Stoned Brain Returns

遊びの日常。日記<週記

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

陽気なギャングが地球を回す

2009.02.28

category : FILMS

陽気なギャングが地球を回す (祥伝社文庫)陽気なギャングが地球を回す (祥伝社文庫)
(2006/02)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る



昔から本を読むのが早いので、
伊坂さんの本はなるべくゆっくり、少しずつ読むように心がけています。
先日読んだのが↑。
伊坂さんの作品は登場人物同士のやり取りが面白くて好きです。
会話も知的で流れるような、それでいて分かりやすい。
登場人物同士の会話が面白い小説は良いですねー。
難解で小難しい文章が好きですが、
そういう小説は読んでいても飽きません。


本がとても面白かったので映画版をDVDを観ました。


陽気なギャングが地球を回す プレミアム・エディション [DVD]陽気なギャングが地球を回す プレミアム・エディション [DVD]
(2006/10/25)
大沢たかお鈴木京香

商品詳細を見る




原作と近くは作ってあるけど、微妙に違ったりして、
何か知らないけどごちゃごちゃしてました。
最後のエピソードが原作より複雑で「???」となってしまいました。
大抵原作が面白いと映画はイマイチです。


でも佐藤浩市、大沢たかお、松田翔太、鈴木京香。
いいですねー、このキャスト。
それだけでもお腹いっぱいです。
原作でもウザかった響野さんは映画でもウザさ全開、佐藤浩市さすがです(笑)


それと色彩が鮮やかで、建物の内装とか、衣装とか観てて楽しかったのも良かったです。
目の覚めるような原色で埋め尽くされた映像って好きです。
響野さん夫婦のカフェはカフェとは名ばかりの場末感(笑)
ストーリーや展開は圧倒的に原作がいいですが、
することないときにスカッとする映画が観たい時なんかはいいかもです。
映画館で観るのは、ちょっとチケット代がもったいないでしょう。




しかしですね、観ていて1か所ものすごくテンションが上がったシーンがあって、
クラブで人が踊っているフロアの上にあるバーっぽいガラス張りの部屋で、
雪子(鈴木京香さん)が子供の父親と話す場面です。
フロアからだんだん2人にカメラが寄って行くシーンなのですが、
そのクラブで掛かっている曲がなんと、



FUTONの「Rich Baby」



何百回も聴いた好きな曲が思いがけないところで掛かると
しばし何の曲か考えてしまいますが、
このシーンも考えましたねー、いやー、ビックリした。
ビックリし過ぎて心拍数上がりました。
最後がワケ分からなくなったのは「Rich Baby」のせいだったかも知れない。




5月頃には伊坂さんの「重力ピエロ」が加瀬亮主演で公開されそうですが、
どんな映画になってるのか楽しみなような怖いような。
いや、きっと、加瀬くんの演技力でいい映画になっている筈です、
そう信じて待ちましょうー。
鈴木京香さんが春と泉水のお母さん役だそうです。
「陽気なギャング」の雪子役もクールで素敵でした。
楽しみな映画です。




この頃、日本映画を観る頻度が信じられないほど高いですね。
一体どうしたことなんでしょうか。
スポンサーサイト

momokomotionニューアルバム

2009.02.26

category : MUSIC

以前タイの多国籍、セクシャリティフリーバンドの
FUTON(現在GOOに改名したらしい)に所属していたモモコさんが
momokomotionとしてアルバムをリリースします。
日本で3月25日発売だそうです。
どんだけ楽しみにしてたと思ってんのー。
2月28日には東京でライブもあるらしいですよ。





Shibuya Home 1st anniversary
“Switched On! -Side B-”
2/28(sat) 16:30 open&start(予定)
2000円
mixiコミュ画面提示で2000円2drink付

LIVE
MOTOCOMPO
MOMOKOMOTION
Hazel Nuts Chocolate
Candles

DJ
Ian Martin(C.A.R)
Masafumi Katagiri(B.T.T)

SWITCHED ON!は、ニューウェーヴなダンスポップパーティ。
ニューウェーブ、エレクトロ・ポップを中心に、
世界に名を轟かすアーティストが続々と参加表明!
昨年末の吉祥寺での最終回は超満員!
今回は急遽渋谷HOMEの1周年イベント最終夜として招聘を受け、
「SIDE B」として吉祥寺を離れて初めての開催です。
今回もハッピーになれるラインナップと選曲でお送りします!






ぬおおおおっ、行きてーなー、ちくしょーーー。
momokomotionの新曲、ぜひマイスペで試聴してみてください。
FUTONのソングライティングの面で、
モモコさんが大きな比重を占めていたのが分かります!
超かっけーです、大好き、絶対買うぜ。


FUTONが改名したのは↑で書きましたが、
どうやらVo.のジーンが脱退している模様、ガーン。
マイスペも個人のになっちゃってます。
しかしこのジーンのソロの楽曲、ムチャクチャツボなんですけど、どうしよう!
CDはまだ出てないんでしょうね、いつだ、いつなんだー!!
ジーンの声は問題だ、エロ過ぎる。
好きだーーー、ジーーーーン!!!


しかしFUTON改めGOOはこれでオリジナルメンバーBEEだけになっちゃったんですね。
このまま空中分解→サイモン無職→ブレットと合流→Suede復活サマソニ再来日
なんてことにはならないだろうかと、
どさくさ紛れに微かな期待も抱いていないこともないような。
妄想は自由だわ、放っておいてちょうだい!!!

Summer Sonic 2009

2009.02.24

category : LIVE!

今年も例年のごとくモバイル会員先行発表とかですが、
今の時代にそんなことしたって、
親切な人がどこかしらにUPしてくれることを考えたら、
ほぼ無意味だと思いませんか。
もう止めちゃえばー。


一応まだ限定公開ってことなので、
隠しときましょうか。




続きはこちら >>

音楽雑記、SNOOZERとか

2009.02.22

category : THE CIGAVETTES

今月発売のSNOOZERにThe Cigavettesのインタビューが掲載されていると、
昨日bruit blancオーガナイザー飛溺氏からメールを頂きまして、
本日買って参りました。
写真、インタビュー共に見開きで、とても待遇がいいようですよ。
The Cigavettesに注目されている皆様、要チェックです。
Antony And The Johnsonsのアントニーのインタビューも載っております。


以下、音源入手履歴。
先日、一緒にアカチチへ行ったH氏にお借りしたCD3枚、


INTERPRETE CARTOLA"人生は風車-沈黙のバラ"/CARTOLA
Flamenco/V.A.
Elis Vive/Elis Regina



本日天神の某書店のリニューアルクリアランスにて、


Sea Change/Beck
THE BACK ROOM/Editors



以上2枚をそれぞれ500円にて入手。
フィリッパ ジョルダーノとかアンドレア ボッチェリも欲しかったけど、
とりあえずこの2枚。
次に行ってまだあれば買おうかと思います。
500円くらいでなら買ってもいいかというCDが結構多かったのはおいしかったです。


それと先日AMAZONの中古で購入したのが


Don't Let The Cold In/Miles


以上です。
今のところ聴いたのはまだMilesとCARTOLAだけですが、
Milesのポップさと、CARTOLAのオーガニックな音がツボ過ぎ。

警固のアカチチで晩御飯

2009.02.21

category : EATING DRINKING

昨日は警固のアカチチで友人のH氏と一緒に晩御飯でした。
近頃首までどっぷり鬱に浸かっていたので、
ちょうどいいタイミングでした。


毎度の紅イモチーズコロッケの写真を撮りましたが、
↑のリンクに綺麗な写真が載っているのでそこ見てください。
他にも鱈腹食べましたが、写真撮るのすっかり忘れた(笑)
この不況にも関わらず、系列店の4店舗目の博多アカチチ三丁目もオープンしている、
福岡では人気の無国籍料理居酒屋系列店です。
1号店のSai Saiには先日数年ぶりに行きました。
帰る直前に社長のEさんがいらっしゃって、
今年初めてきた話をすると、もっと来なさいと叱られました。
うわー、ごめんなさいー(汗)
毎週でも通いたいのは山々なんですってばー。


海ぶどう、紅イモコロッケ、ミミガー酢、丸腸の韓国味噌炒め、ナシゴレン、
そんな感じの注文でした、どれもやっぱり美味いです。
酒は飲めずとも、美味い。
それで初めて注文したラフテー(豚の角煮)。
自分は豚の角煮ってどうも嫌いでアカチチでも注文しなかったのですが、
挑戦してみたら、ギトギトしてないし、甘過ぎないし、
意外にもさっぱりで超ウマです。
ラフテーに関して店長Sさんが教えてくれた豆知識。
豚の角煮と呼ばれる物とラフテーと呼ばれる物の違い。
ラフテーと言うのは泡盛を使って煮込んでいるんですって。
豚の角煮には違いないけど、そんな明確が違いがあるのだとは知らなかったです。
勉強になりました。
Wikipediaでも解説してあります。


で、友人H氏と店長Sさんと話していたら、
Sai Saiの某イケメン店員さんが、H氏の高校の後輩らしいなんていう
何とも奇妙な偶然、びっくりしました(笑)
と言うわけで、次回はSai Saiにも行かねばなというお話です。
3号店の地鶏専門店のトリチチにもまだ行ったことないし、
4号店の博多アカチチ三丁目にも行ってないし、
色々挨拶回りしないかんと思います。


超体育会系の店員さんたち揃いなので、すごく賑やかです。
6時オープンで早い時間帯はお客さんが少ないのですが、
アカチチは朝6時まで開いているので、夜10時過ぎるとどんどん人が来ます。
特に週末。
昨日も7時半頃行ったらお客さん少なかったけど、
帰る頃にはカウンター以外はほぼ満席。
これで日付変わっても人が多いんですよねー。
終電逃したりしたら、ここかガストで決まりです(笑)
Sai Saiにしろアカチチにしろ、行くと何となく元気でます。
無性に行きたくなるときって、大抵どん底にいるときだったりして(笑)


このブログをお読み下さっている皆様もぜひ一度、
足を運んでみてください。
そして遠方の方も、福岡へ起こしの際はぜひどうぞー。
お酒もたくさんあります、ボク、もう飲まないけど。

男がひそかに好きな恋愛映画

2009.02.16

category : FILMS

男がひそかに好きな恋愛映画


1、ラブ アクチュアリー
2、フォー ウェディング(アンド ア フューネラル)
3、タイタニック
4、プリティ ウーマン


イギリスのオンラインDVDレンタル大手が行ったアンケート調査結果らしいので、
まぁ納得と言えば納得なような、それにしても意外なような。
「男性がひそかに」って言うくらいだから、
もっとベタな恋愛映画が並ぶのかと思ったんですけど、
1位、2位はヒューさまなんですね、イギリスらしいですね。
またトップ10内には「ブリジット ジョーンズの日記」もランクインしているらしいです。
ヒューさま、どれだけ本国で人気なの(笑)


何て茶化したようなことを言っていますが、
「フォー ウェディング」は非常にシャレた映画です、大好き。
ヒューさま好きになって、初めて劇場で観た映画ってのもありますが、
男女の恋愛、男性同士の恋愛、片想い、
そんな恋愛感情がぐるぐる渦巻いているけれども、
それを全部包み込んだ友情。
って書くと、何か詰まんないですけども、味のある映画です。
「恋愛感情」よりも「人間模様」の方がしっくりきます。


しかしこのアンケート対象の男性のノンケとゲイの割合はどのくらいなのかとか、
トップ20くらいに「モーリス」も入っていたのだろうかとか、
色々考えてしまうのでした、何しろヒューさまの代表作ですから。
そして同じアンケートを日本でやったらどんな映画がランクインするのでしょうか。
「ローマの休日」は鉄板か。


「プリティ ウーマン」と「ゴースト」は相変わらず観たことありません。
多分、今まで観なかったから、今後観ることもないのでしょう。
「タイタニック」は話のタネに観ましたよ。

CD購入履歴

2009.02.15

category : MUSIC

TonightTonight
(2009/01/27)
Franz Ferdinand

商品詳細を見る



先日、Antony And The Johnsonsが衝撃的だったために
すっかり買い忘れたフランツの新譜を買いました。
このジャケットのアレックス、何かやけにおでこ広くないですか。


あー、やっぱりこういう感じだよなぁ。
2枚目出た時に、同じようなのりで3枚目出したら飽きるんじゃないかと
心配をしていたのですが、やっぱりこういう感じなのね、フランツ。
ただ「飽きるんじゃないか」と感じたのは間違ってたかも。
意外と飽きない。
というのも、アレックスの声が好きってのが大きいんだろうなー。
このアルバムの国内盤のキャッチコピーに
「今度のフランツは危険で、甘い」ってありますけど、
アレックスの声って、昔っから低くて甘めのセクシーヴォイスですよねぇ。



以前どこかのブログで書いたかどうか忘れましたが、
アレックスがフランツの前にやっていたバンドで、The Kareliaってバンドがあるのですが、
このバンドがものっそい地味なんだけど、ジワッと良いんですよ。


Divorce at High NoonDivorce at High Noon
(2005/02/21)
Karelia

商品詳細を見る



今回のフランツのアルバム、フランツの1枚目、2枚目っていうよりも、
The Kareliaのアルバムに近いような気がするんですね、嫌いじゃない。
踊れるって点では、「Do You Want To」に勝るものはないと思うけど。
よく考えてみると、21世紀デビューのバンドで、
アルバムを全部リアルタイムで聴いてるバンドってフランツだけかも。
フジロックでライブもちょっと見て、♪てーくみーあうっ♪ってやったし。
深く意識したことないけど、実は・・・フランツすごく好きだったんじゃないだろうか。
・・・って、今更か(笑)



あともう1枚。


マイルスマイルス
(2000/06/28)
マイルス

商品詳細を見る



懐かしー!!
このアルバムがリリースになったのがちょうど、
Tahiti 80の「Puzzle」とかPhoenixの「UNITED」と同じ年なんですね。
Tahiti 80、Phoenix、Miles、この3バンドは本当に好き。
Phoenixに関してはかなり後追いなんですけどね。


巷ではTahiti 80の「Heartbeat」がアホほど流れていた頃。
もちろん僕も「Heartbeat」を脳ミソが溶けるほど聴きましたが、
好き度が高かったのは、Milesの「Perfect World」だったのです。
因みにMilesはドイツのバンドでした。
この頃はそこまでUS、UK以外のバンドにこだわりなかったんですけどねー。
ドイツのポップバンドって、どうしてこうキラキラなんでしょうね、イヤになるね。





初めて映像観たような、一部だけは観たことあったような。
しかし何て言うか、音楽とは違って意外とごっついんだな、トビアス(笑)


Tahiti 80やPhoenixは今でもコンスタントにCD出してますが、
Milesはもう全然活動していないみたいです。
このアルバムの後にも1枚出してたんですが、
それがどうも売り上げが芳しくなかったようで。
しかし「miles」が良かったので、AMAZONの中古で安いの探し出して購入。
到着したらまたレポります。
発売した頃試聴したら結構ロック路線でカッコ良かったから、
いつか買おうと思って買ってないまま、廃盤という淋しいことに。
今日買ったのは中古で\300なんて超お手ごろ価格でしたが、
今もうほぼ新品は手に入らないような状態です。


つーか、オンラインで探し出すのすごい大変だったんですよ。
「マイルス」とか「Miles」で検索かけると、
当然ですが、「Miles Davis」がずらーーーーーーーーっと並ぶわけです。
バンド名もアルバム名も同じな上、じゃあ曲名でと思っても、
「Perfect World」とか「Disco Queen」って曲が山ほどヒットするし。
何なのよ(怒)


今、無心でガーっとロックで踊りたい気分です。
何かないですかね。
何なら大阪辺りまで出張してもいいかなくらいの感じで、はぁ。

映画「アンテナ」

2009.02.11

category : FILMS

COOKIESCENEを買いにHMVキャナルシティに行ったら、
品揃えの悪さに閉口しました。
昨日髪を切った(刈った)せいだか何だか、すっかり風邪を引いてしまって、
それでも頑張って行ったのに。
買わずに帰るのは癪なので天神のタワレコへ、ここにはある、流石に。


しかし、街はヴァレンタインデー一色。
良いですね、皆さん幸せそうで。
オレなんか、オレなんか、ちくしょー。


と言うことで、鬱々としながら帰宅し、映画でも観て気晴らしするかと、
借りて来ていたDVDを鑑賞。


アンテナ スペシャル・エディション [DVD]アンテナ スペシャル・エディション [DVD]
(2004/07/23)
加瀬亮小林明実

商品詳細を見る



噂には聞いていたけども、中々の鬱映画でした。
気晴らしに観る映画としてはちょっと間違った選択だったかもと凹んだ。
最初の方は。


しかし負の感情を抱え込んだ祐一郎がSMの女王様との「やり取り」(苦笑)の中で
感情を解放してゆくのですが、
何しろ祐一郎を演じる加瀬くんの迫真の演技が素晴らしいものですから、
最終的に鬱屈としていた気分が晴れたような気すらした、加瀬くんありがとう。
それにしてもこの映画の加瀬くんの鬼気迫る演技には圧倒されました。
あんなシーンとか、こんなシーンとか、「そこまでやる?!」と思うほどでしたが、
目を覆いたくなるようなシーンもあったけど、目が逸らせないし、逸らさせない。


それと特典映像がいくつかあったのですが、
その中の加瀬くんのインタビューでここしばらく陥っている鬱から抜け出す
ヒントをもらったような気がしました。
いや、それを言ったら、映画その物からなのかも知れませんが。
忘れていた大事なことを思い出しました。
それが何か気になるって方は、観てください。


で、あともうひとつ。
この映画のキャストに寺島進兄貴の名があるのですが、
どこに出てたんだろう、とすごく悩んだのです。
出て来たら絶対あの顔は分かるんだけどなー。
誰だ、どこだとググっていたらこんな映画解説を発見。





・・・寺島進のカメオ出演も聞き逃せない。


・・・寺島進のカメオ出演も聞き逃せない。


・・・聞き逃せない。






・・・・あああああっ、分かったーーーー!!!!!(笑)

今月のCOOKIE SCENE

2009.02.10

category : MUSIC

先ほどAntony And The Johnsonsとゲイミュージックの関連をググっていたら、
今月のCOOKIESCENEこんな特集が。


■特集:ゲイは身を助ける
地球的規模の愛を感じさせる
アントニー・アンド・ザ・ジョンソンズ(アントニー・ヘガティ)へのインタヴューを紹介しつつ、
ゲイ・カルチャー、ゲイ・ミュージシャンについて考えてみる



なーんてタイムリーなのかしら!!
これは買いだぜ!
まだ店頭でチェックしてなかったけど、明日でも観に行こうと思います。


あとこのCOOKIESCENEのサイト、
サンプルで音楽が聴けますが、Tilly And The Wallとかイルリメとか、
デヴィッド バーン&ブライアン イーノとか、
中々良いところ抑えてますねー。
だからCOOKIESCENE好きなんですよ!!


というか、bbブログにてバーン&イーノネタはチェックしていましたが、
この「Strange Overtones」っていい曲だねー、好き。

The Crying Light/Antony And The Johnsons

2009.02.09

category : MUSIC

Dのジャケ買いヒット率の高さは天下一品と自負しておりますが、
ジャケ買いをするにあたって最も重要なのは
何を隠そう、目にした瞬間感じる嫌悪感などのマイナスイメージです。


Hagnesta HillHagnesta Hill
(2004/07/20)
Kent

商品詳細を見る



このジャケットはそのパターンの最たる例ですが、
何というか目にすると同時に背けたくなるのに、
つい手に取ってまじまじと見てしまうような。
このアルバムの女の子の視線は夜中の和室の床の間にいる
なぜか髪が伸びている日本人形がこっちを見ている気がする、
そんな感じでした。
まさに「怖っ」ってとこだったし、何度行っても見てる気がする、


昨日はフランツの新譜を買うつもりでタワレコに行って、
店内をぐるっと一回りしていたら、久々にそんなぞっとするジャケ発見。
何だか引き出しの奥深くで封印されていた嫌な記憶を
無理やり呼び覚まされたような嫌悪感。


ザ・クライング・ライトザ・クライング・ライト
(2009/01/23)
アントニー・アンド・ザ・ジョンソンズ

商品詳細を見る



ポップにビョークが何とか書いてあって、うわービョークはいかんなぁと思いつつ、
別にビョークが歌っているわけではなさそうだったし、
どうしても買わなくちゃいけない気がしたのでお買い上げ。


アントニーのユニセクシャルなVo.も、
古風で荘厳なストリングスやピアノもこれしかないという感じ。
潜在意識に訴えかけるように色んな音が聞こえたり。


こういう音楽を密室で、あのジャケットに見入ったまま、
大音量で聴いてみたいです。
間違いなく、最終的に発狂するんだろうと思いますが。


ジャケットの方は大野一雄さんという日本の舞踏家です。
果たしてこのジャケットの人物が男性なのか女性なのか、
若者なのか老人なのか、そもそも人間なのか人形のような物なのかも
一瞬見ただけでは分からなかったのです。
そしてこの大野氏以外何もない、判断基準が何もない不気味さ。
でもこんなのをいつの間にか「美しいな」なんて思っているのだから、
「美しい」ってことはどうしてこうも全てが不明瞭で歪なのでしょうか。


2009年のベストアルバム10枚に確定です。






・・・それにしても、なーんか忘れてるんだよなー。

「Sai Sai」(赤坂)でご飯

2009.02.09

category : EATING DRINKING

前の職場にいる頃からなので、
もうかれこれ8年くらいはお世話になっている赤坂の「Sai Sai」に
友人とご飯を食べに行ってきました。
ここの姉妹店の「アカチチ」には最低年に1度は行っていますが、
Sai Saiはもう最低3年は行ってなかったので、
色々営業の下準備(笑)も兼ねて顔を出しました。
スタッフさんも変わってるかも、いても忘れられてるかもハラハラしながら行ったら、
全然変わらないスタッフのにーさんたちが
「おおおお、○○ちゃん!!(←本名の省略形)」としっかり憶えていてくれました。


ここの紅イモコロッケは絶品です。
コロッケなんて日常殆ど食べませんが、Sai Saiとアカチチでは絶対に食べます。
ここのコロッケがあればこの世の他のコロッケいらんです。
沖縄料理中心のメニューの中でも定番のゴーヤーチャンプルーとか、
無国籍にナシゴレンを食べながら、
BGMは心地よいレゲエ、ボブ マーリーも流れるし、
お酒止めましたがコロナが飲みたくなるんだなー。
お店の人に「次来たときは飲んでるんやないのー(笑)」と言われたけど
まぁそれは分かりませんw


最高に美味い紅イモコロッケの画像なくてスミマセン。
あ、撮らなきゃと思ったら既になくなっていました(笑)


最近パワースポットなんていって流行してますが、
KAORIE的パワースポットってSai Saiとアカチチだろうなー。
ちょっと奥まった木の扉の入口と、アジア料理のスパイシーな香りと、
威勢のいいスタッフのにーさんたちと緩いレゲエのBGMでずいぶん元気貰います。


・・・まぁ酒飲んでた時には飲み過ぎて死んだことも何度もありますし(笑)
2人で行ってたらふく食べて飲んでしたら10,000円行って顔面蒼白なんてことも
なかったこともないんですけども(笑)


ここを読んでくださっている皆様もぜひ一度行ってみてください。
何なら付いて行きますし~。


そして中央区白金には「トリチチ」という地鶏専門のお店、
博多にも「博多アカチチ三丁目」という姉妹店もOPENしています。
この不況に実に頼もしいことです。
自分もまた度々通って売上に貢献したいと思います。

張り替え

2009.02.07

category : UKULELE

久々に登場の家の愛娘のウクレレちゃん。
余りにも不憫な音なので弦を張り替えてやることにしました。


200902072031000.jpg


今度は黒い弦にしました。


200902072040000.jpg


弦がナットにピシッと嵌らず、ポロンと鳴らす度に弦がずれることが発覚(笑)
なのでちょっと削りました。


余った弦は切って、完成!


200902072101000.jpg


あんま変わらなくねー?!と思われるかもです、一見。
でも弾いたら音が違う!
そんな上等な弦買ったわけじゃないけど、前のよりクリアかつ柔らかい音が出ます。
付属の弦、どんだけちゃちかったんでしょうか。
買い換えようかとも思いましたが、しばらくこの子を可愛がってやろうと思います。


しかし初めて弦張り替えしたけど楽しいですね、これ。
学生時代技術の成績は常に2とかでしたが、
やってみたら意外とできるものですね~。

The Cigavettes&ALOHA情報

2009.02.03

category : THE CIGAVETTES

まずはCigavettesから。
某SNSのコミュニティTOPよりコピペ。


The Cigavettes
Out Of The Race EP

2009.3.4. on sale
RESI-2016
¥1,500(tax in)
RESERVOTION RECORDS

リマスターCD(4曲入)+LIVE DVD(10曲入)

DISC-1 CD
1.out of the race
2.down on the street
3.sundowner
4.get me down

DISC-2 DVD
1.part of your life
2.sundowner
(22.Aug.2008 at KIETH FLACK,FUKUOKA)

3.out of the race
4.sundowner
5.get me down
6.berlin
(26.Dec.2008 at UNIT,TOKYO)

7.out of the race
8.and the boy is dreaming
9.maybe, it goes on
(10.Oct.2008 at DRUM LOGOS,FUKUOKA)

10.out of the race
(MUSIC VIDEO)



『UNDER CONSTRUCTION ~rock’n’roll revival from Tokyo!!!~』
3月4日発売
¥1,575(tax in)
CTCR-14617
cutting edge

<収録アーティスト・曲>(50音順)
a flood of circle“エレクトリック ストーン”
QUATTRO“Stone”
THE CIGAVETTES“out of the race”
6EYES“Return”
The John\\\'s Guerrilla“Don’t get down bitch”
PILLS EMPIRE“Kubrick Syndicate”
Veni Vidi Vicious“Yeah Yeah Yeah”
THE BAWDIES“IT’S A CRAZY FEELIN’”
The Mirraz“僕はスーパーマン”
MONICA URANGLASS“JILL UNITED”


「Out Of The Race EP」、これかー、噂には聞いてたのは。
DVDのライブ映像は欲しいですね、特に東京のライブの模様観たい。
ただDisc1のリマスターって音が良くなってるだけですよね。
でもお手頃価格なので、DVDを買ったらもれなくプレゼントみたいな物だと思っておきます。
コンピレーションの方は買わないだろうなー。
「This is not our fate」みたいにアルバム未収録とかじゃないし。




で、ALOHA情報。
明日は東京で初ライブですよ、おめでとー!!
お時間ある方、行くことをお勧めするよ!!


そして4月5日に福岡で決定しているビルボードライブ福岡のライブは
何と単独なんですって、これは絶対行かねばなりますまい!
ALOHAが東京行って以来ライブ参戦の頻度が半分以下です。
ものすごーく楽しみ!
できることなら、明日のライブ東京まで行きたいですが(笑)

BA

2009.02.02

category : MUSIC

と言っても、ブレット アンダーソンではなく、BRITISH ANTHEMS


VAN SHE決定だってーーー。
ブリティッシュじゃないやん!
不幸なことに、連休と重なるワケでもなく、
天からお金が降ってくることもなさそうだし、あぁ行かれない。
単独で全国回ってくれー。

映画「太陽」

2009.02.02

category : FILMS

劇場で運悪く観損なって(観に行ったけど観られなかった)、
結局DVDで観ました、「太陽
劇場に観に行ったとき、一番最初に別の映画があって、
それから観てたらそのまま続けて観られると言う劇場のスタッフの言葉を信じたら、
結局一度追い出されて、満席で観損なったという相性の悪い映画でした。
でもそれだけ話題になってたってことですよね。
でもあのときのことは思い出しただけもムカムカする!!
根に持ってるので、その映画館にはそれ以来一度も行ってません。


で、本題。
この映画に纏わるあれこれを深く書くと削除されかねないし、
どうかすると荒らされかねないので、
サラッと書いておこうと思います。
すんませんねー、ビビリで(笑)


映画その物は、意外とどっちでもいい感じでした。
映画館で観るほどの物ではなかったかも。
しかしこの映画を観て、実際どうだったんだろうってWikiってみると
色々面白かったので、映画から好奇心を広げたという点で、
この映画は良かったんだと思います。
PCでDVD観終わってすぐネットで検索ってのが便利。
で、色々WikiっててWiki地獄へ突入(笑)


この映画を観て強く感じたのは、
製作国がロシア、イタリア、フランス、スイスと、
アメリカが関わっていないせいもあるでしょうけど、
何、あの粗野で野蛮なアメリカ人(笑)
アメリカって文明国じゃないでしょ?くらい思いました(笑)
まぁ幾ら天皇とは言えど、
今から占領しようかって国に対する態度なんてあんなもんなんでしょうかね。
あー、やだやだ(笑)


あとイッセー尾形さん演じる昭和天皇が
「あっそ」って反応をするシーンが数々あったんですが、
実際昭和天皇の口癖だったのだとか。


全編日本語と英語ですが、日本も製作国には載ってません。
まぁ、仕方ないんでしょうねー、「色々」あるから(苦笑)
でも昭和天皇を極端に美化したり神格化したり、
逆に貶めるような表現もなく淡々としていて良かったと思います。
それからこの映画のアレクサンドル ソクーロフが撮った、
ヒトラーの映画とレーニンの映画も観たいですね。


小学生時代にずいぶんと左寄り教育を受けましたが、
こんな映画観たり、玉音放送全文読んだり、
他にも色々当時と違う視点で皇室のことを調べていたら、
日本の皇室好きになりました。
どうも左寄り教育ってギスギスしてていかん。
情緒とか歴史(一部を除き)とか伝統とか、
合理性とか機能性、主義主張や理論とかと縁のないことを排除しすぎ。
楽しくない、面白くない。
まぁそういう面白くないのも勉強の内ですけど、
学生時代の歴史の授業で憶えたことはといえば
アウストラロピテクスと縄文土器、江戸時代の差別の話ばかりで、
一番面白くて知ってないといけない近代史がさらーっと流されてましたから。
その反動でかなんだか、今狂ったように近代史のお勉強中@Wiki(笑)


ま、悪く取らないでください(笑)




余談ですが、秋篠宮殿下大好きなんです(笑)
あのロマンスグレーに憧れます。

LIVERPOOL SESSION Vol.10@徒楽夢フェスタ

2009.02.01

category : LIVE!

8月にも行ったイベント、LIVERPOOL SESSIONに行ってきました。
地元のまだ名の知られていないバンドもたくさん出演するライブイベントです。
今回はとんちピクルスさんがゲストと言うことでとっても楽しみにしておりました。
前回は禁酒前だったのでグダグダに酔っ払ってましたが、
今回はちゃんと最後まで観てましたよ。


仕事が終わってから、友達と待ち合わせして会場へ行くと、
主催者のTanukiさんが出るnosepunchのライブは終わっていました。
nosepunch名義では最後だとのことだったので観たかったのですが。



チューベローズ
メガネ男子3人のロックバンド、まだ結成して半年なんだとか。
音楽は良いと思ったのですが、Vo.がちょっと聴き取りづらかったなー。
でも半年って言うんだから、まだまだこれからだろうと思いますので、
いい地元ロックバンドになってほしいと思います。


Lala
僕たちは後方で立って観ていたのですが(前方のいす席が全部埋まっていた)
座っていたお客さんが多かったので、ギターの方が
「Lalaはロックバンドです、ロックは立って聴くもんです」
どうやって聴いてもいいじゃんと言えば、まぁ良いんですけども、
何かこうじーっと座って聴いてるのってバンドの品定めしてる業界人っぽい(笑)、
後方から観ててそんな気はしましたので、
「立って」ってのは正解だと思います。
言わなくても皆立ちたくなるバンドだと更に良いですね。
こちらもまだ結成して半年のバンドだそうで、
一緒に行った友人と、ちょっと音にメリハリがないと話していましたが、
これから進化するんだろうと期待。


ジャガリックサンダー☆
このバンドは中々でした、ライブがショーっぽくて楽しかった!
まずビックリしたのがセットチェンジ中に背中に羽が生えた女の子が
歌詞を書いた紙をお客さんに配布していたのです。
それでメンバーがステージに上がる時に氷川つよしの「ズンドコ節」を使用。
でバンドさんの音は、踊れるロックな音で、
それまでのバンドの中では一番ヒットでした。
Vo.の羽の生えた子がひっくり返したビール箱の上で歌ってるのも
ちょっと場末な雰囲気も漂いつつ楽しめました。
ただこちらもVo.の声量が足らない感じでした。
カノジョ、すごく声は良かったんですよねー。
時々目が覚めたみたいに良い声が聞こえたけど、何かマイクが遠かった。


とんちピクルス
飛び入り参加で1曲とか、イベントで遭遇は多いのですが、
ちゃんとライブを観るのは初めてでしたが、楽しかったですねー。
ネタも効いてて、立ちっぱなしで疲れたのも忘れた(笑)
一番笑ったのはこの曲





がサンプリングされた「ああ結婚
腹抱えて笑わせて頂きました。


前半はヒップホップ、後半はウクレレ弾き語り。
後半のウクレレ弾き語りを観て、絶対良いウクレレ買おうと密かに誓いました。
やっぱりパチレレじゃダメだー。


最後の曲はやはりこれ、これが聴きたかったんだー(涙)





ウクレレの音が胸に沁みるぜ・・・。


とんちさんのある曲に「金屑川」という川が出て来て、
とんちさんのプロフィールにも「好きな川、金屑川」とされていますが、
この川、家からわりと近くて、前住んでた家からは更に近かったんです。
「金屑川」と言う名前の通り、「昔は」砂金が取れていたらしいのですけどね、
僕がその近くに住んでいた頃は、そりゃあもう残念な感じで、通称「鉄屑川」でした。
今はかなり綺麗になっているんですけどね、
普通に綺麗になっちゃって、逆に面白くないんです。
「このどぶ川同然の川で、昔は砂金が取れていた」という意外性が
ただ汚いだけの川とは違う重みを与えていたのでしょうか。


話が逸れましたが、そんな感じのライブイベントでした。
3月には同じくTanukiさん主催のライブイベント、
ZERO LIVEが3月21日に開催されます、DRUM LOGOSです。
お時間ある方はぜひ!
自分も行く予定です。





近頃更新頻度著しく低下でスミマセン。
1月は毎年情緒不安定の底辺彷徨っていることが多いので、
2月に入ってちょっとは回復すると思います。
どうぞヨロシクお願い申し上げます。
PROFILE

KAORIE

Author:KAORIE
NAME:かおりぃ
GENDER:真ん中より右寄り
AGE:70年代最後の年生まれ
LIVING IN:9州のF県
MIXI
TWITTER:cuore_ok
MAIL:
kan.du.beskydda.mig★gmail.com

PROFILE

CALENDER
01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
MONTHLY ARCHIVES
CATEGORIES
LINKS(in alphabetical order)
WIDGET








Kaorieさんの読書メーター
ACCESS
FRIENDS REQUEST
MY FRIENDS

■ ブログ名:小人閑居

■ ブログ名:Finally

■ ブログ名:zoetrope【reverse】
FC2 BLOG RANKING
SEARCH

Copyright ©Stoned Brain Returns. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。