Stoned Brain Returns

遊びの日常。日記<週記

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラッキーナンバー:747

2007.09.30

category : MUSIC

HMVでCigavettesのCDを探しながらウロウロしていたら、
洋楽のコーナーに「747's」というバンドの
「ZAMPANO」というアルバムを発見しました。
Kentのファンがこのバンド名を見て、
素通りするわけには行きません。
新幹線の中から見える化粧品の看板を、
747Cosmeticsだと思っていたら、
727だったのにガッカリしたくらいですから!

今日一番、一気にテンション上がった瞬間でした。
このバンド、絶対スウェーデンだよ!
そしてKentのファンで、このバンド名付けたんだよ!
まぁ、帯の解説見たら、スウェーデンではなさそうでしたけど。
だからたぶん、Kentのファンでもないだろうけど。
そういうことにしときましょう。

気になったけど買いはせずに、
とりあえず家に帰ってmyspaceで探して試聴してからにしようと
今探してみたんですよ。


747's

どうも多国籍なメンバーで構成されているようですね。
メンバー2人しか名前ないけど、
4人じゃないの???

国籍分かる2人は、アイルランドとイタリア。
まあー、それだけ聞いてもツボにはまったわ!

曲。
こういう不思議ちゃんポップに弱いんだなぁ。
これはしっかりアルバム聴いてみたいですね。
購入リストTOPにしときます。

こんな素敵な名前のバンドが、
詰まんない音楽演るわけない!


どうも、Arctic Monkeysのサポートで
来日してたみたいですね。
Arctic Monkeysに興味ないから
チェックもしてませんでした、不覚。
スポンサーサイト

エディット・ピアフ~愛の讃歌~

2007.09.30

category : FILMS

なぜか今日が土曜日だと思い込んで、
「しまった、寝過ごした!」と飛び起きたら、
別に寝坊したわけでもない、
仕事に普通に行く時間でした。
二度寝なんていう器用な真似はできないので、
勢いでエディット ピアフを観て来ました。


エディット ピアフの歌が好きとはいえ、
彼女の人生についてはほとんど知識がなく、
ただ壮絶な人生を歩んだ人らしい、
そのくらいのことしか知りませんでした。


この映画を観たから、
エディット ピアフの音楽の聴き方が変わるとか、
そんなことはないのですが、
ますますエディットを好きになりました。
晩年に薬とアルコールとでボロボロになりながらも、
エディットが歌ったこの歌。


「Non, je ne regrette rien」

いいえ、私は何一つ後悔なんかしていない。
私がした良いことも、悪いことも、
私にとってはどうでもいい。





続きはこちら >>

Summer Sonic 2007@MUSIC ON TV

2007.09.29

category : MUSIC

とりあえず、ブレットのとこまでは観ました。

はぁ。
いや、あの時間帯だから覚悟はしてたけども。

Tilly And The Wallはたった1曲だけでも
フルコーラスなかったし。
あれだけ盛り上がってたポリフォですら1曲だし。

それにしたって、
ブレット辺りからちょっと曲数増えるかななんて、
僅かな期待も胸に抱いたけど、

やっぱり1曲だけでした。




・・・Everything Will Flowが良かった


がっくり来たので観るの止めました。

皆様、ご覧にになりましたでしょうか?

有閑倶楽部

2007.09.29

category : DRAMA

10月16日火曜日から日テレ系列のチャンネルで、
有閑倶楽部」が始まります。

小学校3年生くらいの時には「りぼん」という
少女漫画雑誌を1年くらい読んでいた時期があって、
ちょうどその時期に連載していました。
他の漫画に比べて、
ちょっと大人が読む漫画っぽいイメージがあった、
一条ゆかりさんの漫画、今では大好きなのです。
「有閑倶楽部」は特に濃すぎる面々に惚れてます。

松竹梅 魅録を
KAT-TUNの赤西仁が演じると言う事で、
「魅録が赤西くん? 違うだろ~」と、
興味はあっても観ないだろうと思っていたのですが。

あ、決してKAT-TUN嫌いなんじゃありませんよ。
むしろ好きですから。

今日他のキャストを知り、気が変わりました。

菊正宗 清四郎・・・横山裕
美童 グランマニエ・・・田口淳之介
白鹿 野梨子・・・香椎由宇

です。
このキャストと赤西くんを並べたら、
妙に赤西くんの魅録が合ってるような気がしました。
根拠が分からんけど(笑)

しかも美童が田口くんー?!(←ものすごい好きらしい/笑)
観る観る、絶対観る!

5年ぶりくらいに真面目に観る連ドラになりそうです。

時には映画も観に行こう

2007.09.28

category : FILMS

エディット・ピアフ~愛の讃歌~

これが観たくて堪らないと言うことで、
本当なら水曜日がレディースディなので、
1000円で行きたいところなんですが
(このくらいしかレディーである利点がない)、
平日で時間がどうしても合わないので、
前売り券を買いました。

久しぶりに、心から「観たい!」と思う映画です、エディット・ピアフ。
この映画にエマニュエル セニエが出てるんですね。
すごく久しぶりに名前を聞いたような気がします。
まぁ、僕が映画離れしているからかも知れませんけど。

友達に「めがね」に誘われているのですが、
どうもいまいち気乗りがしません。
小林聡美、もたいまさこ、市川実日子の3人は魅力的ですが・・・。

Wikipedia

2007.09.27

category : MUSIC

Wikipedia

小さな頃から、
辞書と百科事典が大好きな僕です。
世間が活字からネットへと情報媒体が移行しても、
やっぱりWikipediaのようなサイトは面白い。
Wikipediaで迷子になって、
やっと抜け出したと思ったら既に日にちも変わってるなんて、
良くあることです。
都市伝説とか、怖い怖い言いながら、
夜中に1人でカチカチ(マウスの音)やってる訳ですよ。

そんなWikipediaですが、
日本のにはなかった物を英語で見つけました。

これ

完璧です。
Wikipedia、神です。
スウェーデン語じゃないところがまた助かる。


ヨアの年齢なんて初めて知ったよ。


字細かいし、長いし、読むの大変だけど、
Kentの詳細なバイオグラフィーが分かる、数少ない
非常に貴重なページです。
贅沢は言うまいよ。

それにしても、
1stアルバムとB-Siderは仕方ないとして、
それ以外は全部本国のチャートで1位取ってるのに、
スカンジナヴィア半島を1歩出ると、
知名度がガクッと落ちる所が、
僕の心をガシッとつかんで離さない。

これ以上、
英語盤なんか出さなくても良いんですけど、
来日してくれませんかねぇ。
ほら、だって「Verkligen」は日本盤出したし(見たことない)、
アメリカとかより日本の方が熱狂的ファン多いと思うし。
東京でも大阪でも名古屋でも、
どこへでも行こうじゃないの。

ライブで全く意味の分からないスウェ語で
全曲演奏したって全然構いません。
いやむしろ、それでお願い。
ライブのラストで大合唱になる
「Mannen i den vita hatten (16 år senare)」も
普通に歌えますから。
「747」でも何でも来いってんだ。

ニューアルバム「Tillbaka Till Samtiden」発売まで、
あと19日です。

時間差攻撃

2007.09.26

category : MUSIC

えええっ、そうだったのーーー?!!!


と、
僕が今更ながら奇声を上げた理由に、
何か心当たりがあるあなた、
その場で静かに笑いましょう。



<上記の件に関するヒント>



Jimiが欲しかったけど、
行ったところになかった。
普段なら、
Jimiを買うまで思い当たるあらゆる場所を
探してあるくことも厭わないが、
Chaos Kong-Tongを目にして、
良いか、これでと手に取り、お会計。


ばればれか、こりゃ。



どうなんでしょう、7分の1の確立って、
よくあるレベルの偶然か。
あるいは、話の種にはなる程度の偶然か。




今後購入予定のCD一覧。

・Tillbaka Till Samtiden/Kent
・Ingenting/Kent
・Chaos in Apple/髭ちゃん
・A SHOCK TO THE SYSTEM/The Invention
・taste of the sun/The Cigavettes
・Drop Down To Earth/Puressence

こんな感じかなー。
The Cigavettesが地味にじわりじわりと聴きたくなってきました。
あとpodoのライブが観たいーーー!

以前ブログで書いた、Suedeの「Dog Man Star」の2枚組みは、
どうやら「Suede」(1stアルバム)との抱き合わせってなこと。



いくらなんでも、
それはいらねーな。


バーニーも知らねーわけだぜ。


金曜日の話

2007.09.26

category : DIARY

金曜日の夜、福岡市内の某カフェで
ゲイオンリーのロックイベントが開催されまして、
そのために大阪から
anarchy in the YOU GAY!の飛溺氏が福岡上陸。

7月にアナゲイで会って以来、
ひでちんに会うのは3度目です。
同じ町内とか隣町に住んでいても、
3年に1度も会わない友達もいます。
こういうところで「どんだけー」って言うんですか。

福岡在住でイベントに参加するひでちんのお友達も一緒に、
まずは長浜の魚市場内にあるおきよ食堂へ。
ここに関しては、
本当に友人の日記はきちんと読んでおく物だと思いました。
米よりもネタの割合が多い贅沢巻きは
その日の最後の1本だったそうです。
こういうときに運をつかっちゃって、
宝くじの1,000円も当たらないんです。
海鮮丼も海の幸がもりもりで、
一見量は少ないように見えましたがお腹いっぱいです。

食べ物うまいし、
お店の人がやかましく寄って来ないので、
居心地良くて結構長くいたような気がします。
ひでちんが前に働いていたアメ村のCD屋さんの話とか、
アナゲイVol.2に現れたアナーキーギャルとの再会話とか、
夜のヒットスタジオとかの話まで、
多岐にわたる話題で盛り上がってみました。
女が3人寄るとかしましいですが、
音楽ヴァカが3人集まると音楽話にしかなりません。

うわー、ごめん、ヴァカとか言って。

そしておきよ食堂を後にして、
向かうはいつもの、平尾のhoopla。
ひでちんがお店を出る間際に、
マスターに「大阪にも出店しませんか?」って言ってるし。
自分の好きなお店を、友達も好きになってくれるってのは、
とっても嬉しいです。
ひでちんもお友達も喜んでくれたのが嬉しかったです。

今度はhoopla自家製のベーグルを食べよう。
おきよ食堂でがーっつり食べてお腹一杯だったからね。

その後、徒歩でイベント会場へ。
このイベントはメンズオンリーで、
一応レディースな自分は立ち入り禁止です。
でもそのイベントのDJで
まだ会ったことのないマイミクさんにも会えるかもしれないし、
このまま帰るわけにも行くまいと、
会場までお2人をお見送りに行きました。

柳橋連合市場の近くの某カフェなので、
hooplaから歩いてもすぐでした。
会場の入り口に着いて、私は外でしばし待機。
すると2人ともに、DJをやるひでちんのお友達も登場。
何かどっかで会ったことがあるんじゃ・・・と思うのは、
WEEZERとかMUSEのライブでお顔を見たのかも知れない。
福岡の洋ロックファン業界狭いし。

4人で軽く雑談を交わし、
3人とお別れして私は帰路へ着きました。
正直言うと、淋しかったですよ、色々と。
私にしては珍しく3人以上の集団行動を楽しいと思っていたのが、
急に独りになっちゃった訳ですし。

ただ人間って常に、「足を踏み入れたくて堪らないけど、
どうしても入れない場所」と言うのが、
1か所か2か所はあった方が良いんです。

こんなことを言うと、人権があーだとかこーだとか
そういう考えが差別や偏見を生むとか言う人がいるかも知れないけど、
そんなややこしい話はこの際どっかに放り投げといて、
自分が「ここに行ってみたい」と思う場所に、
何の不自由もなく行けて、入れるんだったら、
未知なる物への興味だとか、憧れってありえない。

人の心の中でもそうです。
「この人が何を考えて、思って、感じているのか、
全部知りたい!」と思っても、
それができないからこそ、
その人と更に関わりたいと思うんだし。

それに、こういう「淋しい」と思った経験が、
福岡でアナゲイ開催の夢を膨らませるんです。
カオスにしちゃいましょう、カオスに。
ボーダーレスとかみみっちぃこと言わないで、
そもそもそんな「ボーダー」とか言う概念が
そこに存在もしないような混沌に。

負け惜しみとか悔し紛れとか
酸っぱいブドウとか言うな(笑)。

何てことを考えつつ、
フラフラと薬院から天神まで歩いて、
いつものように帰宅したのでありました。

性格分析簡易版

2007.09.25

category : PSYCOLOGICAL

こんなのをやってみました。

性格分析簡易版

で、結果。

型番 内向- 直感- 思考 -統制
気質 戦略性
タイプ 参謀役
主文 独創的な戦略家です。

解説
あなたは、独創的な考え方をする最高の思考型です。
また、長期的な展望や物事の裏などもよく見えます。
創意工夫に富み、どんな物にも改善の余地を見つけます。
考えるのはあくまでも自分の楽しみであって、
組織のためにではないのですが、結果として組織を改善に導きます。
知識を常に追い求め、自分の能力を
いっそう向上させたいと願っています。
複雑な問題をすぐに分析できる戦略家であり、
痛烈な批判精神の持ち主でもあります。
集中力に優れているので、一人、
あるいは優秀な数名の同僚と仕事をするのを好みます。
口数が少ない上、自分より劣っていると感じた相手には、
自分のことや仕事のことを話したがりません。
勤勉で、困難にあっても耐え抜き、
目標に向かって突き進む傾向があります。


留意点
自分の内面の世界に浸っていると居心地がいいので、
他人の感情には鈍感。投げやりな態度をとり、
周りのありがたさに気がつきにくい。
人に求める水準が高く、相手が期待に応えられないと見下し、
傲慢な態度をとります。そして、優秀な人だけを賞賛します。
また、想像の世界に没頭し、
アイデアを懸命に考えているときが幸せなので、
日常のささいなことには気づかないので、凡ミスを起こしがち。
そんな日常への無関心が、ひいては巨大プロジェクトで
コストを無視する傾向につながったりもします。
深く自分の世界に入ってしまい、
他人とスムーズに意志の疎通を図れない場合があります。

アドバイス
目的に向かって突き進むので、頑固で強情と言われやすい。
また、ある仕事から次の仕事に移る際、
頭の切り替えをするのが下手です。
すばらしい集中力の持ち主ではありますが、
もう少し周りの人に気を遣い、柔軟になりましょう。



当たってますね。
集中力がある余り、頭の切り替えができないとか。
自分の内面世界に浸ってると居心地がいいとか。

想像の世界に没頭して日常生活凡ミス多しとか、
そのまんまです。


良いのか、そんなんで。


このテストを回答していて感じたのですが、
この類の心理テストは大抵当てはまれば○、
当てはまらなければ×、どちらでもなければ△、
わからなければ?の4種類。


実際自分の行動とか、
感情の動きを冷静に見つめなおしながら答えていくと、
○ってほどでもないけど、
×ってほどでもないし、
△ってほど曖昧でもなければ、
分からないわけでもない、
そんな場合が結構多いです。
そうだ、相手とか内容によるよねってところを
とりあえず全部△にしてみたら、↑の結果になりました。
なので、かなり△の数が多かったです。


でも何となく、当たってる。

YETI@KIETH FLACK

2007.09.24

category : LIVE!

YETIのライブに行ってきました。

会場はKIETH FLACKという、
福岡でBRITISH PAVILIONというイベントが開催される会場です。
収容人数どれくらいだろう、300人くらい?
初めて行く場所なので偵察に行ってみたら、
よくライブに行くドラムロゴスの裏側にある、
サイケデリックな建物でした。
前から何なんだろうと気になって仕方なかった建物でした。

入場時にフライヤーとサンプラーのCDを渡されました。
このサンプラーCDに関しては後ほど詳しく。
このCDがかなりあがったんですよー(笑)

ライブまでの待ち時間、セットチェンジの時間はDJタイム。
ステージと向かい合わせにDJブースがあって、
後ろ向いて踊ってる人多し。
こういう形式のライブ初めてでした。

で、YETIの前に地元のバンドが4つ登場。
それぞれ感想。
バンドがね、全部客席(席って言わないか)から出て来るんです。
YETIも例外ではなく。

podo
熊本から来た男性2人、女性1人のバンド。
マッドサイエンティスト的風貌で、
男性2人はクロックスのサンダル履きです。
アフロの手前みたいなヘアスタイルのVo.氏が
MCもパフォーマンスもテンション高くて笑いました。
「バイトも休んできました、高速料金も払いました、
いろんな物を犠牲にしてきました、皆さんもそうでしょう。
だからもっと前に来なさ~い」
ってまだまだゆったり観てる観客を煽ってます。
MCがいかにもインディーズっぽくて面白かったです。
最後の曲で、それまで淡々と眉毛1つ動かさずに
ウッドベースを弾いていた女の子が冒頭で声を披露。
空気に溶け込むような柔らかい声で心地よかったです。
ライブが楽しいバンドでした。
10月のMUSIC CITY TENJINにも来るらしいので、
時間があれば観に行ってみようかと思います。


undisco
地元福岡の4人編成バンド。
イケメン揃いでジャニーズ事務所でデビューとか言う紹介が、
本当か嘘か分かりませんが(笑)
確かに男前揃いです。
でもイケメン興味ない~。
イケメンとかよりもギターリフがかっこいいバンドでした。
機材とメンバーが4人ステージに立つと一杯になるくらいの
せっまいステージで、
ビジュアルより男前で、ロックンロールな
ギターパフォーマンス見せてもらいました。

The Cigavettes
会場へ向かう前にHMV天神へ行きまして、
YETIの隣に並べられ、試聴できたのでした。
うん、これはなかなか良い。
The Whoの「My Generation」でノリノリで登場。
CDで聴くよりも、
「Oasisとかビートルズを好きなんだろうなー」と思いました。
とてもファンが多いバンドらしく、
自分と連れの友人の周囲は興奮して酔っ払って、
訳分かんなくなってる女の子が数人。
良いバンドだと思ったんですが、
隣にいた小柄な女性が前で踊り狂ってる男性の後ろで
あまりステージが見えなかったのか、
ちょっと詰まらなそうな感じだったのが気になって、
最後の方はちょっと集中できなかったです。
もうちょっとスペースがあれば、
場所譲って差し上げたかったんだけどなぁ。
・視力悪い
・身長低い
・体力ない
はライブでは大変です。
はい、ボクのことですけど。

The Vinyl
福岡のパンクシーンを牽引するバンド。
パンクシーンには疎い僕ですら知っているのですから、
その知名度は相当だと思います。
「受け付けない人は帰って」みたいなMC、
パンクです。
でもYETI観なきゃいけないから無理です。


ようやく真打ち登場です。
ここまでですでに書き疲れた感満載です。

YETI
アルバム未収録の曲なんかも多く演奏してくれました。
そういえばmyspaceで一番最初に聴いて、
YETIに惚れた曲、Obviouslyって、「YUME!」に収録されてなかった。
昨日気付きました、最強に遅いです。
そのObviouslyでYETIライブ幕開けです。

Libertines時代にもステージ上で淡々とベースを弾いていたジョン、
いつものことかなと思っていたら、
体調が良くなかったそうです。
そのためアンコールはなしだったのですが、
長旅でお疲れなんだろうし、本当にありがとうですよ。

3人のハーモニーが綺麗で、
疲れた体にじわっと染み込んで来ました。
良いバンドだなぁ。
Vo.のマークの顔がちょっとブレット似だったのに萌えた(笑)

客の入りもピークで、でも割と和やかムードで進んでたのですが、
「Keep Pushin' On」で前方将棋倒し寸前。
ステージ袖で張っていた結構体格の良い男性スタッフ陣が
体張ってバリケードになってました。
お疲れ様でした、スタッフの皆様。

疲れたけども、楽しい夜でございました。
サポートバンドも良かったし。


で、日記の初めの方に書きました、
頂いたサンプラーCDです。
YETIの日本のレコード会社で、
僕が東京に行くと必ず足を運ぶ下北沢のレコード屋、
Vinyl Junkieさんの所属アーティストの曲が盛りだくさんのサンプラー。
曲名観ただけでものすごいあがりました!

1.Chickadee/Jack Afro
2.Sake Of Your Sympathy/Boy Called Roy
3.Not What It Used To Be/Fury Of The Headteachers
4.Voltage/The Invention
5.Stand Up/Neils Children
6.Get Your Mood On/Dustin's Bar Mitzvah
7.Backfire At The Disco/The Wombats
8.London's Alright/The Tacticians
9.High And Low On You/THE UNCONDITIONALS
10.Monday Tuesday (WTF)/Fake Shark-Real Zombie!
11.Why Can't I Be You/Shed Seven
12.Pretend To Be Here/Pia Fraus
13.Photograph It/Alamos
14.Love/Sunshine
15.Hologram/Iko
16.Wallet/Puffer/Smokes/Keys/The Cops
17.The Salvation Army/Cool Kids Of Death
18.Celeste /Rocks
19.Why Can't You Be Normal All The Time/Ginger
20.Girls On Fire/CJ & The Satellites
21.We're In The Army Baby/The God Damn Whores
22.Dress Code Violence/Zen Motel

こんな感じです。
Jack Afro、The Invention、The Whombats、
The Unconditionals、Pia Fraus、Iko、The Rocks辺りは、
前から気になっていました。
特にPia FrausはCDほしいんですよね。
あと元Buffseedsのメンバーの新バンド、IKOも気になります。

Vinyl Junkie所属アーティストでもう1つ気になるのが、
このサンプラーには入ってなかったけど、FLAMINGO CRASH。
いつか買ってやろうと思っています。

こんな感じで、
YETIライブレポ終了です。

ごちゃ混ぜ

2007.09.23

category : MUSIC

ここ1週間、よくも悪くもさまざまなニュースが飛び込み、
できごともありました。
ここではエンタなのだけに注目です。

1、シルヴィ ギエム オン ステージ2007
12月25日、クリスマスの夜です。
職場から近い会場なので、絶対に行こうと思っております。

2、髭ちゃん「黒に染めろ e.p,」
青のジャケットを入手。
しかし明日がYetiのライブなので、
それが終わるまで封印しておこうと思います。

3、Kent新曲
↑のとおり、髭ちゃん中途半端に聴きたくないぞ、
Yeti終わってから存分にと思ったら、
Kentの新曲PVと、アルバム収録曲音源がネットで視聴できました。
Kent出してくんなよ、負けるに決まってるじゃねーかよ。

Ingenting(PVあり)



Min Värld(動画なし、アルバムジャケ静止画像)



Kentにしては珍しく踊れそうなロックです。
もうすでにメロディ覚えるほど聴いてます。
ごめんよ、ジョンーーー(Yeti)

4、某劇団
常連のみのシークレット公演だそうです。
たった今劇団の人から連絡もらいました。
あったりまえじゃん、行くに決まってんじゃん!
会場は前の会社のそばで、とても小さな劇場です。
名前は知ってたけど1度も行ったことがなかったので、
それだけでも楽しみです。


とりあえず明日はYeti!
サポートのバンドが4つくらい出るので相当な長丁場ですが、
ちょっと頑張って来ますよ!

翌日も休みでよかった、マジで。

Kent新譜!

2007.09.16

category : KENT

Tillbaka Till Samtiden

「現代に戻る」って意味のようです。

10月16日ですって?!
あと1か月じゃないですか!

ちゃんと予定日に入るかなぁ。
AMAZONは無理だろうから、HMVにお願いしようか。

9月15日、メインイベントその②

2007.09.16

category : MUSIC

人生楽しいことばかりなら、
睡眠時間なんて1日3時間もあれば十分です。
でもそれを毎日続けていたら、
きっと30まで生きてられませんねぇ、僕は。

さて、時間は10時、Orangeに移動するかと歩いていたら、
突如土砂降りの雨。
傘は持っていましたが、歩くのもだるい雨だったので、
ちょうど近くを通りかかったいつもの「ごえん」で雨宿り。
いつもの顔ぶれがいましたが、
もう11時を回ろうかという時間です。

「お前、こんな時間に1人で何をしとるんだ、おい」
そんな雰囲気です。
「ビール1杯だけでいいよ、雨止んだらすぐ出るから」
とビールを1杯。
するとその時間のホール担当をしていたごえん料理長が、
「俺も付き合います」
と小さなグラスにビール1杯。

お疲れさまー、かんぱーい。

料理長と六本松どうよーとか、
最近忙しいー?とかそんな会話をしつつ、
ビール飲み干し、雨も止んだし、慌しく出発。
「ホントにビール1杯やん」と苦笑いしてました。
だからそう言ったじゃないの。

そして久々のOrangeへ。
大音量で音楽が流れるところは良いですね。
最初に姿を見つけたのはDJのShihoさん。
前のOrangeに会ったきりなので、それこそ12月以来です。
いや、もうkaolinaさん以外昨日お会いした皆さん、
12月以来お会いしてない人ばかりです。

Shihoさんの次に発見したのはjojoさん。
アナゲイ飛溺さんのマイミクさんの
とうちゃんさんとマイミクさんだったjojoさん、
意外なところで繋がりがあったのでした。

爆音の音楽の中で、
jojoさんが計画し、現在着々と進行している
musiraについて色々お聞きしました。

はい、ここでも宣伝させていただきますよ!

<ブログ>
音楽データベースをみんなで作ろう~A project of musira♪


mixiコミュニティもあります。
音楽データベースを作成しよう♪


私の持っているイメージは音楽版Wikipediaです。
人が知らない北欧の音楽とか見つけてきては愛聴していますが、
つい3年前くらいまで、
ジザメリ、マイブラ、ヴェルヴェッツの
区別がつかなかった人です。
その3バンドはようやく区別つきまして、
現在マイブラ大好きな私ですが、
相変わらず偏り気味なロック愛好家は、
そういうデータベースがあると嬉しいです。

音楽好きの皆様、ぜひ一度、
コミュニティ、ブログをご覧くださいませ。

3時まで踊り倒して、
いっそ最後までいようかと思ったのですが、
髭ちゃんの「ドーナツに死す」で妙な満足感に満たされ、
ふらふらと帰宅。

昨日お会いできた皆さん、ありがとうございました。
とっても楽しかった~。

3時間だけ寝て、
今日は母親の買い物に付き合って、
キャナルシティ→天神。
疲れたので109MEN'Sは挫折。
来週YETIのライブの前に行きます。
新しく天神にできたTUTAYAに行きました。
レンタルDVDの品揃えが微妙です。
西新のゲオ(元ベストビデオ)に完全に負けてます。
今後に期待。

岩田屋の地下にCheese Cake Factoryができてました。
とんねるずの番組に山咲トオルちゃんが
お土産で持ってきて以来いつか食べたいと願い、
2005年のサマソニの会場で、
生まれて初めて食べたのでした。
オレンジ味が美味いのです。
季節限定のアップルパイ味もうまそうだったので買ってきました。

帰宅後、
昼寝してたら、大爆発みたいな雷で目が覚めました。
雷好きな僕でも、
寝てるときにあの音で不意打ちされれば
いくらなんでも驚きます。

そんな感じで、
明日は連休最終日です。
早いなー。

9月15日、メインイベントその①

2007.09.16

category : MUSIC

住吉のhacoというLGBT向けコミュニティセンターにて、
友人がライブのサポートをするという事で、
行ってまいりました。

先日の日記にも書きましたが、
住吉通りを挟んで南側の住吉は非常に苦手で、
あんまり行かないのです。
ここは「会員制」の飲み屋さんがたくさんあります。
現在警固にお引越ししたビアンバーの「@」も、
以前はこの界隈にありました。

大通りから一歩入ると暗闇です。
何せ「会員制」の飲み屋は窓がありません。
ドアと看板を照らす照明だけです。
人の気配なんてもちろんありません。
しかも住吉通りと平行する裏道は、
車1台通れるかどうかみたいな狭い道ばかりです。
別に暗い道が怖いとかそんなんじゃないですが、
やや鳥目傾向なのと、
はっきりロイヤルホストの裏くらいしか
場所を確認してなかったので、不安な一人歩きでしたが、
突然マンションの1階に明るい照明が浮かび上がります。
入り口らしきところに、数人の坊主頭の姿が見えたので、
「あ、ここだ」と。
砂漠でさ迷っているときにオアシスを発見したら、
きっとこんな感じです。
中に入ると笑顔で手を振ってくれる友人のお姿発見。
良かった、無事に着いたーーー(泣)

今年できたばかりということで、
白が貴重のインテリアと柔らかい照明がきれいな、
こじんまりとしたスペースです。
周囲の閑散とした雰囲気とは正反対。
人が多く集まっていてほのぼのとしているし、
尖がった人間なので「癒しの空間」とか言う表現嫌いですが、
そこにいるだけで疲れが取れるような、
リラックスできる空間です。

ここでアコースティックライブです。
Guzzle PittのVo.、KUROさんがギターとお歌、
友人がパーカッションとか色々(笑)
彼がイスみたいに座ってた箱が
楽器だったのに驚いた、面白いー。
最前列の席で観てたので、色々観察してました。
足に鈴つけてトライアングルと同時進行したり、
バンドのリズム隊の人ってすごいやね。
右手と左手、右足左足違うことやってたら、
どっかでワケ分からなくなりそうです。

会場の雰囲気が良いのと、
KUROさんのまったりしたVo.とMCでのんびりできました。
「イントロが難関」って仰ってた曲が好きになった。

KUROさんのMCの名言、
「ウツの発作がでたときに、良い曲ができる」
分かります、それ。
音楽は出てこないけど、すっげーよく分かります。
分かり過ぎて笑いました、いや笑い事でもないんですが。
ウツってる時には。

自分は9時の2ndステージから行ったんですが、
8時から行っといたらよかったかも。
hacoにCDが置いてあるそうなので、
今度行って買って来ようかしら。
mixiのコミュニティには参加しました。

アンコール2曲も終わったところで、
「行商に来た」というゲスト登場。
「とんちピクルス」さん。

とんちピクルスというと、
ちょっとした縁があります。
私が渋谷QUATTROにAQUALUNGのライブに行って、
OPAさんと初めて会ったときに、
「とんちピクルス」という名前を初めて知ったのであります。

そのとんちピクルスさんがオリジナルトートバッグ、
Tシャツの宣伝をして、1曲御披露。

とても和やかな雰囲気のライブでありました。
なんだかお客さんの顔をちらちら見てたら、
知ってる人が何人かいたんですよね。
どこで知ってるのか分からないのが謎。
1人はこの前の尾辻かな子さんの
応援集会にいらっしゃった気がするんだけどな。

今「とんちピクルス」の松浦さんをmixi内で発見して、
色々拝見していたら、
「ライスボウル」のコミュニティに入ってらっしゃる。
あ、そうか、対バンやったことあるのかな。

ライスボウルとは、
hooplaに集まるお友達の1人がドラマーをやっているバンドです。
僕より年は上だそうですが、
僕の実の弟に顔と声がそっくり、初告白です(笑)
初めて会ったとき、ものすごくびっくりしました。
今でも予定になくて会ったりすると驚きます。

しかもとんちピクルスさんがTOPページに書いてる、
好きな川、金屑川って、
家のすぐ近く、徒歩15分圏内だよ(苦笑)。
一体どこに住んでらっしゃるんでしょう。

髭ちゃん全国ツアーに関する心配の種

2007.09.11

category : MUSIC

どうもこのブログは放置しがちです。
ライブ行きましたとか、
美味いもの喰って来ましたとか、
面白い音楽聴きましたとか、
そんなのがないと更新されません。
それがこの程度の更新だと言うことは、
よっぽどしょーもない日々を送ってるんだろうなと
解釈していただいても結構でございます。

夏は終わりましたから。
髭ちゃんのライブまでは抜け殻のように過ごすのです。

そう、その髭ちゃんです。
eプラスで、一般発売の日を検索しているのですが、
なぜか福岡公演だけ一般どころか、
プレオーダーもないってのはどういう訳なんでしょうか。

・・・と思ってローソンチケットに行ってみたらありました。


安堵


発売は10月6日(土)からだそうです。
もー、脅かすなよー。
ま、まさか福岡公演中止?!なんて悪夢が過ぎった。

髭ちゃんNew アルバムは11月21日リリース、
タイトルは「Chaos in Apple」だそうです。

Yume!

2007.09.05

category : MUSIC

やっと届きました、Yetiの「Yume!」

Libertinesのベース、ジョン ハッサールの新バンドです。
そう言われて聴いても、
どうもLibertinesとは結びつかない音です。

フォークとかネオアコとか、
時々Libertines時代の片鱗を見せる曲もあるけど、
印象としては、古き良き時代のビートルズ、
それこそCavern Clubで演奏してた時とか、
ライブメインでやってた時のビートルズっぽい感じです。
1曲が長くて4分弱という短さ、
フェードアウトで曲を終わらせない潔さ、
こういうバンド、大好きです。
やっぱり僕も、音楽のルーツはビートルズですから。

Yetiについて何も知らなかったら、
「若そうだけども、渋い甲虫ヲタなバンドが出て来たな」と
思ったことでしょう。
実際ライナーノーツを見てみると、
ジョンはビートルズが好きだったみたいですね。

ふぉーりんらぶです、Yeti。
9月23日にライブで福岡にも来てくれますが、
これは3月のMUSEが福岡に来てくれたのと同じくらい嬉しいです。
もし福岡来てくれなかったら、泣いてた。

2003年だったかな、Libertinesが最初に福岡に来たの。
あのときに淡々と黙々とベース弾いてるジョン観てて、
「この人カッコいいなー」と思って以来、
Libertinesの中では地味なジョンが一番好きでしたが、
そりゃあ好きだわなと、
Yetiの「Yume!」を聴いて思いました。
ライブの前に配布されてたアンケート用紙の裏に、
ライブ終わった後、ジョンからサイン貰ったのを、
うっかり捨てないように(笑)財布に未だにしまってあるけど、
これはますます捨てられないです。


話は変わって、Futon。
10月5日にAPPLE STORE SHIBUYAだそうです。
4日には渋谷asiaってところで、
ミッドナイトパーティーなんですって。

行きてえええええ(凹)
PROFILE

KAORIE

Author:KAORIE
NAME:かおりぃ
GENDER:真ん中より右寄り
AGE:70年代最後の年生まれ
LIVING IN:9州のF県
MIXI
TWITTER:cuore_ok
MAIL:
kan.du.beskydda.mig★gmail.com

PROFILE

CALENDER
08 | 2007/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
MONTHLY ARCHIVES
CATEGORIES
LINKS(in alphabetical order)
WIDGET








Kaorieさんの読書メーター
ACCESS
FRIENDS REQUEST
MY FRIENDS

■ ブログ名:小人閑居

■ ブログ名:Finally

■ ブログ名:zoetrope【reverse】
FC2 BLOG RANKING
SEARCH

Copyright ©Stoned Brain Returns. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。