Stoned Brain Returns

遊びの日常。日記<週記

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お知らせ

2014.11.02

category : WRITING

comment(0)

ワタクシが参加しております文芸サークル「星屑書房」のフリーペーパー
「創星」10号に短編を1本掲載して頂いております。
今の所紙媒体だけですが、恐らく後日ネットでも公開されると思いますので、
ご興味おありの方は是非ご覧ください。

1414923893573511.jpg

現物の写真はこのような感じで、
本日11/2(日)に福岡市中央区のけやき通りで行われた
一箱古本市にて配布されました。
スポンサーサイト

好きな文章、嫌いな文章

2008.11.29

category : WRITING

人様の書いた文章に文句をつけるとは、
お前はいったいどんだけの者なんだと。
しかしこれはあくまでも、「読む側」の趣味趣向として
受け取ってもらえると有難いです。
もちろん、自分が何か書くときも気にしている点ではあります。


くどいほど言っていますが、僕は長くて難解な、
一度読んだだけではとりあえず理解できない文章を、
何度も何度も繰り返して読むのが好きです。
最初に読んで分からなかった文章が、
何度か読んで、「あぁそういうことか!」と脳や心に染み込む瞬間が、
人の文章を読んでいて一番幸福です。


ですから、短くて分かりやすい文章、
最初から開示され、何もかも説明してあって、
特に考える必要のない文章は概ね嫌いです。


好きなわけではないのですが、時々ケータイ小説を読むことがあります。
一応文章と呼ばれる物は読んでみようかと、
好き嫌いはその後決めれば良いわけですから。
しかし大抵どれを読んでも「嫌い」に落ち着くのは、
内容よりも文章その物に原因があります。


ワンパターンな恋愛物でも構わないのですが、
あの主人公が自己紹介してしまう傾向、あれはいただけないなぁ。


「渡部 葵 18歳

もうすぐ高校卒業

親友はクラスに3人

ミカ、サキ、カオリ」


みたいなの。
↑の設定にモデルはありませんが、
親友3人って書いて、最後の1人が名前が浮かばなかったので、
自分の名前を使ったのはご愛嬌ということで(笑)


主人公による一人称が物語の進行にあたるのは
書いていて実際に楽は楽ですけど、
ただの状況説明になってしまっては読んでいてつまらない。
いや、人物の心情を語ってるから、
ただの状況説明とは違うというご意見もあるかもですが、
心情もただの「自分視点」の説明になっている。
進行役の視点がぶれるのはまた読みづらいですが、
終始「自分視点」の説明文を「小説」だと言われて読んでいても
そりゃあ面白くないと思うんですよね。
あぁいうのは「日記」と言うのです。


物語の語り部が一人称で僕が好きな小説といえば、
デュ モーリアの「レベッカ」と
プルーストの「失われた時を求めて」ですが、
これらの小説を読んで僕がすごいなと感じるのは、
全編通して自分自身である主人公の名前が一切明らかにされないところです。
全て「私」(「あたし」ってのも見た目も耳障りも好きじゃないです)
年齢や境遇も明らかにされないけれど、
自分が語る周囲の環境や関わる人々によって、
「この主人公はこういう人物」という像が浮かび上がってくるのです。
深いなーと、何度読んでも思います。


もっとも「失われた時を求めて」は何度も読んでいませんが(笑)


「タクミってのはあたしの彼氏」


なんてことを書かなくても、
距離感とか、会話で、
「あぁ、主人公の彼氏だな」と推理できるくらいの想像力、
読んでる側にもあるって話です。
バカにすんな!


・・・と、言いたいところなのですが、
そうやって書かれないと人間関係がよく分からない文章が多すぎ。
表現足りない。
ワンパターンなストーリーでも文章次第で面白くなることは
大いに有り得ると思います。
逆に面白い小説でも文章のせいで台無しってのもあり。
もったいないです、非常にもったいない。
僕は面白いストーリーより、面白い文章が読みたいです。


と、自分の文章力は100%棚に上げて語らせていただきました。


「ぐだぐだ文句タレるならそんなの読まなきゃいいじゃん」ですか。


はい、まったく、ご尤もだと思います。

NOVELなどと呼ぶのは

2008.11.28

category : WRITING

非常に憚られますが、
何かと利用しているFC2でFC2小説なんて物が開設されましたので、
よっしゃ使ってみるかと思い立ちました。


ここが僕のページ。
あれ、まさかFC2会員専用とかじゃないよね・・・?
まぁとりあえず貼っておきます。


あと、このTOPページにもありますが、
裏ブログのnovellカテゴリの中で、自分が結構気に入っていて、
しかも隠すことはないものだけを集めてあります。
なので、裏ブログを読んでくださっている皆様には、
全く目新しいものはございませんし、
何か新しい物が浮かんでも、まず最初にUPするのは裏ブログです。
そのままFC2小説に転載されることない可能性も大いにあり。


ちょっと変だし、中途半端だし、
特に面白くもないと思いますが、
それでも読んでやろうとおっしゃる奇特な方はどうぞ

石化した脳

2007.04.25

category : WRITING

旧ブログ「石化した脳
期間限定で再公開してみようかと思います。

旧ブログを非公開にして、まだ1年も経ってなかった。。。
去年の今頃、ちょうどカウンセリングの学校が終わった頃で、
Mental、Psychologyの記事も結構多いし。
ものすごい昔のことのような気がします。
beroに行き始めたのも、
ちょうど去年の今頃だったんじゃないですか、そうかー。

このブログから自分的お気に入りの記事を
現在のこのブログに移行しようなんて計画もあるのですが、
いまさら「Mental Psychology」のカテゴリ作るのもなんだかなぁ。
この頃、心理学に対して強い不信感を感じ、
限界も感じているのであります。
しかしこうやって疑ったり、悩んだりしないことには、
結局何の進歩もないんです、きっと。

ていうか、
まず自分の情緒不安定を何とかしろって話です。
よぉく分かっております。

しかしIDとPasswordが分かってる自分だけで
こっそり読み返すと、
つくづく、しょーもないこと書いとるなと呆れます。
ブログに移行したくなるようなお気に入りの記事、
あれだけ書き散らかしてても片手の指ほどもありません。

しかしどこでブログを書いていても、
僕の人生最大のテーマは「時間」のようです。
PROFILE

KAORIE

Author:KAORIE
NAME:かおりぃ
GENDER:真ん中より右寄り
AGE:70年代最後の年生まれ
LIVING IN:9州のF県
MIXI
TWITTER:cuore_ok
MAIL:
kan.du.beskydda.mig★gmail.com

PROFILE

CALENDER
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
MONTHLY ARCHIVES
CATEGORIES
LINKS(in alphabetical order)
WIDGET








Kaorieさんの読書メーター
ACCESS
FRIENDS REQUEST
MY FRIENDS

■ ブログ名:小人閑居

■ ブログ名:Finally

■ ブログ名:zoetrope【reverse】
FC2 BLOG RANKING
SEARCH

Copyright ©Stoned Brain Returns. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。