Stoned Brain Returns

遊びの日常。日記<週記

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪の旅。その1

2012.02.23

category : TRAVELLING

comment(4)

2月11日に、珍しく何の音楽イベントもないのに、大阪へ行ってきました。
観光と、向こうにいる友、飛溺氏に会うためだったわけですが、
そこへ至るまでのあれこれ。


1月末、内容は憶えていないが、飛溺氏が突如夢に現れる。
ちょうど仕事のこととか執筆のこととかでくさくさしていて、
どこか行きたいなぁ、2月に連休あるなぁ、どうしようか、
飛溺氏がその連休に仕事が忙しくなかったら遊びに行ってみようか、
しかしお金もないs(ryとグダグダ。


2月最初の土曜日。
佐賀の友ひじきさんと食事。
長期休暇中だから大阪に行くかもしれないというひじきさん。
私も数日行きたいなと考えてはいるけど、何かダラダラして、
結局行かないだろうなーとか思い、とり立てて具体的な話はなし。


2月8日。
去年のサマソニのとき以来、ほとんどメールもしてなかった飛溺氏から、
ワタシが夢に出て来たというメールが届く、何なのこのタイミングwww
そーいえばさー11日の連休のとこでおーさかにいこーかなーと思ってたけどさー、
お金もないしさー、なんかもう無理っぽいけどー、
参考までにその日とか暇なーん?と聞いてみたら、
よりによって、その週末だけ時間があるとかで、
何かもうタイミングがタイミングだし、こりゃ行っとくかとなったわけです。
しかも新幹線の乗車券が最安値で買える最後の日だったというのも幸運でした。
更に大阪に行くと言っていたひじきさんが、
まだその日も大阪にいると言うことで、現地で会うことに。


2月11日。
新大阪で新幹線を降り、地下鉄で動物園前駅まで移動。
実は大阪は梅田とか心斎橋周辺、あとはサマソニで舞洲くらいで
難波より南側には行ったことがありません。
今回は観光(一般的にはそういう風には思えないかもしれない)。
ずっと行ってみたかった、ディープな大阪、新世界周辺を飛溺氏に案内してもらうことに。
参考サイト:大阪DEEP案内(西成編)
駅改札で飛溺氏と待ち合わせて、今はなきフェスティバルゲートの跡地横を通り、
まずはおなじみ通天閣へ。


DSCF00301.jpg

福岡の博多埠頭に無料で登れる博多ポートタワーというのがありますが、
設計が通天閣の設計をされた方なので風貌がよく似ています。

DSCF00061.jpg

登ってみようかと思いましたが、50分待ちとかだったので、
また後で来てみようと、とりあえず食事をすることに。
(注:その後結局登り忘れますw)


新世界名物串カツも食べてみたいけど、どこも行列だし、
やはりチェーン店が多くて面白くないしということで、
昼でも開いてて、おっちゃんおばちゃんがカウンターに座って
昼から酒飲んでる居酒屋へ入り、同じく名物どて焼きを食べることになりました。
どて焼きって味はもつ煮込みっぽいんですね、肉が牛スジですけどね。
どて焼きだけど焼いてない不思議。
牛肉は好きじゃないけど、スジとか内臓は平気な私は、
この手の料理は大好きです、甘くて美味しかった~。
最後に食べた山芋鉄板がトロトロでとっても美味でした。
ああいう昭和な感じの飲み屋に行くと、今でも日本酒が飲みたくなります。
昼とか夜とか関係なく。


観光らしい観光はここまで。
ここからは写真撮影不可な世界。
目まぐるしく変化してゆく、テレビや雑誌で紹介されて、
若い人やセレブを装った人が好むような新しくてオシャレでこぎれいな都会よりも、
時間や社会の発展ににおいてきぼりにされて、
確かに存在しているのに見て見ぬふりをされているような場所を好きな私が、
ずっと行ってみたかった西成のドヤ街へ。
何を観るのかとか、冷やかしならやめておけとか、
色々ご意見もございましょうが、そういうのともまた違います。
何もかも失くして、どこにも行き場を失くした人間が、
片道運賃だけ持って行きつく先がどんなところなのか興味があったのです。


色々ネットで情報を漁っていると、この日本で唯一暴動が起きる場所とか、
要塞のような警察署があるとか、違法薬物を路上で普通に売っているとか、
物騒なことしか書いてなくて、正直本当に大丈夫かとハラハラもしました。
確かに交差点で信号を待っていると、背後で酔っぱらってるのか、
クスリでラリってるのか分からないおっちゃんが、「社長、社長!!」とか
誰にともなく大声で話しかけていたりしました。
何故か分からないけれど、街を歩いていると、それこそドヤ街で毎朝仕事を探して、
夜酒飲んで酔っぱらってるようなおっさんとか、
何の仕事してるか分からないような酔っぱらいに、しょっちゅう絡まれる私は、
いつか絡まれるんじゃないかとヒヤヒヤ。
その直前に新世界で食事をしようと歩きまわっているときにも、
すれ違いざまに、どうも酔っぱらった風なおっさんにでっかい声であいさつされました。
いや、私じゃなくて、近くの別の人に言ったのかもしれませんけどね。
過去に何度も絡まれたけれど幸いいい人ばかりで危害加えられたとかはなく、
楽しく雑談で終わるんだけど、面倒臭いじゃないですかw


まぁその話はいいとして、
休日の昼間ということもあるかもしれないけれど、車も歩行者も少ない。
早朝には日雇いの仕事を求めて行列ができるというあいりん公共職業安定所周辺も、
人の気配はまばらで、更に建物の裏側に行くとくたびれた雰囲気のおっちゃんたちが
ふらふら歩いていたくらい。
街は、普段生活していて嗅いだ事のないような匂いが漂っていて、
あちこちに「立ちしょんべん禁止」という看板と鳥居のマーク。
そんな状態知らないけど、これが「街がしょんべん臭い」状態なのかと、
妙に納得してしまったり。
物騒というよりも、寂れているというか、生気のない街でした。
通り抜けた商店街も暗くて余り人気もない、休日だったし休業日だったのかな。
ただ私にしてみれば、人が多くて新しい綺麗な建物があって、
街がキラキラしていれば生気活気のある街とは思えません。
どこにでもある同じ顔の都会の街に情緒はなく、そういう街は好きじゃありません。
むしろ西成のうらぶれた街の大通りから一歩路地に入ると、
古い民家が建ち並んでいて(またその建築が渋い)、そこに住んで生活する人も確かにいる。
日本最大のスラムとか貧民街と言われる街ですが学校もある。
歩きながら飛溺氏の知る西成に住む人や、そこでアート活動をしている人、
暴動を掻い潜り、その周辺の高校に通っていた人の話の話を聞くと、
スタイリッシュだとかセレブな生活は到底イメージできないけど、
この辺に住むのも、結構悪くないんじゃないかなんて思えてきました。
この先私が行方不明になったら、釜ヶ崎に引っ越して、
日雇いの仕事上がりのおっちゃんたちと路上で酒盛りしてるかも知れません。
酒はやめたので自販機で50円とか80円で買えるジュースとかでw


こういうことを言ってるから、しょっちゅうその手のおっちゃんに絡まれるんだw


そうそう店頭で売ってる作業着が¥1,980とか、宿が1泊¥1,500とか¥2,000とか
ネットカフェより安い、デフレとか言ってる場合じゃない価格。
自販機のジュースが50円とか80円とか完全に昭和です。
安宿が多いので近頃は外国人のバックパッカーも増えているというのもよく聞く話。
西成が幾ら物騒でも、我が国よりは安全なんてことがガイドブックに書いてあるとかw


そんな釜ヶ崎を離れ、次は大阪の色街、飛田新地へ。
というわけで、続きます。


・・・そういえば有名な三角公園は行かなかったな。
スポンサーサイト
PROFILE

KAORIE

Author:KAORIE
NAME:かおりぃ
GENDER:真ん中より右寄り
AGE:70年代最後の年生まれ
LIVING IN:9州のF県
MIXI
TWITTER:cuore_ok
MAIL:
kan.du.beskydda.mig★gmail.com

PROFILE

CALENDER
01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
MONTHLY ARCHIVES
CATEGORIES
LINKS(in alphabetical order)
WIDGET








Kaorieさんの読書メーター
ACCESS
FRIENDS REQUEST
MY FRIENDS

■ ブログ名:小人閑居

■ ブログ名:Finally

■ ブログ名:zoetrope【reverse】
FC2 BLOG RANKING
SEARCH

Copyright ©Stoned Brain Returns. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。