Stoned Brain Returns

遊びの日常。日記<週記

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セリエAスケジュール決定!!

2010.07.29

category : FOOTBALL

comment(0)

セリエA10-11試合スケジュール決定


EU圏外の選手の獲得枠のことでごたごたして、
スケジュールの決定がずれ込んでいましたが、無事決定しました。
8月末には開幕です、テンション上がってきましたよぅっ!!
KAORIE5年ぶりのセリエA戦列復帰第1試合はミランVSレッチェです。
スカパーは早く放送を正式発表してください。
セリエには長友がいるのにスカパーで放送できないなんて、
そんな失態はさすがにやらかしませんよね。
そして我らがミランは2節でいきなり長友を擁するチェゼーナと当たります。
長友さんにはお手柔らかにお願いしたいです。


因みに宿敵インテルとのミラノデルビーは12節の11月14日と31節4月3日です。
絶対負けん。


欧州リーグのスケジュールしながらwktkするのホントに久しぶりです。
幸せすぎて涙出てきた(泣)
オレ、5年間ホントに何やってたんだろう。


そして今色々チェックしていたら、8月14日のビーイベと、
プレミアの開幕ゲームの日程が被っていることに気付きました。
うわ、なぜ14日だし、15日じゃダメなのかよ。
バーミンガムの試合ライブで観れませんが、
どうぞ頑張ってください、ジギッチ。
いやそれより早くスカパーは放送予定を発表し(ry
これからはサッカーとその他イベントのスケジュールを
上手いこと考えなくちゃいけませんな。
スポンサーサイト

大杉漣が行くイタリアサッカーの世界 英雄マルディーニの素顔に迫る

2010.07.24

category : FOOTBALL

comment(2)

今週頭から風邪を引き、
通勤途中でブラックアウト寸前、味噌汁の上澄みも飲めないような惨事に
しっかり陥っておりました、KAORIEです、こんにちは。


日本の芸能界でも平畠さんと共に信頼できるサッカーヲタの
俳優大杉漣さんがイタリア、ミラノのサッカー縁の地を歩き、
ミランの史上最強のキャプテン、パオロ マルディーニ様に
直接インタビューをしたという色々恐れ多い番組。
大杉さんは俳優としても大好きですが、
本格的なサッカーヲタだと聞いてますます好きになりました。
「実は今でも夢はプロサッカー選手」なんだそうです、カッコいいです。


番組はサンシーロの舞台裏や、ミラネッロの様子、
ウワサのミランラボにちょっとだけ潜入したりして、
貴重な映像が多くて面白かったです。
日本のテレビ局やるじゃないか。
ミランラボは「時計仕掛けのオレンジ」に出てきそうな部屋で、
選手のメンタルチェックなんかをすると聞くと、
まさにそれっぽくて、ちょっと怖いです(笑)
でもああいう施設が充実しているから、
ミランの選手は息が長いんだろうな(=高齢化凹)
あとミランには日本人のトレーナーの方もいるんですね。
パオロ様が引退するときにその方も含め、スタッフみんなに
シリアルナンバー入りのロレックスをプレゼントしたんだとか。
太っ腹すぎです、後の選手が引退するとき大変だから(笑)


あとは大杉さんがピアチェンツァまで足を伸ばして、
現在セリエBでやっている地元チームのピアチェンツァの試合を
地元のサポーターと一緒に応援したり、楽しそうでした。
イタリアの子供たちのサッカー風景とかいいなー。
ああいうの観ると、ヨーロッパに生まれたかったと思います。


そしてメインのインタビューはというと、
番組の最後の方の僅かな時間だったわけですが、
パオロさまの自宅(豪邸)にお邪魔して、
一番奥のとっておきの部屋で対談ですよ。
ワタシも正座で拝見しました。
アポイントを取ってくれたのが、パオロ様の実のお姉さんのドナテッラ。
マルディーニ家って、ものすごく血が濃いんだろうなというお顔。
パオロ様の赤ちゃんのときの写真も、今と全然変わらないし。
あの目なんでしょうねー。
パオロ様の息子2人はもちろん、
なぜか奥さんのアドリアーナまで同系統の顔だから不思議です。


なぜ引退を決めたのかという質問に、
将来子供たちと一緒にサッカーをしたり、テニスをしたりしたかったからと
お答えになっていましたが、
ロビーもそんなことを言ってた気がするなぁ。
体がボロボロで、子供たちと遊ぶこともできなくなる前に引退しようと思ったとか。
それを聞くと、プロのサッカー選手って、本当に大変なんだと思いました。
ワタシたちはプレーを観て喜んだり怒ったり騒いだりしてるだけだけど、
選手自身、つらい怪我もたくさんあるんですよねぇ・・・。
時には批判も大事だけど、楽しませてもらって感謝しなくちゃならんと思います。


そういえば大杉さんが、番組中にミラノの日本食レストランに行ってたんですが、
ナレーションの人が「オーナーが意外な人」って言うんですよ。
誰だろうと思ったら、ご本人登場。
あれ、何かこの黒人、見たことある・・・と思ったらセードルフでしたw
せーさんそんなことまでやってるんですかw


本田がミランに移籍するとかしないとか言ってますが、
ミランに行ったらせーさんが色々親切にしてくれそうですね、安心です。


W杯終わって、気が抜けてしまったサッカーヲタには
いい薬になる番組でした(但しミラニスタ限定)
早くスカパーは10-11シーズンの放送予定発表してくれませんかね。

暑い夏に涼しげな北欧音楽

2010.07.19

category : MUSIC

comment(0)

Jj N 3Jj N 3
(2010/03/09)
jj

商品詳細を見る



どうしようもなく、手を伸ばしたくなるCDジャケってのが確かに存在して、
そんなのに限って外れがないのも奇跡なのです。
久々にそういうCDを買いました。
W杯期間中の1か月、休日も徒歩10分以上かかる場所にはほとんど行かず、
新しいCDを買ったと言えば、Kentの「太陽」くらいでした。


タワレコ福岡店イチオシってことで試聴機に入っていたCD。
スウェーデンはヨーテボリの男女2人ユニット。
買うつもりは全然なかったのですが気になって試聴してみたら、
1曲目の「My Life」、短い曲なのですが、鳥肌が立ちました。
無駄な音を一切排除した、ボーカルとピアノだけの静かな曲です。





1曲目はずっしり重たいですが、
2曲目から少しずつ霧が晴れるような気がします。
シンプルでふわふわしていて、
アフリカンミュージックの影響も受けているらしく、
それらしきリズムもあります。
全てが程よく、ポップに味つけされていていい!
そして4曲目の「Into The Light」の途中で、
イタリアのサッカー中継の実況みたいな声が入っています、なぜだw


Vo.のエリン(スウェーデン女子に多い名前なのか)のハスキーな声が良いです。
Camera Obscuraのトレイシーアンの声が好きなら間違いないです。
音には緊張感があるけど、声は程よく力が抜けているバランスが完璧です。
いい買い物をしました。
このアルバムは「No.3」だけど2ndアルバムで、
「No.2」という1stアルバムがリリースされています、これも買いでしょう。
そして「No.1」というシングルもあるのですが、廃盤らしいので、
つべで発見しました。





日本でのレーベルが仙台のMoorworksというインディレーベルで、
もう1つの方のALOHAもここに所属しているようです。

jj、これはオススメです、北欧音楽好きだったら絶対聴いてください。


そしてもう1枚。
これは前からすごく欲しかった1枚で、Kentのヨアキムが参加している、
Pausというユニット。


PausPaus
()
Paus

商品詳細を見る



どうもヨアキムがVo.参加しているのはシングルのカップリング、
「Slutsats」のみで、この曲のロックVer.は
Kentの「B-Sidor」にも収録済みらしく、
ヨアキムのVo.を楽しみに買ったワタシとしては、
一瞬がっかりだったのですが、いやいやどうして、これはいいアルバムです。
言わずと知れたスウェディッシュポップの大ベテラン、The Cardigansのギタリスト、
ピーター スヴェンションのソロ名義ということになっているようです。





ニーナの隣でギターとコーラスやってる彼でしょう。
実はカーディガンズ、イマイチメンバーの顔が一致しません。
このピーターがVo.なのですが、いい歌歌うんですよ。
ゆったりと、たゆたうような音です、これも北欧音楽好きは必聴です。
因みにカーディガンズは英語ですが、Pausはスウェ語です。
ピーター、いい仕事です。
埋め込み無効ですが、この曲もイイですよ。


北欧の涼しい音でも聴いて、気分だけでも涼しくなりましょう。
いや、やっぱり暑いけど凹

サッカーニュース

2010.07.17

category : FOOTBALL

comment(0)

早く欧州の各国リーグ始まんねーかなーと
首を長くして毎日過ごしているKAORIEです。
1回スイッチが入ると、緊急の、極めてやむを得ない事態にならないと、
脳内4割サッカーです。
こういう感じが久しぶりでいいなー、やっぱりサッカーだよなー。


何て思っていたらだぜ。
セリエA開幕延期も?
何かこういうこともよくあるので、様式美wなんですが、
せっかくW杯終了後の国内リーグでこういうのって、
ちょっと盛り下がりゃしないかなと思います。


ただ、外国人枠の制限って、ワタシは悪くないと思ってるんですよね。
どっかの某インテルみたいな「イタリアのチームを名乗った南米選抜+αチーム」が
イタリアのチームとしてCL優勝なんておかしな話です。
EU圏外の外国人枠を削減するよりも、スタメンの5割は国内の選手にするべき。
そしたらインテル成り立たねーけどなwww
優秀な出稼ぎ選手の力を母国に還元させるより、
自国のいい選手を育てることを考えて欲しいですね。
まぁ、そういうことで↑みたいなニュースが出てくるんでしょうけど。


正直なところ、ミランが常勝チームじゃなくても構わないので、
イタリア人をちゃんと使ってるチームになって欲しいんですよね。
以前、ピアチェンツァというイタリア人だけのチームもありましたが、
今では数人の外国人が加入し、セリエBの常連、淋しいことです。
インザーギ兄弟も在籍したことがありました。
アッズーリの主力にミランの選手が多くいて、しかも強いと嬉しいです。


スカパーはCSKA戦の放送は決まったようですね。
プレミア、セリエはまだの様子。
まぁセリエは開幕予定すらこんなだしw
気長に待ちたいですが、プレミア開幕もうすぐじゃないですかね。

En plats i solen

2010.07.14

category : KENT

comment(0)

サッカーのことばっかり言ってましたが、
その間にスウェーデンからKentのニューアルバム、
「En plats i solen」が届いていました。

En Plats I SolenEn Plats I Solen
(2010/07/13)
Kent

商品詳細を見る



第一印象としては、小さくまとまってる感じなんですが、
これは中々クオリティ高いアルバムです。
大きいミカンより、小さいミカンの方が味が濃くて美味しいような。
先日「Gamla Ullevi」を試聴したとき、Kentどうなっちゃうんだろうと思ったんですが、
アルバム全編通して聴いたら、前作で耳慣れたのか、
「Röd」よりもエレクトロっぽくなかったです。
前作は最初に聴いたとき「えええっ凹」でしたが、
これはどこがどう良いとかではなく、なんか知らんけど全体的にいいアルバム。
個々の楽曲もちょっと地味ですがそれぞれ良いです。
この頃Kentはシングルのカップリングがリミックスばかりという悲しい状態ですが、
以前のB面に入ってたような曲を集めてみましたという
そんな感じがしないでもありません。
「Röd」からもあんまり時間的に開いてないし。
大ヒットするかどうかは微妙ですが、ファンに愛される盤になるといいな。


とはいえ、さすがのKent、やっぱり売れてるな
左のメニューのVECKANS ALBUMLISTAを参照。
それより驚いたのは↑のランキング、スウェーデンの7月9日付ですが、
5位にKentのボックスがランクインしてるんですよね。
あれ、リリースいつだった?
2008年10月末くらいだろ、どれだけ人気あるんですか。
これ買ってる人たち、既にバラでもそろえてるだろ、きっと。
しかも「赤」も28位とか、これも去年の11月リリース。
アルバムセールスランキングってこんなもんなんでしょうか。


あと以前、「Gamla Ullevi」がサッカースタジアムの名前だと
このブログでも触れましたが、
歌詞はサッカーとは関係なさそうです、が、
もしかすると、サッカーに関する隠喩かも知れません。
いえ、はっきりとは分かりませんが、
「Hör du ljudet av juli där utanför?」って歌詞なんか、
「おもての7月の音が聴こえる?」って意味らしいですけど、
W杯に出られなかったスウェーデン代表のことを言っているような気がして。
「Team Building」って曲もあるんですよ。
いや、考えすぎかw
ヨッケのコメントないのかな。


次回のW杯ではスウェーデン代表が本戦出場できるよう、
Kentの音楽聴きながら頑張って応援することにします。

決意表明

2010.07.13

category : FOOTBALL

comment(0)

5年の長きに渡り、欧州蹴球戦線より離脱しておりましたが、
新シーズンより完全戦列復帰することにしました。
サッカー観戦控えてまで欲しいものはないということに気付きました。
ミランは言うまでもありませんが、
セルビア代表のジギッチが加入したプレミアのバーミンガムシティを応援しようかと。
チャンピオンズリーグも当然チェック。


いっそリーガもスカパーに移らないかなぁ。
あっちこっちのチャンネル観るの面倒です。
なんか変なコースごちゃごちゃ作るより、
各国リーグで分けちゃえばいいのにと思います、スカパー。
「セリエAコース」とか「プレミアリーグコース」とか。
それで2コース以上試聴したらうんと割安になるとか、
そういう分かりやすい料金体系にしてほしいです。


ミランが本田獲りにマジで動いているという噂。
日本人がセリエのビッグクラブに来るなんて素晴らしい話ですが、
本田が入った後に「ミランが好きです」なんて言うと、
絶対ミーハーにわか扱いされるんだろうな。
まぁ元を辿れば94年のW杯でマルディーニさまとデミがカッコよかったってのが、
ミラニスタとしてのワタシの原点な訳だから、
ミーハーと違います!って言いきれないところもあるけどな。


それより何より、これ以上インテルの好きにはさせとけません。
ワタシが戦線離脱していた時期と、
インテルのセリエA5連覇の時期が完全にかぶってるなんて知って、
ボーっとしてられますかっての。
そして長友もチェゼーナ移籍が決定したことですし、
色々楽しみも多いです、頑張ります。


あとロビーがイタリアサッカー協会の技術部長就任に前向きなんだそうです
副会長はデミだし、なんかイイですよねw
みんなスーツとか着ないでマリア アッズーラ着れば?w


W杯終わってしまったので、
ぼちぼち開幕する欧州リーグのことを考えて乗り切ってます。
何だかなー、午前3時に起きてサッカー観るのって間違いなくつらいんですが、
W杯終わって、もう起きなくていいけどサッカーの試合もないことに比べたら、
まだなんぼか午前3時起床の方がマシな気がします。
目覚まし鳴らさなくても午前3時に目が覚めるんですよねぇ。。。
5年間サッカー観てなかった時期はずいぶんメンタル的にも不調でした。
ストレス解消になってたんだろうなー。
まぁミランが負けたら無駄なストレス背負わなくちゃいけませんがw

2010年ワールドカップ決勝 オランダVSスペイン!!

2010.07.12

category : FOOTBALL

comment(0)

とうとうW杯終わってしまいました、淋しさに耐えて最後の観戦メモ。


やっぱり単純に観て楽しいのは決勝より3決なんだよなーと言うのが
素直な感想なんです。
でもそもそもモチベーションやプレッシャーが違いますからねー。
手堅い試合になるのは無理もないんだろうな。
ワタシが最後まで「大事なところでいつもダメだから優勝はない」
と言っていたスペインが粘りに粘って勝ちましたね。
後半終わってスコアレスだった時点でPK戦も覚悟したんですが、
イニエスタ延長の最後の最後によく決めてくれました。


守備陣も素晴らしかったなー。
プジョルの気迫には感動しました。
セットプレーでゴール前に行った時のあの超人ジャンプ!!
上背ないのに、ホントにすごい。
カシージャスは今大会ゴールデングローブだそうですが、
納得ですね、文句なし。
イニエスタが決めた後半泣きになってたのが映ってましたが、
思わずつられて涙でした。
延長終了したとき、負けたチームみたいに座り込んで泣いてたり、
本当に嬉しかったんだろうなぁ、かっこよかったよ。
GKでは世界でブッフォンの次に偉大な選手だと思っているし、
レアルは嫌いですが、カシージャスは好きですし、
ワタシも嬉しかったですよ、本当におめでとう。


スペインはみんな地味に、余り派手なことはしないけど堅実に勝って、
優勝まで辿りついた感じですね。
「本番に弱いから無理」とか言ってスミマセンでした。
今回、全く予想当たんなかったなー。
タコの足元にも及びませんでした、もっと勉強します。


そして気になる得点王と大会MVP。
ビジャもスナイデルも得点なかったので、
4人が得点で並ぶことになりましたが、
アシスト数が一番多かったと言うことでミュラーがゴールデンブーツ。
ドイツの勝利はミュラーに掛かってた感じでしたよねぇ。
で、今大会MVPがフォルランに決定!!
決めるゴールはどれもスーパーゴールで、
試合展開的にも「ここで1点入ったら試合が面白くなる!」とか、
「いい時間で追いついた!」とか、劇的なのばっかり!
決勝に出なかったからって関係ないだろと思ってましたが、
どうやらそれはFIFAも同じだったようですね。
てかゴールデンブーツのミュラーも決勝出てないし、
やっぱり今回は3決が事実上決勝でしたか?w
本命のアッズーリが早々に敗退した後、
フォルランのお陰でW杯最後まで楽しめました。
心からありがとうと言いたいです。


そして次は4年後、ブラジル大会。
もうそろそろ自分と同年代の選手がいなくなる頃なのが淋しいですが、
サッカー観戦に戦列復帰する予定なので、
また面白い選手見つけて次回もガンガン楽しもうと思っています。

2010年ワールドカップ 3位決定戦ウルグアイVSドイツ

2010.07.11

category : FOOTBALL

comment(0)

W杯の3決といえば、基本どこの国が来ても面白い印象ですが、
今回のウルグアイVSドイツも華麗なる打ち合い、
いいもの見せていただきました、本当にありがとうございました。
レフェリングも怪しいところもあったとはいえ許容範囲内。
決勝がどうなるか分かりませんが、今大会現時点でベストゲームです。
スカパー入ってて良かったです。


ミュラーは戻ってきましたが、怪我とか風邪で主力を欠いたドイツと、
脚の具合が余り良くないとはいえ、それを一切言い訳にせずに点取ってきて、
準決勝ではそれも限界に達ししっかり仕事した後交代したフォルランと
ガーナ戦の超ビッグセーブで準決勝出場停止だったスアレスが戻ったウルグアイ。
どっちに分があるのかというと、
結局ドイツの予言タコ、パウルくんの予言したドイツかなとw
すごかったねー、パウルくん。
ドイツの試合全勝ですか。
あのコンピューター制御されたような動きをするドイツ代表のブレインって、
実はあのタコなんじゃねーの?!なんて思いましたよ。


今大会得点が少ない傾向で、
時々総得点が5点とかなると、パワープレイで守備とかないようなのでしたが、
この試合は攻めって守ってこのスコア。
ウルグアイのフシーレが非常によく効いてました。
DFフェチとしてはあの選手は見逃せません。
それにガーナ相手に退場覚悟のハンドでチームを勝利に導いたために、
アフリカのサポーターからボール持つたびにブーイングの嵐だったスアレス。
なんかあり得んようなシュートミスもありましたが、
PA内で相手DFを交わす動きは素晴らしいです。
簡単に股の間とか抜いちゃうんですよねー、上手いよなー。


でもやっぱり最高だったのはフォルラン!
準決勝でしっかり仕事した後、謎の途中交代と思ったら脚が痛かったとかで、
3決も出場を危ぶまれていたので心配していました。
でも結局スタメン。
時々つらそうだったのは表情からも十分分かりましたが、
それでもやることはやる、点も取る。
1点目はカバーニの得点でしたが、フォルランが囮になって、
うっまいことカバーニのマークを減らしてたし、
ウルグアイ2点目のダイレクトで地面に叩きつけながらのフォルランのシュート、
KAORIE的今大会ベストゴールに決定です。
あれはなんて言うか、毛細血管キレまくったw
そして後半修了間際、ドイツのPAギリギリでのFK!
フォルランのシュートが決まったーーーーっと思ったらなんとクロスバー!凹
今回もたくさんの国や選手やサポーターがクロスバーやポストに泣かされました。
しかし今日の最後のフォルランFKのバー直撃は、
負けることが悔しくてというよりは、
あれが入ってればもう30分観られたのに、残念、もっと観たかった!!という
そっちの方でした。
あれ入らないところがまたドラマなんだろうなー。
入ってても入らなくても、観てた人間にとっては、
あれでフォルランが今大会のヒーローとしてしっかり記憶に刻まれたと思います。
まぁ、地上波のハイライトでは点が入らなかったから無視されてますけどね。
試合終了後も、ウルグアイの選手に悲壮感はなく、
とてもみんなすっきりしたような、いい表情をしていたのが印象的。
フォルランのインタビューもチラッと映ったけど、
イイ顔してました、本当にカッコよかった!
お疲れ様、ありがとう!って、それだけです。


ところで、W杯開幕前に、「アメトーーク!」でサッカー芸人が出て、
雨上がり決死隊と千秋にW杯の見どころを説明するようなことしてましてね、
ペナルティとかナイナイ矢部とかDonDokoDonの平畠さん(さん付w)とかが出てて、
注目の選手をそれぞれ発表していたのです。
その時みんな無難にCロナとかメッシとかカカちゃんとか言ってたんですが、
平畠さんが「フォルラン」を挙げていて、渋いとかなんとか言われてたんですが、
蓋開けて観たら、フォルラン、ゴールデンブーツ候補ですよ。
サッカー番組も持っているようですが、平畠さんは信用できる芸人だ!


ドイツは準決勝でミュラーが出てなかったのが
そんなに大きなダメージだったのかというほど、
今日も主力が結構出られなかったのに、強いドイツが戻ってきてましたね。
イングランドとアルヘンはあれでボコられましたが、
ウルグアイは負けてなかった、素晴らしい。
本当にフォルラン良かった。
何の話しててもフォルランに話が戻るw


とうとう残すは決勝戦のみ。
面白い試合を期待しています。
スペインに勝って欲しいです。
それよりビジャとスナイデルは空気読んで点取らないでくださいw
タイでもいいのでフォルランに得点王差し上げたい。
できればMVPも。


では、3決ハイライト。



ユーゴと映画とマラドーナ

2010.07.09

category : FILMS

comment(0)

マラドーナ [DVD]マラドーナ [DVD]
(2010/06/09)
ディエゴ・アルマンド・マラドーナ エミール・クストリッツァ

商品詳細を見る



映画「マラドーナ」オフィシャルサイト


サッカー選手としてのマラドーナを知るなら、
過去の試合の映像やゴールシーンをネットで探して観ればいいし、
生い立ちや波乱万丈の人生はW杯前後のスペシャル番組や、書籍、
ネット上でも紹介されているので、それでも十分。
この映画では、マラドーナと、彼を取り巻くサッカー界と、
政治や国同士の外交上のあれこれ、
そんな国レベルとしてのマラドーナと、
家族の中でのディエゴ マラドーナという1人の人間に
スポットを当てて作られています。


監督は「パパは、出張中!」や「アンダーグラウンド」のエミール クストリッツァ。


はっきり言って、マラドーナに何の興味もない人は
全く観る必要のない作品だと思います。
普通のサッカーのレジェンドのドキュメンタリーだと思って観ると、
肩透かしを食らったような気分になります。
クストリッツァ監督の「アンダーグラウンド」や「黒猫・白猫」を観て、
この監督の映画を好きになった人が観ても、面白くないと思います。
クストリッツァ監督の映画につき物の音楽も、
アルヘン本国で人気のマラドーナを称える「Mano A Mano」とか、
「アヴェ マリア」のマラドーナVer.とか(笑)が多くて、
音楽目当てでも微妙かも知れません。


でもマラドーナ大好きな人は、観といてもいい映画だと思います。
身軽なチビデブっぷりが最高ですw歌も披露しています。
W杯で観足りなかったので、これで補っています。
あと得点映像でサッカー誌のジャーナリストが語ってるんですが、
映画とインタビューと今回のW杯でのマラドーナを観てると、
何かが綺麗に繋がります、非常に面白いです。


ところで、監督のエミール クストリッツァですが、
旧ユーゴスラビアのボスニア・ヘルツェゴビナ出身。
彼の映画にはユーゴスラビアの歴史を題材にした映画もありまして、
「アンダーグラウンド」はそれを寓話的に描いた作品です。
DVDは廃盤で、AMAZONでは15,000円前後で売られていますが、
某ニコ動でも全編観られます。
クストリッツァ監督は自分もサッカーをしていたそうで、
「マラドーナ」の中でマラドーナと一緒に
レッドスターベオグラードのホームスタジアムで
リフティングして遊んでるシーンもあります。


レッドスター ベオグラードといえば、現名古屋グランパスの監督、
ストイコビッチ(以下ピクシー)も所属したことがありますが、
ピクシーは1990年のW杯の準々決勝でマラドーナを擁するアルヘンと対戦。
そしてそのときのユーゴスラビア代表監督が、残念ながら病気のため
最後まで日本代表を率いることはできませんでしたが、
現在スカパーでオーストリアから中継でサッカー解説をしているイビチャ オシム氏。
PK戦の末敗退してしまいますが、その時にマラドーナがピクシーに
「泣くんじゃない、君はまだこれからじゃないか」と声をかけたのは有名な話です。
マラドーナって破天荒でいつも誰か(ペレとかペレとかw)と舌
戦ばっかりしてるみたいですが、優しいというか、
すごく人がいいんだなー。


しかしユーゴスラビア内戦が勃発し、ユーゴスラビア代表は世界大会への
出場資格を剥奪されてしまい、次に国際舞台にユーゴ代表が戻ってきたのは、
1994年の12月、W杯アメリカ大会が終わった後でした。
1998年フランス大会ではユーゴスラビア代表は出場しましたが、
実質的には「セルビア・モンテネグロ代表」
この時旧ユーゴの国で独立したクロアチア代表が日本と同じグループに入り、
結局3位まで勝ち進んだのは記憶に新しいと思います。
もしもこの時、ユーゴスラビアが崩壊していなかったら、
決勝トーナメント1回戦で敗退したユーゴスラビア代表と、
3位になったクロアチア代表、どっちの道を辿っていたのかと思うと、
何とも複雑な思いです。
ユーゴスラビア(セルビア)=悪という風潮が根強かったのだから、
クロアチア代表>ユーゴスラビア代表という結果は世界的にはよかったのか。
wikiソースであれですが、この時日本代表の応援で
フランスに行っていた日本人のファンが
ピクシーを応援しにユーゴスラビア代表の試合に来ていて
大変喜んだのだそうです。
それが現役引退まで日本にいた理由なのだとか。


そしてピクシーの師であるオシム氏はボスニア ヘルツェゴビナ出身。
「マラドーナ」のクストリッツァ監督と同郷です。
どうやら親交もあるようで。
それを聞いて、W杯でいつも気付くと旧ユーゴ諸国を応援しているワタシは、
クストリッツァ監督にユーゴスラビアサッカー史のドキュメンタリーを
撮って欲しいなぁなんて思ったのであります。
色々難しいこともあるんでしょうけどね。


参考までにユーゴスラビア代表のwikiのページ


ユーゴスラビア史ってのは、幾ら暗記しても、
どうしてもピンと来ません。
国が分裂したって言われても「大変だったのねー」としか、
他に言いようもないです。
日本代表とイタリア代表の試合で、ワタシがついイタリア代表を応援してしまうのと、
ユーゴスラビア代表ホームの試合で、
「ユーゴスラビア人」がアウェーの国を応援したのとは
根本的に全然違います。


マラドーナからずいぶん離れてしまいましたが、
クストリッツァ監督の「マラドーナ」は
広い意味で色々考えさせられる映画でした。


特にオススメはしませんが、興味がある方はぜひ。

2010年ワールドカップ準決勝

2010.07.08

category : FOOTBALL

comment(0)

ウルグアイVSオランダ


また誤審。
オランダの2点目のオフサイドがきちんと取られてたら、
また違う結果だったかも知れないのに。
100歩譲って、ファンペルシが避けたってことで、
プレーに関与してないと判断して、
あれがオンサイドだったとしたら、
フォルランのプレーで「何でこれは取るの?!」みたいなのありましたよね。
オランダ有利すぎる。
てか、あれこそオンだろ。


それでもフォルランはよかったなぁ。
途中で交代したのが悔やまれるけど、
脚が限界だったんだとか。
前の試合ではPK戦までやってるし、満身創痍ですよね。
2010年W杯最も漢なプレーヤーはフォルランでいいと思います。
3決までゆっくり休んで、また姿見せて欲しいですね。
あとスアレス(笑)
スアレス出て来ないと、フォルランの負担が増えるよ、全く。



スペインVSドイツ



いやー、負けちゃいましたね、ドイツ。
パスはスペインにカットされるし、セカンドボールは拾われるし、
カシージャスはシュートを悉くセーブするし、
アルヘンまでの強いドイツどこ行った?!って思いました。
でもどっちも得点の気配なく、
ほぼ寝ながら、万が一延長突入したら寝ようと思ってたんです。
元々目が覚めたら観ようくらいだったし。
でもプジョルのヘディングで試合決まったのは感動でした。
チリ戦のトーレスのシュミレーション根に持っててw
どーでもえーわスペイン(怒)とか思ってたんですが。
決勝ではぜひスペインに勝って欲しいです。
しかし、スペインが決勝に進出とか、今大会最大の番狂わせだと思いますw
ぜーったい8強どまりだと思ってたんですよねぇ。


ただ攻撃的、攻撃的と言われ、あれだけパスを回し、
毎回1点しか入らないところに、チリと同じにおいがしますw


W杯の試合も残すところあと2試合。
淋しくなりますが、思い残すことなく楽しもうと思います。


3決、ドイツVSウルグアイかー。
ドイツが今朝のショックから立ち直ってなければ
ウルグアイに3位のチャンスあるな。

2010年ワールドカップ準々決勝

2010.07.06

category : FOOTBALL

comment(0)

ウルグアイVSガーナ


ネタ満載の大一番w
フォルランのFKは綺麗でしたねー。
でもそれすら忘れてしまうほど、延長後半のスアレスのブロック。
クリアではなくブロックw
もうあれ観た瞬間、「バカアホスアレス氏ね、死ねとまでは言わんが氏ね」と
真夜中と言うか早朝に大騒ぎしたんですが、その後の超展開に驚愕。
ギャンがPK外す可能性なんて、スアレスが赤紙退場した時点で
考えもしませんでしたっつーのw
日本の駒野のPK失敗とか、これに比べたら悲劇でも何でもなかったw
今回のW杯、ハンドのファールや退場が目立ったように思いますが、
これはちょっと問題外過ぎて、スアレスの強運を賞賛したいです。
ハンドが見逃されたなら大問題ですが、
スアレスはそれなりの罰は受けた上で、ギャンがPKを外したんですから、
誤審というわけではないです。
その後のPK戦もはらはらでしたが、ここはウルグアイの古豪ならではの強さと言うか、
ガーナの勝負弱さが出たと言うか。
ただ延長後半最後に悲劇のPK失敗したギャンが1番最初にキッカーとして登場して
ちゃんと成功させたのはよかったですね、落ち着いてました。
そしてウルグアイのGKムスレラは素晴らしいセービング、さらに可愛かった。
色んな意味で面白い試合でした、ウルグアイいい!
次の試合は当然スアレス出られませんが、フォルランの活躍に期待!!


オランダVSブラジル


カカちゃんがいるとはいえ、ブラジル好きかと言うとそういうわけでもありませんが、
オランダに比べれば好きだよなと言うことで応援していたわけです。
この試合の後、スナイデルかなんかが、
「個人技で勝てる時代ではない」ようなことを言ったそうですが、
それって淋しいことだよねーと思うのはワタシだけなんでしょうか。
強い国は華麗な個人技で点を取り、そうでない国は組織で守ってカウンター狙いなんて
そういうのが面白いと思うんです、時代遅れかどうかは知りませんけど。
ワタシはそれでも組織がしっかりしているチームが好きなので、
気付いたら中堅以下の国を応援していると言うのは
毎度毎度恒例なのではありますが。
堅守のイタリアだって、昔はファンタジスタがいたじゃないですか。
何だかなー、サッカー界も世知辛い世の中になっちまったな。
ブラジルの「DFなんてゴールキーパーに任せとけばいいんだろ」みたいなサッカー、
嫌いじゃないんですが、今回はずいぶん手堅かったですね。


しかしやっぱりそういうのが性に合わないのがブラジルなのか。
ブラジルは決勝まで勝ちあがったり、実際に優勝すると、
はいはい常勝常勝って感じもするんですが、ファイナルにいないと淋しいですね。


アルヘンVSドイツ


思い出したくもないです。
2002年の準決勝、バラックが累積覚悟で味方のミスのフォローのためにファールして、
自分が点決めてくれたとき以外、
過去にドイツ応援したことってないんですよねー、だって嫌いなんだもんね。
バラックだけは↑が理由で神なんですがね。


アルヘンもあんまり好きじゃなかったけど、
今大会ですっかりマラドーナに惚れてしまったのであります。
できたら次のW杯まででも続投して欲しいです。
監督としての力量が疑わしいなら、
もっと具体的な戦術に詳しい人物を連れてきて、
チームのモチベーターとしていて欲しいです。
イタリア敗退後、マラドーナ監督にはずいぶん楽しませて頂きました。
アルヘン国内でもマラドーナ続投希望の声も多いようで安心した。
ご本人の意志がどうなんだろうなぁ。。。
メッシもまだ若いんだし、次のW杯でリベンジして欲しいです。
その前にコパアメリカで頑張れ。


パラグアイVSスペイン


パラグアイ悪くなかったけどなぁ、残念です。
カルドソが可哀想過ぎた、試合終了後ワタシも泣いた。
日本戦もだったけど、バルデスがアグレッシブで本当によかった。
ああいう選手がいると士気が上がっていいよなー。



準決勝以上は何かKAORIE的に全然面白くないことになってしまいました。
W杯で謎のコパアメリカな展開楽しみにしてたのに。
今回のW杯で、実はワタシは
南米の中堅古豪のサッカーの方が好きらしいということが分かりました。
チリとかね、ウルパラグアイとかね、アルヘンとか。
あと欧州なら北欧と旧ユーゴ諸国。
イタリア以外の欧州強豪、どうでもよくなってきました。


つーことで、これから先はウルグアイ応援です。
今日の試合で勝っても負けても決勝か3決で2試合観られるのが救いです。
フォルランってマンチェスター ユナイテッドにいるとき
あんまりぱっとしなかったんだけどなー。
まぁニステルという不動のストライカーがいたからな、あの時は。
いつの間にこんなにいい選手になってたんだろう。

今日はサッカーがないので宣伝です

2010.07.01

category : THE BEATLES

comment(0)

THE BEATLES DJ's Night
    ビートルズをかけまくる ヤァ!ヤァ!ヤァ!

「堂山の地でビートルズナイトを開催するってことに大きな意味があると思うんだ。」

ザ・ビートルズを中心に各メンバーのソロ楽曲、別ユニット楽曲、
他アーティストによるビートルズあるいはメンバーの楽曲のカバーなどでお送りする
カフェスタイルDJイベントです。
ゲイ、ビアン、バイの人はもちろん、

○長年ビートルズが好き
○ビートルズはあまり知らないけどこれから聴いてみたい
○ビートルズしか知らない(メンバーのソロ・他ユニット楽曲を知らない)
○レトロな雰囲気の音楽が好き
○どんなアーティストがビートルズのどんな曲をカバーしているのか知りたい
○まったりお酒でも飲みながら大音量の音楽に浸りたい

という方大歓迎です!

なお、CDかデジタルオーディオプレイヤーをお持ちいただければ
お手持ちのリクエスト音源も流せます。
また、こちらで用意できる作品には限り・偏りがある場合がございます。
詳しくはお気軽に主宰の「わかめ」宛 にメッセージでお問い合わせくださいませ。

2010.08.14 (Sat.)
OPEN 22:00 / CLOSE 5:00

■dista
大阪市北区堂山町17-5 巽ビル4F
06-6361-9300
PC
Mobile

入場無料(入退場フリー / ドリンク有料/フードはございません)

■DJ
わかめ/KAORIE/けるる軍曹...and you!

■HOST
コンビ/アカリル/ヒガ/根岸絶叫



どーぞよろしくお願いします!
PROFILE

KAORIE

Author:KAORIE
NAME:かおりぃ
GENDER:真ん中より右寄り
AGE:70年代最後の年生まれ
LIVING IN:9州のF県
MIXI
TWITTER:cuore_ok
MAIL:
kan.du.beskydda.mig★gmail.com

PROFILE

CALENDER
06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
MONTHLY ARCHIVES
CATEGORIES
LINKS(in alphabetical order)
WIDGET








Kaorieさんの読書メーター
ACCESS
FRIENDS REQUEST
MY FRIENDS

■ ブログ名:小人閑居

■ ブログ名:Finally

■ ブログ名:zoetrope【reverse】
FC2 BLOG RANKING
SEARCH

Copyright ©Stoned Brain Returns. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。