FC2ブログ

Stoned Brain Returns

遊びの日常。日記<週記

最近のミランOB

2010.05.31

category : FOOTBALL

comment(2)

かつてミランとフィオレンティーナに所属し、
イタリア代表にも呼ばれたことのある、ステファノ ボルゴノヴォ選手。
現在、筋萎縮性側索硬化症という難病を患っているそうで、
かつての所属チーム、ミランとヴィオラがこの病気の治療開発資金を集めるために
チャリティーマッチを行ったりしているそうです。


そのボルゴノヴォ氏が本を出版したとかで、
トークイベントのような物が行われた模様。
それに、ミラン黄金のOBの皆様がご出席。
ミラン、ヴィオラ両方に所属したロベルト バッジョを始め、
デミ、バレージ大先生、パオロさまになぜかリッピ監督まで。
ロビー、引退してちょっと太ったみたいですが、
もはや運動らしい運動なんてできない脚なのかもね。
元気そうな姿が観られるだけでも嬉しいからいいのだ、
贅沢は言いませんとも、ええ。
デミはイタリアサッカー協会副会長なんて偉い人になって、
39の若さで貫録出てきましたね。
しかしデミも四捨五入して40か、初めて観たのは94年の23、4の時だった。
未だにデミの年は27歳くらいで止まってます。
そしてバレージって94年のW杯で34歳、現在50歳なのに、
94年の時と今と余り風貌が変わってませんw
パオロさまはいつ見ても太陽のようなお方です。
でも髭はどうだろう。。。


Stefano+Borgonovo+Book+Launch+0-COgtJgIQKl.jpg


日本がイングランドとの強化試合の結果で騒いでいる間に、
スペインのサンチャゴ ベルナベウで密かに
素敵なチャリティーマッチが開催されました。
レアル マドリードOB VS ACミラン OB
マドリー側はジダン、フィーゴ、マッカ、などなど豪華ですが、
やっぱりミラニスタはミランOBですよ~。
「ミラングローリー」ですって、グランデミラーーーン♪
自分はバレージを現役時代にちゃんと観ていたことがないので、
昨日の94年W杯決勝を観て感激したのですが、
ホントにもったいないことしたと思います。
マル様、おっさん、バレージ先生が一緒にピッチに立つなんて
想像しただけで失神しそうであります。
しかもルイコスタにボバンに、控えにはジョージ ウェアもいるよ!!!
年齢的に皆さんアレなので、ずいぶん緩い試合だったんだろうとは思いますが、
観たいなー、どっかで放送してほしいですね。
残念ながらデミは居ません、恐らくW杯直前で忙しいんだと思います。
イタリアサッカー協会副会長ですから。


W杯開幕まであと10日ばかりあるのですが、
テンション上がり過ぎて、既に疲れてきましたw
それに付き合わされる周りの人たちはそんなものではないでしょう。
ホントにスミマセンです。
スポンサーサイト



FIFA W杯 記憶に残る名勝負 1994年アメリカ大会決勝など

2010.05.31

category : FOOTBALL

comment(0)

昨日のイングランド VS 日本。
何とも意外な展開で大いに笑ってしまったんですがw、
それでもセットプレーから1点は取れたし、
こぼれ玉も拾えてたし、ちょっと良くなった?って気はします。
大久保がすごく頑張ってボールを追ってたのはいいと思うけど、
もうちょっと攻撃にかける時間を長くして欲しいです。
みんなで守備、みんなで攻撃も分かるけど、FWは点取って何ぼですよ。
長友と川島は良かった。
川島がPK止めたのもすごかったけど、ルーニーの枠に飛んだシュートを
数本防いでたところも評価。
それこそ川島があのPK止めたから良かったようなものの、
あれでランパードが決めてたら、本田は相当印象悪いですね。
あのハンドはないわ、えっ、バレーボール?!くらいの勢いで、
完全にハンド、あれはいかん。


しかし、それにしたって、イングランドの調子が悪そうなのが気になりました。
強豪はそれでも本戦に合わせて来るんだろうけど、
何とも締まらないゲームでしたねぇ。
ジェラード出て来て、日本も疲れてきて(失点のショックなのか)、
何とか攻撃の形ができ始めてたくらい。


その試合の前に、先日からNHKで放送している、
「FIFA W杯 記憶に残る名勝負」の1998年フランス大会決勝と、
2002年決勝と、1994年アメリカ大会決勝を続けて観ました。
2002年は殆ど観ながら寝てたんですが、
1998年決勝のフランスはホームアドヴァンテージもあって最強でした。
やっぱりジダンって華麗だし、その華麗さの裏ではデシャンの早いチェックとか、
テュラムの固いDFと鬼のような上がり、
そういえばデサイーが退場になったんですよねー。
それでも人数が少ないなんて全然分からないほどの完璧なゲーム運び。
フランスの頂点を観てたんだなと思いました、改めて面白かった。


そして、ワタシがサッカー好きになったきっかけ、1994年アメリカ大会決勝。
それこそ16年ぶりに全部観たんです。
当時は今ほどサッカー好き好きじゃなかったし、ルールも、
90分→延長30分→PK、しかも昼間の炎天下がどれだけ過酷かも
それほどピンと来なかったわけですから、
悲劇だと分かってはいても、実感としてはなかったんですよね。
今回改めて観直して、何か、ホントにPK戦で泣いた。
ロビーが最後の最後に外したのは当然悲しいけど、
最初のキッカー、バレージが当時観たとき以上に悲しかった。
手術上がりでありながら、120分間ブラジルFW陣に仕事らしい仕事を殆どさせず、
後輩のマルさまと共に終始鉄壁のDF。
解説の加茂さんが「バレージのDF観てるだけで面白い」って言ってたけど、
ホントにその通りでした。
あの試合観たら、絶対サッカーやるならCBがいいと思わせてくれるほど、
バレージのDFはすばらしかったです。
それがPK戦で勝利がつかめるかと思ったら、ボールはクロスバーの上。
ここまでアッズーリを守り抜いて来たバレージ先生が最後の最後に・・・。
ブラジルのGKタファレルが寄って来て慰めてる姿も印象的でした。
そして怪我にもかかわらず、激闘の中何とかアッズーリを決勝まで導いたロビー、
そのPKだけ成功すればイタリアの英雄になれたのに、
最後の、たった1本のPKを外しただけで、悲劇のヒーローになってしまった後姿。
その後のロビーの苦労を考えたら一層悲しかったです。


そんな悲劇がなかったら、若い頃のロビー、マルさま、デミを観られて、
バレージ先生のお手本のようなDFを観られる、
最高の試合だったんですけどね・・・。
パリュウカもこの試合は神神懸りだったし。
パオロさまは若い頃も、年行っても変わらないんだなー。


悲しい試合の話はこれくらいにして、嬉しくなったニュース。
マンチェスター ユナイテッド、ベテラン3選手にコーチ就任をオファー
終身雇用制度が完璧だとは言わないけど、
チームのために長いこと頑張ってきた選手をこうやって大切にするのは
やっぱりいいことなんだろうなと思います。
ネヴィル兄、ギッグス、スコールズみたいな選手が育って、
世界で活躍することを心底楽しみにしています。
・・・しかしこの写真、どーなのwww
PROFILE

KAORIE

Author:KAORIE
NAME:かおりぃ
GENDER:真ん中より右寄り
AGE:70年代最後の年生まれ
LIVING IN:9州のF県
MIXI
TWITTER:cuore_ok
MAIL:
kan.du.beskydda.mig★gmail.com

PROFILE

CALENDER
04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
MONTHLY ARCHIVES
CATEGORIES
LINKS(in alphabetical order)
WIDGET








Kaorieさんの読書メーター
ACCESS
FRIENDS REQUEST
MY FRIENDS

■ ブログ名:小人閑居

■ ブログ名:Finally

■ ブログ名:zoetrope【reverse】
FC2 BLOG RANKING
SEARCH

Copyright ©Stoned Brain Returns. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.