴァー・シーン・ザ・ライト・オブ・デーネヴァー・シーン・ザ・ライト・オブ・デー
(2007/11/07)
マンドゥ・ディアオ

商品詳細を見る


このアルバムもそんな感じで大好きです。
新譜よりもロックですけどね。
程よい感じが凄くいい、名盤なのです。

「Never Seen~」はともかく、
P3でしょっちゅうかかっていたので、多分この曲が
「Infruset」のリードトラックだと思います。



大好きです。

久々に「Sheepdog」の動画観たくなって探してたら
こんなの見つけました。



この曲まで、こんなアレンジになってんのか!
この曲はこっちがいいなぁ。



ただ改めて聴くと、意外とメロディラインは今も変わってないような・・・?
新譜の曲もアレンジ変えたら、昔のガレージロックな曲になるのかな。

Ringo2012

2012.11.22

category : THE BEATLES

comment(0)

リンゴ2012リンゴ2012
(2012/02/08)
リンゴ・スター、リチャード・ペイジ 他

商品詳細を見る


来年2月来日の大阪公演のチケットが無事に取れました。
ジョン レノンやポール マッカートニーに比べると地味だが
ビートルズの生き残り、生ける伝説リンゴゥのライブともなれば、
ビーヲタ集結、過酷なチケット争奪戦になるのではないか。
先日の関ジャニ∞、丸山隆平くんのお芝居のチケット争奪戦と
どっちが過酷なんだろうか、
果たしてビーヲタとジャニヲタ、どっちが怖いの?!gkbrでしたが、
先行予約で簡単に取れたので、怖さではジャニヲタに軍配が上がりました。

大体ビーヲタの中でもリンゴファンって心優しい人が多い気がします。
実際ビーヲタだからリンゴのライブ行く!ってのは、
ポールのライブに比べると、ちょっとなさそうですよね。
前のリンゴの来日のとき、何を隠そう私も
「リンゴかー、まぁ別にいいや」なんて思ってましたw
いや、福岡に来なかったし、しかもまだ中学生だったから、
「ライブのためなら大阪でも東京でも!」とは行かなかったしね。

そんなリンゴの新譜を遅ればせながら購入。
牧歌的な素敵なロックアルバムです。
前の「Y not」の時も書いたと思うけど


ワイ・ノットワイ・ノット
(2010/01/27)
リンゴ・スター

商品詳細を見る


ここがこう、あそこがああいいっていうんじゃないんですよね。
トータルでリンゴな感じでイイのです。
リンゴのアルバムってどれを聴いてもそんな感じ。
肩肘張ったところがなくて聴いていてホッとします。
聴く側の自分が年取って来て、
リンゴの緩いノリがちょうどよくなってきたのかもしれませんね。

ライブではどんな曲を演ってくれるのでしょうか。
ビートルズ時代の曲も多いでしょうけど、
ソロのも遠慮なく来い!!と言いたいです。
しっかり予習して行くよ!

Kentの歌詞の和訳

2012.11.18

category : LANGUAGE

comment(0)

またブログサボってるな?と思われてたら誤解です。
と、先に言いわけさせてください、Godmorgon!

実は別宅のKentブログにて、スウェ語の勉強も兼ねつつ、
Kentの楽曲の歌詞の翻訳を始めました。
残念ながら、まだ1曲もUPされてませんが(汗)
ちまちま下書き保存しながら着々と進行中であります。

なるべくgoogle翻訳には頼らず、スウェ語⇔英語のオンライン辞書と、
スウェ語学習に利用しているiTalki
ネイティヴの方にQ&Aで質問したりしながらなので、
かなりスローペースにはなると思います。
忘れてたけど、歌詞の翻訳って難しいんですよね。

難しいのは確かですが、これをやることで単語は憶えられるし、
簡単な文法なんかも分かるようになるのも確か。
英語もそうでしたからね。
小学生の時分にビートルズにはまって、
中学で英語が始まった時に、「3単現のS」で躓かなかったのはビートルズのお陰です。
先生が面倒臭い所だと言っていたけど、
むしろワタシは「She Loves Youってこれか!!!」と謎が解けて歓喜だった、
そんな思い出もあります。

スウェ語を習っていた時も、Kentの歌詞を分からないなりに読んでいたおかげで、
単語も結構知ってたので完全に0からスタートではなかったくらいだから、
歌詞の翻訳は語学習得の役に立つはず!と信じてやまないのであります。
好きなことは集中してできますしね。
リスニングはラジオのP3、単語暗記はKentで頑張ります。

と云う訳で、最近ブログの間隔が開き始めてますが、
「あぁ、Kentのやってんだな~」と生温かく見守っていただけると幸いです。

しかしスウェ人のS氏に教えて貰いながら「Pärlor」訳した時に、
「Kentの歌詞、ちょっと難解なんだよね~」と言われたので、
不安は大いにありますがw

Parallel Lions

2012.11.06

category : MUSIC

comment(0)

オーストラリアって国は、時々神懸かり的に美しいバンドを排出します。
中でもワタシの好きなのはArt Of Fighting、2度もライブを観られました。
そのArt Of Fighting、最近どうしてるのかなと思って調べたら、
2度目にワタシがライブを観た後、どうやら活動休止していたらしいという事実を
他のブログ様で知りました、2007年だそうです。

そしてAOFのオリー ブラウンが、新しいバンドを始めていたことも発覚。
Parallel Lionsというそうです。
音源も聴くことができます。
バンドは形を変えたけど、オリーは変わってないんだな。

AOFも一部のコアなネオアコ、インディーポップファン以外にはあまり知られてなかったけど、
このバンドもあまり大がかりなプロモーションはしていなさそうです。
いいんだけどね。
今後も、穏やかに見守っていきたいと思います。
PROFILE

KAORIE

Author:KAORIE
NAME:かおりぃ
GENDER:真ん中より右寄り
AGE:70年代最後の年生まれ
LIVING IN:9州のF県
MIXI
TWITTER:cuore_ok
MAIL:
kan.du.beskydda.mig★gmail.com

PROFILE

CALENDER
10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
MONTHLY ARCHIVES
CATEGORIES
LINKS(in alphabetical order)
WIDGET








Kaorieさんの読書メーター
ACCESS
FRIENDS REQUEST
MY FRIENDS

■ ブログ名:小人閑居

■ ブログ名:Finally

■ ブログ名:zoetrope【reverse】
FC2 BLOG RANKING
SEARCH

Copyright ©Stoned Brain Returns. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。