Stoned Brain Returns

遊びの日常。日記<週記

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

THE BBC SESSIONS/Belle And Sebastian

2008.11.30

category : MUSIC

BBCセッションズBBCセッションズ
(2008/11/12)
ベル・アンド・セバスチャン

商品詳細を見る



先日ベルセバのMLでこのCDの件が届きまして、
今日タワレコで実物を見つけました。
相変わらずジャケットが素敵です、ベルセバ。
ジャケ買いっていうか、ジャケットだけのためにでも買いたくなります。


で、曲目を見てみたら、
以前ベルセバのファンサイトの管理人さんと物々交換をした際に頂いた、
レア音源が数曲収録されているではありませんか、へえええ。
あぁ、でも一番欲しいのが入ってない(凹)
ライブでのみ演奏された未発表曲もあるし、
脱退したイゾベルが歌う「演歌」(笑)も入ってるし、
そして2枚目にはジョージが亡くなった直後のベルファストでのライブで演奏したと思しき
「Here Comes The Sun」も収録されています。
ベルセバの演奏する「Here Comes The Sun」いいんですよー♪
多分、この2枚目のってブートですでに発売されてるのと
ほぼ一緒じゃないのかなぁ。


一時期、本当に本当に、今のKentが好きなくらいベルセバ好きでしたからね、
よく分からんブートも色々持ってるんですよ(笑)
福岡に来ないからって名古屋に行ったこともあったし、
フジロックにも行ったし、当時のベルセバ熱は凄まじかった(笑)


僕が頂いたのは普通のCD-Rのケースのなので、
ジャケットのために、このCD買おうかと思っております。
このジャケット、イゾベルだよねー、懐かしいなぁ。
スポンサーサイト

GEORGE HARRISON

2008.11.30

category : THE BEATLES

2001年11月30日にジョージ ハリスンが亡くなって7年経ちます。
僕の発する音楽ネタと言えば、現在では


ALOHA
The Cigavettes
Kent
Suede

次点:Kaizers Orchestra
(アルファベット順)


ばかりですが、
生涯何があろうとも、変わらない愛情を誓えるのはジョージ1人だけです。
無人島に何か1枚だけCDを持って行けるなら断然「All Things Must Pass」ですし、
墓に入る時持って行きたいのも同じです。
11月30日になると、この人の話をしたくなるし、
普段、四六時中聴いてはいないけど、
この日だけはどうしてもジョージの音楽が聴きたい。


でも感傷に浸っても仕方がないので、
そう思えるようになったのも最近ですが、
サラッと書く程度にしておきます。


先ほど、bruit blancブログのコメントにも書きまして、
またしてもネタがかぶるのですが(笑)
当日アコースティックライブを披露し、更にDJもされたNeilさんが


Cloud NineCloud Nine
(2004/02/09)
George Harrison

商品詳細を見る


を持っていたのを見て、
流すなら「Got My Mind Set On You」だろうなーと踏んでいたのですが、
「Devil's Radio」だったことに衝撃と感動を覚えたのは記憶に新しいです。
「Cloud Nine」の中では「This Is Love」と「Devil's Radio」が好きな僕としては、
踊り狂うイベントじゃないけど、ものすごーく踊りたくなりました。


あぁ、そうそう。
ジョージファンの間では常識ですが、「Got My Mind Set On You」はカバー曲です。
だからジョージのソロの代表作と言ってこの曲を挙げられると、
何だかとても切ない気持になります。
ホーンセクションがカッコ良くて、大好きな曲ではありますけどね、
でもねー(笑)


そしてこの「Got My Mind Set On You」PVが2Verあるのも、
恐らくかなりのファンしか知らないネタ。


有名なのはこっちですが





こんなのがあります。





若い子たちのファッションに時代を感じるんだーーー(笑)


UFOキャッチャーの男の子よりも、
ジョージの方がカッコいいよ、おじさんだけど(笑)
ジョージがバク転ってのはちょっとイメージが違うので、
僕はゲーセンVer.の方が好きです。


つべの関連動画で





がありました、亡くなったジョンのためにジョージが書いた歌です。
ビートルズでジョンと対等だったのはポールなんでしょうけど、
僕はジョンとジョージの2ショットが、
4人のどの組み合わせよりも好きです。
勢い任せの不良(ジョン)と、知性派の不良(ジョージ)がつるんでる感じ(笑)
ポールはどうしても優等生っぽさがぬぐい切れないし、リンゴは天然だし。
良い緊張感があるんですよね、この2ショット、だからすごく綺麗。


その2人がすでにこの世にいないんだから、
有名さでビートルズに劣ってるかも知れない神様ってのは、
残酷だよなと思います、嫉妬か、そうか、それなら分かる。


このライブではジョージ忙しいね。





ジョージ専用のマイクをあげてくれ(笑)


この「All My Loving」のライブでは、
後半ジョージが主旋律を歌うようになるのですが、
このシーンがすごーく好きです。
ジョージってソロ聴いてると歌唱力にやや難ありっぽいですけど、
誰かとハモると拙くないから不思議です。
「This Boy」とか「Yes It Is」のような、
ジョンとポールとジョージと3人でハモる曲では一番厄介そうな真ん中のコーラス。
歌上手いのか下手なのか分かりません。


ジョンとジョージの取り合わせといえば忘れてならないのが
「With The Beatles」に収録されている「You Really Got A Hold On Me」
ビートルズのカバーした曲の中で3本の指に入ると思う!





この動画では演奏はヨレヨレですけど、「With The Beatles」のはいい!
そして演奏はともかく、1分17秒辺りからはジョージファンのための動画だ(笑)


この時代の映像や写真見てショック受けることが1つあって、
この時のジョージって、27歳とか28歳とかなんですよね。
今の僕より若いんですよ。
ありえねーーー!!!(笑)
そしてこの時のジョンが同い年ってのもショック。




・・・困ったことに話の落とし所が分からなくなってきました(笑)
最後にこの曲。





この曲が収録されている「Gone Troppo」というアルバムの評価は
世間ではイマイチなようですが、
とてもハッピーで優しい、ジョージらしいアルバムです。
「All Things Must Pass」と同じくらい好きです。
この「Mystical One」という曲はジョージがエリック クラプトンにささげた曲です。
ジョージとエリックみたいな友人関係憧れます、いいね。
こういう親友がいたら、人生きっと楽しいです。


11月30日は1日ジョージの音楽で過ごします。
ジョージの死でずいぶん悲しみましたが、
その悲しみを癒してくれたのもジョージです。
「癒し」なんて言葉好きじゃないけど、
それでもジョージの音楽にはそれに近い力があります。
静かに、隣に寄り添っていてくれるような音楽です。
時々キレるときもありますが、とても穏やかで心地いい。
どうか僕に力をください。


12月1日は全部リセットして、またKentだALOHAだって
喧しく言ってると思うけど(笑)
もうすぐブレットのライブですしねー、きゃあああ♪

好きな文章、嫌いな文章

2008.11.29

category : WRITING

人様の書いた文章に文句をつけるとは、
お前はいったいどんだけの者なんだと。
しかしこれはあくまでも、「読む側」の趣味趣向として
受け取ってもらえると有難いです。
もちろん、自分が何か書くときも気にしている点ではあります。


くどいほど言っていますが、僕は長くて難解な、
一度読んだだけではとりあえず理解できない文章を、
何度も何度も繰り返して読むのが好きです。
最初に読んで分からなかった文章が、
何度か読んで、「あぁそういうことか!」と脳や心に染み込む瞬間が、
人の文章を読んでいて一番幸福です。


ですから、短くて分かりやすい文章、
最初から開示され、何もかも説明してあって、
特に考える必要のない文章は概ね嫌いです。


好きなわけではないのですが、時々ケータイ小説を読むことがあります。
一応文章と呼ばれる物は読んでみようかと、
好き嫌いはその後決めれば良いわけですから。
しかし大抵どれを読んでも「嫌い」に落ち着くのは、
内容よりも文章その物に原因があります。


ワンパターンな恋愛物でも構わないのですが、
あの主人公が自己紹介してしまう傾向、あれはいただけないなぁ。


「渡部 葵 18歳

もうすぐ高校卒業

親友はクラスに3人

ミカ、サキ、カオリ」


みたいなの。
↑の設定にモデルはありませんが、
親友3人って書いて、最後の1人が名前が浮かばなかったので、
自分の名前を使ったのはご愛嬌ということで(笑)


主人公による一人称が物語の進行にあたるのは
書いていて実際に楽は楽ですけど、
ただの状況説明になってしまっては読んでいてつまらない。
いや、人物の心情を語ってるから、
ただの状況説明とは違うというご意見もあるかもですが、
心情もただの「自分視点」の説明になっている。
進行役の視点がぶれるのはまた読みづらいですが、
終始「自分視点」の説明文を「小説」だと言われて読んでいても
そりゃあ面白くないと思うんですよね。
あぁいうのは「日記」と言うのです。


物語の語り部が一人称で僕が好きな小説といえば、
デュ モーリアの「レベッカ」と
プルーストの「失われた時を求めて」ですが、
これらの小説を読んで僕がすごいなと感じるのは、
全編通して自分自身である主人公の名前が一切明らかにされないところです。
全て「私」(「あたし」ってのも見た目も耳障りも好きじゃないです)
年齢や境遇も明らかにされないけれど、
自分が語る周囲の環境や関わる人々によって、
「この主人公はこういう人物」という像が浮かび上がってくるのです。
深いなーと、何度読んでも思います。


もっとも「失われた時を求めて」は何度も読んでいませんが(笑)


「タクミってのはあたしの彼氏」


なんてことを書かなくても、
距離感とか、会話で、
「あぁ、主人公の彼氏だな」と推理できるくらいの想像力、
読んでる側にもあるって話です。
バカにすんな!


・・・と、言いたいところなのですが、
そうやって書かれないと人間関係がよく分からない文章が多すぎ。
表現足りない。
ワンパターンなストーリーでも文章次第で面白くなることは
大いに有り得ると思います。
逆に面白い小説でも文章のせいで台無しってのもあり。
もったいないです、非常にもったいない。
僕は面白いストーリーより、面白い文章が読みたいです。


と、自分の文章力は100%棚に上げて語らせていただきました。


「ぐだぐだ文句タレるならそんなの読まなきゃいいじゃん」ですか。


はい、まったく、ご尤もだと思います。

NOVELなどと呼ぶのは

2008.11.28

category : WRITING

非常に憚られますが、
何かと利用しているFC2でFC2小説なんて物が開設されましたので、
よっしゃ使ってみるかと思い立ちました。


ここが僕のページ。
あれ、まさかFC2会員専用とかじゃないよね・・・?
まぁとりあえず貼っておきます。


あと、このTOPページにもありますが、
裏ブログのnovellカテゴリの中で、自分が結構気に入っていて、
しかも隠すことはないものだけを集めてあります。
なので、裏ブログを読んでくださっている皆様には、
全く目新しいものはございませんし、
何か新しい物が浮かんでも、まず最初にUPするのは裏ブログです。
そのままFC2小説に転載されることない可能性も大いにあり。


ちょっと変だし、中途半端だし、
特に面白くもないと思いますが、
それでも読んでやろうとおっしゃる奇特な方はどうぞ

祝!!

2008.11.27

category : EATING DRINKING

過労と貧困にあえいでおります、KAORIEです。
そんな弱りきった身体にいいニュース!!


マンナンライフ、一部商品製造再開


危なかったなー、ストックがもうあとちょっとしかなかったんだー。
他の会社の美味しくないし、
1日に1袋なくなるペースだし、
まだ販売再開に時間掛かるんだったらどうしようかと思ってました。

死亡宣告・・・

2008.11.25

category : MUSIC

マニックスのリッチー・エドワーズに死亡宣告


もう13年も前なんですねぇ。
当時「IN ROCK」とか「MUSIC LIFE」とかよく読んでて、
マニックスの音楽を熱心に聴いていたわけじゃなかったし、
今でもそこまで深く聴いてないけど、
かなりショック受けたのは憶えてるなぁ。


他のメンバー3人で現役でバンド続けてるのを見てると、
仮に生きてても今更出て来られないだろうけど、
どっかで生きてて仲間を応援していて欲しいなぁと、
当時の衝撃を知る人間は思うのでありました。

STRUM UND DRANG

2008.11.24

category : MUSIC

心身ともに何かと弱っております、KAORIEです、こんばんは。


昨日西新を独り徘徊しておりましたら、
大して天気も良くないのに電柱に光が反射し目が眩みました。
何事かと思ったら、1枚のポスターが。
街中にこんなキラキラピカピカのポスター貼るんじゃねーなんて
八つ当たり的なことを考えながら、
そのポスターが何なのかチェックしてみたところこんなの。


200811231346000.jpg


Steve Aokiです。
思わず写真撮っちゃった。
いや、僕はよく存じ上げないのですが、
いつものbbブログでたびたび取り上げられる話題の人なのです。
Van She初来日時のイベントの模様の時に、
セットで僕の脳内メモリにインプットされておりました。
そしてこのポスターが西新の電柱という電柱に貼られている。
会場は西新じゃないのに、なぜだ?!と思いつつ、
飛溺氏に「これは行っとくべき?」とメール送信。
あんまり福岡なんて来てくれることもなさそうですし、行くことにしました。


Van Sheも来ねーかなーーー。


そしてDRANGの「D」の所に書いてある「wesc」というのが、
スウェーデンのボーダー向けファッションブランドであることを飛溺氏から伺い、
スウェーデンがらみとなるとまた気になります。


これで、12月もイベント満載です。


12/5(fri) STRUM UND DRANG
12/11(thu) Brett Anderson @ 心斎橋SOMA
12/13(sat) The Cigavettes @ Zoom(Orange)
12/19(fri) The Cigavettes & 髭 @ DRUM LOGOS(CLUB SNOOZER)


恐らくこの他にもちょこちょこ遊びの予定が入るのだとは思います。
無事に年越せるのかどうか、一抹の不安が・・・。
ボク体弱いので・・・って言っても、今となっては誰も信じてくれないけど(笑)
気力が遥かに体力を超えている昨今。
しかしさすがに、昨日と今日は本格的に死体でした。

ネタはかぶるがCigavettes

2008.11.21

category : THE CIGAVETTES

コメントに代えて(笑)


bruit blancオーガナイザー飛溺氏より仕事中にメールを受信いたしました。
某有名音楽雑誌(CD Journal)のサイトに、我が街福岡が誇るロックバンド、
The Cigavettesの新動画がUPされているとの情報。
何?!と思うも、瀕死の会社PCはiTunesとつべは最悪に相性が悪く、
起動して再生しようものなら速効強制終了。
なので、PC切る時間の直前にチラ見。
しかしへぼいディスプレイでほとんど映像見えん!


で、たった今帰宅して観てみた。
bbブログにも貼ってあるけど、オレも貼る(笑)
いいから黙って観るべし。





この曲、ライブでほぼ毎回やるけど、いつ観てもカッコいいな!








この3本、ちょっと前にベッツのギタリスト氏の日記でこそっと読ませて頂いたんだが、
PV撮影するからって言ってエキストラ募ってたあれかしらね。
行きたかったけども、仕事がねええええ。


そして、The Cigavettesは、12月に福岡のCLUB SNOOZERにて髭ちゃんと対バン。
さらに12月末には東京にも行くそうです。
詳細はまたこのブログにUPするので、東京在住のこのブログを読んでいる皆さん、
行きなさい。




それとこれは私信。
気付いたかも知れませんが、
この映像のかんじ氏のギター、オーティス・レディングだよ(爆)
多分ベースもそうだと思うんだな。

国歌の話

2008.11.19

category : MUSIC

11月17日に「bruit blanc」の記事に拍手下さった方、
どうもありがとうございました~。
会場にいらっしゃってた方だったのかな、もしかして!


会場にて「ブログ読んでます」という方もいて、
何つーか、ありがとうございますだし、
しょーもないことばっか書いてて申し訳ございませんだし。
bruit blancのオフィシャルブログからもリンクしてもらってるし。
このブログがイベントの品位を落とすようなことがないと良いんですけども(笑)



僕は学生時代に国歌「君が代」をきちんと歌ったことがありません。
まぁ、何となく察しがつく方もいらっしゃるかと思いますが、
この歌の歌詞の「君」とは「天皇」のことであると教わった子供です。
それを死んだばーさんに話したら、
「そんなモノ解釈次第じゃないの!
『君』を国民一人一人に置き換えて考えたって、意味は通るでしょ!」と
怒っていたのをよく憶えています。
まぁ、死んだばーさんは皇室は嫌いだったようですが、
国歌国旗に対して礼を尽くさない人間はもっと大嫌いだったようです。
そんなことをこのニュースのお陰で思い出しました。
実は今でもちゃんと歌えませんし、歌ったこともあまりありません。
学校もとっくに卒業した今、君が代を歌う機会もありませんし、
国際A代表のサッカーの試合と言うと、イタリア>日本です。
なのでなぜかイタリアの国歌は歌えます。


それで、君が代について、つい最近Wikipediaで調べてみたら、
全く過去に教えられなかったことを知りました。
平安時代に詠まれた恋歌だったという説があるのだそうです。
僕はこの「~だったという説がある」という文言に滅法弱いのです。


「私の愛するあなたの暮らすこの世界が、
千年も八千年も小さな石が大きな岩となり、苔が生えるまで、
ずっとずっと続きますように」


といったところでしょうか。
国歌の歌詞の元になった詩が恋歌だなんて、
それが一つの説でしかなくともロマンティックな話です。
恋愛できないAセクですが、「恋歌」は嫌いではありません。
国歌と言えばあからさまな君主万歳な歌とか、
血なまぐさい軍歌だって多いです。


目くじら立てて国歌斉唱拒否だとか言ってるけど、
解釈次第では国歌としてとてもいい歌詞なのではないかと思います。
普遍的な世界平和を歌っているようにも取れるじゃありませんか。
「君が代」の「君」は天皇のことで、天皇を讃美している、
軍国主義の象徴だなんて批判するより、
もう少し教えるべきことがあるんじゃないでしょうかね。
ゆとり教育なんてその後でいいでしょうが。

Across The Universe考

2008.11.17

category : THE BEATLES

bruit blancでNeilさんというアーティストさんが、
素敵な選曲でカバー曲のアコースティックライブをしてくれました。
その中でビートルズの名曲、
「Across The Universe」がありました。
そのライブの後に、Neilさんとお話しながら僕が
「ジョンがこの曲のどのアレンジも気に入らなかったという
話が残っている」と言ったような気がします。
ちょっと記憶曖昧です。


ジョンの書いたこの名曲が、どのアレンジも気に入らなかったというのは、
確か「Let It Be...Naked」のライナーか何かで読んだのですが、
かと言って、「Help!」に収録されている「It's Only Love」のように、
嫌いな曲だったという話は聞いたことはありません。
曲としては好きだったことは間違いないと思いたいです。


ただこの曲を聴いていていつも思うのは、
どうもこの曲、曲といい、歌詞といい、
ジョンの書いた曲というより、ジョージが書いた曲っぽい。
って話も、どなたかとした気がする。
僕がそう感じるだけかもしれないし、
音楽のテクニカルな面を調べたらジョンの曲で間違いないのかもですが。
そんなことを言いながら、
この曲をジョージが歌ってたらどんな風になってたのかなと
頭の中で妄想していたわけですが、
新幹線の中であんまり眠れないし暇なので、
色々考えておりました。


で、ある結論に辿り着きました。
この「Across The Universe」という曲は、ジョンが歌うためではなくて、
誰かが歌い継いでいくための曲なのではなかろうかと。
あまり多くは知りませんが、
この曲も何度かカヴァーされていて、
しかもそれがとても優れたものが多い。
特に「I am Sam」でルーファス ウェインライトがカヴァーしたのなんて、
ビートルズのどのバージョンよりも好きです。


Across The Universe/Rufus Wainwright


埋め込みできないんですって。


そしてFiona Apple Ver.




あと、今見つけた、ルーファス、Moby、ショーン レノンという
豪華面子のライブVer.




もしもジョンが無意識のうちに「誰かに歌い継いでもらうために書いた曲」なら
ジョンが自分で歌って納得できないのは分かります。
「どのアレンジも気に入らないんだよなー。お前歌わない?」って
ジョージに歌わせたら、それが一番気に入ったなんてことが有り得たかも。
もし今ジョンが生きていて、Rufusのカヴァー聴いたら、
大絶賛したかもしれません。
昨夜のNeilさんのアコースティックライブVer.もとても素敵でした。


ビートルズの初期にカバー曲をさも自分たちの歌のように
ものすごくカッコよく歌って
オリジナルの印象を薄くしてしまった(例:Twist & Shout)ジョンの
贖罪ソングなのではないでしょうか。

bruit blanc!!

2008.11.16

category : EVENT PARTY

大阪のイベント、bruit blancより、
たった今帰宅いたしました!!!
例の如く徹夜で遊び、午後まで語っていたため、
ただいま死体と化しております。
さっさと寝ればいいのに、まだ眠れません。
やっぱり寝るの苦手です。
記憶違いなどなどありましたらご容赦ください。


通常のロックパーティー、クラブイベントとは違い、
初めましてな方やお久しぶりな方とたくさんお話できたイベントでした。
正直、ゆるいBGMと歓談メインのイベントで
間が持つのだろうかとお客目線から疑問もありましたが、
カバー曲がやけに渋い生LIVEにドラァグクィーンの華麗なショー、
踊らないイベントだけどやっぱり踊っちゃうBGM、
しっかり9時間楽しませて頂きました。
現地で色々お話しできた皆様には心より感謝申し上げます!


こう見えて人見知りなので、
知らない人と話すの苦手なのですが、
オーガナイザーの飛溺氏にbruit blancのために福岡から来たアホだと
色んな方に紹介していただきまして、人見知りとか言ってる暇なかった(笑)


で、DJもやらせていただいたわけですが、
機材の操作方法を教えてもらったにも関わらず、
酔っ払いで使い方を忘れるとか(またか)、
iPodから出力しようとしたら音が出なくて、
故障かと思ったら、iPodのボリュームが小さかっただけだったとか、アクシデントも発生。
英語封印をコンセプトにしてましたが、iPodの件で1曲だけ英語混ざりました。
が、その選曲が意外に反応あったり、DJって楽しいね。
でもどっちかっつーと踊ってる方が好きかなー。


セットリストは以下の通り。


1. Revolt III/Kent
2. Vi Kommer Att Dö Samtidigt/Säkert!
3. Thoméegränd/Vapnet
4. Shibuya Toy/Riviera
5. Passeggiando Col Mio Cane/B-Nario
6. Benen I Kors/Lisa Ekdahl
7. Bumblebee/Roman Andrén
8. Mory/ALOHA
9. L'ultimo valser/Dalida
10. High/Futon
11. Cœur De Parisienne - Reprise d'Arletty/Rufus Wainwright
12. Waterloo(Swedish Ver.)/ABBA
13. Delikatessen/Kaizers Orchestra
14. Mannen I Den Vita Hatten (16 År Senare)/Kent

ついでに書いておきますと、


1、スウェーデン語
2、スウェーデン語
3、スウェーデン語
4、ドイツ語
5、イタリア語
6、スウェーデン語
7、英語
8、日本語
9、イタリア語(たぶん)
10、タイ語
11、フランス語
12、スウェーデン語
13、ノルウェー語
14、スウェーデン語


となっております。


タイムテーブルはこんな感じでした。


20:00 - 20:50 bruit blanc staff
20:50 - 21:40 bruit blanc staff
21:40 - 22:30 とうちゃん
22:30 - 23:10 Neil (アコースティックライヴ)
23:10 - 00:00 HATA
00:00 - 00:50 けるる軍曹
00:50 - 01:40 KAORIE
01:40 - 02:30 Neil
02:30 - 03:20 ウタちゃん
03:20 - 04:10 secret guets DJ
04:10 - 05:00 bruit blanc staff


近日中にオフィシャルブログに他の皆様のセットリストもUPされると思います。
どうぞ、お楽しみに~~~。
何と言うか、もう要所要所で僕の音楽のツボを刺激する隠れた名曲が!!
酔いも回り、テンションも上がりムフムフでした。


レコードの音源が使えることは知っていて、
現地に到着してターンテーブル観ながら
「スウェーデン語のLPあれば持ってきたのになー」と思った瞬間、
Kentの「トラ」のLP持っていたのを思い出しました。
あああああ(凹)
いや、LP持って行くと荷物になったしね。
何しろ福岡から大遠征敢行でしたから、荷物は少なくしたかった。
いや、結局多かったんだけど(笑)


次回のイベントがどうなるのか楽しみです。
あー、しかしこのイベントでも微妙に踊れたもので、
踊れるイベントが恋しくなりましたねー。
最近踊れるイベントで朝まで踊り倒すってことなくなったなー。
行ってもトーキングで時間切れとかで(笑)


で、話は変わりますが、無事に12月11日の
ブレット アンダーソン大阪公演のチケット取れました!
74番って何か非常に微妙ですけど、
Kentファンの僕には出来過ぎた整理番号ですね。
これ、Kentのライブだったら面白いですね。


そんなわけで、来月も大阪に行きます。
東京は止めました!

最後のコピペ

2008.11.14

category : EVENT PARTY

恐らくこれが第1回bruit blancインフォの最後のコピペ。
なぜなら、明日の昼からイベントのため大阪行くので、
明日記事書く暇ないからです!!
サマソニ以来の大阪だーーーーーっっっ!!


・・・ってそんな大騒ぎするほど久しぶりでもない(爆)






9d7cd6da.jpg



「音楽仲間の増殖!」がテーマのカフェイベント「bruit blanc」がスタート。

セクシャルマイノリティであることと、音楽が好きであること、
どちらか一方が共通した友達と
出会ったり、話したり、呑んだりするのも良いけど、
それなら両方同時に謳歌しちゃえばもっと良いじゃない!
素敵な音楽をBGMに音楽好きなLGBTと交友を深めましょー。

カフェサロンを活かした談話や音楽鑑賞が中心の茶話会です。
BGMは洋邦/新旧を問わずロック/ポップスをメインに、
オールジャンル/ノンジャンルがモットーの音楽的誰専な選曲。
お気に入りのCD/レコードをご持参くださればリクエストも大歓迎。
お気軽に遊びに来て下さい!

「bruit blanc (ブリュイ・ブラン)」とは
フランス語で「ホワイト・ノイズ」のこと。
「ホワイト・ノイズ」とは全ての音が混ざり合った状態。
6つのレインボーカラーが混ざり合えば白色になるように、
イベントイメージ画をあえて真っ白に表現しております。
音楽も、性も、垣根無く。

性差/性指向による入場制限は一切ございません。
趣旨をご理解いただければどなた様も大歓迎です。
ドレス・コードは「音楽が好き!」それだけ。


♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

bruit blanc 01

2008.11.15 (Sat.) 20:00 - 5:00

dista
〒530-0027 大阪市北区堂山町17-5 巽ビル4F
TEL 06-6361-9300
http://www.dista.be/

入場無料 (退場/再入場は自由)

主催 itayan。/M-108/飛溺

mixiコミュニティ「bruit blanc」
http://mixi.jp/view_comunity.pl?id=3637984

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


明日の今頃はイベント始まってるのかと思うと、
何だかこう、複雑な気分ですねぇ。
イベントではDJぽいこともさしてもらいます。
気を付けるけど、酔っ払い過ぎて変なテンションだったらごめんなさい。
てへ。
現地でお会いできる皆様、楽しみにしてます~。





そして明日はもう1つ!
ブレット アンダーソン大阪公演のチケットの発売日です。
東京から遅れること約2週間。
いつ大阪キャンセルになるかと胃がキリキリしておりましたよ。
でもクリマンのブレットの公演情報観ると、
ぴあとかローソンチケットのコードも更新されてません。
どうなってるんでしょうかね、職務怠慢だ!
でもそれぞれのチケット販売サイトを調べたら、
どこもきちんとUPされています。
10時には会社で缶詰なので、PCかケータイで買うしかなさそうです。
整理番号良いと良いんだけどなー。
いや、もうこの際どんな番号でもいいよ!
ブレットの歌う姿さえ観られればそれで良いよ!


はー、何つーか、テンションがハチャメチャです。
これが12月まで続くんだから、どんだけ周囲に迷惑かけるんだか(笑)

東南角部屋二階の女

2008.11.14

category : FILMS

素朴な疑問。
文章で「あたしゎ」とかって書く人がいらっしゃいますが、
「ぁ」「ぃ」「ぅ」「ぇ」「ぉ」は感嘆文で使うこともありますけど、
そもそも「ゎ」って何に使うためにあるんでしょうね?
普段文章書いてて「ゎ」なんて使ったことありません。
自分が知らないだけでしょうか。
こういうときに使うんじゃない?というのをご存知だったら、
ぜひ教えてください、正しい使い方だけ。
「あたしゎ」は正しくありませんので結構です。


閑話休題。


水曜日に「東南角部屋二階の女」を観に行きました。
何だかとてもお天気のいい、緩やかなほのぼのしたお話で、
のーんびり観ていたせいか話の内容を余り憶えてません。
単に老化かもしれません。


昭和の雰囲気漂う人の住んでいない古いアパートが
若い人が住み始めて見違えるほどきれいになる過程は
いくら映画とはいえ幸せになります。
人にも家は必要だけど、家にも人が必要なんですね。
人が住まなくなって家って、新しくても何か朽ちてゆく感じがぬぐえません。


加瀬くんが西島さんと乱闘するシーンがあり、
あー、こういうシーン珍しいなーと思いました。
加瀬くんのもっさりした感じ、実に好きです。
あと竹花梓さんもいい味持った俳優さんです。
若手3人と大ベテラン3人がとってもうまく調和していました。
本当に穏やかで暖かい映画でした。
最近本当にいい日本映画増えたなー。


予告編で、2本ばかり面白そうなのがありました。
ザ・ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライト
天国はまだ遠く


ローリング ストーンズは実のところそれほど好きじゃないのですが、
ミック ジャガー渋くなりましたねー、かっこいい!
若いときよりも今の方が好きです。
時間が合えばぜひ観たいと思います。


で、「天国はまだ遠く」はチュートリアルの徳井義実が出ています。
特にチュートリアルが好きというのでもありませんが、
予告編を観た限り、徳井さんがとても良さそう。
と、言うか、この人男前ですね、こういう顔の人好き(笑)


しかし「東南角部屋」にしろ、「天国はまだ遠く」にしろ、
こういうほのぼの暖か系の映画に出てくる主人公は
多くが日常に疲れた人ですね。
日本人全体がお疲れ傾向なんでしょうか。
いや、実際色々疲れてるといえば疲れてます。

拍手のお礼とご連絡

2008.11.12

category : KENT

まずは最初に拍手レス。


>こややしさん
あれは高い買い物ではないですねー、ご無事に入手なにより!
自分も「M」大好きです。
Kentの数多い好きな曲の中でもTOPクラスに好きです。
本当にKentはシングルのカップリングに名曲が多いです。
しかもこうやって数年に1度、まとめて出してくれるのが、
極東に住むファンには嬉しいですねー。
シングル、全部持ってるけど(笑)



で、1つご連絡。
只今このブログのコメントは承認制を取っておりまして、
コメント頂いてもすぐには表示されず、
一度著者が内容を確認してから公開させていただいています。
お友達と分かる方からのコメントや、
ブログの「内容」に対する物と分かるコメントはすぐに承認していますが、
それ以外のイカニモ業者は即刻ブラックリスト行きの削除です。


ただ時々、書いてある内容に触れるでもなく、
「ちょくちょく拝見しています。また来ます」
だけに近いような、見ず知らずの方からのコメントがありまして、
そういった物はブラック行きにまではしないまでも、削除させていただいています。
理由は言うまでもありませんね。


しょっちゅう書いてることを褒められても、
別に全然嬉しかないんですよ。
僕がここで強調したいのは、僕が継続して書いてて
「オレ、頑張ってるんだぜー」ってことではなく、
Kentの音楽の素晴らしさなの。
ちょくちょく読んでるっていうんだったら、
ちょっとは言及してみやがれっつーの。


あ、まぁKentはあくまでも1つの例で、
Suedeやブレ、MuseやKaizers、
CigavettesでもALOHAでももちろん大歓迎ですし、
幅広く音楽でも、そうじゃなくてもライブでもロックイベントでも
映画でも本でも良いわけですけど。


そういうことなので、
悪意のないコメントでも、よく分からないコメントは削除しますと、
先にお断りしておきます。


つーか、そういうよく分からないコメントには必ず、
怪しげなアドレスが書いてあるから、間違いなく業者でしょうけど。

映画館の話

2008.11.11

category : FILMS

明日は仕事終わった後東南角部屋二階の女を観てきます。


TOPページの加瀬くんの笑顔がとてもすてきで、
これだけでも観に行こうという気になります。
どうも時間が合いそうもなくて、先週の日曜日に行こうかと思ったんですが、
結局行けず、縁がなかったかと思いきや、
1,000円で観られる水曜日で、時間も仕事終わった後で間に合うタイムテーブル。
ラッキー、直感には黙って頼るもんだなと思いました。


ところでこの映画を上映している福岡のKBCシネマ
親富考通りのシネテリエ天神と並んで、福岡を代表するミニシアター。
僕はどうもシネテリエ天神と相性が悪く、ここで上映する映画は
すごく観たい映画がトラブルで観られないことが多々。


KBCシネマはポイントカードも充実してて、
持ってるだけでいつでも1,500円で映画が観られます。
僕の人生を左右する映画の多くはここで観ました。
「4分間のピアニスト」はここに4回通ったし、
中学時代にヒュー グラントが大好きだった頃がありまして、
いや、今でも好きなことは好きなんですが、もっと純粋に好きだった頃ってことで。
最近のおヒューさま、アレですよね・・・はぁ。
で、そのおヒューさまの代表作、「モーリス」のリバイバル上映があったんです。
中学生の分際で1人で観に行ったのを思い出します。
ビデオでは何十回も観てたんですけどねー。
あの頃の文芸映画時代のおヒューさま、本当に美しかったねー。
バイロン演じた「幻の城」で民族衣装着てた姿とか、
涙出るほど好きだったんだけども・・・。


何だか妙な方向に話がそれましたが、このKBCシネマには2つ映画館があって、
以前は1日に4本~5本の映画で回っていたのです。
モーニングショーで1本ずつ、その後メインの2本をそれぞれずーっとやって、
レイトショーで1本ずつくらいのペース。
それが最近、多い時は8本とかやってるんですよ。
多過ぎると思うんだよなぁ。
だから以前だったら仕事終わってから行ける時間でもやってることが多かったけど、
1日1回とかだと休みの日でも行けなかったりするんですよね、
すごく困ります。
それで結局「ぼくの大切なともだち」も行けなかったし(凹)
落ち着いて映画観られなくなりました、何かすごく残念。
1本の映画を1日に1、2回しか上映しないって、ちょっと違うと思うんだけどなぁ。
特にミニシアターに恵まれない福岡です。
以前東京の岩波ホールみたいな文芸、アート系映画を重点的に上映してくれた
シネサロン パヴェリアもなくなっちゃったしねぇ。


シネコンはもう良いから、
興行収入TOPランキングに入らないような、でもいい映画を
のんびりやってくれるミニシアターがもう1つくらい福岡に欲しいです。
本当に福岡ってシネコン多過ぎです。
それで映画人口だか、映画館数だか日本一とか言われても嬉しくないなぁ。

私は貝になりたい

2008.11.10

category : FILMS

私は貝になりたい
フランキー堺さんの出てた白黒Ver.の裁判シーンが子供心に怖くて、
それがトラウマになってるのか未だに観られません。
というか、昔から戦争映画、漫画は苦手です。
ドラえもんの戦争シーンも観られなかった子供です。
「はだしのゲン」とか論外でした。
前世で何かあったかなと思うほど怖い、
特に白黒は妙にリアルで怖さ倍増です。
スプラッタの方がまだ平気です、好んで観ないですけど。
どうか「最近の若者は戦争という現実を直視できない」なんてことは言わず、
そういう戦争に対する恐怖心がある人が増えれば、
戦争もなくなるかもといった、前向きな捕らえ方でお願いします。


SMAPの中居氏が主演でリメイクされましたね。
観ないですけど、こんなニュース


暇つぶしにコメント欄見てたら、
「女性差別を助長する企画です」とか、
「女子に坊主なんているわけない」とか、
「この映画観て坊主にする勇気のある女子はいるだろうか」とか
散々女子について言われてますが、


ワタシ、女子(一応)で坊主ですけど。


「女子の坊主は割引適用外です」とか言われない限りは
「女性差別」じゃなくないですかね。
「女子に坊主がいるわけない」とか勝手に決めないでほしいですね。
いや、別にボク女子扱いしてほしいわけではないですが、
(その割りに水曜日のレディースディは都合よく利用してますが)
映画観にいったら1,000円にしてもらえますかね。
別に映画観なくても、坊主がデフォルトですが。


今の時期坊主は寒いです。
先週刈って来ましたが、それまで結構長かったので、
ものすごく寒さが応えます。





・・・いずれにしろ、
「一休さん」じゃないんだから、「坊主割引」なんて企画、
空気読めてないなんじゃないかと思います。
そういうお気軽な映画と違うでしょ、平和ボケもこれは行き過ぎ。
これならフランキー堺さんの方をDVDで観たいです。


私は貝になりたい <1959年度作品>私は貝になりたい <1959年度作品>
(2008/10/24)
フランキー堺新珠三千代

商品詳細を見る

そして近づく11月15日

2008.11.09

category : EVENT PARTY

昨日はこちらに度々コメントを下さっている5-10さんと
親富考通りZOOMで行われるロックパーティOrangeへ久々に行ってきました。
その前に結構酒飲んでて、割とぐだぐだ。
オメー最近そんなんばっかじゃねーか、をい。
しかも終バスで帰らなければならなかったので、1時間チョイしかいられませんでしたが、
Mystery Jetsで踊れたので、よしとします!
短い時間でしたが、楽しかった~♪



で、今週末はとうとうやって来ました、このイベント!
再度コピペ行きます。





9d7cd6da.jpg



「音楽仲間の増殖!」がテーマのカフェイベント「bruit blanc」がスタート。

セクシャルマイノリティであることと、音楽が好きであること、
どちらか一方が共通した友達と
出会ったり、話したり、呑んだりするのも良いけど、
それなら両方同時に謳歌しちゃえばもっと良いじゃない!
素敵な音楽をBGMに音楽好きなLGBTと交友を深めましょー。

カフェサロンを活かした談話や音楽鑑賞が中心の茶話会です。
BGMは洋邦/新旧を問わずロック/ポップスをメインに、
オールジャンル/ノンジャンルがモットーの音楽的誰専な選曲。
お気に入りのCD/レコードをご持参くださればリクエストも大歓迎。
お気軽に遊びに来て下さい!

「bruit blanc (ブリュイ・ブラン)」とは
フランス語で「ホワイト・ノイズ」のこと。
「ホワイト・ノイズ」とは全ての音が混ざり合った状態。
6つのレインボーカラーが混ざり合えば白色になるように、
イベントイメージ画をあえて真っ白に表現しております。
音楽も、性も、垣根無く。

性差/性指向による入場制限は一切ございません。
趣旨をご理解いただければどなた様も大歓迎です。
ドレス・コードは「音楽が好き!」それだけ。


♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

bruit blanc 01

2008.11.15 (Sat.) 20:00 - 5:00

dista
〒530-0027 大阪市北区堂山町17-5 巽ビル4F
TEL 06-6361-9300


入場無料 (退場/再入場は自由)

主催 itayan。/M-108/飛溺

mixiコミュニティ「bruit blanc」
http://mixi.jp/view_comunity.pl?id=3637984

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪






先日どこかで、「異性に生まれ変われたらやりたいことランキング」
ってのを目にしました。
自分は四六時中異性になりたいわけですが、
じゃあ異性になれたらしたいことって何かと考えると・・・・。


音楽聴いて、
酒飲んで、
ライブ行って、
イベントで踊って、
朝まで友達と騒ぐ、
そしてにっがいコーヒーで目を覚ます。
文章も書く。
映画も観る。


それ、今でもやってんじゃん(笑)
だって、それ以外にやりたいことってないんだもーん。


サッカーやりたい(in 欧州)ってのはあるけども、
それは今のままの僕の運動神経では夢のまた夢のまた夢のま(ry
男になっても同じことだと思われます。


自分が女だろうと男だろうと、
やってみたいことが変わらないってことです。
自分で自分にネタ振っといて、このオチは何なんですか。


そんな自分の話はともかく、
↑のイベントのため、今週末は大阪へ行ってまいります。
そういう時に限って電話やメールで「遊ぼう」言ってくる人いますが、
福岡にいませんのであしからず。
その人はこのブログ読んでいませんが。


で、このイベントで、何と、DJっぽいことやらせてもらいます!!
0:50~01:40の50分間です。
こんな真ん中のいい時間帯任されていいんでしょうか。
プレッシャーや(笑)
いや、プレッシャーには割と強い子です、ボク。
でもそれに甘えず、只今ものすごい真面目にセットリスト構成中。
あのアーティストのあの曲とか、
あの人がいたら聴きたいだろうなーなこの曲とか、
絶対他の人は流さないだろうなーってなあんな曲とか、
最後から2番目はこの曲だよなーとか、
考えるの面白い(笑)


何よりも。
イベント前、イベント中に、
いくらアルコールがお安いからって
絶対に
飲み過ぎない。
これ目標。

愛娘の憂鬱

2008.11.08

category : UKULELE

この1週間で仕事終わって直帰したのがたった2日だったり、
KentのBOXが来たり、その他諸々続いて、
今日も約1年ぶりにOrangeに行きますし、
水曜日の夜は映画「東南角部屋二階の女」を観に行って、
土曜日はbruit blancのため大阪に行きますし、
それまでに色々心の準備とか何とかあるので忙しいと思われます。


そんな日常が続いていたので、可愛い愛娘のウクレレを
しばらく触っておりませんでした。
またしばらく触れないと思いまして、
ご機嫌を損ねてはいかんので、昨晩と今朝と弾いていたらどうも様子がおかしい。
すでにご機嫌斜めのご様子です。
Kentにやきもち焼いているんでしょうか。
チューニングしながらもどんどん音がずれているのはなぜでしょうか。
チューニングで螺子を回して音を鳴らすと
「ぶおぉぉん」と変な音を立てながらジワッと音が下がるのです。
どうやら2弦のペグの螺子がかなり緩んでいたようで、
螺子を閉めてみたら、今度は1弦、3弦、4弦が次々に緩む。


やっと弾けるようになった「Crazy G」を弾きながらも
どんどん音が怪しくずれていくのも不気味です。


うわさには聞いていましたが、
やっぱり安い(というかタダでGET)楽器ってのはそれなりなんでしょうか。
もちょっと良いのが欲しいけど、
可愛い娘なのでもうすこし辛抱しようと思います。
やっぱり最低2万円は出さなくちゃだめだろうなー。


しかしウクレレにしろ、自転車にしろ、家にしろ、
人が使わなくなるとどうしてあんなに傷みが早いのでしょうか。
人間も同じことかと思いますけど、
乱暴に扱ってても、何も扱わないよりは傷まないのが不思議でなりません。
常に使ったり、触れたりすると愛情が伝わって、
愛情こそ物や人の寿命を長く持たせる秘訣ってことかしら。


安いウクレレの話から横道にそれましたが。
今はとりあえず高いウクレレ買うより、手元にある愛娘に
もっと愛情注ぐことにします。


これから1週間、またあちこちに出没すると思いますので、
見かけたら遊んでくださいね~。

長らく勘違い

2008.11.07

category : KENT

KentのBサイドコレクション、「B-Sidor 95-00」を
ずーーーーーっと「B-Sider 95-00」と思いこんで疑いもしなかった。
実にお恥ずかしい。
穴があったら入りたい、KAORIEです。


Kentの新譜が手に入るとそれを聴く以外の生命活動が疎かになりがちです。
ウクレレ弾きたいけど、気づくとKentがiTunesで再生されています。


驚いたことにmixiミュージックでKentの楽曲が試聴できるようになってます。
一体何が起きたと言うのでしょう!
「Hagnesta Hill」と「トラ」「TTS」の数曲ずつではありますが、
まさかKentを日本語のウェブサイトで試聴できるなどとは
夢にも思ってませんでしたので、ビックリしました。


先日のKentのボックスに入っている、アルバム未収録曲の数々の中でも、
「Verkligen」に収録されていた「Alpha」が特に好きで、
iPodでひたすらリピートしています、アホかってくらい。
Kentの名盤と言えば、「Isola」か「トラ」なのですが、
この2ndアルバムの「Verkligen」も中々の秀作なのです。


VerkligenVerkligen
(2006/12/18)
Kent

商品詳細を見る



幻の日本国内盤も存在しますが、かなりレア。
「Isola」以降に観られる壮大さとかスケールの大きさは
まだ形を潜めていますが、ストレートなロックという点で、この「Verkligen」は名盤です。
全国のロックパーティーのDJの皆さん、注目してください!
いや、ほどほどでいいですけど。
あんまり流行ってほしくないし。
でも「Halka」とか超かっけーんです。


その時期に作られたであろう「Alpha」は
ロックテイストと、後々Kentの音楽を覆ってゆく「陰」も見え隠れ。


Kentの作品は年代順に聴いて行くと、
必ず次の作品の足がかりになるような曲があります。
それはアルバムの中だったり、
シングルのカップリングだったりするのですが、
ヲタは次の気配を見つけ出すのが楽しくて仕方ないのであります。


あと未収録曲でもう1曲良いのが、
先日も書いた「Håll ditt huvud högt 」というライブ音源。
一番最後の♪Det är allt jag nånsin begärtの終わり方が
非常にKentらしい、良いです。


Kentって聴き始めるとそれしか聴けなくなるからイヤなんですよねぇ(笑)
他にもいろいろ聴きたいような気がして別の聴き始めると、
「違う!!」って拒絶反応起こして、結局Kent聴いてるような。
で、無性に1曲聴きたくなって聴き始めたら、
どんどん他の曲に移って行って、気づいたら3か月くらいKentしか聴いてないとか、
そんな聴き方をしているもんだから、
こんなランキングになるんですよねぇ。


ベストアーティストチャート観て呆れるといいよ。

冷静を装う

2008.11.04

category : KENT

無理ーーーーー!!!



とうとう来た、KentのBOX!!


以下、ネタばれ!
届くまで観たくない人はブラウザの戻るボタンをポチッとしてくれ!
重箱の隅突くみたいに細かく書く!!(笑)

続きはこちら >>

もう1つ書き忘れ

2008.11.03

category : FOOTBALL

しばらく更新してなかった間にいくつか、
非常に興味深いサッカー関連ニュース。


1、ベッカム、ミランへ期限付き移籍
アメリカのリーグがオフの間だけミランでプレーということらしいです。
レンタル料なし、報酬もなし。
ミランにとって、これって、いいことなんでしょうかね。
ミラニスタ極右の僕としては、少々、いや、ものすごく疑問です。
ロナウジーニョ獲得、シェヴァ復帰、
ミランは一体何がしたいんでしょうか。



2、マラドーナ、アルヘン代表監督決定
しかし国民の7割が反対。
3か国で入国拒否。
前途多難ですな、マラドーナ監督。
でもマラドーナがベンチにいるアルヘン代表なんてある意味おもしろすぎて
ベンチ(というか、マラドーナ)専用カメラなんてつけたらどうだろう。
とりあえず、健康に注意してほしいと思います。
神の子と呼ばれたマラドーナが、監督として神になれるかどうか、期待です。


昔はアルヘン大嫌いでしたけどね、イングランドサポでしたから(笑)

Fredrika Stahl

2008.11.03

category : MUSIC

Billboard福岡のライブスケジュールに載っていた
「Fredrika Stahl」という女性の名前を見ただけで過剰反応する僕は
もうそろそろ病気の域に突入してきたスウェーデンヲタだと思います。


Fredrika Stahl


スウェーデン生まれ、フランス育ちの女性ジャズシンガーです。
マイスペ音源の5曲目は「Dina gon bla」になっていますが、
「Dina Ögon Bla」という曲だそうです。
4曲目はフランス語。
フランス語やスウェーデン語のジャズも不思議な感じで素敵ですね。


このフレドリカ嬢、12月にBillboard福岡でライブがあるそうなんですが、
何とチケット代10,000円。
・・・11月と12月のライブ、遠征の出費を考えると無理だ。
Billboardは割と繰り返し来るアーティストが多いので、
次回の公演を楽しみに待とう(凹)
Billboardとか、7月にジャネット嬢とALOHAのライブを観た「Gate's 7」とか、
雰囲気はすごく好きなんですけどね。
チケット代張るね(苦笑)

《胡桃の中の世界》No.03

2008.11.02

category : ALOHA

さぁ、怒涛の更新最終エントリだ!!
昨日はこれに行ってきました。


胡桃の中の世界 No.03
『胡桃の中の世界 No.03』@PUBLIC SPACE 四次元
開場:19:00 開演:19:30
前売:¥1,500(当日:¥2,000)+1drink order

■佐々木俊明(バッファローデンチ)
■Smith
■torch
■トロピカルダンディー西尾(ALOHA)
■najio
■neotone

【チケット取扱】
BORDER LINE RECORDS : 092-734-4198
PLASTICA : 092-732-6646

◆PUBLIC SPACE 四次元
├ Tel : 092-741-0552
├ E-mail : zecho_ten@hotmail.com
└ HP : http://sound.jp/zecho-ten/yojigen/


お目当ては言うまでもなく、トロピカルダンディー西尾(ALOHA)。
福岡最後のライブってことで、問答無用で行って来た。
他のアーティストは全く知らない、本当に知らない。
いくつかオススメのアーティストさんを教えて頂きながら、
いつもの如く、水のようにウォッカトニックを飲みながら観ていたわけです。


昨日のライブは割と好き嫌いがはっきり分かれたので、
好きなのだけ感想を。


トロピカルダンディー西尾

ファンの贔屓目かも知れませんが、時間短かったですねー。
ただ曲目がかなりナイスでした。
カバー曲も何曲かありましたが、
ライブでは初めてという「Shine」という曲に惚れてしまった。
この曲。



映像は福岡のジャズバンド、ちょい濡れボーイズ。
あと以前ラジオで演奏した動画を観た時にはそれほど良いと思わなかった
西岡恭蔵さんの「アフリカの月」



これがライブで聴くと、素晴らしく良かった、感動!
酔っ払いの頭に効く曲です。
と言うか、ALOHAといい、トロダン西尾といい、
何でこうも酒がすすむ曲をやってくれるんでしょうかねー。
そりゃ酒も止められないよな(笑)


smith
バンド名を音声として聞くと、どうも違うバンドが思い浮かぶんですけどね(笑)
このバンドです。
僕はこっちの、福岡のスミスの方が好きです!!
それまでかなり飲んでてアルコールも回ってたのに、
このバンド観てて一瞬でアルコール飛びましたよ。
演奏はすっごい上手いし、淡々と演奏するその佇まいが最高に好きです。
好きって言うか、圧倒されました。
去年のGWに東京行ってArt Of Fightingを観たときに
サポートでsgtってバンドが出てたんだけど、そのバンドを観たときを思い出しました。
MCも殆どなかったけど、良い音楽に余計な言葉は不要!!
それはMCだけじゃなくて、歌詞も然り!
いや、面白いMCあったら楽しいけど
無かったからってライブが退屈とかそんなのない!
昨日のライブ最大の発見です。
と言うか、2008年ALOHA以来のナイスな地元バンド発見です。


このバンドの迫力のお陰でアルコールは醒めるし、
その後酒飲む気分じゃなくなるし。
いや、逆にいいんじゃないのか(笑)


torch
マイスペ
マイスペの音源はラフな感じで分かりにくいけど、
このバンドもかなりカッコ良かったです。
ノイズ効いててロックでした。
酒飲めずにコーヒー飲んでたけど、しっかり音に酔えました。
東京での外国人アーティストのライブに行くと、
東京のバンドがサポートで出演して、轟音系、エレクトロニカが多いんですが、
福岡ってそっちの方はいまいちなのかと思ってました。
僕が知らなかっただけでしたね、無知って損です。


福岡、良いバンド多いじゃないですか。
外国人アーティストあんまり来ないけど、別にいいわ(笑)
よっぽど行きたいのだったら、東京か大阪に遠征するし。
地元のバンドがたくさん出るライブに
ちょくちょく足運ぶようにしようと思います。


というわけで、これで書くべきことは書き終わりました。
今後はいつも通り、地味に更新していこうと思いますので、
またどうぞ宜しくお願い申し上げます。


ヨロシクついでに、
このブログを東京で読んでる音楽と酒を愛する皆さん、
どうぞALOHAを宜しく~。
とりあえず、マイスペで聴いてください。
よっしゃライブ行ってみるかってことになって、行ってみたら、
なぜかKAORIEがいるなんてことも、
ありえないこともないですよ(笑)

Salsa Del Oriente Halloween Live

2008.11.02

category : LIVE!

The Cigavettesの髭ちゃんとの対バンで猛烈にテンパってますが、
ちょっと落ち着いていきましょう。
ひとまず深呼吸。


10月25日(土)は灯明ウォッチングで御供所地区のお寺を回り、
博多高等学校校庭の地上絵を観ました。

200810251835000.jpg


今年の地上絵は招き猫。


そしてこれとお寺を少し観てまわって、
大急ぎで大名へ移動、というのは、
僕の会社のお向かいさんのご夫婦の娘さんがサルサバンドでトランペットを吹いていて、
サンチョパンサというラテンなレストランでハロウィンライブをやると聞き、
ここの所南国音楽に傾倒しているので、行きますということになりました。
サルサのライブとか行くの初めてで、どんなノリかサッパリ分かりませんでしたが(笑)


ハロウィンライブってことで、もう何て言うか、カオス。
忍者の格好した人とか、オペ中の格好のお医者とか、
ホラー映画に出てくるような黒いマントに仮面で、全く素顔の分かんない人とか、
もう何がなんだか分からないような(笑)
そんでもってそのバンド、Salsa del Orienteはメンバー全員がゴッドファーザーとか
レザボアドッグスのような恰好で登場。
ライブ前に知り合いのクールなスーツ姿に驚きましたが、
人数揃うと迫力違います。
ライブ始まると、観客がサルサやってる人が多いみたいで、
2人組組んで踊り出すんですよ、すっごい狭いのに(笑)
さすがにその輪には入れないので、少し後ろで控えめに
コロナ飲みながらユラユラ踊っておりました。
結構年配の女性もいて、その人も踊り狂ってたなー、カッコ良かった。
ちょっとパー子さんっぽい風貌のおかーさんでしたが(笑)


バンドのマフィアな仮装で登場の1stステージ終了後、
ダンスパフォーマンスがあり、その後2ndステージへ。
今度は皆女装(笑)
コンセプトは「キャバクラ」だったそうです。
どう見てもギャグな人もいましたが(笑)、きれいな人は実にきれいでした。


肝心な音楽ですが、
普段寒い国の音楽ばかりで、心も体も冷え切っているので
とっても新鮮で、楽しかったです。
とにかくホーンセクションが華麗なバンドって観てて本当に楽しいです、大好き。
Vo.のビーマーさんの声も深く良く通る声でセクシーでした。
全然知らなかったけど、とっても楽しめるライブでした。
サルサで踊ってみたいと思ったよ(笑)

緊急!

2008.11.02

category : THE CIGAVETTES

12月19日のCLUB SNOOZER、
何と何と何と、今、The Cigavettesのオフィシャルサイトを偶然覗いたら、
髭ちゃんと一緒にThe Cigavettesがライブやる模様です!!!


今年の残りの最重要ライブは、ブレ様だけかと思ってたんだ!!
甘かったな<自分!!


Cigavettesのオフィシャルサイトはこちら!!
そして髭ちゃんはこちら!!
髭ちゃんのオフィシャルサイトに、The Cigavettesの名があるなんて、感動だ。

再開

2008.11.02

category : MUSIC

使用言語1位日本語、2位僅差で韓国語という、特殊な環境で生活しつつ、
実は右寄りなKAORIEです、戻ってまいりました。
近頃一部のメディアのバッシングにもめげず、
自らの地位も顧みない発言をしてくださる漢が多く、
ネットでニュース見るのが楽しくなりました。
問題なのは右寄りか左寄りかとかではなく、右寄り発言をするとすぐ圧力が掛かり、
やれ辞職だ更迭だと、議論の余地が全くないことだと思うのです。
国歌やら国旗に対する諸々の態度も、「人に会ったら挨拶する」のと同じように、
強制とかではなく、礼儀だと思っております。


この件は余り細かく触れるとブログ丸ごと消される恐れがあるので、
これ以上はやめときましょう、僕、チキンですから。
それに僕の右旋回は2002年に始まったことで、
それまではやや左だったことを考えれば大きなことは言えません。
なぜ2002年から右旋回開始したのか、ピンと来た人とは仲良くなれそうです(笑)
それって右とか左とかって問題じゃないよな!って
厳しいツッコミもあるかとは思われますが(苦笑)




で、お休みしていた間の出来事をまとめて。
詳しいライブレポートなんかは改めてエントリ立てますので、
暇潰しにお読みいただけると嬉しゅうございます。


10月23日(木)
警固の居酒屋アカチチの4周年記念の全品半額DAY。
店長S氏から静かな圧力が掛かり(笑)行ってきました。
ちょうどここの紅イモコロッケが食べたくて堪らなかったのでちょうど良かったです。
自分の身長くらいあるようなリュックにお祝いのプレゼント詰め込んでいきました。
ものすごく大変でした(笑)
コロッケも美味かったし、海ぶどうも美味かった。
何と言っても、店全体の威勢のいい雰囲気が大好きだ、アカチチは。
姉妹店のSai Saiも含め、これまでどんだけ世話になったことか!!
そうそう、アカチチってFOMAほとんど繋がらなかったんだけど、
久しぶりに行ったら完全に電波届いてるのに感激した(笑)


10月25日(土)
熊本でALOHAの九州最後のライブがある日でしたが、それは断念。
未だに行けば良かったと思うんですが、
行ったら行ったで、この日に行った博多灯明ウォッチング第2部と、
知り合いがトランペットを吹いているサルサバンドのライブにも行きたかったと、
同じように後悔するに違いないので、
もう何も言わないことにします(笑)


11月1日(土)
BUZZというクラブで5-10さんがDJをする予定で、
時間が合えば行こうと思っていたのですが、
もうライブがどうとか以前に仕事で全然合わないことが分かり断念。
ALOHAのVo.ニシオさんのソロ、トロピカルダンディー西尾のライブへ。
トロダンライブもこれが九州最後だそうです、はあああ、淋しいねー(凹)
でも九州、福岡は良いバンドがったくさんいることが分かりました。


11月2日(日)
今日です。

200811021212000.jpg


クリスマスムード突入の天神で雑誌を物色。
no!というローカル雑誌にALOHA載ってます。
先日の「カクバリズム夜の部屋」の模様です。
アジア美術館へ行って、
山部“YAMAZEN”善次郎という方の個展を観て来ました。
こんな方です。
弾き語りを見る時間とは合わなかったのが残念でしたが、
とても鮮やかで力強い絵がインパクト大。
音楽ファンには垂涎モノの絵もありました。
ジミヘンとか、ブライアン フェリーとか、ロッド スチュアートやルー リードの肖像です。
ある女性の絵で「smile」ってタイトルだったかな。
僕の大好きな女の子に感じがよく似てました、つい見入っちゃった(笑)
そして平尾のカフェ、hooplaに行ったら店が閉まっていました(凹)
傷心で天神に戻る途中、手持無沙汰で何となしに11月の大阪のイベント、
bruit blancのブログを見たら、何と、
著者の飛溺氏のもとに、すでにKentのBOXが届いているとのこと!!!
1人でテンション上がって、hooplaが開いてなかった心の傷もどこへやら。


0809-pistolintro-2b-2qwerty.gif


今考えたら、実際に聴くためのと、保管用と、2セット買っとくべきだったか。
それはいいから、家にも早く来い!!


そしてhoopla行けなかったので、
ものすごく久しぶりに藤崎のTe+Teへ行って、
レアチーズケーキとカフェオレで休憩。


200811021528000.jpg



で、結局できなかったことというと、
観に行きたかった映画、「ぼくの大切なともだち」を観そびれた。
ああああー、やっちまったーーー。
仕方ない、DVD待とう。
で、昨日から加瀬亮出演の「東南角部屋二階の女」が公開です。
水曜日は時間が合いそうもありません。
ただここはカードを持っているのでいつでも少し安いから、
明日でも行ってこようかと、未定ですが。


そして心配事。
ブレットの大阪公演のチケットの発売日が未だに「調整中」のまま。
クリマン先行はやってるらしいので、
多分、恐らく、いや、きっと無事に行われると思います。


が、


場合によっては、
東京公演に行くことになるかもしれません。
これもまだ未定です。
今のところ、8割大阪ですが、ちょっと事情が・・・。


「もう面倒だからさ~、いっそ両方行っちゃおうぜ~」


という誰かの誘惑の甘い声が聞こえます。
誰だ、そんな素敵なことを囁いているのは!!(いや、自分ですけど)
それができれば苦労ねぇっ!!


そんな感じで、まとめ終了。
ライブレポもこの後書きます~。
PROFILE

KAORIE

Author:KAORIE
NAME:かおりぃ
GENDER:真ん中より右寄り
AGE:70年代最後の年生まれ
LIVING IN:9州のF県
MIXI
TWITTER:cuore_ok
MAIL:
kan.du.beskydda.mig★gmail.com

PROFILE

CALENDER
10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
MONTHLY ARCHIVES
CATEGORIES
LINKS(in alphabetical order)
WIDGET








Kaorieさんの読書メーター
ACCESS
FRIENDS REQUEST
MY FRIENDS

■ ブログ名:小人閑居

■ ブログ名:Finally

■ ブログ名:zoetrope【reverse】
FC2 BLOG RANKING
SEARCH

Copyright ©Stoned Brain Returns. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。