Stoned Brain Returns

遊びの日常。日記<週記

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

George Harrison All Time Best

2009.05.29

category : MUSIC

ジョージ・ハリスン、初のオールタイム・ベスト日本盤が発売決定
オリヴィアによる選曲だそうです。


Let It Roll: The Best of George HarrisonLet It Roll: The Best of George Harrison
(2009/04/27)
George Harrison

商品詳細を見る



1 Got My Mind Set On You
2 Give Me Love (Give Me Peace On Earth)
3 The Ballad Of Sir Frankie Crisp (Let It Roll)
4 My Sweet Lord
5 While My Guitar Gently Weeps [Live]
6 All Things Must Pass
7 Any Road
8 This Is Love
9 All Those Years Ago
10 Marwa Blues
11 What Is Life
12 Rising Sun
13 When We Was Fab
14 Something [Live]
15 Blow Away
16 Cheer Down
17 Here Comes The Sun [Live]
18 I Don't Want To Do It
19 Isn't It A Pity


ジャケット、かっこいい!!!!!
このままのジャケットで発売してください、3枚くらい買う(笑)



ジョージのベストアルバムって、過去に2枚出てるんですよね。


The Best of George HarrisonThe Best of George Harrison
(1991/08/05)
George Harrison

商品詳細を見る



The Best of Dark Horse (1976-1989)The Best of Dark Horse (1976-1989)
(1989/10/03)
George Harrison

商品詳細を見る



上のは「The Best Of George Harrison」と銘打っておきながら、
曲の半分はビートルズ時代という舐めきった選曲、「Bangla desh」以外見どころなし。
しかし下の「Thee Best Of Dark Horse」は意外に名盤で今でもよく聴いています。
他のアルバムにも入ってる曲ばかりですが、
何しろジョージのアルバムで一番最初に買ったCDだから、曲順に慣れ切ってるんですよね。
で、曲もうまいこといいところを選んであるんです。
数年前にジョージのダークホース時代のCDのリマスターがリリースになって、
もちろんハコ買いしましたけど、このベストは入ってなかったんですよねぇ。


で、7月にリリースになるのは、
舐めたベスト(の後半)と、結構名盤ベストを合わせた、
「ジョージ ハリスンの」オールタイムベストだそうです。
かたや半分ビートルズ、かたや「All Things Must Pass」の曲なし、
「Give Me Love」なしみたいなずれたベストしかなかったジョージなので、
このアルバムは持っていて間違いないと思います。


ただ、バングラデシュコンサートのライブ音源はなぜか、
ビートルズ時代のいつもの3曲、「Bangla desh」はどーーーしたーーーー?!!!
さすがにあの3曲はビートルズのベストにも入れてもらえるんだから、
こっちで入れる必要ないと思うんですよ。
オリヴィア、ちょっと失敗しましたね、そこまで顰蹙物ではないけど。
あと個人的にオリヴィアさすが!と思ったのは、
「Marwa Bluesです、この曲インストなんですが、穏やかで大好きな曲です。
「Brainwashed」に収録されていたので、新しい曲ではありますけどね。


で、もしも、もしもですよ。
ジョージのベストアルバム作るから、20曲ばっかし選曲してくんなーい?
って誰かに頼まれたら、自分ならどんな曲を入れるかなんて、
しょーもないことを考えました。


My Sweet Lord
Wah-Wah
What Is Life
All Thingss Must Pass
Apple Scruffs
Awaiting On You All
Plug Me In

-All Things Must Pass-
Give Me Love (Give Me Peace On Earth)
-Living in the Material World-
You
-Extra Texture (Read All About It) -
This Song
Crackerbox Palace

-Thirty Three & 1/3 -
Love Comes to Everyone
Here Comes The Moon
Blow Away
Dark Sweet Lady

-George Harrison-
All Those Years Ago
-Somewhere In England-
Wake Up My Love
That's The Way It Goes
Gone Troppo
Mystical One
Dream Away

-Gone Troppo-
Cloud 9
This is Love
When We Was Fab
Devil's Radio

-Cloud 9-
Any Road
Marwa Blues
Between The Devil And The Deep Blue Sea
Brainwashed

-Brainwashed-
Horse To The Water
-Small World Big Band and his rhythm & blues orchestra and friends)-


どうでしょう、これ。
・・・って、10曲もオーバーかよ。
ごめんなさい、2枚組にしてください、これでも頑張って減らしたんです。



これ見ると、ジョージのソロの中でも評価の微妙な「Gone Troppo」が
意外と好きだったりするんですよねぇ。
暗さが全くなくて、能天気とも思える屈託のないアルバムです。
「Mystical One」は絶対収録すべきだよ!!!


今回リリースになるベスト盤はオリヴィアによるものですが、
ダーニ選曲Ver.のベストとか、ジェフ某選曲Ver.とかエリック某Ver.とか、
リンゴ某Ver.とかポー(ryも聴いてみたいです。
スポンサーサイト

ALOHA、NEUTRINO復活

2009.05.28

category : ALOHA

ALOHAのダンスチューン、「NEUTRINO」が現在
myspaceにて復活しているようですよ。


しかし最近マイスペの音楽機能がダメなんですよねー。
再生時間半分くらいでいきなり音止まって次の曲行ったりして。
早くCD欲しいねー、リリースいつかなー。


ALOHA、東京でライブも続々決定して頑張ってます。
トロピカルダンディー西尾さんのライブもあったみたいだし。
福岡にいるとライブ行けないので寂しいですが、超応援していまーす。
関東にお住まいの皆様、どうぞALOHAライブ行ってみてください。
マッタリ美味しいお酒が飲めます、オススメです。

DVD/Concert For George

2009.05.27

category : MUSIC

Concert For George」のDVDを観る目的って、
ジョージの追悼ってわけではなく(そうだと悲しい)目の保養だったりするんですが
昨日ふと思い立って久々に観た目的が、コンサート前半のインド音楽。
You Tubeで動画探したけど、ワーナーからクレーム来て削除されたみたいです(凹)


インド楽器はジョージのお陰で好きではあったけど、
さすがにアレだけ長い映像を観てるのはちょっと・・・って感じがあって、
ダーニがあんまり出てこない場面だし 早回ししてたんです。
しかし昨日はダーニはとりあえず忘れて(笑)、インド音楽に浸ってみようと。
エリック某とラヴィ シャンカールが挨拶した後、アヌーシュカのシタール演奏。
アヌーシュカのシタールとジェフ某による「The Inner Light」(ダーニもちょっと登場)
アヌーシュカ指揮による「アルパン」までの第一部だけを観たのです。


改めて第一部だけ観ると、これがイギリスのロックミュージシャンのための
追悼アーティストとは到底思えない映像です。
かといって、西洋音楽の要素が全くないのかと言うと、
欧米人のストリングスがいて、「ハレハレクリシュナー」歌うシーンもあります。
エリック某が最後にアコースティックギターで参加するんですが、
このギターソロがエリック某の音でもあり、
インド楽器の音と似た香りもするわけです、これがすごく不思議でいい。
インド音楽の空気をしっかり読んでる。



1つの目的を持って、というか、1人の人物の周りに、
色んなつながりで色んな人が集まってきて、
それが上手いこと混ざり合った感じなんですよね。
少なくとも、自分はそんな風に感じました。
国籍とか民族も色々だし(オリヴィアはメキシコ系アメリカ人だし)、
音楽のジャンルも色々で、映画つながりで来た出演者もいて、
老若男女問わず。
でもみんな目的はジョージのため。


老若男女問わずと言えば、最初にラヴィ シャンカールが
挨拶と曲紹介をするシーンではよぼよぼのじいちゃんなのに、
アヌーシュカの演奏が始まって、その光景を見る様子は別人みたいです。
あの緊張感はまさに神。



で、話が逸れましたが、出演者がかなりの人数いるものだから、
ステージ上は色んなセットでとっ散らかってる感は否めませんが、
そのとっ散らかった感じが完全形なんですよね。
出演者の面子にも同じことが言えると思うんです。



ジョージと言えば、ロックにインド楽器を取り入れたり、
いや、むしろロックミュージシャンがちょっとだけインド音楽を演ったというべきか、
そのほかにもエレクトロニカの原型みたいなことやってたり、
音楽の面でもロックの域超えちゃってるし、
多趣味という点でも映画やらF1が好きかと思ったら、庭いじりが一番だったり。
反面飽きっぽいところもありそうとはいえ(笑)
兎に角色々幅広い、そういうところがまた好きなんですが。
そんなだから各方面で知人友人も多かったでしょうし、
その人たちをくっ付けるのも得意ですね。
人と人を繋げるのが天才的に上手な人がいますが、
ジョージもそんな人なんだと思います。



そうやって人と人とを結びつけるのが上手い人に共通するのって、
多趣味で博学なことなのではなかろうかと思うのであります。
そんな人の周辺に集まる人たちは分野が広いから、
人のタイプも当然多くなるわけで、そこに起きる人間関係上の
化学反応というのも比例するのではないでしょうか。
色んな人が集まって化学反応起こして、
何か1つの大きな物や出来事が生じる。


それがジョージに関して言うと、
このConcert For Georgeってライブだったのではないかと思いました。
そしてこのDVDを観ながら、
5月に参加したイベントのことも色々考えたのです。



何か1つの大きなことやろうと思ったら、
あくまでもロックや音楽ってのは動機とか軸であって、
ずっとそれに拘っていてはダメなのかなと。
「そういえばロックだよね?」と時々思い出すくらいの、ロックからかけ離れた感、
そんな「1周回ってロック」な感じが重要なのかも知れません。



ジョージの追悼ライブでどこまで話広げてるのか分かりませんけど、
そこまで考えさせるところがまた深いです。
さすがワタシが好きなだけある、ジョージ(笑)



それとはまたちょっと話がずれますが、
アヌーシュカがカーシュ カーレイと製作したこのアルバム、


水の旅水の旅
(2007/09/26)
アヌーシュカ・シャンカール&カーシュ・カーレイスティング

商品詳細を見る



異母姉妹のノラ ジョーンズも参加してるんですね。
bbのときにある方と「ノラ ジョーンズとしては異母姉妹とか考えたくもないかもー」
なんてお話をチラッとしたんですけど、まさか姉妹競演をしていたとは!!
ラヴィ参加の曲もあり、スティングもゲストで参加していると言う豪華アルバム。
聴いてみようと思います。

HAKATA RIOT vol.2、セットリスト

2009.05.25

category : EVENT PARTY

ブログでセットリストUPしました。
これにてワタクシの役割終了しましたので、
しばらくライオットブログのKAORIEによる更新はストップします。
読んでくださっていた皆様、ありがとうございました。


・・・とは言え、ここの常連さんでライオットブログ読んでくれてた方って
ものすごく限られてたんですよねー、多分ですが。


そんなわけで、4つのブログを掛け持ちの日々も終了です。
しかし4つはさすがに大変です、3つが限度。
4つ掛け持ちとはいえ、裏の更新、殆ど停止してましたから。
そっちを楽しみにして下さっている皆様には
本当に申し訳ないことをしました、中途半端でスミマセンでした。
ライオットブログを読んで下さっていた、ここの常連の皆様以上に、
裏の常連様は数の上では少ないですが、数の問題ではありません。


ショックだったのは、すごく気に入っていた裏のPC用テンプレートの画像が
ちゃんと表示されなくなってたことです。
更新しているときはいつもチェックしてたけど、
更新されない裏は、自分で見るのも嫌だったので避けてたんですよね。
ホントにとことんダメなヤツです。
きっと一定期間更新しないと勝手に現れる広告が出てたりしたんだろうなー(凹)
なので、昨日から更にダークな感じに変わっております。


またどうぞよろしくお願いします。

重力ピエロ

2009.05.24

category : FILMS

公開初日に映画を観に行くなんてことは滅多ににしないんですが、
昨日は22時頃から集会の約束があり、
仕事は18時半に終了するものですから、
もう時間潰すにはこれしかなかろうと、行ってきました、重力ピエロ
仕事が終わるのが上映15分前なので、
またしても老体に鞭打って全力疾走したんです。
何しろ初日なので、満員の可能性も考慮に入れながら。
まぁ、全く必要なかったんですが(笑)
それはそれで淋しいですが、この映画、ユナイテッドシネマでもやっているので、
KBCシネマは人が少なかったのかもしれません。


で、映画といえば、キャストが絶妙でした。
小日向さんがお父さん役ってのはどうかしらと思っていましたが、
それも余計な心配でした。
あと吉高由里子の変な人っぷりは素晴らしいです。
転々」でも大したもんでしたが、
最近の若手女優で一番好きかも。


映画も良かったです。
原作は良かったのに映画化されたらゴミってのは多いですが、
これは違和感なく観られました。
それでも原作とは違う箇所もたくさんあったので、
もう一度原作を読んでみようと思います。
色々終って落ち着いてきたし、
この前、いいブックカバー貰ったし。


あ、そうそう。
加瀬くんがまた新しい映画に出るんですね。
プール
楽しみと言えば楽しみなんですが、
小林聡美、もたいまさこというと、「かもめ食堂」「めがね」の流れなら、
ちょーっともう飽きが来てるんですよね。
小林聡美ももたいまさこも好きですけど。
オフィシャルサイトの特報のところで、映画の宣伝が観られます。
チマチマと椅子にヤスリかける加瀬くんに萌えます。

All These Choices

2009.05.21

category : MUSIC

北欧ブラジリアンなんてわざわざ「どっちなん?!」ってツッコミ入れたくなるジャンルですが、
去年はロマン アンドレンにしっかりはまりまして、
このブログにも結構な頻度で登場いたしました。


そのロマン アンドレンの関係者ということで、先日発見したのが


オール・ディーズ・チョイシズオール・ディーズ・チョイシズ
(2009/04/02)
インゲラ

商品詳細を見る



インゲラ ヤンソン嬢です。
ロマンの「Juanita」で作曲に携わったことがあり、
この「All These Choices」ではロマンがミックスをしています。
アルバムのタイトル曲を先日のbruit blancでもかけましたが、
この「All Thse Choices」って曲が気だるくて大好き。
最初試聴したとき、全体的にピンと来なかったんですけどね。
「北欧ブラジリアン」というより、「北欧ジャズ」ですね。
ジャジーな雰囲気の漂う、夜が似合うアルバムです。
bbで掛けるか掛けないか、家ですごく悩んだのですが、
DJリレー枠で結局掛けられました。


北欧でジャズということで、もう1枚気になっているアルバム。


WALKOVERWALKOVER
(2009/04/08)
ユッカ・エスコラ

商品詳細を見る



フィンランド=メタルというイメージが強いですが、
そんなイメージとはかけ離れたトランペットサウンド。
いいねー、ホーンセクションのある音楽大好きです。
ユッカ エスコラThe Five Corners Quintetというジャズクィンテットに所属しているそうです。
まだ買えてません、でもタワレコ行く度に試聴機の前で買うかどうするか迷います。
こういう人たちをビルボードライブで観たかったんですよねー。
やっとそういう音楽が好きになり始めたのに、ビルボードライブ福岡閉店(凹)
先日のALOHAが最初で最後のビルボードライブでした。


北欧はポップやロックもさることながら、ジャズも熱いですね。
熱いけど、決して暑苦しくならず、涼しげなところがさすがです。
今年も北欧から目が離せません。
いや、いつもですけど。
その結果、こうですけど(笑)
もはや音楽のこのジャンル、あのジャンルが好きというより、
「北欧」というジャンルが自分の音楽嗜好には確立されているようです。
ロックもあり、ポップもあり、メタルもあり、ジャズもあり、
ブラジリアンもあり、共通点は北欧ってな風に。
「北欧演歌」なんてのが出て来ても聴いてそうですね(笑)

Kaizers Orchestraの新譜

2009.05.20

category : MUSIC

チェックが甘かった(凹)
Kaizersの新譜が4月末にリリースになっていたのですが、
CDは1週間のみの発売だったのだとか、そんなこと知らねー(凹)
会社なのでゆっくり読めないからよく分からないけど。
今、新譜のニュース読んで、最大に凹ってます、ぁぅぁぅ。


ただ、現在はiTunesにて購入できるらしく、
円で値段も表示されているので、日本でも購入できる模様です。
よ、よかった。
しかもiTunesで購入するとボーナストラックもあるそうで、まぁある意味ラッキー。
帰宅したら速攻買わなくちゃあ。


しかし、CD欲しかったなぁ。
ジャケットカッコいいじゃないか~。


巷では新型インフルエンザで大騒ぎですね。
つい先日行っていた大阪で感染者急増、
弟が住んでいる滋賀でも発生。
どうして関西だけなんでしょうね。
そういえば4月ごろ、周りで変な風にインフルエンザ流行ってましたけど、
あれはどうだったんでしょう。



正直、インフルエンザも怖いけど、
今何となく地震が怖いKAORIEです。

Gay Boy

2009.05.18

category : MUSIC

さて、5月のDJスケジュールも全部終了しまして、
次のbruit blanc vol.3までネタ探しの日々が始まるわけですが(←またDJやる気満々らしい)
先日のHAKATA RIOT vol.2でも、一昨日のbruit blanc vol.2でもかけた
Futonの超名曲、「Gay Boy」について書こう書こう、
いやしかしbb終了まで待とうと思っていて、
無事終了したということで、やっと書けます、嬉しい。


なぜbruit blanc vol.2まで待とうと思ったかというと、
ちょうどイベントの感想と並行して書けそうな内容だったからなのです。
長くなるんで覚悟してください(笑)


まず曲の解説。
Futonの「Gay Boy」という曲は日本で国内盤がリリースされた2枚、


Give Me More!Give Me More!
(2005/10/12)
フトン

商品詳細を見る


ペイン・キラーペイン・キラー
(2007/10/24)
フトン

商品詳細を見る



にリミックスがそれぞれ収録されているのですが、
リミックスと言うからにはオリジナルが存在します。
Never Mind The Botox」という日本では未発表のアルバムに収録されています。
残念ながらAMAZONでは見つからないし、HMVオンラインにもありません。
タワレコにはあるみたいです。
以前福岡の店舗でも、「Never Mind~」と、同じく日本盤未発売の
「Love Bites」もありました、今は分かりません。


曲のタイトルは「Gay Boy」ともうそのまま過ぎて、
なぜかけたかって理由書く必要もなさそうに思えます(笑)
ライオットに関してはそうなんですが、bruit blancはもう1つ理由があります。


bbの最終的なスケジュールはこんな感じでした。


プレオープン
17:00~20:00 honey-T (他に数名)

20:00 - 21:40 DJリレー (飛び入り参加大歓迎)

21:40 - 22:00 ケン
22:00 - 22:20 わかめ
22:20 - 22:40 ヴォカコフ
22:40 - 23:00 エク

23:00 - 23:20 にごー
23:20 - 23:40 とうちゃん
23:40 - 00:00 PePe

00:00 - 00:20 kor
00:20 - 00:40 タークン
00:40 - 01:00 DJみかん

01:00 - 01:20 ヴォカコフ
01:20 - 01:40 はぎ
01:40 - 02:00 根岸絶叫

02:00 - 02:20 アフリーダ/そよ風さん/ショコラ
02:20 - 03:00 シモーヌ深雪

03:00 - 03:20 DJ Satsang (a.k.a Terada ji)
03:20 - 04:00 DJリレー (飛び入り参加大歓迎)

04:00 - 04:20 ハタ
04:20 - 04:40 さとる
04:40 - 05:00 けるる軍曹/うっちー/飛溺


2:00 - 2:20が、ドラァグクィーンのショーでした。
そしてその次のシモーヌ深雪様はドラァグ姿でDJ。
昨日出演していらっしゃった4人の華麗なるドラァグクィーンは
京都メトロで行われている「Diamonds Are Forever」というドラァグクィーンが出演する
20年続く老舗パーティーに出演されていらっしゃいます。
KAORIEはまだ新人さんのショコラ嬢サポーターで、ショコラ嬢のショーを
何より一番の楽しみとして今回のbbに馳せ参じたわけです。
ドラァグクィーンのショーを観るのは初めてでしたが圧倒されますねー。
ドラァグクィーンからのプレゼントは、bbのフライヤーのデザイン入りのチロルチョコ。
大盛況で人がたくさん、唐揚げ揚げまくりの会場で熱気がすごかったせいか、
貰った時点ですでにドロッとしてたのもいい思い出です(笑)
シモーヌ深雪様はbbの間、ずっと流していた9時間にも及ぶ映像を作成してくださり、
しかも書くDJの好きな音楽の系統とDJの時間に合わせて
映像を編集して下さったそうです。
DJの最中、ヒールの高い靴のため、
DJセットがすごく低い位置だったのも印象深いです(笑)
そのシモーヌ深雪様がBLONDIEがカバーしたDavid Bowieの「Heros」をかけてくださったのですが、
「ドラァグ クィーン」「Heros」「Gay Boy」がやっと繋がります。
ここまで長かったね(笑)


で、この「Gay Boy」なんですが、オリジナルVer.のPVがあります。





これがまたカッコいい映像で大好き。
momoko&Geneが単語ごとに区切った歌詞を書いた画用紙を捲っていくという、
すごくシンプルな作りだからこそ、カッコいい。
自分がライオットでこの曲をかけようと決めたときに
偶然この映像を目にして、そのタイミングに超テンション上がって
関係者の方に速攻メッセージ送ってしまいました。


この曲にはロックの名曲へのオマージュがたくさん散りばめられていて、
まずイントロが「My Sharona」(The Knack)





このイントロでガシッと心を掴まれてしまったんですが、
コラージュのような歌詞に色々隠されていて、
自分が思わずメッセージを送った関係者の方に聞いたお話では、
この中に「Heros」へのオマージュも隠されているとのこと。
え、そうだっけ?と思って両方聴いてみると確かに!!
映像の1分15秒くらいから観てみてください、ちょっと見えにくいかも知れませんが。


そしてbbで絶対かけたいと思ったのが、
「Ingenious marketing plan Drag Queen Exploits Japaaaaan!!」1分34秒くらい。
「巧妙なマーケティングプランで、ドラァグクィーンが日本を開拓する」って、
その光景を想像するだけでも楽しくなります。
bbに携わる華麗なるドラァグクィーンの皆様への感謝です。
何しろ日本国内盤は出てので聴いたことある人は少ないだろうし、
リミックスにはこの歌詞ないし、
歌詞なんて言われなくちゃ分からないけど、自己満足な気持ちだけ。
後になって、「そうだったんだー!」って思っていただけたりすると、
KAORIE冥利に尽きます(笑)
そんなこと言わなくても知ってたという人がいらっしゃれば、
それはそれで色々話すべきことがあると思います(笑)


現在FutonはmomokoさんとGeneが抜けて、Gooという名前に変わったそうです。
ってのは前書いた気もします。
Gooも、脱退したメンバーも活動始めたようで楽しみです。
momokomotionのアルバムの良さは前述したとおりです。



それにしてもドラァグクィーンのショーってはまりますね。
Diamonds Are Foreverに行ってみたくなりました。
そんなことを言い出すと、やはり関西に引越ししなければならないでしょうか(笑)
福岡だったらやっぱりあんみつ姫かな。

帰宅、そして最後の仕事

2009.05.17

category : EVENT PARTY

徹夜で遊んで、新幹線や、博多駅→家のバスで意識不明になりながらも、
何とか無事に帰宅しました。
現地でお会いできて、お話できた皆様、本当にどうもありがとうございました!!
フライヤーやCDRなどたくさんお土産を頂き、
荷物がしっかり重くなりました(笑)


で、寝る前に、セットリストだけでもとりあえず上げておこうということで。
いやもうお前は寝れという声も、どこからともなく聞こえることは聞こえます。
テンション上がって寝ようとすると眠れないの、見逃して(笑)


アーティスト/曲名


●1回目(20:00~21:40のDJリレーの一部)
Futon/Gay Boy
Ingela/All These Choices
Sodastream/Heaven On The Ground
George Harrison/Miss O'Dell
Paul McCartney/Baby's Request


●2回目(22:20~22:40)
Carlos Gardel/Caprichosa
George Harrison/Horse To The Water
Thenewno2/yomp
momokomotion/Ask For the Moon
MIDIval PunditZ/Tonic


●3回目(25:00~25:20)
The Radio Dept./1995
ESKOBAR/Good Day For Dying
Mercenary/Music Non Stop
Kent/Innan Allting Tar Slut
Jens Lekman/When I Said Wanted To Be Your Dog
Kaizers Orchestra/Mr. Kaizer, Hans Costanse Og Meg


2回目以外は突如決定して、その場で選曲。
正直なところ、


HAKATA RIOT vol.2より緊張しました。


3回目は北欧特集です、CDとiPod駆使。
内容は一番KAORIEらしいかも。
もうネタねーよと冷や冷や物でしたが、北欧好きの底力発揮。
それを自分で言うな(笑)
ちゃっかり3回もやってます。
まだやれと言われたら、ネタがないとか言いながらも、
CigavettesとかALOHAかけようと思っていた辺り(笑)


Kaizersに反応してくださった方がいらっしゃったのは
とてもテンションあがりました。
会場のdistaのボスの方だそうです。
このKaizersの曲は大好きで、
いつかDJの最後にかけてみたいと思っていた曲なのであります。
夢叶って嬉しい。


さぁ、風呂入って寝よう。
おやすみなさい。
イベントの感想は、書きたいことが多すぎて難しいけど、
寝ないことには始まらなそうだ(笑)

明日に迫る!!

2009.05.15

category : EVENT PARTY

泣いても笑っても明日!!


bruitblanc2.jpg



前回怒濤の盛り上がりをみせた「ブリュイ・ブラン」が帰ってきた!
ゲイ、ビアン、バイの人はもちろん、
ディープな音楽好きなら誰でも大歓迎のカフェイベント。
ロック、ソウルからジャズ、ワールドミュージックまで何でもあり!
単に踊れる曲だけじゃなく、しんみり泣ける曲、ミーハー丸出しの曲、
ちょっとコレ面白いんじゃない?って曲、地味だけどカッコイイ曲など、
こだわりがあればなんでもありのリスニング重視の音楽イベントです。
今回は多くの声にお応えして、飛び入りDJ枠を大幅に増設。
DJ経験ゼロでも全然オッケー!
もちろん観るだけ、聴くだけでも楽しいイベントになること受け合い。
シークレットゲストやショータイムもお楽しみに!
音楽を通じて仲間を増やしたいと思ったアナタ。
5月16日はCD持ってdistaへGo!
合い言葉は・・・「ユーもDJやっちゃいなよ!」

bruit blanc 02

2009.5.16 (Sat.) 20:00 - 5:00

会場 : dista
〒530-0027 大阪市北区堂山町17-5 巽ビル4F
TEL 06-6361-9300


入場無料 (入退場フリー / ドリンクと軽食あり)

mixi community
official blog


主催 : けるる軍曹/うっちー(dista/MASH大阪)/飛溺
協力 : dista/MASH大阪





非常に体調が悪いとか、
どうしても明日じゃなくちゃ片付かない面倒な仕事があるとか、
なぜ今なのさって間の悪い出来事のオンパレードですが、
bruit blanc vol.2参戦のために頑張るのだ。
5か月ぶりの大阪ではありますが、そんな感じがしないのは、
HAKATA RIOT vol.2で大阪の人に会ったからでしょうか(笑)


それでは、またイベント後にお会いいたしましょう。
現地でお会いできる皆様、どうぞよろしくお願いします。
ウザいから来んでええわーとか言わんといてーーー!

HELLO HELLO

2009.05.13

category : MUSIC

先日、面白いCDを発見したと書きました


ハロー・ハローハロー・ハロー
(2009/03/22)
ミディヴァル・パンディッツ

商品詳細を見る



HMVオンラインにて購入して、本日到着。
楽しみで楽しみでしかたなかったので早速聴いています。
家ではほとんどヘッドホンは使用しないのですが、
そこをあえてヘッドホンで聴いてみると、インド音楽特有の
びよおおおんぬおおおおんんんにゅおおおおんっずんずんずんずんずんってな音のせいで
脳内で変な物質が分泌されてるような気がします。
これはいかん。
意識が妙な方へ向いてしまって、
ヒンドゥー教とは何たるかなんてとこまで興味まで湧いてきました。
気づいたらガンジス川に浸かってたりしたら、どうしましょう。
いや、それもまた面白そうといえば面白そうですが。




そんなことばっかやってて、
bruit blancのセットリストが決まらねーよー。

HiGE

2009.05.13

category : LIVE!

髭ちゃんのライブ、最初から最後まで1人でいたのって、
意外にも初めてでした。
フロアの真ん中辺りでのんびり観るつもりだったんですけど、
何か右にも左にも中途半端な髪の長さの女がすごくうぜーーーーって思ったら、
いつの間にかモッシュピットのど真ん中に(笑)
20代最後のモッシュピットは髭ちゃんってことでいいんでしょうか。
6月には誕生日のちょっと前にThe Bawdiesがありますが。
実は髭ちゃんでモッシュピットも初です。
というか、あんな前で髭ちゃん観たの初めてでした。
会場がいつもより広くなって、すごく遠く感じたせいなのかもしれないけど、
前に行かないと何かどうも1人だけ別世界に置いてきぼりな感じで、
ちょっとだけ前に行ったつもりが、あのザマ(笑)


詳しいことは書かずにおきますよ、
福岡一番最初だから、これからの人もいらっしゃるでしょう。






話は変わりますが、衝撃画像
その記事


この画像でどうやって笑顔って分かるんだよ。
と思ったら、そっちか!!!(←左の後ろ向きの赤毛と思った)


初めて素顔見た・・・orz
もともとポッチャリではあったけど、こんな風に・・・orz
可愛いといえば可愛いんだが、それにしたってあんまりにも・・・orz


誰かによく似てるなー、こんな人いるなーと思ったら、
よくオールドトラフォードとか、セルティックパークとかで、
ビール片手にサッカー観戦してる人。
それこそ、こんなおっさんが大半ですよね。


化粧も、時間も、同じくらい怖いと思いました。

怒涛の1週間

2009.05.11

category : EVENT PARTY

始まりました、また忙しくなりそうです。
明日は髭ちゃんのライブです、DRUM LOGOSはかなり久しぶりです。
前行ったライブが何だったか思い出せません。。。
今回の髭ちゃんのツアー、福岡が最初なんですね、むむ。
オレ、また老体に鞭打って、仕事終わらせて、ダッシュしなきゃなんないですよ。


そして今週末は噂のアレ!!


bruitblanc2.jpg



前回怒濤の盛り上がりをみせた「ブリュイ・ブラン」が帰ってきた!
ゲイ、ビアン、バイの人はもちろん、
ディープな音楽好きなら誰でも大歓迎のカフェイベント。
ロック、ソウルからジャズ、ワールドミュージックまで何でもあり!
単に踊れる曲だけじゃなく、しんみり泣ける曲、ミーハー丸出しの曲、
ちょっとコレ面白いんじゃない?って曲、地味だけどカッコイイ曲など、
こだわりがあればなんでもありのリスニング重視の音楽イベントです。
今回は多くの声にお応えして、飛び入りDJ枠を大幅に増設。
DJ経験ゼロでも全然オッケー!
もちろん観るだけ、聴くだけでも楽しいイベントになること受け合い。
シークレットゲストやショータイムもお楽しみに!
音楽を通じて仲間を増やしたいと思ったアナタ。
5月16日はCD持ってdistaへGo!
合い言葉は・・・「ユーもDJやっちゃいなよ!」

bruit blanc 02

2009.5.16 (Sat.) 20:00 - 5:00

会場 : dista
〒530-0027 大阪市北区堂山町17-5 巽ビル4F
TEL 06-6361-9300


入場無料 (入退場フリー / ドリンクと軽食あり)

mixi community
official blog


主催 : けるる軍曹/うっちー(dista/MASH大阪)/飛溺
協力 : dista/MASH大阪



1年に何回大阪に行ってるのかよく分からなくなってきましたが、
また今回もDJとして参加させて頂きます。
こだわりがあればどんな音楽をかけてもいいなんて、
自分のためにあるようなイベントです。
毎月やって欲しいけど、そうすると大阪に引っ越さなくちゃいけなくなりそうなので、
やっぱり半年に1度くらいがいいです(笑)


持ち時間は20分くらいだということで、
実はHAKATA RIOT vol.2のときより選曲で悩んでいます。
例えて言うなら、
「無人島に5枚だけシングル持って行かせてやるから、選べ」ってことですよね。
そんなことを言って、さらに選曲を難しくしてしまったぜ。


素敵なショーもあるようです。
今回は食べる物もあるそうです。
オイシイ珈琲も飲めるんですって。
何より音楽がそこにはある!


と、いうことで行ってきます、土曜日。
GWはまだ終わりません!

未発表詞とインド音楽

2009.05.10

category : THE BEATLES

ジョージ ハリスンの未発表詞、アビーロードで見つかる




[ロンドン 8日 ロイター] 
元ビートルズの故ジョージ・ハリスンが1967年に書いた未発表の歌詞が、
ロンドンの「アビイ・ロード・スタジオ」で見つかり、大英図書館で展示されている。
この歌詞はハリスンが23歳か24歳の時のもので、
ビートルズがアルバム「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」の制作に向け、
同スタジオを中心に活動していたころに書かれたとみられる。
ビートルズ公式伝記の著者ハンター・デヴィス氏が、
同書の改訂版執筆のリサーチ中に、
スタジオの床に放置されていた紙くずの中から見つけたという。
題名がない8行の歌詞には、漠然とした不安などがつづられている。






この書き方では状況がよくつかめないんですが、
このハンター デヴィス氏が1969年に書いたビートルズの公式伝記のリサーチ中に
発見したものを現在大英図書館で展示しているのだと思われます。
決して、ハンター デヴィス氏が「最近」ビートルズの公式伝記を書くために
リサーチをしていた所を、「最近」アビーロードで発見したわけでは無いでしょう。
だってS.G.T. Pepper'sって1967念発表ですよ?
それから40年以上もアビーロードに放置されてるなんて、
そーんなこたーあるわけないって、ちょーっと考えれば分かるけども、
このニュース書き方が悪いですね。
コメント欄「え、今頃?!!」ってのが1位に来てますが(笑)


この時期のジョージと言えば、インドの文化の影響を強く受けた
内省的な歌詞が多数。
ぜひ読んでみたいものです。
しかしジョージの未発表曲って、多いんじゃないかと思うんですよね。
レノン=マッカートニーの楽曲に押されてアルバムやシングルに
収録されなかった曲が山ほどあるのではなかろうかと。
そういうの発表してほしいな~。


で、ジョージと言えば、インド音楽と切っても切れない関係ですが、
今日タワレコ福岡のワールドミュージックのフロアをウロっとしていたら、
面白そうなCDを発見しました。


ハロー・ハローハロー・ハロー
(2009/03/22)
ミディヴァル・パンディッツ

商品詳細を見る



正直なところ、エレクトロとかテクノとかのピコピコしたジャンル、
もちろん好きなアーティストもいないわけではありませんが、
ジャンルとして好きかと言うとそうでもないのです。
1930年代~50年代の音楽、「蓄音機の似合う音楽」が原点にあるので、
あんまり電子音を長時間聴いていると疲れてしまいます。
が、インド音楽の影響の色濃いエレクトリックな音楽に関しては例外。
何だか知らないけど、大好きです。
UKロックのバンドで好きなのがSuedeと、もう1つがKula Shakerだって言うんだから、
インドテイストの強い音楽全般が好きなんでしょうが(笑)


このMidival PunditzもそんなインドのDJデュオ。
試聴してたら世界に入り込んで15分くらい聴き込んでました。


この「HELLO HELLO」というのは3rdアルバムだそうですが、
2ndアルバムにも興味があります。


Midival TimesMidival Times
(2005/04/19)
Midival Punditz

商品詳細を見る



ジョージとも親交が深く、ジョージの追悼ライブの前半に
壮大なインド音楽を披露したラヴィ シャンカールの娘、
アヌーシュカ シャンカールも参加しています。
アヌーシュカ、美人ですねぇ、お父さんにもよく似てるし、
さすがに異母姉妹だけあって、どことなくノラ ジョーンズにも似ています。


それからMidival Punditzがたびたびコラボしているという、
Karsh Kale
どこかで見た名前だと思ったら、
iTunesのサンプル音楽に2曲ほど収録されていたのです、何という偶然。


以前からTalvin Singhが好きで、先日のHAKATA RIOT vol.2でもかけましたが、
今年はインド音楽も熱いかも知れません。


そうそう、福岡にはインド料理店も多く、
中でも自分がしょっちゅう徘徊している「西新」には集中しています。
だからなのだと思いますが、インドやスリランカ辺りの方と思しき方が多いんですよね。
老若男女問わず必ず見かけます。
インド料理は大好きです。
素手でカレー食べるのも、あんまり抵抗ありません。

ノーマ ジーン

2009.05.09

category : FILMS

マイミクさんの日記にBlondieのデボラ ハリーのことが書いてあり、
自分でウィキっていたら、デボラ→マリリン モンローへ。
そうしてまたウィキの森で迷子に陥るわけですが(笑)


「マリリン モンロー」というのが芸名で、本名「ノーマ ジーン」というのは
ちょっと映画通だったら大抵知っている話ですが、
フルネームが「ノーマ ジーン ベイカー」だと思っていたら、
どうやらそれは改名後らしく、
出生届には「ノーマ ジーン モーテンセン」となっているそうです。
「モーテンセン」ねぇ・・・・と思ったら、ノルウェー系アメリカ人なのだそうです。
「モーテンセン」がノーマ ジーンのお父さんの名字だというので、
恐らくお父さんがノルウェー人なのか、ノルウェー系アメリカ人なのでしょう。
名字の最後に「sen」とか「son」がつくと、北欧とか中央ヨーロッパ系かなと思います。
ノーマ ジーンが北欧系ならあの金髪の理由も分かる!と一瞬思いましたが、
彼女の地毛は褐色でした(笑)


名前に「son」や「sen」がつく→北欧系なら
じゃあブレット アンダーソンはどうなんと思って調べたら、
2chで見つけた情報なので信憑性は定かではありませんが、
お父さんが北欧系スコットランド人なのだとか、マジですか(笑)
ブレットはイギリス人だろうとアメリカ人だろうと、実は日本人だろうと関係なく愛なので、
ルーツなんて気にも留めませんでしたが、
それが本当だったら、ワタシの北欧好きって重体ですね(笑)
ブレットの名字の表記は「Anderson」ですが、
スウェーデンでTOP3に入る名字に「Andersson」というのがあります。


で、ブレットは置いといて(笑)、
「モーテンセン」といえば、「ヴィゴ モーテンセン」という俳優がいます。
この人も北欧系かと調べたら、お父さんがデンマーク人だそうですね。
この通り、「sen」とか「son」がつく俳優をいろいろ調べると、
やはりほとんどは北欧系に行き着きます。
クリス クリストファーソンなんて音楽はカントリーだし、どこから見てもアメリカ人ですが、
名前の表記がKris Kristofferson。
クリスを「Kris」とするのはアメリカイギリスではありません。
あとスウェーデン系には「~バーグ」とか「バーグマン」という名字も多いですが、
これはスウェ語では「ベルィ」に聞こえます。
KentのVo.はヨアキム ベルィ(Joakim Berg)です。
Beckもスウェーデン系なんですね、お母さんが「ハンセン」という名字だそうです。
あとこの頃人気のスカーレット ヨハンソンもデンマーク系。
ウィキには英語読みだと「ジョハンソン」が近いって書いてあるけども、
現地語読みだとやっぱり「ヨハンソン」なのではないかと思います。


他には「フルハウス」のミシェル役を演じ、今では中々お騒がせなオルセン姉妹。
そしてお騒がせでかぶるパリス ヒルトンも「sen」も「son」もつかないけど北欧系。
北欧人は海外に渡るとお騒がせになるんでしょうかね、ノーマ ジーンも然り。
そう言えば、山本モナもお父さんがノルウェー人ではありませんでしたか?


あと個人的に非常に納得したのがマット ディモン
現在プレミアリーグのチェルシーにドイツ代表のミヒャエル バラックという
マットのそっくりさんがいるのですが、
マットがフィンランドの血が流れていると知るまでは、TVのサッカー中継で
バラックの顔を見るたびに、こんなところにマット ディモンがいるぜ~wwと
母親と笑っているばかりでした。
しかしマット、フィンランド、イングランド、スコットランドの血をひくそうで、
それならドイツ人のバラックと似ててもそこまで不思議でもありません。


あ、バラックもマット ディモンも嫌いではないんですよ、念のため。


と、長くなりまして、落としどころも分からなくなってまいりました。
探せば探すだけ出てくるのでキリもない(笑)
それがどーしたと言われれば、どーもしないネタでもありまして(笑)
マリリン モンローからもはるか遠くへやってまいりました(笑)


なので、著名なスウェーデン系アメリカ人の筆頭ということで、
グレタ ロヴィッサ グスタフソン様のImdbページへどうぞ。
これぞ北欧美人顔、大好きです。
バイセクシャルだったという噂もあります。

ちょっといい話

2009.05.06

category : MUSIC

GW最終日、いかがお過ごしでしょうか。
今日の福岡は大変天気がよく、特に用もないのに
あちこちフラフラ歩き回っておりました、いつものことですが。
天気がいい日に散歩する時、一番よく合うBGMはロマン アンドレンと
ジョージ ハリスンです。
お天気の良い午後にはジョージの音楽はぴったりなんですよ。
何しろ「Here Comes The Sun」なんて曲を書いた人ですから。


昨日買ってiPodと同期したカルロス ガルデルを聴きながら散歩していたら
さすがに何とも言えず鬱な雰囲気になったのですぐやめました。


ビートルズ関係のこんなニュースを発見。


ビートルズのワケありサイン落札される


ザ・ビートルズのサイン入り写真(2枚セット)が1,300ポンド(約19万5,000円)で落札された。
同サインは“偽物”とも呼ばれる代物。
というのも、ジョージ・ハリソンがほかのメンバーのサインを代筆したとみられているからだ。


この写真は、もともと1960年代、白血病に侵された16歳の少女に贈られたもの。
専門家は、ハリソンが少女を喜ばせようと、自分のものだけでなく
ほかのバンド・メイト、ジョン・レノン、ポール・マッカートニー、
リンゴ・スターのサインを加えたとみている。


写真は2枚あり、1枚はジョージ・ハリソンの1人のもの。
こちらにはジョージ・ハリソンのサインのほか、少女に宛てたメッセージが記されている。
もう1枚はグループ写真で、4人のそれぞれのサインが記載されている。


病気と闘う少女は、ザ・ビートルズの歯科医であったジョン・ライリーの隣人で、
ライリーを通しザ・ビートルズに似顔絵を手渡してもらったところ、
お返しにサイン付きの写真が送られてきたという。


亡き少女の父親により出品されたこの写真の売り上げは、
白血病の研究団体へ寄付されたという。


専門家によると、ジョージ・ハリソンはほかのメンバーのサインをまねるのが得意で、
彼によりなされたと思われる4人のサインというものがかなりの数存在するという。
専門家は、少女の余命が短いことを知るジョージ・ハリソンが、
ほかの3人のサインをすぐには入手できないと考え、
彼女を喜ばせるために偽造したのだろうと推測している。



O ヘンリーの小説のようなお話ですねー。
ジョージの人柄の良さがうかがえます。
「ワケあり」とか人聞きの悪い書き方するな(笑)
言ってしまえば偽造サインなのでしょうけど、
メンバーの1人による偽造なのだから、ただの偽造とは価値が違います。
ジョージファンとしては、むしろこのサイン欲しいです(笑)
かなりの数残ってるらしい内の1つ位手に入らないもんなんでしょうかねぇ。


サインをもらった女の子は真相を知らないまま亡くなったのでしょうけど、
嬉しかったんでしょうね。



日本でのジョージの扱いはジョンやポールに比べると相当地味ですが、
オモシロ発言やほのぼのエピソード多いんですよね。
リンゴとタメをはる天然なのかと思えるほどの人好きのする人です。
だから分野を問わず友達も多かったんだろうなー。
親友にカワイイ嫁とられたにもかかわらず、2人の結婚式に出席って感覚が
もうどうなってるのかよく分かりません(笑)


GWも最後、憂鬱になりがちな1日を、
ジョージのいい話とオーガニックな歌で乗り切りました。
今年のGW(というか、1日が)とても楽しかったので、
全部ほったらかしにしてた仕事、明日から頑張って片付けようと思います、はぁ。

ショッピーーーング!!

2009.05.05

category : MUSIC

今日はHAKATA RIOT vol.2も参加していたマルハクの期間中、
住吉のコミュニティセンターhacoで行われていたTシャツ展を観にいきました。
ただそれまで、ものすごく時間があったので、久々に散財!
RIOT終って気が緩んだのでしょうか。


そもそも天神に行ったのは、


Another WorldAnother World
(2008/10/07)
Antony & the Johnsons

商品詳細を見る



と、


Definitive GoldDefinitive Gold
(2006/10/23)
Carlos Gardel

商品詳細を見る



を買いに行くためだったんですけどね、何か予定狂った。
というのも、タワレコでワゴン内のCD半額セールをやってたんです。
そこに偶然、


Martha WainwrightMartha Wainwright
(2005/04/12)
Martha Wainwright

商品詳細を見る



を発見しましてね、きゃっきゃ喜んでたら、
もう1枚強烈に印象に残ったCDがあったんですが、AMAZONにはない・・・。
The Balustrade Ensembleの「Capsules」ってアルバムです。
これぞジャケ買い
こんなバンド全然知らないどころか、アルバムタイトルと名前と
どっちがどっちかすらよく分からなかったんですけどね。
買ってみたら何ともアンビエントなフワフワ感のあるいいCDでした。
ガルデルのCDは買えたけど、マーサとBallustrade Ensembleのお陰で、
所持金不足に陥りアントニーのが買えませんでした(凹)


しかしTシャツ展がオープンする18:00までまだ3時間くらいある。
ってことで、向かったのはいつもの平尾のPOPS CAFE hooplaです。
コーヒーでケーキセットを注文したのですが長居してたので、
チャイを追加注文したんですよ。


200905051543000.jpg


このティーセット、マスターのおばあ様のお家にあった物だそうです。
画像では分かりにくいですが、ガラスがいい感じに曇ってて味がありました。
そしてチャイも美味しい!!
店によってはチャイを注文すると、シナモンとジンジャーの粉が別について来て、
それを入れないとただのロイヤルミルクティーって詐欺みたいなのもありますが、
ここのはスパイスとハーブの香りがよく効いていて本当に美味しい!
というのも、hooplaの近所にあるハーブ屋さんで仕入れたハーブを
入れる前にすり潰すんですって、本格的です!


そして前から気になっていたのですが、
カウンターにレコードの模型みたいなのが置いてあるんです。


200905051545000.jpg


ただの模型だと思っていたんですが、これ、本当に音が鳴るんですって!
8盤レコードって言って、本当に小さなサイズのレコードを
時々売っているお店があるそうですよ。
オモチャのテルミンがあったり、このお店面白いものがたくさんです(笑)


先日行ったhoopla3周年パーティーで、
フロアがカオスと化したDJプレイを披露したマスターでしたが、
実はちゃんとしたクラブでDJをするのは初めてでいらっしゃったそうで、
そんな話も色々しました。
ブースに入ってみないと分からないことってあるよねーとか言って。
そんな話から、自分がこの頃、
クラブでかかるような音楽を聴かなくなっているという話から、
Antony And The Johnsonsの名前を出したら、マスターもよく聴かれるとのこと。
それから店のBGMがワールドミュージックっぽくチェンジ。
あのカフェ、どこまでのジャンルをカバーできるんでしょうか(笑)


福岡って商業施設ばかりバカみたいにあって、観光名所少ないけど、
ロックファン、洋楽ファンなら、このカフェはぜひ一度行ってください!
福岡の新名所にしちゃいましょう(笑)


hooplaからぼつぼつ歩いて、キャナルシティでもう少し時間潰して、
Tシャツ展会場のhacoへ。
以前DJの練習をさせていただいたときに、設営風景は見ていましたが、
マルハク関係者の皆様がデザインされたカラフルなTシャツが
hacoの中央に吊り下げてありました。
ライオットのとき、気づいていたけどツッコム余裕がなかった、
オーガナイザーの5-10さんが着ていたHAKATA RIOT Tシャツも飾ってありました。
あれ、スタッフ全員着るとかしたらカッコイイかもー。
黒字に白文字で、


the incident
 of the MAJORITY,
 by the MINORITY,
 for the EVERYBODY!!!!!


と書いてありました。
ドラムの絵もかっこよかったですね~。


Tシャツ展は明日までです、18:00~22:00ですので、
GW最終日、お時間あればぜひ行ってみてください。
hacoはゲイ向けのコミュニティセンターとなっておりますので、
その点はご留意くださいませ。



GWもあと1日です。
明日は家でグダーッと寝ていようかとも思いますが、
まぁ恐らく無理でしょう。
ゆっくりカルロス ガルデルのCDを聴きたい気もするのですが。。。

HAKATA RIOT vol.2その後

2009.05.04

category : EVENT PARTY

1日徹夜してそのまま仕事に直行なんて荒業をやってのけたので、
どうもHAKATA RIOT前後が夢だったような気がするKAORIEです。
今後は通常営業です。


フロアでもバーカウンターでも、それぞれのセクシャリティを持ったたくさんの人が、
音楽が好きという共通点でもって一緒にいる光景が広がっていたのは、
本当によかったなーと思います。
DJ THALOWさんのセットリストはフロアにいる誰もがテンションMAXでしたね。
すごかったね、もう我を忘れて騒いでたね、オレが(笑)
いや、他のみなさんもそうだったと思うんですよ。
teramotoさんの揺るぎない存在感のDJもさすがでしたね。
自分はteramotoさんがかけたジャンルはどうも知識がなくて弱いんですが、
クラブでかかると踊るしかない!
それはOrangeでも経験済み!!


そして踊りに来たというよりも、喋りに来たような方(笑)もいて、
そんな楽しみ方もまたいいな~と思いました。
人が集まる場所にやってくる理由なんて、イベントの主旨がどうであれ、
人それぞれですもんね。
バンドを観に来た人、THALOWさんやteramotoさんのDJでガッツリ踊りに来た人、
僕の保護者のみなさん(笑)、
音楽好きやLGBT、その両方の人たちが集まる場所が好きで来た人、
そういう人たちと友達になりたくて来た人、
何かおもしろそうだったから来てみた人、本当に人それぞれ。
セクシャリティの多様性、その存在が決してテレビや雑誌の向こうだけではないって
知った上で楽しむイベントってことですが、
多様性ってのはセクシャリティに限ったことではなく、
ある事柄をどう楽しむのかという点での多様性という点でも楽しかったなーと思います。






と、簡単に感想を書きましたが、
自分がそういったロックイベントで騒ぐことと、
日常的に聴く音楽にどんどん格差が生まれているのもまた事実でありまして、
イベント前は色々聴きたくても「それどころじゃねー」と後回しにしていた音楽が
もうそりゃあたくさんあるわけです。
そんなのを借りて来て聴いている昨日今日。


ユリイカユリイカ
(1999/02/10)
ジム・オルーク

商品詳細を見る



ヤエル・ナイムヤエル・ナイム
(2008/03/26)
ヤエル・ナイムキッド・ウィズ・ノー・アイズ

商品詳細を見る




WAIT FOR YOUWAIT FOR YOU
(2008/05/21)
エリオット・ヤミン

商品詳細を見る



ウィ・シング。ウィ・ダンス。ウィ・スティール・シングス。ウィ・シング。ウィ・ダンス。ウィ・スティール・シングス。
(2008/05/28)
ジェイソン・ムラーズコルビー・キャレイ

商品詳細を見る



MR.VOCALIST2MR.VOCALIST2
(2009/03/04)
エリック・マーティン

商品詳細を見る



ジム  オルークは先日、マイミクシィのH嬢と昭和歌謡のカバーアルバムの話をしていて、


昭和レジデンス 赤盤昭和レジデンス 赤盤
(2002/12/04)
オムニバスカオリーニョ藤原とボサノムーチョ

商品詳細を見る



ジム オルークがカバーした曲が入っていたことから、
「あらっ、この人、もしかしていいんじゃないの?!」ということになり、
いつも行くレンタル屋にあったので借りてきました。
しかしこの「ユリイカ」、AVを借りるのと同じくらい、
レジに持って行くのに勇気が必要だったんですけどね(笑)
いや、AVは借りたことありませんけど。
輸入CDショップとかなら、まだこのアルバムを知ってる店員さんもいるかもしれないけど、
レンタルCD屋にそんな素敵な人は期待できないなーと(笑)
昨日は親戚一同集まっている所を散歩に出て借りに行ったので、
戻って伯父にこのジャケットを見られたもんだから、
ものすごく変な顔をされました。
どうして僕が30になろうというのに結婚の「け」の字も出ないのか
これでようやく分かったというような顔をしていました(笑)
しかしこの「ユリイカ」、ジャケットはあれですが、本当に音楽はいいですね。
ライオットという一大イベントが終了し、腑抜けになったところに、
じわっと染み込む優しい音です。
そうなると、ジャケットも可愛く見えてきました。


ヤエル ナイム嬢はこのCMで有名なフランスのアーティスト。
この手の女性の声は弱いんですねー、大好き。
前から気になっていたのですが中々購入に踏み切れずにいたので、
当然レンタルしてきました。
どの曲もしっとりしていていいです。
ブリトニー スピアーズの「Toxic」のカバーが収録されていますが、
オリジナルを知らないので何とも比較はできません。


エリオット ヤミンは先日ビルボードライブのフリーペーパーの表紙に載っていて、
彼のお顔がミランのアンドレア ピルロに似ていただけで聴いてみたくなり借りました。
あー、何かちょっと違うなぁ(笑)


ジェイソン ムラーズはデビューした頃からそこそこ好きでしたが、
当時割とアイドル的扱いじゃありませんでしたか?
このアルバム、ファンク、オーガニック、ジャズ、ブルース、色んな要素がある上、
ものすごくポップで最高にツボなアルバムです。
試聴したときにいいなとは思いましたが、しっかり聴いてさらに好きになりました。
大当たり、買っても間違いなかった。


そして最後にエリック マーティン。
言わずと知れたMr .BIGのヴォーカル。
エリエリが女性ヴォーカルのスタンダードナンバーをカバーするCD。
Vol.1では日本の歌手の曲ばかりでしたが、Vol.2は海外のばかりです。
それぞれのオリジナル曲よりも、かなりシンプルなアレンジなのは、
エリエリの歌い方が、オリジナルの歌手のみなさんほど、
「どう?! 私、歌うまいでしょ?!」感をアピールしてないからかと。
ジェイソン ムラーズのアルバムように、
「大当たり!」と大げさに言うほどではありませんが、
地味にいいですね、自分がエリエリ好きだからかも知れませんけど。



と、怒涛のレンタルでしたが、まだ聴きたいのがあるんです!
これは買うしかないかもしれん!


こんなのとか。





こんなのとか。





セットリスト(自分のだけ)

2009.05.03

category : EVENT PARTY

イベントの感想などはまたゆっくり。
先にセットリストを公開!!


20:00~
I'd Rather Dance With You/Kings Of Convenience
The Tide Is High/Blondie
Mercy/Duffy
Eight Days A Week/The Beatles
No You Girls/Franz Ferdinand
Fantastic 6/Alphabeat
Hi-ho/hide
The lambeth walk/Dalida
Wah-Wah/George Harrison
Taste Of The Sun/The Cigavettes
Can't Get Enough/Suede
Supermassive Black Hole/Muse
Hey Dude/Kula Shaker
D.I.Y.H.i.G.E./髭(HiGE)
Judy Is A Dick Slap/Belle And Sebastian
Punk In A Coma/momokomotion
ババロア/スピッツ
Vikram The Vanpire/Talvin Singh
Gay Boy(Original Version)/Futon
Where The Streets Have No Name (Can't Take My Eyes Off Of You)/Pet Shop Boys


お前の趣味だろってセットリストですが、
Franz~Alphabeatはteramotoさんに褒めてもらいました(笑)



楽しかったイベントの間に、同じ空の下で亡くなった忌野清志郎さん。
合掌。

HAKATA RIOT Vol.2 オフィシャルブログ

2009.05.01

category : EVENT PARTY

HAKATA RIOT Official Blog!


5月1日に福岡、天神で催されるゲイミックスイベントです。


福岡のロック好きなセクマイの皆さん、
実は福岡県外だけどロック好きなセクマイの皆さん、
セクマイに理解のある福岡県内外のロック好きな皆さん、
そういう雰囲気味わったことないけど、味わってみたいロック好きな皆さん、
そういうのどーでも良いけど、兎に角ロック好きな皆さん、
ゴールデンウィークすることないというロック好きな皆さん、
KAORIEが初DJなんて、これはヒヤカシに行ってやらなければという
ロック好きなお友達の皆さん、
ぜひ遊びに来てくださいね~。


イベントまで、このブログはTOP記事にしておきます。
PROFILE

KAORIE

Author:KAORIE
NAME:かおりぃ
GENDER:真ん中より右寄り
AGE:70年代最後の年生まれ
LIVING IN:9州のF県
MIXI
TWITTER:cuore_ok
MAIL:
kan.du.beskydda.mig★gmail.com

PROFILE

CALENDER
04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
MONTHLY ARCHIVES
CATEGORIES
LINKS(in alphabetical order)
WIDGET








Kaorieさんの読書メーター
ACCESS
FRIENDS REQUEST
MY FRIENDS

■ ブログ名:小人閑居

■ ブログ名:Finally

■ ブログ名:zoetrope【reverse】
FC2 BLOG RANKING
SEARCH

Copyright ©Stoned Brain Returns. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。