Stoned Brain Returns

遊びの日常。日記<週記

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画感想(ネタばれあり)

2011.06.22

category : FILMS

comment(0)

道【淀川長治解説映像付き】 [DVD]道【淀川長治解説映像付き】 [DVD]
(2009/02/20)
ジュリエッタ・マシーナ、アンソニー・クイン 他

商品詳細を見る



ジェルソミーナはかつて売り飛ばされて、亡くなった姉のローザの変わりに
胸の筋肉で鎖を引きちぎる芸しかできない怪力で粗野な大男
ザンパノにはした金で売り飛ばされ、
大型二輪(?)に幌をつけた乗り物で大道芸をしながら旅をする。
ザンパノは酒場で女を引っ掛け、ジェルソミーナを夜中の町に置いてけぼりにし、
自分を役に立たない人間だと言うジェルソミーナを
「石ころでも役に立ってる」と励ましてくれた綱渡り芸人を
ジェルソミーナの目の前で(自己とはいえ)撲殺し、
精神の安定を失ってしまったジェルソミーナを捨ててしまう。
そんなジェルソミーナがトランペットで吹いていた曲(高橋大輔がフリーで使用したあの曲)を
偶然町で洗濯をしている女性が歌っているのを耳にし、
その女性からジェルソミーナが死んだことを知ったザンパノは、
夜の浜辺で独りむせび泣く。


と、書いてしまうと、陳腐なストーリー。
とりあえず観た方がいいと思います。


映画の解説には「ジェルソミーナは頭が弱い」とか「白痴」とか書かれているけど、
多分そんなことはないでしょう。
それよりも、自分で考えることを、取り巻く環境が許してくれなかった。
母親はザンパノから金を受け取り、可哀想だと泣きながらも、
かわいい娘を決してザンパノに渡すまいと言う強い気持ちは皆無。
お前がザンパノのところに行けば、食い扶持が減るんだと言っている。
ザンパノは鞭で叩きながら、ジェルソミーナに太鼓を叩かせ、
やっとありのままの自分(この表現は気持ち悪くて嫌いだが)でいることを
綱渡り芸人が教えてくれたが、結局ジェルソミーナはザンパノを選び、
綱渡り芸人は自分の目の前でザンパノに殺される。
ジェルソミーナはここで初めて正気を失うのだと思います。
それまでは至って正常だったと、ワタシには思われるのです。
綱渡り芸人が撲殺されるのを目の当たりにする以前のジェルソミーナに
強いて何か病名らしきものをつけるなら、アダルトチルドレンとかじゃないでしょうか。
映画製作公開当時にはそんな概念一般的ではなかったでしょうが。


この映画は宗教色の強い作品だそうですが、
ワタシは宗教なんて「(都合のいいときにお祈りする)神様」しか信じていないので、
観ていて、修道院が出て来たり、お祭りのシーン以外に
宗教色なんて感じませんでした。
イタリアのこの時代の映画には修道院とかよく出てくるし。
淀川さんの映画解説によると、綱渡り芸人が「神」なんですって。
それよりも現代の精神病理に通じるものを感じました。
母親とザンパノからの虐待と、
ジェルソミーナが綱渡り芸人ではなくザンパノを選んでしまうところから、
ジェルソミーナとザンパノ間の共依存関係。
ジェルソミーナが「自分なんか役に立たない」と言っているところを見ると、
明らかにその関係が成り立ってると思います。
でもザンパノには私がいなくちゃだめなの、私がいないと彼は孤独なのってな。
そしてザンパノの顔を見ればおちょくっている綱渡り芸人は、神と言うよりも、
ザンパノに欠けていて、ザンパノが内心では
「こうありたい」と思っている像なのではないかと思いました。
ザンパノは粗野で無神経で怪力しか取り得のなさそうな男ですが、
心根は優しかったのではないかと思います。


きっとジェルソミーナが死んだと分かって、浜辺で泣いていたザンパノも、
その後生き方を改めたりすることもなく、
鎖を切る芸で金を稼ぎ、女と遊びながら生きていくのでしょう。
そうすることしかできないザンパノの生きる道「La Strada」なのだろうと思います。


ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア デジタルニューマスター [DVD]ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア デジタルニューマスター [DVD]
(2009/11/20)
ティル・シュバイガー、ヤン・ヨーゼフ・リーファース 他

商品詳細を見る



ドイツ映画ってやっぱり良いんだわ~。


世界で一番いい映画を作る国はどいつだ? 

ドイツだ!



くだらなくてスミマセン。


骨肉腫とかでそんなに元気そうなわけないじゃんとか、
マフィアや警察がそんなに手ぬるいわけないじゃんとか、
マフィアのボスが自分の金に手をつけた人間に
そんなに優しいわけないじゃんとか、ツッコミどころ満載なんだけど、そこがいい。
日本で公開されて「いいなー」と思うドイツ映画のいいところって、
「そんなことありえないだろw」なんだけど、
それが微笑ましくていい映画が多いんですよね。


最初はタバコの煙も気にする善良な小市民だったルディが、
脳腫瘍で道中倒れたマーチンのために薬を手に入れようと銃を手にするシーンは
中々感動して泣けました。


音楽もスピード感があり、さすがと言った感じ。
日本でこの映画のリメイクがありましたが、どうなんだろうなぁ。
こっちは男の友情、あっちは男女の恋という感じなんだとか。
ワタシは多分、こっちが好きです。
ロードムービーってあんまり好きじゃないのですが、この映画はよかった。
そういえば、「道」もロードムービーですよね。


ところでこのルディを演じた、ヤン ヨーゼフ リーファース。
カワイイな~wなんて観ていたんですが、中々面白い過去があるんですね。
旧東ドイツのドレスデン出身のようです。
スポンサーサイト

Have A Good Time/a-bra:z

2011.06.12

category : MUSIC

comment(0)

Have A Good Time

先日のアブラーズのライブ会場で購入。
ここのところ、クラシックばーーーっかり聴いていましたが、
思いついてイベントとライブに参加させていただきましたアブラーズに
しっかり心奪われました。
差し替えなしの公開録音ということで、MCあり、ファンの声援あり、
先日のライブの余韻に浸るのにはもってこいの素敵な1枚でした。
ライブ前に入手できたらしいのですが、
ワタシは今までのアルバムも聴いていないから、
全部新曲だぜという気持ちで参加したわけです。
なのであとでCD聴いて、この曲演奏してたなーなんて思い出したり。


アンバサダー(享さん)のザクザクしたギター、
アルマジロ(ゆーちゃん)のファンキーなベース、
リットル(なおちゃんの)色気のあるサックス、
スピード感のある曲や、和風の「奴さん」、
最後の「Come To Life Again」のメランコリックなメロディ、
色んな音が詰まっていて、とても楽しいアルバムです。
すごく音楽がよかった映画のサントラを聴いている時と似てるかも。


ジャケット開けると、ディスクがワタシのラッキーカラーの赤黒だったのも嬉しいですw


ところで、チェッカーズが別プロジェクトとしてやっていた、
Cute Beat Club Bandというのがありまして、
このバンド名義の「Next Generation」という曲が大好きなのです。
つべにいくつか動画も上がってるんですけどね、
この動画の冒頭、なおちゃんが裏声で歌ってるシーン、
カメラに映るメンバーがまさにアブラーズなんですよね、サニー(クロベエ)もいるし。
もともと好きな曲で何度も観ていたのですが、今日突然気が付きました。
なおちゃんが歌ってるところに、享さんがハモるところがすごく好きです。


アブラーズの他のアルバムも聴きたいなー。
オフィシャルストアに早く並びますように。

映画鑑賞メモ「π」

2011.06.08

category : FILMS

comment(0)

π(パイ) [DVD]π(パイ) [DVD]
(2002/02/22)
ショーン・ガレット、マーク・マーゴリス 他

商品詳細を見る


先日観た「レクイエム フォー ドリーム」と
近々観たい「ブラック スワン」繋がりのダーレン アロノフスキーの「π」です。
モノクロ映画のミステリアスな視覚効果を生かし、
テクノのスピード感のある音を生かした、スタイリッシュな映画。
世界は全て数字で解明できると信じ、天才的な頭脳で株の動きを研究しているが、
そこで216桁の数字が現れ、ユダヤ教や、株式仲介屋に利用され、
狂気に陥っていく話。


学生時代数学は大嫌いだったのですが、数字の謎を解明するとか面白い。
世界の事象は全て数式で表現できるとか言われると燃えます。
マックスが216桁の数字にとり憑かれて行くのを見た恩師ソルが、
「216桁の数字なんていくらでもある。
それを都合よく見つけて関係があると思うのはナンセンス」
とマックスに言うシーンがありますが、あの言葉は正にワタシのために言われた言葉w
分かっちゃいるけど止められないんです。
マックス同様病的なワタシw
いや、それはともかく、マックスの対人関係の狭さや、幻覚が見える、
薬を常用している辺り、何かしらの精神病を抱えているような気がします。
統合失調症か、発症前段階と言われる統合失調型人格障害。


ただつい最近「レクフォー」を観て、これを観ると、
音楽とか映像の手法が同じなんですよね。
薬飲むシーンとか、ドアの鍵開けるとことか。
モノクロってのは判然としない感じが現れてて、カルト映画っぽくて良いけど、
あの映像と音楽の手法、続けて観るとちょっと鬱陶しくなってきます。
「レクフォー」も全く一緒で、何かあざとい。
ナレーションだけで、それ以外はサイレント映画っぽくするとか、
そういうのなら逆にもっと新しい感じがしたと思います。


レビュー観てても映像と音楽のかっこよさを褒めているものが多いですが、
映画ってそれだけじゃないし、
映像と音楽のかっこよさだけなら、音楽のPVでも観てればよろしいわけで。
ストーリーのまずさを映像と音楽で誤魔化してる感が否めません。
駅の階段に落ちてる脳みそ突いたり、頭にドリルで穴開けたりする映画を
そんなに長時間観られないので短めで良かったけど、
もうちょっとストーリーを深めて欲しかったなぁと思います。
ストーリーの発想は面白いだけに惜しいです。
「レクフォー」と観る順番が違ったら、もうちょっと感想も違ったのかな。
いややっぱり「『π』と一緒じゃん、『レクフォー』映像鬱陶しい」とか言ってるんだろう。
最初に観た方は斬新でかっこよく感じるけど、
2本目は二番煎じに思えるのかもしれません。


「ブラック スワン」はどうなんでしょうかね、ちょっと考えちゃうな。

a-bra:z 2011 Tour"Have A Good Time"/DRUM B-1

2011.06.05

category : LIVE!

comment(0)

最近ライブ参戦の本数がめっきり減っていますが、
昨日a-bra:zのツアー前夜祭の博多サミット(DJ+セッション)と
ツアー初日のライブに行ってきました。


ところでa-bra:zとは何ぞやという方に解説
チェッカーズの楽器隊のバンドです。
ドラムのクロベエが亡くなった後も活動を続けています。
なぜまた突然a-bra:zなのかというと、なんででしょうね。
先日のチェッカーズのDVDでふと再燃したというのが一番かもしれませんが、
だからと言って、チェッカーズの面影を探し求めてというわけでもなく、
むしろ新しい音が聴きたかったんですよね。
でも信頼できる音がいいなぁなんて横着なことを思ったわけですw
アブラーズのツアーのタイミングも良かったし、
CDも聴いたことないのに、サミットまで参加していいのかおいという感じでしたが、
サミットの力の抜けた和気あいあいとしたセッションと、
本気モードのライブと両方観られて本当に幸せでした。
小学生の時の最大のアイドルであり、その後の音楽の趣向に大きな影響を与えた
チェッカーズのメンバーが目の前で酒飲んだり、DJしたり、
考えたら夢みたいなお話なんですw


ツアーがこの後も続くのでネタばれ注意のお達しが出ているので詳しくは書きませんが、
色々ライブ観たけどあんなに玄人なインディーバンドは初めて観ました。
アブラーズは本当にインディーズだとアンバサダーが仰っていましたが、
ライブの後援が「ファンのみなさん/応援してくれるメディアのみなさま!」
CDはAMAZONでもタワレコでもHMVでも売ってないし(泣)
でもあの演奏は本当にすごい。
つい先日リリースになったニューアルバム「Have A Good Time」も
「公開レコーディングで差し替えなしの一発録り」だということですが、
普通のスタジオ収録と変わらないレベル。
でもAMAZONでもタワレコでもHMVでも売ってn(ry
オフィシャルサイトのストアとライブの会場でしか買えません、たぶん。
そりゃあ経験値が違うと言われてしまえばまさにその通りなんですが、
最近クラシックばかり聴いていて、クラシックも生演奏を収録したものも多く、
そういうのと同じくらい。
小学生の頃、チェッカーズに惚れたワタシに間違いはなかった。


でもMCは地元のうどん屋とかCMネタとか、お天気なんですよねwww


で、アブラーズは今年の「Rising Sun Festival」に出演決定だそうです。
野外フェスで観るアブラーズとか天国過ぎて観たらその場で死にそうですが、
北海道までは行けねーな、さすがに。
でも野外でアブラーズ観たいなぁ。
サンセットとかどうなんだろう、出演したら絶対行く!


アブラーズのおかげでとても楽しい週末を過ごせました。
享さん渋かったなぁ、尚ちゃんかっこよかったなぁ、ゆーちゃん可愛かったなぁ。
この面子に恋に落ちたの2度目ですw
PROFILE

KAORIE

Author:KAORIE
NAME:かおりぃ
GENDER:真ん中より右寄り
AGE:70年代最後の年生まれ
LIVING IN:9州のF県
MIXI
TWITTER:cuore_ok
MAIL:
kan.du.beskydda.mig★gmail.com

PROFILE

CALENDER
05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
MONTHLY ARCHIVES
CATEGORIES
LINKS(in alphabetical order)
WIDGET








Kaorieさんの読書メーター
ACCESS
FRIENDS REQUEST
MY FRIENDS

■ ブログ名:小人閑居

■ ブログ名:Finally

■ ブログ名:zoetrope【reverse】
FC2 BLOG RANKING
SEARCH

Copyright ©Stoned Brain Returns. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。