FC2ブログ

Stoned Brain Returns

遊びの日常。日記<週記

WITH THE BEATLES

2009.09.15

category : THE BEATLES

With the BeatlesWith the Beatles
(2009/09/09)
The Beatles

商品詳細を見る



今回のリマスター盤の売上が、約23億円に達したそうです。
国内盤だけなのか、輸入盤も含めてなのか分かりませんが、
いずれにしてもよく売れているようです。
CDショップのレジにいる人を見ると、必ず誰かがビートルズを持っているくらいですから、
そりゃあ23億円って数字がぴんとこなくても売れてるのは間違いない。


で、ビートルズのアルバムの中でKAORIEの一番のお気に入り
「WITH THE BEATLES」です。


It Won't Be Long
87、monoに比べると、
ステ盤は声が全部右に寄っちゃってすごく弱くなっています。
♪It won't be long yeah, yeah♪のジョンとポール&ジョージの掛け合いが残念。
「yeah, yeah」が交代で右、左で交互にとかだったらかっこいいのになー。
あと87よりもmonoの方がシンバルの音が角が取れてる気がします。


All I've Got To do
ステ盤もなかなかいいと思います。
ごりごりのロックナンバーよりも、この手のバラードっぽいのはステレオでも結構イイ。
でも声(コーラスも含め)が完全に右に寄っちゃってるのはやっぱり気持ち悪いです。


All My Loving
87よりもmonoの方がシンバルの音が柔らかいです。
ステ盤はポールのVo.がダブルトラックで
ほんの僅かですが、左で聞こえるエコーとは違うズレがあるようです。
これも後半の♪close your eyes♪で右と左でハモれたらかっこいいのになー。
ライブではジョージが主旋律を歌い、ポールがハモる形になります。
これが最高に好きなのです。
ジョージとポールってちょっと声が似ているので、
昔は聞き分けられなかったんですよねー。


Don't Bother Me

これは「PPM」と同様、エコーがすごく耳障り。
初めてアルバムに収録されたジョージのオリジナル曲なので、すごく好きな曲です。
個人的な印象ですが、「WTB」のジャケットのハーフシャドウと
一番印象が合ってる気がします、たぶんジョージファンの贔屓目です。
だからあんまり音がクリアだと、
「WTB」のジャケットがカラーになってしまったように思えるので、
やっぱりmonoの音源がいいです。
あと87よりもmonoの方が全体的に音割れがないように感じるのは、
シンバルの音圧かなと思いましたが、
音楽のプロの方いかがでしょうか。

Little Child
ステ盤で逆にVo.が強くなりすぎて、
せっかくこの曲、疾走感のあるピアノとハーモニカが超かっこいいのに勿体ない。
間奏のところで急にハーモニカが右に移動して、存在アピールしだすと
一瞬かっこよくなるんですよ、あーこれこれって感じで(笑)
なのにVo.が戻ると左に戻るのはかなり残念です。
あーーー、うまくやればカッコ良くなるのになぁ、勿体ない、ホントに勿体ない。


Till There Was You
この曲はステ盤が良い!
欲を言えば、Vo.をもちっとセンターに寄せてくれれば(ry
右で聴こえるギターの音が澄んでてとても綺麗な曲です、ちょっと感動。
録音時にエピーが「ポールの歌い方が変だ」と言ったら、ジョンが、
「あんたは金の勘定でもしてな!」と一喝したことで有名な曲。
ジョンが正しいと思うよ!(笑)


Please Mister Postman
ビートルズのカバー曲の中でもTOPを争う名曲!
ビートルズファン歴19年、何回聴いたか分かりません。
これもステ盤は声が全部右に寄っちゃって弱くなってるんですよね。
それで87やmonoでは聴こえなかった弱弱しいギターが妙に耳につく。
「Twist And Shout」と同様の貧弱さ、全然ダメ。


Roll Over Beethoven
冒頭右から聴こえるのは拍手だけなのに、Vo.が始まったとたん、
ドラムが右にブワッと広がってくるのが気持ち悪いです、あううううってなります。
87盤「Eleanor Rigby」の気持ち悪さと同じ。
でもジョージの声がクリアに聞こえるのは悪くないです。


Hold Me Tight
これまでステ盤で聴いた音で一番いいかも!
この曲、ポールには申し訳ないけど、「WTB」の中で最もどうでもいい曲で、
時間ないときにスキップする筆頭だったんです。
別にどーってことない凡曲だったんですが、ステ盤で聴くといいんです。
なんだろう、ベースかな。
てか、ベース目立ち過ぎて、ギター聞こえんw


You Really Got A Hold On Me
ジョンとジョージがハモる曲で、郵便屋さんと同じくカバー曲の中でもかなり好きな曲。
歌詞もいいですよねー、♪I don't like you, but I love you♪って。
87は楽器の入って来方が異様に不自然な箇所が多かったんですが、
mono盤ではスムーズになっててすごく聴きやすくなりました。
ステ盤ではもっとスムーズなんですが、声が全部右に寄ってて聴きにく(ry
でも悪くないです、monoがいいけど、ステも割といい。


I Wanna Be Your Man
サビの♪I wanna be your man♪のところ、
ステで聴くとかなりきれいにハモってるんですねぇ。
「PPM」の「Boys」もそうですが、林檎がVo.の曲の楽しそうな雰囲気はガチです。
何か後ろに変な鳥とか生き物とががいるw
林檎のVo.の曲って少ないし(自分でもアルバムに1曲で十分とか言ってるし)、
歌唱力が特別にあるってわけでもないんですが、
じわじわ来るんですよね、この人の声とか歌い方って。
イギリスのパブとかで酔っ払って歌ってるおっさんの声みたいだけどなんかいい。
ステレオのクリアな音声になると、さらにそれがよく聴こえます。
どこまでも得なヤツだな、林檎よ。


Devil In Her Heart
この曲、ステ盤は別トラックな気がするなー。
いや、気のせいかもしれないけど、ジョージのVo.がちょいっと違うような。。。
でも、ステ盤、まぁまぁ。
これも悪くないです。
でももうちょっとVo.がバラン(ry


Not A Second Time
この曲もステ盤もなかなかいいです。
すごく無難に出来上がってる感じです。


Money(That's What I Want)
「WTB」はここまで割と「ステ盤も悪くないじゃん」と、そこそこ好印象でしたが、
最後の最後で劇萎えしたのはワタシだけではないと思うんですが。
え、このイントロ、失敗じゃなくて、あれでいいんですか?!
ありえねーーーーーwww
余りの疑わしさに何度も聴き直してしまいましたよ。
最後の最後にVo.が中央に寄ったのはまぁよかったですが、
他の楽器の音が全く纏まりがないというか、何というか。。。
この豪快な分離っぷりに、87やmonoはうまくまとめすぎてるのかとすら思いました。




とりあえず、初期の2枚をスープに例えると、
自分でスープを作ったけど、時間がなくて
味見もせずに適当に味付けして、何かしょっぱいけど、
まぁ、食べられないほどでもないんだよなってのが87年盤。
87年盤スープがしょっぱすぎたから、ちょっと味を調えたのがmono盤。
インスタントの粉のカップスープを開けて、お湯を注いで飲んだらすごく味が薄い。
最後の最後になって、混ぜ方が足りずに下に全部粉が固まってて、
しょっぱいことになったのがステレオ盤。
そんな感じでした。
スポンサーサイト



PROFILE

KAORIE

Author:KAORIE
NAME:かおりぃ
GENDER:真ん中より右寄り
AGE:70年代最後の年生まれ
LIVING IN:9州のF県
MIXI
TWITTER:cuore_ok
MAIL:
kan.du.beskydda.mig★gmail.com

PROFILE

CALENDER
08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
MONTHLY ARCHIVES
CATEGORIES
LINKS(in alphabetical order)
WIDGET








Kaorieさんの読書メーター
ACCESS
FRIENDS REQUEST
MY FRIENDS

■ ブログ名:小人閑居

■ ブログ名:Finally

■ ブログ名:zoetrope【reverse】
FC2 BLOG RANKING
SEARCH

Copyright ©Stoned Brain Returns. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.