Stoned Brain Returns

遊びの日常。日記<週記

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

16万円

2008.08.31

category : UKULELE

今日、天神にある思いつく限りの楽器屋巡りをして、
どこがどれだけウクレレを揃えているか偵察して来ました。
まず一番品揃えがいいのはダントツで
IMSに入っている島村楽器。
4千円台の安いのはありませんが、1万○千円くらいから20万円くらいする
高級ウクレレもあるし、エレキのウクレレがあるのはここだけでした。


他のところは似たり寄ったり。
ウクレレのコーナーホントにちーさーいです。
安いのしか置いてないところも多いです。
僕のと同じのも2か所で発見。


その中で、ヤマハはまぁまぁいいウクレレも扱っていて、
16万円のウクレレを触ることができました。
これはそれこそ、一流ウクレリストがライブで使うような
コンサート用の少し大きめの物です。
じゃららーんと幾つか音を出してみると、
これこそまさにジェイク シマブクロが使ってるのと同じような音!
僕の買ったやっすいのとは全然違って、
じゃらら~んと弾いただけで虹みたいな鮮やかな音がします。
フレットももの凄く抑え易いし、うわー、ほっしー、でもまだ無理ー。


音や弾き心地では遥かに劣る僕のウクレレで
しっかり弾けるようになったら、ちょっと良いのを買おうと思います。
でも今の僕のウクレレ、可愛くてホントに大好きなのよねーん。


初めてチューニングした時に、
何か2弦がすごくこもった音がして、張り方が悪いのかと思ったのですが、
どうもそんなものみたいです。
高い良いのはあんまりこもった音しなかったですけどね。
スポンサーサイト

拍手

2008.08.31

category : DIARY

昨日の夕方と今日の夜中と、
連続で4記事ずつに拍手頂いてます。
しょーもない遊び人ブログ読んでいただいてありがとうございます。
知り合い以外からそんなに拍手頂いたことないので、ちょっとドキドキです。
少なくともその為にだけエントリ立てちゃうくらいはドキドキです。


昨日の4連続拍手はALOHA絡みの記事が多かったので、
それで検索とかでいらっしゃった方かも知れないなと思っております。
でもアクセス解析に履歴残ってないので、
本当かどうかは分かりません。
もしかしてファンの方でしょうか、お友達になってください(笑)


今日の4連続拍手はサマソニ遠征絡みネタばかりだったので、
もしかしたら、サマソニ大阪に行かれた方かも知れませんね。
拍手の時間の感じから昨日の方と一緒?と思いましたが、
記事の内容的には、また別の方なのかも知れないし、
もしかしたら8人全員別の方かも。
どれも解析に全然履歴残ってないので分からないんですよねー。


あ、もしかして、携帯でご覧になってるのかな?


1行でも拍手コメント頂けると、
著者とっても小躍りして喜びますので、
ぜひ一言残して行かれてくださいませ~。

愛しさ余って

2008.08.31

category : UKULELE

溺愛しすぎて、
3つ書いてるブログのうちの2つの写真と、mixiのTOP画像、
ケータイの待ち受け画面が全部
僕の愛するウクレレちゃんに変わってしまいました。
イスに座ってPCに向かい合いながら、
腕にはしっかりウクレレを抱いている姿を見て、
親が呆れているようです。
キャプテン翼みたい(笑)


実質タダで手に入れたウクレレで、元々高いものではないのです。
つべなんかでアーティストがライブのブレイクみたいな感じの
アコースティックな曲でウクレレを弾いたりするじゃないですか。
あるいはジェイク シマブクロが持ってるようなウクレレとか。
そういうのとは明らかに音が違います、素人が聴いても分かるくらい。
ジェイク シマブクロ氏なんかが持っているのは、
コンサート用の普通サイズより大きめなのだそうです。
しかしそのウクレレを弾く彼の手が非常に大きい。
僕は指は長いけど掌が小さいので、手が大きく見えませんし、
実際に小さいです。
ウクレレでも上手くコードが押さえられなかったりします。


とりあえず、「Crazy G」は弾けるようになりたいですねー。




音楽的妄想(追記あり)

2008.08.28

category : MUSIC

妄想をわざわざ日記にしてしまう辺り、
病的に暇っぽいですが。


もしも自分が歌手、あるいはバンドのVo.だったら、
どんな音楽がいいか。


そりゃあ好きな音楽はロックですけど、
割とロックのVo.って高い音が多いじゃないですか。
多分声出ないです、高音は本当に自信ないです。
で、ジャズなんかどうだろう、ノラ ジョーンズみたいなと、
常日ごろ思っているわけですが。


この頃のオレ的1920年代~30年代ぽい音楽ブームの流れで、
ジャネット嬢っぽい音楽もいいなーと。
しかしもっと歌ってみたい音楽がありました。


こんな感じの音楽。





はい、そうです、Beirut。
ジプシー音楽って憧れ。
この映像、かの超面白パフォーマンスで有名な
Arcade Fireと一緒じゃないですか、すごい映像だね、楽しそう!
こういうステージの上で歌いたいなー。


てか、金管楽器多すぎじゃないですか、これ(笑)



このBeirutのザック コンドンの声って本当に大好きです。
低くてベルベットみたいです。
この手の声でもう1人好きなのは、
スウェーデンのイェンス レックマン。





来た、ウクレレ!!(笑)
イェンスくん可愛すぎる!!
この人の声も実に手触りの柔らかい素敵な声です。
Beirutのザックとイェンスくんの声は、
僕の好きな音楽の中でもTOP10に入りそうな好きな声。
こんな声でこんな古そうな音楽歌えたらいいなー。


ついでに、何月何日の何時からどこそこでライブっていうより、
神出鬼没で路上ライブがいいなー。
ストリートミュージシャンでもある程度場所が決まってるじゃないですか。
しかもmixiとかブログでいついつの何時からどこそこってのを
お知らせもできる、便利な世の中だからこそ、
偶々通りがかった人しか観られないってな感じが良いです。
もしかしたら前世は旅芸人の一座の団員とかだったんでしょうかねー。
ギターと、パーカッションと、タンバリンと、アコーディオンと、
トランペットとウッドベースか、チューバ?
バンジョーとかもよさそうですね。
あるいはもう、ウクレレ行っちゃいますか?!(笑)



幼い頃から、古い物が好きなんですね。
「昔はよかった」なんて懐古主義ではなく、
「なんでこんなちゃちな作りなのに、こんな面白い動きするんだろう」
ってな好奇心をくすぐられます。
オルゴールとか操り人形とか。



このエントリの目的は、
Beirutとイェンスくんの動画を貼ることでしたとさ(笑)


この頃会社のPCが瀕死の状態で、
書いてる途中で2度の強制終了に見舞われました。
FC2ブログの自動保存機能がなかったらと思うと、
ちょっとしたホラー並の恐怖体験です。
そんな感じの日記なので、帰宅して若干編集しました。


<追記>

忘れてた、この動画、最高に好き。
こんなのがいいんだなー。
曲も好き、この曲聴いて恋に落ちた。


Beirut「Nantes」





ウクレレ頑張るから、
仲間に入れてもらえないだろうか。
何なら踊り要員とか、The Legendsみたいな拍手要員とかでも良いんだけど(笑)

Jake Shimabukuro

2008.08.26

category : UKULELE

今月25日発売のシティ情報fukuokaという超ローカル雑誌に
先日のジャネット嬢とALOHAのライブの記事が載っていると
とある情報筋(笑)から情報を入手いたしまして
久々に買いました。
ラテン料理特集なんて、美味そうな特集もありましたし。
ロス・ピンチョスとかカフェ・デル・キャンディとか
エル・ボラーチョとかザイマカとか(全部ラテン料理屋の名前)
1回行ってみたいんだけどねー、まだ実現しておりません。


この雑誌、元々隔週発行だったのがリニューアルして
月間になったんですね。
リニュ前はもう何ていうかとにかく情報がごたごたして、
見難いけどそれが好きってな感じだったのですが、
リニューアル後はちょっとおしゃれな情報誌っぽくなりました。
読者の投稿コーナーなんかはそうでもないけど。
以前の雰囲気が好きだったので、最近全然買ってませんでしたが、
もうMusic City Tenjinのメンツが発表になる時期なんですねー。
1年経つの早いよ、そりゃ三十路も目の前な筈だぜ。


その雑誌でライブ情報を見ていたら、
10月にジェイク シマブクロ氏が来福との情報。
おおおっ、超グッドタイミングだぁっ!
行きたいなー、ZEPPかー、平日だ、厳しいなぁ。


ジェイク シマブクロといえば、衝撃を受けたこの映像。
もう本当に大好きなのねー。
観て。




The Cigavettes VS THE BEACHES

2008.08.25

category : THE CIGAVETTES

ベッツのライブ、今週末だと思っていたのですが、
来週末でした、大間違い。
この前のクラスヌ行けなかったし、今回は行こうと思います。
土曜日なので、またcryvのときみたいに
会社から全力疾走なんだと思います。
ボク、頑張ってる。


この日って、サンセットライブの中日だよねー。
・・・って、行けんけど。


Cigavettesのライブって7月にLodgerの時に観たけど、
6月のクラスヌ以来観てないような気がします。
だから何か、ものすごく久しぶりなような。
THE BEACHESのライブも1月以来です、楽しみです♪

All Of Me

2008.08.24

category : ALOHA

別ブログにもちょっと書いたのですが、
ALOHAのアルバム

TROPICAL COOLTROPICAL COOL
(2008/04/16)
ALOHA

商品詳細を見る


の3曲目の「All Of Me」って曲が
JAZZスタンダードのカバーだったことを今日初めて知りました。
というのも、ウクレレの楽譜を見ていたら、
ウクレレでJAZZを弾こうって楽譜を見つけて、それに載っていたのです。
へえええ、そうだったんだー。
妙に説得力あるから、ALOHAのオリジナルだと思ってたんですが、
まだまだ勉強不足です。
これからJAZZもがしがしっと聴いていこうと思っております。


ALOHAの「TROPICAL COOL」もいいので聴いてください。


で、その「All Of Me」、どんな人が歌ってるのか検索してみたら、
何とビリー ホリディやらエラ フィッツジェラルド、
ルイ アームストロングまで歌ってるんですね。



サッチモ Ver.



エラ Ver.




ビリー Ver.





さらに、フランク シナトラ Ver.





もしかしてもこれも?!
日本語になってて、歌い方も違うけど、間違いなさそう!


憂歌団 Ver.





動画埋め込み過ぎって突っ込みは勘弁してください(笑)


で、せっかくなので、これも貼っておこう。


ALOHA Ver.






「All Of Me」とは関係ありませんが、
ロマン アンドレンの新譜が発売されていました。


ファニータ・アンド・ビヨンド:ライヴ・スタジオ・セッションズファニータ・アンド・ビヨンド:ライヴ・スタジオ・セッションズ
(2008/08/22)
ロマン・アンドレンミリアム・アイダ

商品詳細を見る



日本限定のアルバムだそうで、
2008年に出会ったアルバムTOP10に余裕で入りそうな
ロマンさんの前作


ファニータファニータ
(2008/01/09)
ロマン・アンドレン

商品詳細を見る



のスタジオライブで、未収録曲も入ってるそうです。
ちょっと今日は買えなかったので試聴だけしてきましたが、
いやー、これはまた素晴らしいです。
「Let's Live Forever, Love 」とか「Bumblebee」の声なしVer.で
ロマンさんのピアノが冴え渡った名盤です。
ライブ音源みたいなのってあんまり好きじゃないのですが、
これは欲しいです、絶対買います。
今日は手持ちのお金が硬貨だけという無残な状況だったので、
来週にでも買います。
今年はロマンさんで始まり、ロマンさんで終わるかなー。
いや、まだ8月ですけど(笑)


あと、Alphabeatとかいうバンドも前から気になってて買おうと思ってます。

This Is AlphabeatThis Is Alphabeat
(2008/06/24)
Alphabeat

商品詳細を見る



このバンド、CDの帯に「ロンドンを中心に」って書いてあったから、
普通にUKのバンドだろうと思ってて、
久々にUK当たったか?!と思ったら、勘違い。
デンマークでした。


少数精鋭でいいの送り込んでくるデンマークが来たな!!
しかしこのバンドのマイスペのページのカセットテープ、
壮観だな。



そして音楽とは関係ない衝撃的ニュース。


シェヴァ、ミランに復帰!


ふっ、複雑だな、おい。
完全にリトルブラジル化した今のミランで、シェヴァの活躍の場はあるのか???
何と言うか、トマソンがいた頃が懐かしいんだよ。
シェヴァにもピッポにも「トマソンが組みやすい」と言われてた、
デンマークの名FW。
あー、トマぴょんもデンマークだわなぁ。
やっぱりいい国だ、デンマークも(笑)


何となく、上手く音楽ネタと絡めたところで、今日は以上でございます。

ウクレレでKentを弾く???

2008.08.22

category : KENT

1人で留守番の静かな昼休みです・・・とは行かないのは、
マイスペでALOHAの音源をガンガン鳴らしているからでしょうか。
期間限定公開だった「BYEBYE」が再UPされてるよ!
今夜は関東に就職していった友人Yちゃんが帰省するので
平尾のカフェ、hooplaに行きます。
今月のCigavettes@クラスヌは無理そうです。
なぜなら、この頃ウクレレを弾いていたら時間を忘れる物ですから、
気付くと日付変わってたりして、いい感じに寝不足です。
あんたは限度ってものを知らないと言われますが、
限界が怖くて愛が貫けますかってーの。


初心者のためのウクレレサイトを見ていると、
3コードくらいで弾ける曲が練習用に載っていますが、
動揺とか民謡とかばっかりで、
やはりKentが恋しいいいいいってなるわけです。


で、またありがたいことにKentのオフィシャルサイトには
全曲の歌詞とコードがUPしてあります。
難しくて弾けないのは分かっているけど、
どんなものなのかと好きな曲のコードを見てみました。
「Vapen & Ammunition」の「Sverige」とか
ウクレレで弾けたら可愛いだろうなーなんて夢見ながら。
「747」はさすがにウクレレ向きじゃねーよなーとか。


そしたら、「Vapen & Ammunition」(以下「トラ」)の2曲目。
初めてKentを聴く人に進めて、「あの曲、超イイ!!」と言われたら、
ほぼ2曲目で間違いない「Pärlor」


この曲。




この動画、英語訳ついてるじゃないですか。
知らなかった。


この曲のコードが非常に簡単で数も少ないし、
今まで憶えた5つくらいのコードだけなんですね。
こんな簡単なコードだけで、あんな超絶な名曲が出来るとは、ヨッケ、神。
殆ど弾けないけど、このコードに合わせて何となく弾いてみたら、
うーん、確かに「Pärlor」になってる。。。


しかし何が凄いって、
コードばっかり見ながらでも歌えるほど、
歌詞を憶えてる自分が凄いと思った。
どんだけ聴いてますの(笑)


このエントリ、ウクレレに入れるかKentに入れるか迷ったけど、
結局Kentに入れました。
何となくねー、Kentに重点が置かれてると思って(笑)

ウクレレ

2008.08.21

category : UKULELE

日記にUKULELEカテゴリ作っちゃいましたよー。
しばらくウクレレレレレレ言ってると思います、
どうぞご勘弁を。


で、拍手レス。


>衛さん
そうなのよー、楽器買って弾いてるとテンション↑↑↑なんだよねー。
嫌なことも良いこともぜーんぶ忘れる。
昨日気が付いたら日にち変わってたし(笑)
アレンジとか恐れ多くてまだまだ出来ないけども、
いつかやってみたいねー。


衛さんのバンドでウクレレ要るときはお手伝いしますぜ~

ぎゃあああああっ

2008.08.20

category : DIARY

昨日に引き続きまして、絶叫系タイトルでお送りしております。


今日帰宅途中、地下鉄を降りて自転車に乗り換え、
さぁあと3分も走れば家に到着という時でした。
ぼんやり考え事をしながら走っていたら、
突如僕の目の前を何かがよぎり、
鼻頭に柔らかい感触が・・・。
過って行ったものを視線で追うと。


夕刻の時間、バタバタバタバタやって飛んでる黒い生き物が・・・。



ぎゃああああああ(死)



恐怖と言うか凹むと言うか、気持ち悪いと言うか。
かつて自転車に乗っていて、ハトにぶつかった人は見たことありましたが、
まさかあの鳥類と哺乳類の境目みたいな
黒い生き物と衝突するとは。
そこまで色んなもの惹き付けなくていいんだあああっ(凹)



傷心モードで帰宅したら、
ベッドの上に僕宛の荷物が届いていました。


きゃああああっ♪


先日、ネットでかき集めたポイント使って、
実質「タダで」GETしたんですね。
元々4500円くらいするものが、特価で1500円になってたってのもラッキー。


これ。


IMG_0311.jpg


ウクレレちゃーん♪♪♪


ちょっと写真で分かりづらいけど、赤です。
10000円は出さないと良いものは買えないそうですが、
初心者が分不相応な物を持つのも気がひけますし、
のんびりやろうと思うんですよ。






こんな素敵な動画もあるのねー♪
ジャネットちゃーん♪

ああああっ

2008.08.19

category : KENT

分かったーーー!!


Kent ≒ 山下達郎(笑)


かっ、感動して思わず書いてしまったぜ。



Kent「747」




山下達郎の「ターナーの汽罐車」の動画でもあるかと思ったけど、
ないねー、聴き比べてみて欲しかった、Kentファンの方に!

LIVERPOOL SESSION@徒楽夢フェスタ

2008.08.18

category : ALOHA

昨日、ふと思い立って、
LIVERPOOLSESSIONというライブイベントに行ってきました。
live event ZEROさん主催です。
以下のようなコンセプトでライブイベントをされています。



LIVE EVENT ZERO オフィシャルウェブサイトへようこそ!
ジャンル、性別、年齢関係なく、音楽を愛する者が集うイベント、ZERO LIVEを主催する集団。
それが、LIVE EVENT ZEROです。
福岡で活動しているアツイバンドさんを、ジャンルに関係なく一人でも多くのお客さんに見て欲しい、
そしてお客さん・出演者・スタッフ全員が、楽しめて、また参加したい!思えるイベントを目指し、
ライヴを企画しています。





ALOHAのVo.ニシオ氏のブログを欠かさず読ませていただいているので、
あることは知っていましたが、日曜日の夜だし、
行くつもりはなかったんですけどね(笑)
無性にニシオ氏のソロ、
トロピカルダンディー西尾のライブが観たくなったのでありました。
今回のライブはALOHAのBass、ウラ氏がウッドベースで参加。
出番は一番最後でした。


他の地元バンドのレポートを。


East Land Ship
3ピースのロックバンド。
初めからこのテンション、いいじゃなーいと思ったんですが、
お客さんがしっかり座って観てたんで、
ちょっと困惑気味のボク。
バンドのVo.さんが立ってーって煽ってたけど、中々。


シトラススノー
女性Vo,でG男性の2ピース。
しっとり歌い込む感じです。
まだ持ち歌が少ないとのことで、何とかって人の何とかって曲と、
宇多田ヒカルの「First Love」を演奏。
歌唱力ありますねー。


この辺から酔いも回りはじめまして、
ALOHAのお2人とカウンターで立って酒飲みながら音楽談義。
座ってライブとか観てらんねー。
とか言ってライブ横目に延々と「ソンドレ ラルケ」とかで
盛り上がってるのはいかがなもんだろう(笑)


BIT SHAKER


インストバンドで、昨日が解散ライブだったらしいんですけど、
このバンドは結構好きでした。
最初にジェフ ベックの曲演奏したりして。
以前このエントリで書きましたが、
何しろスウェ語だとか、ノル語だとか韓国語だとか、
英語より遥かに外国語音楽に慣れ親しみ過ぎて、
日本語みたいに完全に歌詞の意味が分かる音楽って疲れるんです。
それでも音が好きで、すっごい踊れると良いんだけど、ALOHAみたいに、
歌い込まれるとものすっごい疲れます、音楽聴いてられない。
それくらいならインストバンドの方が良いんです。
ただインストバンドは難しいってなことをご本人も言ってたんですが、
確かに難しいです。
「リスナーの共感を得る歌詞」とかで誤魔化せないですからね。
演奏も曲も本物じゃないと、難しいと思う。
いや、でもこのバンドは好き、もっと早く知ってればよかった。


古長 英恵


アコギ1本でのソロの方です。
この辺、もうウィスキーとか入っててヨッパで喋ってたので、
あんまり真面目にライブ観てませんでした。


nosepunch


主催の方がサポートで参加していたバンドです。
ロックでかっこよかった!
Vo.の女の子がメガネ女子で、ライブ後にメガネトーク。
音楽と関係あるのかないのか分かりませんが、
やっぱり音楽にメガネと帽子は重要です。


このイベントの主催の方が、
このブログからリンク張ってる山形のヤングさんによく似てらっしゃってねー。
「?!!」でした。
しかもギターだったし。
イベント始まる前に色々お話させて頂いたけど、
音楽に関して熱いところも、ヤングさんを彷彿とさせる方で、
初めて会った気がしませんでした。
新参者のボクに速攻話しかけて下さったのも嬉しかったです。


で、真打。


トロピカルダンディー西尾 From ALOHA


もうかなりの酔っ払いでしたが、
好きな音楽が流れてくると、テンションは上がったまま素面に戻るんですね、
怖いね、音楽って、アルコールより中毒性高いね。
ニシオ氏のギター、Vo.とウラ氏のウッドベース。
アコースティックですが踊れるのねー、ALOHAの音楽は!
で、このライブの前にジャネット嬢のライブの時に、
「おそうじオバチャン」を演奏したのは誰の発案だったのかと、
そんなしょーもないことを聞いてたんですよ、ボク。
元々セットリストになかったってのがまたビックリだったんですが。
それを今回もまた演奏してくれましてね、
無駄にテンション上がってアホみたいに会場後方で
コールアンドレスポンスしてたのボクです。


つべの動画では観てましたが、
忌野さんの「デイドリーム ビリーバー」も演奏してくれました。
つべみたいに歌詞間違わなかったけど(笑)





2分30秒あたり(笑)


本格的にALOHA好きになって初めてのライブでしたが、
実に楽しかったです。
ALOHAは11月から東京に拠点を移すらしいので、
余り頻繁にライブ観られなくなりそうです。
このバンドとももうちょっとはやく会いたかったなー。
けど地元のバンドに注目し始めたのって、
Cigavettes以降だからね、そういう意味でも存在意義大きい、ベッツは。


そんな感じで、楽しかった連休最後(というわけではないが、個人的には)の夜。
さぁ寝ようかとベッドに入ったら、
晩御飯を食べ忘れてることに気付きました。
こうなのよねー、独りだと。

ライブに

2008.08.17

category : ALOHA

行って来たんですよ。
これに。


ALOHAのニシオ氏&ウラ氏のライブ目当て。
ものすーごーっく楽しかったです。
久々にウィスキーとか飲んで酔っ払いなんで、
詳しいレポートは明日以降にしますけどね~。
また「あの曲」あったのさー<某飛氏

Googleストリートビュー

2008.08.16

category : WWW

話題のGoogleストリートビューで
盆休みで半ドンだったため、ゆっくり遊ばせて頂きました。
福岡はまだ未対応ですが、
東京や大阪でよく遊びに行く場所を普通に歩くようにネットで観られる。
画期的ですねー。
どっちに行ったらどこなのか、くるっと振り返るのも妙にリアルです。
きっとリアルで方向音痴な人は、
これでも本格的に迷うんだろうな(笑)
アメリカ村のアナゲイ会場、Twice Cafeも看板が見えた!
何か自販機の商品補充の車で遮られてたけど(笑)


特に観ていて感慨深かったのは、
亡くなった祖母が東京にいた頃に住んでいた家周辺を散策していた時です。
その周辺の地域は日本文学に深く関わる人物の所縁の地が多く、
かの有名なトキワ荘もそれほど遠くありませんでした。
トキワ荘の名は祖母に教えてもらいました。
「あんたの好きなBLACK JACKを描いた手塚治虫が住んでたアパートがあるのよ」って。


祖母の家はもうとっくになくなっているのを、
自分でフラッと遊びに行って確かめていましたが、
その時よりさらに風景は変わっています。
ただ、昔の面影そのままの向かいの家とか、
家の前の通りの坂を下っていくと突き当りにある自性院(通称・猫地蔵)というお寺とか
変わらない風景も確かにありました。
小学生の頃、毎年今の時期は東京の祖母の家に2週間くらい泊って、
毎日猫地蔵に遊びに行きました。
天気が良くて、気持ちのいい夕方はちょっと足を延ばして
哲学堂公園という公園に祖母と一緒に散歩に行ったり。


懐かしいなー。
東京の思い出って言うと、修学旅行とかじゃなくて、
子供の頃に祖母にあちこち連れて行ったもらった思い出が多いです。

Summer Sonic 2008@大阪 番外編

2008.08.15

category : KENT

サマソニ後の大阪徘徊の際、
飛溺氏に案内してもらった場所で
どうしても書いておきたい場所が1か所。
特にKentファンにはぜひお知らせしたいと思いまして、


以前、飛溺氏から、Kentの「Hagnesta Hill」(日本国内盤・英語Ver.)の
写メが届いた事があります。
何だこりゃ、買ったのかと思ったら、
大阪のとあるレンタルCD店にあったと言う。
国内盤とはいえ、レンタルCDショップに、Kent?!
ありえねーーーーっと思って、次の大阪訪問時にぜひ連れてってくれと、
お願いしていたら今回それが叶いました。


店舗は2フロア、1Fは邦楽、2Fが洋楽その他。
1Fだけでも何か不穏な雰囲気を漂わせています(笑)
福岡にある大手CDショップのどの店よりも
品揃えが良いのは一目瞭然。
だからってさすがにKentはねーだろー!なんですけどね。
やっぱりあった、飛溺氏が写メで送ってくれたKentの「Hagnesta Hill」
Kentを置いてくれてるレンタルCDショップなんて、
無条件で信用できると言いたいところですが、
余りの品揃えの良さに胡散臭さが勝っていました(笑)


あれはあるのか、これはあるのかと色々探してみたんですけどね、
レイキャビク特集なんてコーナーは出来てるし、
Futonはあるし、The Radio Dept.はあるし(俺的最大の衝撃)、Gotyeはあるし、
ビートルズのブート盤まである(苦笑)しかも持ってるようなやつ(笑)
取り憑かれたように棚に見入ってしまいました。
HotHotEatさんやアナゲイブログでしか見たことないようなCDもある!


そんな驚愕の品揃えのお店だけあって、
郵送返却可ということです、福岡でもOKなんだそうです。
レンタルのセット料金が30枚単位とか50枚単位です。
CD2~3枚買う金額で、30枚程度の音源が手に入る。
本気で大阪に住みたいと思いました。


新幹線の時間もあったので、あんまりゆっくりできませんでしたが、
あんなお店が近くにあったら毎日閉店まで居座って、
CD物色してるんだと思います。
ものすごく迷惑な客だと思います。


でも福岡ではああいう洋楽CDの品揃えの店は
流行らないんだろうなーと思います。
しかし・・・写真撮るのも忘れるようなお店です。
Kentのアルバムなんて「TTS」以外セルでも置いてない県に住んでますから、
「Hagnesta Hill」のジャケット観ただけで心拍数上がるんですよ。
Kentとの出会いを思い出しましてねー(笑)

Summer Sonic 2008 in 大阪!

2008.08.12

category : LIVE!

例年ならタイムテーブルが出来上がったら
リストバンドと一緒にもらえるのは分かっているのにプリントアウトして、
新幹線の中で見ながら、これとこれとこれをこういう時間配分で見て、
こことここの間で水分補給とトイレ・・・なんて
完璧すぎる計画を立てているのですが、
タイムテーブルは持っていかないどころか、
何を観るのかは頭にあるけど、そのアクトがどこであるのか、
それが頭に入っていないというやる気のなさ。


8月10日朝3時半に起きて、5時に家を出て、始発(6時)の新幹線で大阪へ。
西九条の駅に9時半前に到着予定の現地友、飛溺氏と待ち合わせ。
去年は初めての大阪会場参戦で、しかも会場移転後初開催、
東京会場にも行かなくちゃならなかったので大荷物を引きずりながら、
OAのPerfumeに間に合うように行ったつもりが、
最悪な段取りで間に合わない。
現地に到着しても携帯は通じないという、もう不安だらけでパニック起こしそうな
そんなサマソニ@大阪でした。
詳しくはこのエントリをどうぞ。


しかし今回は1日目にすでに参戦していた飛溺氏から、
去年とは比較にならないほど改善されているという情報を貰っていて、
しかも西九条の駅から一緒に行動ということで
去年みたいな不安は皆無。
また嬉しいことに、西九条から桜島までの電車が
去年の過酷なモッシュ状態がウソみたいに空いてる。
さらに桜島の駅に着いて、去年は長いこと歩かされ待たされたバス乗り場が
何と駅の目の前になっていることにビックリ、しかもものすごくスムーズ。
何で去年がこうじゃなかったんだああああっ。
今年は荷物も少ないし、むしろ歩いて平気だったのにーーーーー!!


で、荷物をクロークに預けて、最初に向かったのはSky Stage。


The Metros
まだ若いUKのバンド。
つべの映像が面白かったので観てみました。
Vo.の子が赤いタンクトップに短パンという、夏休みの小学生な出で立ち。
普通に楽しかった。


この後、Perfumeに向かいましたが、
前日に「東京は入場規制がかかった」という
東京会場の5-10氏からの現地情報を入手していて、
しかもすでにDance Stageでスタンバっていたiさんから
すでにぎゅうぎゅうだと言う情報が入ったのが、ライブ始まる結構前。
どちらにしてもPerfumeの後のYELLEちゃんがあるので
Dance Stageへ行ってみたら、会場に入れない人の長蛇の列。
無理やろこれはと、去年のリベンジとか言いながらあっさり諦めて
飛溺氏と長蛇の列を眺めながら木陰で休憩。
そこへ何か見たことある人が・・・と思ったら、
福岡から大阪に帰省していたタロウさん登場。
あまりのタイミングの良さに、飛溺氏と連絡を取り合って来たのかと思ったら、
何と偶然、すげえええ(笑)
法事で帰省ということで休みを取っていたので日焼けできない僕は
黒くてつばのひろいUVカット帽子とアームカバーという
完全防備な格好だったのですが、それを見たタロウさんの一言。


「今日、女装ですねぇ」


そうなの、すーっごい気にしてるの!
あの格好ってどうしても女装に見えちゃうの!
でも仕事の都合上と体質上やむを得ない!
ですからあれは夏フェス限定です。
あの帽子をかぶった姿を見た親にも、
「あんた、そういう帽子、本当に似合わんね」って散々言われました。
好きでかぶってんじゃねーーーー!!!


YELLE
Perfumeが終わって、退場に時間がかかる。
サクサク出てけよーとぼやっと待っていたらだんだん入場待ちの列が伸びて、
このまま待ってるのも何だし、と割り込んだら知ってる曲が!!!
何だ、もう始まってんじゃねーかっ!!
急いでDance Stageに入って、前方へダッシュ。
白と黒の牛みたいな模様の衣装でエネルギッシュに歌って踊るYELLEちゃん。
フランスの娘さんですから、気だるい感じで斜に構えてんのかなと
ほんの少しそんな想像をしていたのですが、
まことに申し訳ない、ワタクシが間違っておりました。
かわいこちゃんが髪を振り乱して踊る姿は実にロケンロー。
かわいいと言うより、男前という形容詞の方が100倍似合う。
何回も「Merci beaucoup!」って繰り返してたのも好感度大!
Merci beaucoup!が「夏服にしか聞こえねー」と言っていた
飛溺氏の空耳アワーも好感度大でした(笑)
YELLEちゃんが「踊ってくださーい!!」って日本語で言ってたのが可愛くて、
しっかり踊っちゃうよ~って感じで踊り過ぎて、
灼熱のDance Stageでばてばて、次は髭ちゃんなのに。


ライブ終了後、福岡から来ていたお友達のMちゃんと会って簡単に挨拶。
Perfumeを観ていたiさんと合流してOasisでお昼ご飯。
ココナッツカレーを食べる。
しかしあまりゆっくりしている暇もなく、Breeze Stageへ。


髭(HiGE)
いつか飛溺氏と髭ちゃんのライブ一緒に観たいねと言っていたのが、
ずいぶん早く叶っちゃった今回のサマソニの超メインアクト。
気合入り過ぎて緊張。
ていうか、この前リリースになった「Electric」を延々やるとか、
そんなことないよね?と事前に飛溺氏と話していたのもちょっと心配。
でもそれはそれで伝説だろう(笑)
音合わせやってるなーと思ったら、フィリポがいた。
コテさんもいた、みやってぃさんも斎藤さんも出てきた。
何となく須藤さんも登場。
ボクの緊張感はどうなるんだってほど普通に登場。
でも1発目の曲が「ハートのキング」だったのに、どこか並々ならぬ意志を感じる。
夏フェスだから、この曲はやらないだろう候補TOP1だったのに。


「ロックンロールと五人の囚人」とか「溺れる猿」とか「黒にそめろ」とか、
「ダーティーな世界」などなど、
最近のライブの鉄板曲と、新曲と思われる曲を1曲。
そして最後に、「白薔薇」
この曲を引っ張りに引っ張って、須藤さんはギターを置いて恍惚として踊っていた。
騒ぐとか言う次元のライブではなくなって、
どこか儀式めいた雰囲気に陥ってトランス状態。
最後に「ギルティー」とか「ベートーヴェン」で盛り上げて終わるのかと思ったら、
切り捨てるように「白薔薇」のジャムでライブ終了。
トリではないからアンコールはある筈もなく、しばし放心状態。
砂漠の中に放り出されて途方に暮れるような感じ。
5月のF-Xの時は時間が短すぎて消化不良で、
終わった瞬間やっぱり放り出された感があった。
今回のサマソニのライブは消化不良な感覚はなかったけど、
力いっぱい突き放されたような、切り捨てられたような感覚。
それがすごく心地よかった、誰から誰に対する物かは分からないけど、
すごく深い愛情と圧倒的な意志を感じた。
今まで観た髭ちゃんのライブの中で最高。
飛溺氏と一緒に観る髭ちゃんの初ライブがあのライブでよかった。


そんな髭ちゃんのアクトで力尽きて、
Sonic Stageでデスキャブを観ながら休む決意。
休憩するにも決意がいるってのも何ですが。
The Metrosの時から何だか知らないけど、右足と左足の裏とか
脹脛が順番に攣ると言う異常な状況だったし、
体調が万全とも言い難い状態だったので。
そこへYELLEちゃんの後に会ったMちゃんからメール。
Oasisで休んでいるから、髭ちゃんの後で余力があれば会いましょうとのこと。
それまでずっと一緒にいた飛溺氏と一旦お別れして、
HOT CHIPで再会を誓い、Oasisへ。
お水とポカリを飲みながら、Mちゃんとお話してSonic Stageへ向かう途中。
去年大阪から東京へ向かうバスで遭遇した、
アナゲイ会場でお世話になった某店長氏に遭遇!
いらっしゃっているだろうとは思っていたけど分からないし、
でもいらっしゃってるなら絶対会えるだろうと信じていたら会えちゃった(笑)
ライブ以外で一番印象に残ったハプニング。
激しくテンション↑↑↑


Death Cab For Cutie
こちらも東京の5-10氏からの情報で、
「かぶらなかったらぜひ観てください!」とのことで、
何もかぶってなかったし、何よりちょっと休みたかったのでちょうど良いタイミング。
イスに座ってのんびり鑑賞。


Tearsが来た年だったかな。
新幹線の時間の関係で「New Year」だけ聴いて帰ったデスキャブ。
一緒にSonicに来たMちゃんはDance Stageへ一足先に移動。
今回は全部観ようと思ったんですが、
気持ちよくて寝そうになり、下手するとHOT CHIPに間に合わないかもとか、
まさか入場規制がとかいう心配と、
それまでずっと灼熱ステージで過ごしていたので急に体が冷えて
最初は気持ちよかったけどだんだん冷え過ぎて具合が悪くなり、
やっぱり今回も「New Year」はとりあえず聞いて、
ちょっと早いけどDance Stageへ。


Friendly Fires
Sonic Stageにいる間に飛溺氏から「Dance Stage前方にいる。人は少ない」という
メールを受信していたので、とりあえずその情報を頼りに
飛溺氏とiさんを捜索・・・するまでもなく発見。
確かに人は少なかったけど、一瞬で見つける自分に驚いた。
夏フェスでは恐るべき超能力を発揮するんだと思う。
どんな感じのバンドかあんまり知らなかったけど、
ステージの後ろに映し出される映像がとっても綺麗で、
とにかく踊れた、ものすごく楽しかった!!


ライブ終了後、どこかで観ているハズだろうとMちゃんを探したら、
これまた一瞬にして発見。
飛溺氏、iさん、Mちゃんと4人でオーストラリアの音楽事情や
フェス事情などで大いに盛り上がりながら、
2番目のメイン、HOT CHIPを待つ。
デスキャブ観ながら入場規制かかったりしたら困ると思ったけど、
要らん心配でした、ガラガラ。


HOT CHIP
割とCDではまったりなんだけども、ライブではどうなんだろうと
去年のライブを観ていなかった僕は探り探りで始まったけれど、
CD仕様とは全然違う音!
これは踊るしかない!!
メンバーのビジュアルはふつーのおっちゃんたちなのだけど、
音はシャープだし、照明もカッコいいし、最高!!
髭ちゃんで力尽きたとか、ソニック寒くて死にかけたとか、
足が攣るとか全部忘れて踊ったー!
ちょっと淋しいけど人が少なかったのであんまり周りに気遣わなくていいし、
YELLEちゃん観たときみたいに暑くなかったし。


散々踊って騒いでしたけど、最後の曲で衝撃。
プリンスの曲で、シニード オコナーがカバーした「Nothing Compares 2 U」


ライブや夏フェスでは騒げる曲、キャッチーな曲が一般的なんだろうし、
盛り上がるのは分かるし、楽しいのも確かなんだけども、
先の髭ちゃんの「ハートのキング」や
HOT CHIPの「Nothing Compares 2 U」みたいな曲があったライブは
深く印象に残る、絶対忘れない。
その曲もそうだけど、それまでに演奏した曲とか、
その日1日が心の奥沁み込んでいく。


「この曲で終り?!」とは思ったけど、
この次も絶対に観たくなる締めくくり方だった。



Paul Weller
The Prodigyに行くと言うiさんとしばしお別れして、
僕の荷物を引き取ってかっらSonic Stageのポール師匠を観に行く。
つい数分前にお別れしたiさんがなぜかSonic Stageから出てくるのを発見(笑)
結局一緒に数曲鑑賞。
ポール師匠はThe Style Councilは本当に本当に大好きなんだけど、
どうもThe Jamとソロが好きになれない。
嫌いってんじゃないけど、ちゃんと聴けない。
何となく、あの声がStyle Council以外にはマッチしていないように感じる。
僕の好みの問題だとは思うけど。
でも観てるとやっぱりカッコいい。
一生に1度は観ておいて間違いない。



Sonic Stageを出て、シャトルバス乗り場へ。
去年の惨状を僕は知らないけど、今年はこれもまたずいぶん楽らしい。
スムーズにバスにも乗れたし。
今年は本当に去年と違って諸手続きも移動も楽で快適だった!
これなら東京より楽!
ただ唯一「駄目だなー」と思ったのは、
Perfumeをもっと収容できるステージでやらなかったことでしょう。


あと、これは仕事だから仕方ないんだろうけど、
セキュリティの人が写真撮ってる客目掛けてライト当てるの、
本当にウザいです。
写真撮ってる奴が悪いんだけど、
だからって周りの人間が「うぜー」と思うようなことすることないじゃん。
ケータイの灯りもかなりうざいけど、
あの懐中電灯だって同じようなもんだ。
HOT CHIPの時に目の前でそんなセキュリティが居て、
せっかく楽しいのに萎えたつーか、キレた。
サクッとつまみだせばいいと思う。


過去の夏フェスは現地で友達と会って、
しかも同じライブを多く観るということが殆どなかったので、
今回のライブは殆ど誰か一緒にいるという珍しいタイプでした。
独りでも観たい物は観るんだけど、
友達と一緒に騒ぐ夏フェスってのは楽しい!
イマイチ、ラインナップが冴えないとか、
冒頭で書いたとおりどうもやる気に欠けるとか、
大阪入りするまでは割とテンション低めだったけど、
夏フェスの違う楽しみ方が味わえた。
実は会場にいる間、一口もアルコール摂取してなかったんだけど、
アルコールなんか邪魔臭いと感じるくらい。


まぁ、アメ村に出て、4人でちゃんと乾杯もしましたが(笑)


以上、Summer Sonic 2008@大阪レポートでした。

帰還しました

2008.08.11

category : DIARY

ただいま生きて帰宅しました。
現地大阪でお世話になった皆さん(ここ読んでるのは1人だが)
本当にありがとうございました。
楽しかったね!!


というわけで、これから風呂に入って寝ます。
明日も仕事だし、レポートはまた後日に~~~。


あ、でも拍手レスだけ。


>えみさん
拍手コメントありがとうございます。
お礼レス遅くなってスミマセンでした。
そうですねー、ジョナサンが海外のティーンズ雑誌に出てたの、15年くらい前でしたね。
このブログ、えみさんが拍手を下さったエントリを投稿して以来、
ジョナサン ブランディスで検索してくる人が増えました。
やはり憶えている人は、ちゃんと憶えているんでしょうね。
子役が大人になって成功した例って、日本でも海外でも少ないですが、
それに耐えられずに自殺とか薬に走る人おおいですね。
難しいんでしょうね・・・。

旅のお供

2008.08.10

category : MUSIC

20080810055014
遠出するときは必ず聴きたくなるのが、
スウェーデンのSTARLETです。
無事に新幹線乗車しました。
乗車券、サマソニ入場券共にちゃんと持ってます(笑)

いってきます

2008.08.10

category : MUSIC

20080810053010
いざ、出陣。

画像は家から、雲が気持ち悪いのが気になる(苦笑)。
現在博多駅で時間潰し中。
朝5:00とか早すぎてミスドしか開いてねー(笑)

最強悪夢を見た

2008.08.08

category : MUSIC

サマソニ会場から投稿できるように、
試しにモブログ使ってみます。

超絶悪夢を見ました。

新大阪で新幹線を降りた瞬間、
新幹線とサマソニのチケットを忘れたことに気付く夢(凹)。
髪を切るのとこの手の夢を見るのは、
ライブ夏フェス遠征前の恒例行事。
いやな夢です、飛び起きて途方にくれます。
大事なものを忘れんなという、天の声なのだと思います。

しかし新幹線降りた後にチケット忘れたことに気付くって、
じゃあどうやって新幹線で新大阪まで来たんだろうってな…(笑)

Cut Up Tropicool

2008.08.06

category : ALOHA

昨日はこのイベントに行ってきました。


『Cut Up Tropicool』
2008/8/5(tue)
Venue:Kieth Flack(2F)
21:00~LATE
Adv:\1,000-(1drink order)

■GuestLive■■■■■■■■■
GUEST LIVE
noncheLEEE(nontroppo)
http://profile.myspace.com/index.cfm?fuseaction=user.viewprofile&friendid=1000620583

■DJ■■■■■■■■■■■■
DJ's:
GerushiExotica(EL/TPCC)
NaokiTheSunsets(LT)
GyozaRippleWave(EL)
TropicalDanddyNishio(ALOHA)
HEMON!DaCOCONUTS(TPCC)

※TCPP/Gyoza Ripple Wave
選曲のMIXCDプレゼント。

■BGV■■■■■■■■■■■
MONSOON
■■■■■■■■■■■■■■


平日の夜だってのに、週末参戦のイベントくらい飲んだアホです。
アルコールが抜けるのは割と早い方ですが、
テンション上がって上手に眠れなかったせいでものすごい眠かったです。
仕事とかしてる場合じゃありませんでした(笑)

いつも行く時は結構人口密度も多くて、
流れている音楽は爆音のロックですが、昨日はゆーったり。
音楽もダブとかソフトなジャズとかだし、
時間が早くて人も少なかったし。
気持ちよかったですねー、ああいう音楽スキー。
ついでにゆったり飲めばいいのに、それができないのは、
本当に本当に困ったもんです。
ウォッカトニックとビール与えといたらどんだけでも飲んでます。
あれ、途中で休憩とか言ってウーロン茶飲むでしょ。
そこからガツンと来るんですよ。


ちゃんぽんしたらダメってのは、こういうことなんですね。


近頃クラブに行って喋ることが多いですが、
例にもれず昨日もそうだったので、今日は声が枯れてます。

モーガン フリーマン

2008.08.05

category : FILMS

モーガン フリーマン事故で重態


ショック。
回復祈願。

とんちピクルス

2008.08.04

category : ALOHA

とんちピクルスさんは飛び入りライブを1度観ただけですが、
何かと縁のあるアーティストさんだと思います。


夢の中で泣いた/とんちピクルス




ALOHA ver.





ギターもいいけど、この頃無性にウクレレを弾きたいんですよ。
ジョージが晩年愛した楽器です。
ジャネット嬢のチェリーブロッサムのデコ入りウクレレも可愛かったし。
以前ある人が「子供に楽器をさせたい」と言うので、
「ウクレレなんかよくないですか?」と言ったら、
「ギターとかトランペットとか、サックスとか、カッコいいのがいい」と言われました。


ウクレレをカッコ良くないと思っている人とは
今後一生友達になれないと思います。
ウクレレの似合う人と帽子の似合う人は、それだけで好きになれます(笑)

うわ、うわ、うわ

2008.08.04

category : MUSIC

い、今、微妙にテンションが上がった僕は、
「お前なんかロックファンの風上にもおけねー!!
サマソニなんか来るな、ヴォケ!」
と罵倒されるかも知れません。


HYDEか、HYDEなのかっ?!!


むぅ、こ、これは・・・。

音源入手履歴

2008.08.03

category : MUSIC

昨日は北部九州アナゲイズの会、別名アンチコールドプレイの会でした。
夏フェス話、90年代音楽話、安室とケツメイシはアリな話、
3人寄れば無節操な音楽話です。
この集まりで12時前にお開きはあり得ない(笑)
おかげで本日寝不足でーす。
5-10さん、ひじき嬢、いつもありがとう~。



最近入手した音源のメモを。



・「O」/Tilly And The Wall
・¿Como Te Llama?/Albert Hammond Jr.
・Yours To Keep/Albert Hammond Jr.
・CITYMOVIE/ALOHA
・Tropical Cool/ALOHA
・RE-MASTER VOICE ちあきなおみ


ALOHA以外は頂き物、おかりしたものです。
自分が好きなのを優先して追っていると、
2番手以降はつい後回しになってしまいがち。
だけど気になる音源を電波で送ってくれたり貸してくれる友人がいると
非常に心強いのです、感謝感謝です。


感想は追々。
しかしこの音源どれも、サマソニと何一つ関係ないってのがすごいです。
アルバートはキャンセル、Tilly And The Wallは去年(笑)
ちあきなおみとかねぇ。
でもちょうどオレ的昭和の歌ブーム到来中なので、
そういうタイミングとしてはちあきなおみは素晴らしいです。


そうなんです、昨日の会合でサマソニ@東京に行く5-10さんと話しましたが、
どうも今週末からサマソニという実感が湧きません。
昨日そんな話をして、やっとテンションが上がり始めまして、
ちょっと本格的に準備しな!と思いました。


が、8月5日に興味深いイベントがKieth Flackであるんです。


CUT UP TROPICOOL

Open: 21:00
Charge: 1000 /1drink order

Live:
noncheLEEE (nontroppo)

Dj:
HEMON!Da Coconuts (TPCC)
Gerushi Exotica (TPCC / EL)
Naoki The Sunsets (LUXURY TIMES)
Gyoza Ripple Waves (EL)
Tropical Dandy Nishio (ALOHA)

BGV:
MONSOON

ジャンル:
Jazz, Latin, EXOTICA, Mondo, CLYPSO, Reggae, Dub

*23:00までドリンク300円!!!



ALOHAのVo.氏がDJをするんだそうです。
他の方はよく存じ上げず申し訳ありませんが、
ALOHAのソングメーカーがDJとしてどんな曲をかけるのか、
非常に興味があります。
1,000円とお手軽価格だし、23:00までのドリンクが300円の間だけでも(笑)
行ってみようかと思ってます。
誰か一緒に行きませんか?
もちろん1人でも行くんですけど。




なんて言いますか、
もう遊ぶこと(というか音楽と酒)しか考えてないんですね。
困った大人ですね。

釜山インターナショナルロックフェスティヴァル

2008.08.02

category : THE CIGAVETTES

行かないんだけど、この釜山ロックフェス
The Cigavettesが出ます。
でももっとビックリした、カン サネが出るんじゃねーか!!!
ラインアップは左上の白いところの、左から3番目、

「己ト ○1 ○一1
     し  日  」

みたいな文字のところを見よ。
すっげー、うっさんくっさいハングルだな、ギャル文字かっつーの(爆)


しかしこのラインアップのベッツのハングル表記
おかしいと思いませんか<ハングル文字読める方。
なぜ시가베챠즈、「챠」いらんだろ。


はい、この日記、IEでご覧になってる方には、
何が何だか分からないと思われます。
どうもスミマセン。


それにしてもベッツとサネ氏一緒に出るとかすげー!!
行きたいなああああ。

がーーーーーん

2008.08.01

category : MUSIC

このエントリで発表したオレ的タイムテーブル、
先日アルバートがキャンセルになりましたが、
アルバートに続けとばかりにAdeleも・・・(凹)


何これ、何これ?!
あのモリッシーですらキャンセルなしで観られたって言うのにヒドイわっ(泣)
またタイムテーブル練り直さなくちゃいけないじゃないの!
しかしここまで「観たい!!」ってのがない夏フェス、初めてだ(笑)
PROFILE

KAORIE

Author:KAORIE
NAME:かおりぃ
GENDER:真ん中より右寄り
AGE:70年代最後の年生まれ
LIVING IN:9州のF県
MIXI
TWITTER:cuore_ok
MAIL:
kan.du.beskydda.mig★gmail.com

PROFILE

CALENDER
07 | 2008/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
MONTHLY ARCHIVES
CATEGORIES
LINKS(in alphabetical order)
WIDGET








Kaorieさんの読書メーター
ACCESS
FRIENDS REQUEST
MY FRIENDS

■ ブログ名:小人閑居

■ ブログ名:Finally

■ ブログ名:zoetrope【reverse】
FC2 BLOG RANKING
SEARCH

Copyright ©Stoned Brain Returns. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。