Stoned Brain Returns

遊びの日常。日記<週記

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年最後。

2007.12.31

category : DIARY


退屈ですね、大晦日。
4連休も年末年始なんて、することはないし、
家にいても寒いし、騒々しいし、外に行けば人は多いし、
何もすることがない・・・というか、できることがありません。


皆さん、どうやって時間潰してるんですか???


何もすることがなくなったので、
とりあえずいつもここを読んでくださる優しい皆様にご挨拶を。



1年間、ご愛顧いただきまして、誠にありがとうございました。
また来年もよろしくお願い申し上げます。


こんだけかー(笑)
時間つぶしにも何にもなりゃしねー。
こうやってダラダラ過ごしてると逆に疲れます。


あ、そうそう。
今日新しいメガネを買ったんですよ。
フレームはいつもの赤です、やっぱりです。


200712312020000.jpg



つるのとこがちょっと太めで、
模様が入っています。
掛け心地も良かったし、そこまで高くなかったので買いました。
他の色にしようかと思ったんだけど、
やっぱり好きになったら赤ばかりですね。


それでは、
良い新年をお迎えくださいませ~
また来年もよろしくお願いいたしますよ!
スポンサーサイト

The Boy With No Name

2007.12.30

category : MUSIC


1回聴いたとき、それほど印象に残らなかったのが
「The Boy With No Name」


しかしそうだ、
最初にTravisの音楽を聴いたときもそうじゃなかったかと、
思い出してみたのでした。
最初特別に好きじゃなかったんですよね。
「普通に音楽が良いくらいじゃないの?」って。


いや、それが一番大事なんじゃねーのか。


いつもTravisの音楽と言うのは、
諦めずに3度繰り返して聴いてみないと
よさが伝わって来ないようです。


と言うわけで、
とりあえずアルバムを3回聴いてみたんですよ。




良いじゃないですか、このアルバム。
「Selfish Jean」も「Closer」も良いんですけど、
僕は俄然「My Eyes」でした。
この曲に涙腺破壊されそうな勢いです。


「12 Dreams」とかは1回しかきちんと聴かなかったから、
あんまり好きにならなかったんだろうな。


「The Man Who」とこの「The Boy With No Name」は
Travisの中でも屈指の作品ですねぇ。
派手さはないけど、ホントにいい曲ばっかり。
好きだなー、フランの声も。

正月休み

2007.12.28

category : FILMS

今日あたりからお休みの人もいるんでしょうか。
良いですねー、羨ましいねー。


まだあと2日も働かなくてはいけない
ブログ書き、CHです、どーも。


明日から福岡はKBCシネマにて、
関東から遅れることやく1か月、
ようやく「4分間のピアニスト」が公開されます。


まったく、これだから地方都市ってのは・・・。


ちなみに明日は普通に仕事なので行かれません。
あ゛ーーーー(凹)
しかも会社の忘年会やろうとか言ってます。
言いだしっぺがその記憶力のなさゆえに、
すっかり忘れてしまうことを心の底から願っております。


そういえば今、博多駅の交通センターの上にある
シネリーブル博多駅でこんな映画やってるんですね。


チャプター27


ビートルズファンは観たくないような、でも観たいような、
非常に複雑な心境にさせられる映画ですね。
この映画館は元日も開いているようです。
1日に1,000円で観るか。
でも祖母の家に集まるのとかぶるかも知れない、むむむ。


ちょっとくらい逃走しても良いだろ(笑)
別に気にはしないんですけど、
もうすぐ従兄弟が結婚するんですよ。
「あんたはまだね?」とか
「誰かおらんとね?」とか言われるの面倒じゃないですか。
家の心優しい父が、緘口令を敷いてはいるようです。
「そういうの言われるの嫌がるんだから」って。
僕は実にいい父を持ちました。
詳しい事情は話してないんですけどね、
どうも分かってるみたいだし。
でもそんな父の緘口令に逆らって言う人がいるんですよ、やっぱり。


そういう時は逃げるのが一番です。


祖母の家から一番近いのは
ホークスタウンのユナイテッドシネマなのですが、
暇だからってどうでも良い映画で暇つぶしする主義ではありません。
何かやってないかと思って、
キャナルシティのユナイテッドシネマも調べたら、
ホークスタウンとほとんど一緒のラインナップです。
そりゃ同じ会社だろうけど、これはちょっと問題じゃないの?!


しかも1月1日のシネコンって、
普段映画観ないようなマナーの悪い客が多くて困るんですよね。
暇で、安いの狙ってくる人がたくさんです。


シネテリエ天神で、
結局まだ観るチャンスに恵まれていない
ANGEL」を観るという手もありそうです。


正月は映画で決まりでしょう。
他にすることないし、どこも開いてないし(凹)

そろそろやりますか。

2007.12.27

category : MUSIC

2007年でも振り返ってみましょう。


2007年に良く聴いたアルバム5枚

ここで毎年必ず、Kentの「Vapen & Ammunition」が出るのですが、
もう余りにも毎年の事なので、
殿堂入りってことにしちゃいましょう、このアルバムは。
なので、それ以外で。

・Tillbaka Till Samtiden/Kent
・Taste Of The Sun/The Cigavettes
・Bottoms Of Barrels/Tilly & The Wall
・Brett Anderson/Brett Anderson
・Don't Make Me Wait/Locksley


2007年に初めて衝撃的出会いを果たしたバンド5つ

・Locksley
・Tilly & The Wall
・Iko(出会いって言うか、再会)
・The Cigavettes
・Beirut

2007年記憶に残ったライブ5つ

Art Of Fighting @下北沢ERA
・Tilly & The Wall @ Summer Sonic 2007
Brett Anderson @ Summer Sonic 2007(特に大阪)
・髭 @ Beat Station
・The Cigavettes @ Orange


2007年よく聴いた5曲

1つのバンドにつき1曲です。

・Free You/Art Of Fighting
・Rainbow In The Dark/Tilly & The Wall
・Taste Of The Sun/The Cigavettes
・Hologram/Iko
・Vy Från Ett Luftslott/Kent




音楽絡みはこんな感じです。
ほらー、やっぱりTilly & The WallとThe Cigavettesの独壇場(笑)
Kentにはちょっと譲ってもらいましたよ。
そうじゃなかったらKent以外何も出て来ないし(笑)

毎年思いますけど、
こうやって改めて見ると、何て偏った音楽の聴き方してるのかと、
我ながら情けないような、面白いような。

今年は前半はAOF、真ん中はブレットとTilly & The Wall、
後半はThe CigavettesとKentで大きく分けられそうです。


・・・Cigavettes、僕の中でKentと並列されてますよ(笑)
これは異常事態です(笑)
mixiミュージックでTOP50ソングで、
軒並みKentが顔を揃えてるところに、
Cigavettesの曲が結構あるんだから、我ながら驚きました。
うわー、そんなに聴いてたか!って。


2007年印象に残ったできごと5つ

・「失われた時を求めて」読破
Anarchy in the YOU GAY! Vol.2
・Summer Sonic2都市はしご
・13年乗った自転車が廃車に
シルヴィ ギエム「PUSH」

何年掛かっても1巻の半分までしか読めなかったけど、
この小説を読まない内は死なないと決めていた、
「失われた時を求めて」を1年がかりでとうとう読破。
10巻だもんねー。
本を読むのが早いことにはちょっと自信がありますが、
それでもこの本は本当に長くて難解で、でも面白かった!
もう感無量でした、人生を変えた1冊(10冊だけど)に加わってます。
その後「チボー家の人々」を読んでいますが、
もう一度「失われた時を求めて」が読みたいです。


2007年はアナゲイから全てが始まったと言っても過言ではありません。
来年の2月のアナゲイが楽しみで待ちきれませんよ。
今度はどんな楽しいことが起きるんでしょうねー。
またみんなで朝ごはん食べたいです(笑)
アナギャちゃんにも会えるだろうか。

サマソニはしごはもう・・・良いでしょ(笑)
来年どうするかね。
面子によりけりです。
でも大阪にも東京にも行きたいんだよなぁ。
サマソニじゃないときに行くかー。

火曜日のギエムちゃんの「PUSH」は
本当に衝撃的でした。
2007年最後にして最大級の事件でした。
つべで映像を探していますが、
よりによって「PUSH」が見つかりません(凹)



映画はどうしようかなー。
というのも、30日に「4分間のピアニスト」を、
仕事が早く終わったら観に行く予定なんですよ。

それ観た後にするか。
て言っても、「めがね」と「転々」以外に、
映画館で何か観たかどうか憶えてないという。


まぁ、とりあえず、2007年はこんな感じでした。
2008年も素敵な音楽と、素敵なライブと、
素敵な友達に会えますように!

シルヴィ ギエム オン ステージ 2007

2007.12.25

category : STAGE

本日、行って参りました。
シルヴィ ギエム オン ステージ 2007
演目は「白鳥の湖」「カルメン」「PUSH」
ギエム嬢は「白鳥の湖」と「PUSH」にだけ出演でした。


まず「白鳥の湖」
20分くらいしかない、短い物でしたが、
ギエム嬢演じるオデットが出てきた瞬間、拍手喝さい。
これぞクラシックバレエですが、
個人的にバレエの基礎知識も何もないので。。。

「カルメン」
これは東京バレエ団の皆さんのみでギエム嬢は出ていませんでした。
毎回そういうのがあるのですが、
僕はやはり「バレエ」が好きなのではなく、
ギエム嬢が好きなんだろうなと毎度再確認します。
ギエムちゃんが出てないと思うだけで眠くなるのです。
多分後ろの席とかで見てる人には、
寝てるのばれてるはずです(笑)


「PUSH」
最後はこれ。
「カルメン」でほとんど寝てて記憶にないという醜態ですが、
この「PUSH」で完全覚醒しました。
僕はこの「PUSH」を観る為に、
ギエムちゃんを好きになったのだと思います。
これはかなりコンテンポラリーアートな雰囲気漂う、
「バレエ」といわれてイメージする物とは懸け離れていました。
出演するのはギエムちゃんと、
振付家のラッセル マリファントの2人だけ。
足音もしないくらい静かな空間に流れる音楽も、
ピアノの和音で構成される静かな物。

広い舞台が密室に思えるようなコンパクトな照明の中に、
マリファントに肩車された、
真っ赤なボブのかつらを被ったギエム嬢が現れます。
そして2人は別れ、舞台は闇に戻る。
そして再び照明が点くと、またギエム嬢は
マリファントの肩の上にいる。
2人は時に鏡の中にいる自分の姿のように同化し、
あるときは殺陣を演じる緊張感を持って対峙します。
閉塞感で満ちたステージは観ている僕たちのいる「こちら側」とは
別の世界のようでした。
そんな別の世界でただ2人は宙に漂うような非現実の中で
静かに踊りという形で魂を交わし、
それは戦いなのかもしれません。
その静謐さ情熱が混在したダンスに涙が溢れました。

ギエムの「ボレロ」を観たときに驚愕したのですが、
彼女が彫刻のような無駄のない筋肉質な腕を振り翳し、
つま先が彼女の小さな頭よりも上に届くほど脚を蹴り上げると、
腕や脚の残像が残るのです。
それは敏捷さを持ちながら、
奇妙な時間のずれを感じさせるほどにゆったりと動くように感じます。
この「PUSH」ではギエムとマリファント、
2人の残像が絡み合い、重なり合い、
「こちら側」で僕が観ている物が一体何なのかと、
呆然とさせられるのです。

幕が下りた瞬間、拍手もできませんでした。
もうただ目を見開いて、
ギエムの姿のない、幕の下りたステージを見つめていることしか。


前の2つはそこまでなかったのですが、
「PUSH」は本当にすばらしかったです。
僕の中で「ボレロ」を超えました。
観に行って本当に良かったです。



これで2007年の全イベント終了です。
壮絶なエピローグで締めくくった、
そんな感じのギエムちゃんの踊りでした。

Christmas Eve

2007.12.24

category : MUSIC


巷は休日でクリスマスイブで、
大層盛り上がっていることでしょう。

俺は仕事だけどな、ちぇっ。


家に帰ったら、
淋しくクリスマスソングでも聴くかー。
クリスマスソングと言えばWham!だとか、
マライア キャリーとか、ジョン レノンとかですが、
僕はブライアン アダムスの「Christmas Time」が一番好きです。
何ででしょうねー。
すっごい無縁っぽいですけどね(笑)


他に好きなクリスマスソングは
Spiral Lifeの「Dream All Day」か。


他に浮かばないな。
Kentの曲にもクリスマスソングってあるんだろうか。
何しろスウェ語では分からない。


そんなクリスマスイブですが、
明日は福岡サンパレスでシルヴィ ギエム嬢の「白鳥の湖」を観て来ます。
ギエムちゃん、久々だなー。
とっても楽しみです。

つ、ついに!!!

2007.12.21

category : KENT


Kentの「Tillbaka Till Samtiden」からの2ndシングル、
「Columbus」も手に届きそうな気配です!
いやー、絶対年内間に合わないと思ったよ!
これも恐らくアルバムと同じアレンジで、
リミックスが数曲収録(あまり評判は宜しくない)、
そしてアルバム未収録曲の「tick tack」。

もうはっきり言って、
「tick tack」のために1,300円お支払いですよ。
Kentファンってそんなんばっかでしょ。
「Nålens öga」とか本当に1曲しか入ってなかったじゃないですか。
iTMSで1曲買う10倍の値段ですよ!
でも強く言えない、好きだから。

このCDと一緒に、
2007年発売になって、お勧めいただいたアルバムも
一緒に購入したのであります。
Travisの「Boy With No Name」と、
Fountains Of Waineの「Traffic & Weather」




・・・あー、Beirutの1stも欲しいなぁ、注文しとけば良かった。


とにかく、「Columbus」の「tick tack」が
「Du & Jag Doden」からのシングル、
「Palace & Main」に収録されていた「Alla Mot Alla」とか、
「Max 500」の「M」とか「Välgärningar & illdåd」とか、
「Ingenting」の「Min Värld」みたいな、
タイトル曲をはるかに凌ぐ名曲であることを祈ります。。。

観たい映画 DVD編

2007.12.20

category : FILMS

今、理由がありまして、
無性に「ベルベット ゴールドマイン」が観たいのです。
それで西新のゲオに行ってみたのですが、
VHSしかないそうです。
なにーーーーっ?!
お店の人がDVD化されてなくてないのか、
単にお店にないだけなのか分からないと仰るので、
帰宅して探してみたところ、

かつてはあったってことでしょうか・・・?


中古かぁ、店頭で買うならともかく、
ネットで中古品買うのはちょっと気が引けるなぁ。

ないと分かると余計観たいのが人間かどうかは知りませんが、
かおりぃって物ですよ。


ああああ、観たいなぁ、観たいなぁ。
誰か持ってないですかーーー?!

そういえば前は「さよなら、子供たち」のDVDが欲しくて、
散々探したけど、これも廃盤。
いい映画なんですよ、これ、すごく好き。
そんなのばっかり廃盤だろー。
何でだよおおお(涙)

検索ワード

2007.12.20

category : THE CIGAVETTES

このブログ、一応アクセス解析をつけておりまして、
面白いので検索ワードをしっかりチェックしています。

11月トータルでは天神LOFTがらみがダントツ1位だったのですが、
今月はスゴイことになっております。
10月もそうだったんですが、
Cigavettesが1位ですよ、Cigavettes。
こうやって書くと、また検索で引っ掛かる率が高くなりますが、
「Cigavettes」だとか「シガベッツ」だとか、
「cigavettes」だとか「The」がついたりつかなかったり、
全角英数字のVer.もありますが、
全部合わせたらCigavettesがダントツ1位。
注目されてるみたいですよー、これは!
まだ12月20日の時点でそんなことなので、
今後また増えるだろうし。


でもそんなに検索で来てもらっても、
何だか申し訳ないような気がするんですよ。
自分でも検索してみたら結構このブログにヒットするし、
Cigavettesの気合の入ったファンが書いたブログかも!と
期待していらっしゃったお客様には誠に申し訳ない。
いや、もう本当に大好きなんですよ、Cigavettes。
今年聴いたアルバムに関して言えば、

あのブレット アンダーソン
軽ーく越えましたからね。

↑自分で結構ショックを受けているのですが。。。


なのにライブレポとかもまともに書いてないし(苦手なの)、
音楽ネタって言えばKent8割とかでしょ。
この場を借りて、深くお詫びさせていただきますです。


そろそろ2007年ランキングなんていう、
ありきたり過ぎて笑いも出ないようなことするつもりですが、
音楽がらみであちこちに登場しそうですしねー。


1月にライブ決まったというお話ですが、
木曜日なのね・・・行けないかも(凹)


てなことで、
来年もCigavettesの動向が楽しみなのです。

燃え尽きた。

2007.12.16

category : FOOTBALL

インザーギのゴールでミランが勝つと、
他の誰が点を取って勝つより僕のテンションが上がるのは
相変わらずなようです。


世界一掛かってました。
前回のリベンジでした。


でも何より!
前回のTOYOTA CUPでは途中出場、
幻のゴール(どっから観てもオフサイド)もあった。
そんなピッポが決勝でスタメン。
1TOPだったのはやや心配ではあったけど、
もうそれだけで沸点越えて泣き出す僕です。
ピッポがドッピエッタでミランが勝ったことが
実は何より嬉しいんだ!


蓋を開けてみたら、
ピッポ、サンドロ、カカ坊、ピッポで4点。
またサンドロが点取ったってのもやたら嬉しいんだけども、
この大舞台でドッピエッタやっちゃったんですよ、
我らがピッポ!

しかも3点目のカカ坊の得点、
あれ相手GKがすごく困ったと思うんですよね。
なぜならあのシュート、弾けないこともなかったけど、
変な方向に飛んだら、こぼれ球狙ってすぐそこまで来てる
インザーギの姿、これはああああ?!と思ってたら、
ゴール隅にボールがぼてぼてと入ったように、
僕にはそんな風に見えた!


今日はピルロが苦手なDFを頑張ってました。
サンドロのDFも冴えてた、ポジショニングが一々最高!
がっつあんもレッズ戦のときより切れてた。
パオロさまスタメン出場で気合の左SB。
アンブロも安定感抜群。
カカ坊はキレキレでファウルでしか止められないし、
セーは王者の風格、攻めに守りになんでもやる!
レッズ戦に比べてどんどん前線にボールが行って、
ピッポとカカ坊が惜しみなく動くでしょ。
そりゃあ4点くらい取れるっつー話です。
攻撃モードにしっかりスイッチ入ったミラン観たの久々。
痛快です。
ボカの1点目のいかにも気が抜けたDFの甘さには引いたけど、
勝ったから良いよ!


そして後半も終了に近づいて投入されたカフー。
後半終了間際、10人対10人になって
得点はやーな感じの4-2。
こんなときに交代で投入されるカフーの役割ってのは
DF固めではなく、
突き放しに掛かろうってことで、攻撃人員の増員です。
みんなに疲れが出て来てだれかかって来たときに、
カフーの鬼のような右サイドの上がり。
実際にプレーしてるミランの選手にしてみたら、
もう無理だろって思うくらいの気合ですね。
試合終了間際のカフー投入、あれはきっとネタ(爆)。


ピッポが大活躍したおかげで
何か色んな回路が脳内で切れたらしく、
気がついたらポケットティッシュ1袋使い切るほど泣いてました。
明日はきっと目が腫れてます。


疲れた、声出ません。
涙も枯れたし、
しばらく抜け殻だと思います。


遅れましたが、


ミラン、世界一おめでとう!

それとレッズも3位おめでとう!
断酒、解禁。


あ、あと試合終了後にミラン世界一の号外が出たそうです。
僕がTOYOTA CUPに行ったときも号外は出たんですよ。
「どーせボカ世界一だろ、けっ」
なんて思いながら一応もらって、
ホテルでびりびり破って憂さ晴らしでもするかと思ったら、



「フセイン、逮捕」



の号外だったことも
一生忘れられませんよ。
「興味ねーよ!!!」
ってひっくり返ったよ、あの時は。

そして今日は・・・

2007.12.16

category : FOOTBALL


我が愛するロッソネリ、ミランの世界一が掛かった大一番!
そして屈辱の敗北を喫したボカへのリベンジの時!

CWC決勝戦だ!

って言うか、何で僕はこんな大事なときに
福岡なんて遠く離れた地にいるのか、意味が分からない!
アルコールを断ったのもこのためです!


勝て、ミラン、勝て。

The Cigavettes @ Orange

2007.12.16

category : THE CIGAVETTES

2007年を締め括るに相応しいライブでありました。
ただ僕は妙な音楽の聴き方をしているので、
カバー曲は本当に知らないの(笑)
Orangeでよく流れるのしか分からないー。
でもCigavettesのオリジナル曲が好きだから良いのだ。

今まで見たことないくらいZoomに人が溢れてたし、
すごくアットホームな雰囲気だけど、
音楽はロック、さすがのロック、あれこそ僕の好きな音楽!

来年の1月に早速ライブが決まっているとのことで、
非常に楽しみにしています。
絶対行くだろ、当然だろ。



・・・ごめんなさい。
ライブレポって実はものすごい苦手。
しかも昨日はあるげん担ぎのため、
アルコールは一切摂取していなかったにもかかわらず、
ほぼ放心状態でライブ観てたので、
どう文章に表していいか分からない。
全く、物書きの風上にもおけねーヤツだ。

なぜそんな放心状態だったのかってのは、
ちょっとまた複雑(でもない)な事情があるのでまた別の所で(笑)
気が向いたら。


でもさ、
アルコール一切口にしてないのに、
ライブ中は放心状態だわ、自転車の鍵は失くすわ、
傘はZoomに忘れてくるわってさ、どういうことですか。
いつもと違うことすんなって言われてるんでしょうか。
誰が言ってるのか分からないけど。
泥酔してても物失くしたまま帰るなんてこと、
3年に1度もないっつーの。



蛇足。
昨日ライブ前に映画を観ていたのですが、
映画の開始時間まで時間があったので、
HMVで時間を潰していたのです。
すると試聴機にBeirutというアーティストのCDがありました。
以前Kentファンの大先輩のブログに、
Beirutの1stがとても良かったと書かれていたので、
興味は持っていました。
最近2ndが発売になり、それが試聴機に。


これ、やばいです。


1曲目の冒頭聴いただけで即買い。
僕の大好きな白黒というか、セピア色で、
サイレントのヨーロッパ映画(特に東欧ロシア)で流れそうな音楽です。
ギターとかドラムではなく、
民族音楽みたいな色んな音がして楽しい、
それでいて哀愁が漂う、
もうツボ過ぎてやばい。


ザック コンドンという21歳のアメリカ人(とは思えない!)の
1人バンドらしいのですが、
このザックくんの声が、
僕の愛するスウェーデンのイェンス レックマンみたいな、
低くてセクシーな、雰囲気のある声なのです。


2007年の衝撃的アルバム、
Kentの「Tillbaka Till Samtiden」で最後かと思いましたが、
これも相当衝撃です。
ワールドミュージック好きな人、
聴くべし。

27th June 2007

2007.12.14

category : THE BEATLES




ポールのソロ、「Tug Of War」に収録されている、
亡くなったばかりのジョンのためにポールが書いた曲、
「Here Today」を2007年6月27日(僕の誕生日じゃないか)の
シークレットライブで歌ったそうです。


ビートルズファンには堪らない動画です。
黙って観て。

TOYOTA CUP 浦和レッズVSミラン

2007.12.13

category : FOOTBALL

試合終了、めでたくミランの決勝進出。


しかしスタメン見てしっかり脱力したのは言うまでもありません。
ジラルディーノの1TOP。
ファンタジーなさ過ぎるクリスマスツリーです。
もうこの顔ぶれだけで試合の流れが予測可能。


DFは硬くて安定感抜群。
中盤のボール回しだけは超一流。
でもボールがゴール前に入らない、入っても止め刺せない。
カカ坊、セー、ピルロの攻撃的MF3人揃ってても
正に宝の持ち腐れ。
得点の匂いがするのは辛うじてアンブロのヘッドか?!という、
ミラン的には一番面白くない展開。
アンブロのヘッドが決まったときは「九死に一生を得る」パターンです。
できれば避けたい、本当に避けたい。


そんなこんなで淀みなくテレビに向かって悪態をついていた為、
ハーフタイムですでにヘトヘトでした。
カラオケで2時間歌いとおした時くらい腹筋痛いし。
サッカーを90分観るのって、
かなりの体力要ります、やってる方も相当だろうけど。


で、後半。
やーっとテンション上がる展開に。
ジラと交代で我らがピッポ登場!
ピッポは出て来ただけでテンション上がる!
そして交代後、スコアが動いたー!
ピルロのパスを左サイドでカカ坊が受けて、
ゴール前にクロス。
ピッポがシュートいくか!!!!と思ったら、
その後ろにいたセーがシュート!


こう言ってしまったらあんまりだろうけども、
中途半端なFWがいたりすると、
逆にシュートの妨げになったりするじゃないの。
それくらいならあっちこっち動き回って、
自らボールもらいにいって、さばいて、
1.5列目や2列目にシュート任せるような柔軟さくらいあれば良いけど、
それもなかったらFWなんて意味ないじゃん。
その点、ピッポは自分が打ちたいけど、
ピッポの動きにDFが気を取られて、
2列目からシュートなんてことが大いにありえるからね!


それまでセーが何度もシュート打っては
サイドネットだったりして、
得点の匂いはし始めてたけどお見事なシュートでした!


その得点後のセーの動きの冴え方と言ったらね!
あの体力はどこから来るんだろうか!


あと、オッドが駄目だったね。
いるの?ってくらい。
あの人、もっとサイドで生きてたと思ったんだけどね。


そして後半も残り少なくなったところで、
スタメンに名前がなくてかなりテンション下がっていましたが、
我らがキャプテン、マルディーニ登場!
うわーーーー!!
レッズの最後の怒涛の攻めを耐えるためのDF固めとか
日テレのアナウンサーが言ってたけど、そうではない。
分かってねーな、日テレ。
何年TOYOTA CUPの生中継やってんだよ。

ミランの試合だよ、しかも世界一を決めるトーナメントだよ。
準決勝とはいえ、ミランの真のカピタンである
パオロ マルディーニを一瞬たりともピッチに立たせないなんて、
そーんなとんでもないことあってはならんのだよ!
僕はミラン原理主義っていうか、
パオロ マルディーニ原理主義ですから!
長い髪を振り乱し、
あの長い腕で選手にあれこれ指示する、
背番号3番の姿がないミランなんて、
赤黒のユニフォーム(白のこともあるけど)纏っていても
断じてミランではないのだあああっ!!!



ピッポ投入、得点、パオロさま投入の流れで、
さらに興奮。
勝って嬉しいって言うより、ただ脱力。
声出ねーよ、すでに。


日曜日には決勝戦です。
相手はボカ!
僕が横浜まで観に行って、
PKまで持ち込まれて屈辱の敗北を喫した相手です!!
今こそリベンジの時だ!


でもチラッとカメラに映ったボカの選手たち、
男前多かったね(爆)


いやいや、そんなことを言っている場合ではない!
僕の命と引き換えにでも勝ってくれ、ミラン!

ミーラン、ミーラン、ソーローコンテー

2007.12.13

category : FOOTBALL



ミラニスタ歴約10年。
しかし仕事で中々起きられず、
応援も怠けている腐れミラニスタと化して1年くらいになるんでしょうか。
ヨーロッパと日本の時差を恨めしく思いつつ、
それでも心の中では常にミラニスタなのですよ。


そのミランの試合を、
久々に観られます、時差ねーぞ!
TOYOTA CUPだあああっ!
相手は浦和レッズ。
いやいや、相手はどこでもいい!
ミランの試合が観られれば相手はどこでもいい!


もう朝からテンション高すぎです。
ただでさえ少ない血管が切れまくって大変な事になってます。
サッカーで騒ぐの本当に久々ですよー。
ミラニスタとしてこんな怠けたことをしていてはいけないことは
重々承知の上なのだけども。。。



ピッポ、頑張れよー。
カカちゃん、お前はいつでも俺の弟さー。
パオロさまああああ(涙)



頼むから、どーーーーかお願いだから、
前回のTOYOTA CUP来日時みたいなことにだけは・・・






あの時は横浜まで観に行ったにも関わらず
「あれ」でしたから、その凹み具合と言ったら、
筆舌に尽くしがたかったのですよ、本当に。
あの時はトマソンがいたよなぁ。

しかし今夜の試合はJリーグのチーム相手ですから、
ミランは完全にアウェイだと思ってよさそう・・・かな?
日本にはミラニスタ多いけども。


とにかく、
サッカーで天井知らずにテンションがあがってるかおりぃを観るのは、
皆様非常に久しぶりでいらっしゃることでしょう。
初めての人も多いかもですね。


ユヴェンティーノはレッズを応援するんですか?(笑)
負けない、ミラニスタは負けないよ。


ボクはダブリン、音のカオス

2007.12.11

category : LIVE!


寄生虫
ハリキリ坊や
ブラッディ・マリー
黒にそめろ


セットリスト、ここまでしか憶えてないや。


車ではなく、電波に乗ってやって来た、
僕たちがよく知ってるバンドは
いくつもビッグウェーブ起こしては、
まだ最高じゃない、
みんなの最高はまだそんなものじゃないはずだよって。
客席を指差して煽る須藤さんの目は、
Chaos in Appleのジャケットのナイフのようでした。


「溺れる猿」やばかった。
病み上がりで、連日の睡眠不足とかそんなのが重なってるところへ、


禁断症状!


とかやられるとね、
元々いつ崩壊してもおかしくないような自律神経が完全にいかれて、
逆に正常に働き出すのよ。


須藤さんが
「福岡、野外やろうぜ!」だって。
オールナイトで踊り明かそうって。
「白薔薇」のイントロがオールナイトでエンドレスで流れても、
多分ずっと踊り続けてられると思うよ。


「分かって来ただろ、須藤はまぬけだって」


真顔で言う須藤さんの真意を計りかねる。
さぁ僕たちは、どんな反応をするべきなのか。


「そんな須藤に付き合ってるみんなも相当なものだよ」


須藤さんのお墨付きのまぬけだなんて、
光栄すぎてもっとまぬけになりそうだね。


全然レポートになってなくてごめんね。
楽しみにしてくれてた人(笑)
とりあえず行けば分かるよ。


やっぱり髭ちゃんサイコーだって。

音楽その他いろいろ。

2007.12.09

category : MUSIC


まずは音楽ネタ。
カテゴリは音楽で良いかー。

ここ数日Kentのことしか頭にありませんが、
昨日Mando Diaoの「Never Seen The Light Of Day」を
中古で買いました。
でもほぼ新品です。
そりゃそうですよね、出たばっかりだし。

感想。
良いです。
多分、今までのアルバムで一番好き。
まぁ2ndと3rdは聴いてないんですけどね(笑)
スウェーデンの民族音楽っぽくて、
たくさんの楽器を使っていて、
聴いていて心から楽しいと思いました。
民俗音楽って、意外とパンクっぽくもなるし、
ガレージロックっぽくもなるんですね。

最近マイミクシィになったスウェーデン人が、
冬のスウェーデンの話をしてくれました。
毎日5時間しか太陽が見えない上に、
いつもどんより曇り空だから、気が滅入って仕方ないって。
「Never Seen The Light Of Day」って曲の歌詞が
そういうスウェーデンの自然現象を歌っている訳ではないけど、
このタイトルから連想するのは、
暗くて長いスウェーデンの冬でした。
憧れてるけど、そんなところで住めるかな(苦笑)
ただでさえ季節性気分障害なのに。

それはともかく、Mando Diaoの新作はオススメです。
KentにSvenska Popkupenで負けたけど、
日本ではKentより遥かに入手しやすいですからね!
て言うか、CDショップに当たり前に売ってるし
Kentと違って(笑)


で、話は変わって。
昨日は店屋町の大衆酒場ごえんで
独り熱燗しようかと思ったんですが、この忘年会シーズン、
電話したのが遅くてカウンターが空いてないと振られました。
独りで行ってテーブルに座る度胸は、
流石に独り慣れしているとはいえありませんので断念。
でも何となく直帰する気分じゃなかったのでとりあえず天神へ。

久々にゆっくり今泉のバー、beroへ行きました。
そこで期間限定メニュー、
博多焼きラーメンを注文。

Image007.jpg


この写真はさも僕が撮影したかのようですが、
beroの店長、サダさんに頂いた物です。
なぜなら、撮影する前に食べ始めてしまったからです。
ありがとう、サダさん。

この焼きラーメンがとんこつ味なのですが実に濃厚で美味かった!
ビールに合うよー。
これが売れに売れてて、
僕がお店にいる間に3人くらいのお客さんが注文されてました。
おされバーなのに、なぜか屋台の匂い(笑)
そういう混沌としたところが好き、bero。

beroを出て移動の合間に
福岡でも有数の綺麗なクリスマスイルミネーションスポット、
福岡銀行本店前で撮影。

200712082240000.jpg


そしてこの前「転々」を観に行ったときに
久々に行こうかと思って行き損なった警固のアカチチへ。
1年くらい行ってないんじゃないかなぁ。
でもお店の皆さん、相変わらずでした。
あのお店の姉妹店、SaiSaiに行き始めたのが
確か21くらいの時で、その後アカチチができて、
もう自分は28ですよ、年取ったなぁとシミジミ思いました。
アカチチ名物海ぶどう。

200712090234000.jpg


紅いもコロッケ、撮るの忘れた(笑)

福岡の美味い物をいろいろ食べました。
多分、3日分くらいの食べ物を一晩で頂きました。
皆さん、ご馳走様でした!

Svenska Popcupen結果!

2007.12.07

category : KENT

先日も書きましたが
スヴェンスカ ポップコーンではなく、

Svenska Popcupen

結果が出ました。
このブログに記事を書いたときは、
Lars Winnerbäckに僅かに遅れを取っていたのです。
その後、経過を見守っていた所、
本日勝者決定!

結果は・・・




・・・





・・・






・・・






・・・







Kent優勝!!!



トーナメント表、見てみる?


アルバムは売れてるし、
シングルも新しいの出たし、
ただいま絶好調のKentですから、
負けるわけない!
と信じておりましたよ!
しかし改めて結果見ると本当に嬉しいね!



明日は祝杯確定。
この結果見るまでPCの前でウトウト眠りかけてたのに、
あぁそうだ、スヴェンスカ ポップコーンではなく、
Svenska Popcupenの経過だけ見て寝ようと思ったら、
結果出てるの見て、一瞬で目が覚めちゃったよ。
でも、安心してまた眠くなった(笑)


今日はKentネタで良いことが多いです。
というかここ数日、
Kentネタ以外で良いことない(苦笑)
飲みにも行けてなかったし。
今日はKentのライブに行った夢でも見られると良いけどな!

ANGEL

2007.12.06

category : FILMS


ANGEL

この映画が気になっています。
フランソワ オゾン監督作品です。

ただ、この映画を上映する劇場が、
相性の悪いところなんですよねぇ。

にもかかわらず、やってる映画は非常にいい。

サルバドールの朝

ダニエル ブリュール大好きなんですよねぇ。

気分が向いたら、行こうかな。

到着!

2007.12.05

category : KENT


200712052009000.jpg



200712052008000.jpg



来ましたよー、「TTS」のLP盤!
早速聴こうと思ったら、レコードプレーヤー故障中だそうです。
がーん。


風邪を引きました。
体調悪いので、このジャケット見ながら熱に魘されてようと思います。
髭ちゃんまでに何とかしなくてはっっっ。

ただいまのかおりぃは
皆さまからの優しいメッセージと、Kentと、
来る髭ちゃんとCigavettesのライブへの期待とか不安とかで
何とか生きながらえております。

カテゴリ追加

2007.12.04

category : KENT

このブログに検索で辿り着く方がいらっしゃると思います。
単発的に増える物(イベントやニューオープンのお店)以外は、
やはりと言うか何と言うか、音楽絡みが圧倒的に多い。
最近目立つのは「髭ちゃん」と「Cigavettes」なのですが、
安定して多いのはKent関連。
「Kent Sweden」とか、アルバムタイトルとか。
「Kent」だけだとタバコとか出て来そうですから、
割と細かく調べてらっしゃるようですね。


で、それならいっそ、と言うことで、
新たに「Kent」のカテゴリを作ってしまいました。


「Kent」関連の検索でいらっしゃった皆さま、
ある程度Kentネタはまとめてありますので、
真剣に読むほどの物でもありませんが、
「Kent」ネタはカテゴリからどうぞ。


しかし「MUSIC」カテからKentネタ抜いちゃったら、
ものすっごい薄っぺらなことになりそうですねぇ。
検索ワード「髭ちゃん」とか「Cigavettes」で辿り着いた皆さまには、
深くお詫び申し上げなければ。

Svenska Popcupen

2007.12.04

category : KENT

Svenska Popcupen


スヴェンスカ ポップコーン?
どんなポップコーンだよ?
それ、美味いの?


と思ったら、スウェーデンのポップス「カップ」ってことでした。
ワールドカップとかの「Cup」の単数形(多分)ね。
見間違いも良いところです。


で、このSvenska Popcupenなのですが、
Kentのオフィシャルサイトで話題になってて、
スウェーデンのポップ(と言ってもかなり幅広い)バンドの中で、
一番人気者を決めるみたいなことのようです。
スウェーデンのラジオ局の企画みたいですね。
いや、スウェ語なんでちゃんと分からないけど、
多分そんなことですよ。


で、我らがKentはファイナルまで進んで、
決勝戦の相手はLars Winnerbäckって人らしいです。
名前は知ってるなぁ。


Kentに投票したら、現在の状況が見られるのですが、
今のところ微妙な差でKent負けてます。
いかん、これはいかん!
ここを観ているKentファンのあなた!
ぜひ投票を!


選挙でもこんなこと言わんのだけどね(笑)


対戦表も見られるのですが、
Kentの対戦相手はそうそうたる顔ぶれですよ!
初戦のThe Arkって人は知らないけど、

2回戦 Sahara Hotnights
3回戦 Mando Diao

日本ではどう考えたって、Sahara Hotnightsと
Mando Diaoの知名度が上ですよ!
て言うか、絶対比較になんないし!
Mando Diaoですよ、Mando Diao!
それを抑えて決勝に勝ち上がってきました、我らがKent!


何としても優勝してほしいね!
「Tillbaka Till Samtiden」で勢いづいてるだろうし。

怒涛の更新

2007.12.02

category : KENT

もうよかろって(笑)
でももう1つだけ。
Kentネタなんですけどね。


昨日「Tillbaka Till Samtiden」のLPが入荷したので、
もうすぐ手元に届くと思いますが、
今日HMVの商品リストにようやく「TTS」からの2ndシングル、
Columbus」が載りました。
「Ingenting」同様、リミックスが多いようですが、
1曲だけ「TTS」未収録曲があります、要る、その曲が要る。
つーことでご注文。
本国では12月5日発売みたいですが、
HMVオンラインでは12月10日ですね。
まぁさらに1か月遅れだから5日や6日違ったって同じことだけど。


「Ingenting」よりも「Columbus」の方が曲が好きです。
でもこんな暗めの曲をシングルカットして良いのかな(笑)


送料の関係で、
今までOrangeの時にしか聴いたことがなかった、
Fountains Of WaineのCDもお買い上げです。
まぁどっちにしても、
「Columbus」が入って来ないと聴けないんだけども。。。


あとは、「TTS」のブックレット付限定版が手に入れば完璧だ。

anarchy in the YOU GAY! Vol.3開催決定!

2007.12.02

category : EVENT PARTY


あー、9割書けたのに、
リンク張りそこなって全部消去してしまった(涙)


気を取り直して!


はい、やって来ましたよ。
ロックイベント for セクシャルマイノリティ@大阪!
半年に一度開催のanarchy in the YOU GAY!
略してアナゲイ!


イベント詳細、コピペで大変失礼<関係者の皆様。





anarchy in the YOU GAY! vol.3
2008.2.16 (sat) / at twice cafe (osaka)

ROCK好きのゲイによるROCK好きのゲイのためのROCKイベント
"anarchy in the YOU GAY!"。
3回目は2008/2/16土曜日の開催です。
会場は前回と同じ、大阪アメリカ村の「twice cafe」。
立ち上げから1周年を迎える今回は、
特集を盛り込んでお送りしていきます。

さぁ、2月はすぐにやってくる!
体調を整えて、万全の態勢で遊びにきてください!
大声で歌ったり踊ったりして、一緒に楽しもう!




詳細や前回のイベント詳細は
オフィシャルサイトを見てくれ!


普通の土曜日だよー。
と言うことで、18:30までめいっぱい働いて、
その足で博多駅へ向かい、大阪へ行って、
一晩踊り狂った後、日曜日の朝帰宅という、
サマソニはしご以来の超無謀スケジュールを敢行!
大阪だったら2時間で着くからね。
開場も分かってるし、余裕で間に合うよ!
またこういう時ってのは運動神経なんか皆無でも、
結構走れるもんなのよ!


アホだねー、懲りないねー、
つける薬も、飲む薬もないねー。


あー、もう、何でも良いから早く2月になれ!!


ロックとアルコールに塗れて踊り狂うのも最高だけど、
全国(主に関西)のセクマイロックファン仲間に会えるのが、
この上なく楽しみです。
皆、サマソニ以来だもんね!
人によっては前回のアナゲイ以来だし!
福岡からも僕以外にも参戦する方がいます。


そして前回と同じく会場はアメリカ村のtwice cafe
ここの店長さんには、サマソニ@大阪で大変お世話になりました
会えるのが本当に楽しみです!
そしてサマソニに来ていたのは知っていたけど会えなかった、
前回のアナゲイで最もアナーキーだった彼女、
通称アナギャちゃんにも会えると良いな!


リクエストも募集されていて、ぜひかけて欲しい曲があるんだけど、
Kentじゃ踊れねーだろ!(僕以外/笑)
じゃあさ、じゃあさ、The Cigavettesどう?!!<DJ陣の皆様。
爆音でかかると最高よ!
あとでリクエストしてみよう!


・・・って、ここで書いてる時点で既にさ(笑)


因みに前回のアナゲイ参戦日記は以下を参照。
観光編
イベント本編


今回は、皆滞りなく大阪に集まれると良いなぁ。
ていうか、意外とこういうときに限って、
福岡が雪とかってのもありえるんだな(笑)


本当になると困るから言わんとこ。。。
それより普段の行い見直そう。


2月まで派手に宣伝しますよー♪
anarchy in the YOU GAY! Vol.3!だよ!

Tillbaka Till Samtidenニュース②

2007.12.02

category : KENT

昨日帰宅したら、HMVからメール。

Tillbaka Till SamtidenのLP盤が近々届く模様です!!!
いえい。

この頃思いますよ。

「これから先の人生、
たった1人(バンド)の音楽しか聴いたらダメだったら、
さぁ誰を選ぶ?」

と訊かれたら、
もうKent以外にないだろうなと。

Mando Diaoの新譜とか、アニー レノックスの新譜とか、
Travisの新譜(でもないか)とか、The Viewとか、
Klaxonsとか、Hard-Fiとか、
聴いてみたいの山ほどなんだけども、
全部Kentで追いやられてます。

iPodに入れてると、
「Tillbaka Till Samtiden」の後に
「Vapen & Ammunition」が順番で並ぶのですが、
「TTS」の最後の曲、「Ensammast i Sverige」から、
「トラ」の1発目「Sandance Kid」への流れが最高なんです。
iTunesやiPodの機能を狙って作っただろ?!って言いたい(笑)

早く「TTS」のLPジャケット見たいなー。
幸せ♪

転々

2007.12.02

category : FILMS

昨日、「転々」を観て参りました。

以下ネタばれしますのでご注意を。


続きはこちら >>
PROFILE

KAORIE

Author:KAORIE
NAME:かおりぃ
GENDER:真ん中より右寄り
AGE:70年代最後の年生まれ
LIVING IN:9州のF県
MIXI
TWITTER:cuore_ok
MAIL:
kan.du.beskydda.mig★gmail.com

PROFILE

CALENDER
11 | 2007/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
MONTHLY ARCHIVES
CATEGORIES
LINKS(in alphabetical order)
WIDGET








Kaorieさんの読書メーター
ACCESS
FRIENDS REQUEST
MY FRIENDS

■ ブログ名:小人閑居

■ ブログ名:Finally

■ ブログ名:zoetrope【reverse】
FC2 BLOG RANKING
SEARCH

Copyright ©Stoned Brain Returns. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。