Stoned Brain Returns

遊びの日常。日記<週記

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Paul McCartney OUT THERE Japan Tour 2013.11.15 福岡公演

2013.11.16

category : THE BEATLES

comment(0)

Paul McCartney OUT THERE Japan Tour

20年ぶりのポール マッカートニーの福岡公演に行ってきました。
前のエントリでも書いたように、新作の「NEW」がとてもよかったので、


NEWNEW
(2013/10/14)
ポール・マッカートニー

商品詳細を見る


ライブもとても楽しみにしていました。

機材の準備が遅れたとか、サウンドチェックが長引いたとか(13曲も演奏したとかいう噂が・・・汗)で
17:00開場の予定が約1時間遅れ。
開演までの間、ずっと他のアーティストがカバーしている、
ビートルズの曲がかかっていたのですが、
なんと禁じ手wの金沢明子さんの「イエローサブマリン音頭」が!!
どうやらステージ上に外国人DJがいたとかだそうです。
あれリンゴの時だったらもっと盛り上がっただろうなw

開場が1時間くらい遅れたので、開演もそのくらい遅れるのかと思ったけど、
思ったより早く始まりました。
以下セットリストや詳しい感想など。
ネタバレ嫌な方はご注意ください。



続きはこちら >>
スポンサーサイト

NEW/Paul McCartney

2013.11.09

category : THE BEATLES

comment(2)


NEWNEW
(2013/10/14)
ポール・マッカートニー

商品詳細を見る


11月15日のサー ポール マッカートニーの福岡公演を目前に控えまして、
ポール御大の新譜、「NEW」を購入。
セットリストがほとんどビートルズだと聞いているし、
何かもう、別に新譜聴いとく必要なくね?とも思ったのですが、
ラジオで偶然耳にしたタイトル曲の「NEW」に一耳惚れしましてね、
頭から離れなくて結局買っちゃいました。



そしてその後聴いたこの曲もとてもいい。



出演者がなぜこんなに豪華なのか、そりゃあもう
ポール マッカートニーのPVに出てくれって言われたら、
超アンチじゃなかったら出ますよね。
ジュード ロウかっこえええええw
ポールの曲はビートルズ時代の「Helter Skelter」みたいな重めのロックよりも、
「Yesterday」みたいなバラードよりも、
↑の2曲くらいのグルーヴ感のある曲が好きなのです。



パイプス・オブ・ピースパイプス・オブ・ピース
(1995/11/08)
ポール・マッカートニー、フロッグ・コーラス 他

商品詳細を見る

これに収録されてる「Keep Under Cover」とか





バック・トゥ・ジ・エッグバック・トゥ・ジ・エッグ
(1995/11/08)
ウイングス

商品詳細を見る

これの「Spin It On」とか大好き。



ポールのライブで演奏される曲ってビートルズのが圧倒的に多いし、
アメリカなんかだと、ビートルズの曲演奏しないと
客が帰っちゃうとか言うんですよね。
でもさ、ポールのソロもWINGSもちゃんといい曲あるんだよ。
ホント、「NEW」聴かなくてもいいか、とか一瞬でも思ってゴメンナサイ。
「Queenie Eye」と「New」ヘビロテしまくってます。

ポールのこと、いつもくさしてるみたいだけど、
ジョージとリンゴに注ぐ全力で真っ直ぐな愛情に比べて、
ジョンとポールへの愛情が力いっぱい歪んでるだけのことなんです。
あとビートルズ=ジョンとポールみたいな、
ジョージとリンゴを蔑にするビーヲタの皆さんがいけ好かないだけなんです。

というわけで、11月15日、20年ぶりのポール マッカートニー福岡公演、
参戦日記もお楽しみに・・・と言えるほどのものは書けそうもないけど。

Ringo Starr & His All Starr Band大阪公演!!

2013.03.02

category : THE BEATLES

comment(4) trackback(0)

Ringo Starr & His All Starr Band来日公演、大阪はZepp Nambaに行って参りました。
チケットは取ったものの仕事で、ギリギリまで行けるかどうか分からず、
数か月は胃はキリキリ痛むし、歯軋りしながら生きてたら元々おかしい顎関節がおかしくなるし、
ノイローゼみたいな状態で口を開けば「リンゴ、行けるかなぁ・・・」
何かもうこれ会社からOK出たところで行けるのか?みたいな
状態ではありましたが、まぁOK出れば行きますよ。

だって、リンゴですから!!

ライブに共に行ったのは、
なぜか、「今までビートルズを避けてきた」を公言する、いつもの大阪の飛溺氏。
ビートルズファン歴20年のワタシと、ビートルズを避けて来た飛溺氏が、
なぜか揃ってリンゴのライブ。
しかし色々話していると、
ワタシは本当に最近のことですが、リンゴを心から「好きだ!」と思えるようになるまでは、
まだビートルズファンではない!と思い始めた。
今までによりによって、史上最強のダーリン、ジョージのライブを見逃し、
ジョンはそもそもチャンスがない。
ポールしか観てないビートルズファンとか!!!だったし、
飛溺氏はかつてビートルズだった人のライブを観ておくのに、
ポールだけというのは嫌だ!!!だし、
散々ポールをディスった挙句w、意見が一致。
いや、くれぐれも言いますが、ポールが嫌い!なんじゃないんです。

で、肝心のライブ。
もう感動しすぎて何から書いていいか分からないので、箇条書き。

・本物のリンゴが出て来た
・本物のリンゴが歌ってる
・距離は遠いけど、ちょうどセンターのリンゴが叩くドラムの正面の位置。
・リンゴ若い! 細い! あれのどこが72歳なの!!
・初期のビートルズのカバー曲はやっぱりいい!
・マッチボックス最高
・カール パーキンス好きか?!! いええええくぁwせdrftgyふjkl
・リンゴ!リンゴ!リンゴ!リンゴ!リンゴ!
・本物のリンゴがドラム叩いてる
・ドラム叩くのは前屈みになりがちなのに、ふんぞり返って叩くリンゴ!
・名付けて「どやドラム」(命名:飛溺氏)
・どやドラムだけど、他のメンバーの演奏の時にはきちんと縁の下の力持ちに回れる
・リンゴがカホンを叩く姿に萌えた
・トッド・ラングレンの黄緑のスーツw でもBang the Drum All Dayカッコよかった!
・リンゴのドラムでTOTOの曲とか!
・♪いぇーろさぶまりーん、いぇーろさぶまりーん♪
・With a little help from my friendsの掛け合い!
・はけるときに舞台袖に走っていくリンゴの姿が少年みたいだった!

これくらいかな、まだまだあった気がするけど、
今はこれしか思い出せなません。

特筆すべきは、ワタシがリンゴのソロで最高に好きな曲、
ジョージとリンゴの共作で、ジョージが亡くなった翌年の
「コンサート フォー ジョージ」でもリンゴが歌った「Photograph」
この曲を楽しみにしていたのに、曲が始まった途端、
「コンサート フォー ジョージ」のこととか、ジョージが亡くなった時の事とか、
ジョージのライブに行かないままワタシは死ななくちゃならんのだとか、
ぶわっと色々頭に浮かんできて恥ずかしながら号泣。
ちゃんと聴きたかったのに何にも憶えていないという大失態をやらかしました(恥)
どーしてそーなんだオレ!!!
隣にいた飛溺氏も、隣でワタシがぶっ倒れるのではないかと心配してくれたそうで、
あーもーなんだかなー、本当に色々申し訳ないです。

そんな苦いこともありましたが、小学生の時分から好きだったバンドの
メンバーをはっきり顔も見える場所でライブを観られた。
こんな幸せなことはないです。
リンゴ素晴らしかったし、オールスタアアアアアバンドも天晴!!

最後に歌ったジョンの「Give Peace A Chance」あんまり好きじゃないので、
なんでーと思ったのですが、やっぱり歌っちゃうもんですね。
ただ声高に愛Loveだの平和Peaceだの叫ぶよりも、
リンゴのハッピーなライブ観てたら、あぁ愛と平和に満ちてるわと思います。

ライブ終了後、飲み物を交換に行ったときに、狙ったようにワタシも飛溺氏も
アップルジュースを選ぶと言う徹底ぶり。
心なしか、アップルジュースの減り方が早かった気がします。

その後は飛溺氏に食事に連れて行ってもらって、
コーヒーで夜明かし。
また徹夜で喋って、朝には福岡に帰ってきて、その足で仕事という過酷スケジュール。
今、酷い時差ボケです。
今回はホントにいいことも悪いこともwずいぶん飛溺氏とビートルズについて話しました。
「ビートルズを避けて通ってた」とか冗談きついですw

そういう飛溺氏と一緒にリンゴのライブ観られて本当に楽しかったです。
こういうときねー、ポールとかジョン(愛と平和の方の)が大好きっていう
ビートルズファンだとえーってなっちゃったかもw
いや、ホントに、くれぐれも言いますが、
ジョンとポールが嫌いな訳じゃないんですよ!
ジョンとポールを神格化してる一部のファン、
ビートルズ=ジョン&ポール(プラスアルファで小野洋子)みたいな人たちが嫌いなだけでw

Ringo2012

2012.11.22

category : THE BEATLES

comment(0)

リンゴ2012リンゴ2012
(2012/02/08)
リンゴ・スター、リチャード・ペイジ 他

商品詳細を見る


来年2月来日の大阪公演のチケットが無事に取れました。
ジョン レノンやポール マッカートニーに比べると地味だが
ビートルズの生き残り、生ける伝説リンゴゥのライブともなれば、
ビーヲタ集結、過酷なチケット争奪戦になるのではないか。
先日の関ジャニ∞、丸山隆平くんのお芝居のチケット争奪戦と
どっちが過酷なんだろうか、
果たしてビーヲタとジャニヲタ、どっちが怖いの?!gkbrでしたが、
先行予約で簡単に取れたので、怖さではジャニヲタに軍配が上がりました。

大体ビーヲタの中でもリンゴファンって心優しい人が多い気がします。
実際ビーヲタだからリンゴのライブ行く!ってのは、
ポールのライブに比べると、ちょっとなさそうですよね。
前のリンゴの来日のとき、何を隠そう私も
「リンゴかー、まぁ別にいいや」なんて思ってましたw
いや、福岡に来なかったし、しかもまだ中学生だったから、
「ライブのためなら大阪でも東京でも!」とは行かなかったしね。

そんなリンゴの新譜を遅ればせながら購入。
牧歌的な素敵なロックアルバムです。
前の「Y not」の時も書いたと思うけど


ワイ・ノットワイ・ノット
(2010/01/27)
リンゴ・スター

商品詳細を見る


ここがこう、あそこがああいいっていうんじゃないんですよね。
トータルでリンゴな感じでイイのです。
リンゴのアルバムってどれを聴いてもそんな感じ。
肩肘張ったところがなくて聴いていてホッとします。
聴く側の自分が年取って来て、
リンゴの緩いノリがちょうどよくなってきたのかもしれませんね。

ライブではどんな曲を演ってくれるのでしょうか。
ビートルズ時代の曲も多いでしょうけど、
ソロのも遠慮なく来い!!と言いたいです。
しっかり予習して行くよ!

Ringo Starr & His All Starr Band来日公演決定!

2012.10.18

category : THE BEATLES

comment(0)

リンゴが日本にやってくる、ヤァヤァヤァ

もはや我々ビーヲタがリンゴを見る目って、
自分のじいちゃんを見守るような目じゃないでしょうか。
ちょっと耳遠くなって、何言ってるか分かんないときもあるけど、
元気でお洒落で音楽やってるカッコいいじいちゃん。
何言ってるか分かんないのは若いときからそうだったかも知れませんが、
72歳とかになって、よくもまぁこのビジュアルとリズム感とを保ってるなと、
本当に感心してしまいます。
長生きしてくれよ、リンゴ。

そんなリンゴが2013年に来日決定。
期待してないけど、福岡ないなぁ、大阪行きたいなぁ。
全部平日とか、どんな嫌がらせなんだよ凹
しかもZEPPで1万5千円って初めて聞くわw
さすが大物だな、リンゴ。

ポールみたいにライトなファンは来ないでしょうけど、
かなり動員数あるんだろうな~。
チケット取れるかな・・・。
(自分かリンゴがw)死ぬまでに一度、リンゴのライブ行っておきたいです。


リンゴのYou Tube公式チャンネルもありますよ。

ジョージ・ハリスン/リヴィング・イン・ザ・マテリアル・ワールド(中洲大洋)

2011.11.23

category : THE BEATLES

comment(12)

大変お久しぶりでございます。
本日この映画を観てきたので、レポート。
いや、色々他にもあるんです。
ギエム嬢の「ボレロ」を観た話とか、ブレットの新作とか、
今TVドラマの「妖怪人間ベム」にはまって大変なことになっているとかw
しかしとりあえず、今日はジョージの映画を。

マーティン・スコセッシが監督を務めた、ジョージ・ハリスンのドキュメンタリー映画です。
3時間半の長い映画で、途中10分の休憩を挟みましたが、
正直そういうのもいらないくらい集中していて観てしまうような映画。
もちろん知ってるエピソード盛りだくさんなのですが、
改めてそれを集約して、映画館で観られるというのは嬉しいことです。
3時間半、ひたすらジョージの顔を眺めていられるだけ眼福でしたし、
流れる音楽もやっぱりいい。
何時間でも座って観ていたい映画です。

インタビューは家族や友人、ビートルズの残った2人、映画音楽F1関係と、
ジョージの生前の交友関係の幅広さが覗える顔ぶれ。
元嫁のパティも出て来たし、エリックとの恋愛沙汰は本人から聞くと
やっぱり生々しいなーなんて苦笑いでした。
パティ老けたけど、意外と変わらないんだなぁ。

中でも印象的だったのは自宅に暴漢が侵入して大怪我を負った時のことを、
オリヴィアが事細かに話してくれていたこと。
あんまり思い出したくないことなんでしょうけど、気丈な人だ。
あとリンゴのインタビュー。
リンゴの話はとても微笑ましかったり、ユーモラスだったり、
でも泣かされたのもリンゴにでした。

ジョージがヒンズー教に傾倒していたことがあり、
映画に漂う宗教的な雰囲気は
ロックミュージシャンのドキュメンタリーと言うには
ちょっと違うんじゃないのと言いたくなるほどでした。
ワタシは無神論どころか宗教嫌悪に近いですが、
ジョージが昔のインタビューで「神秘なんてない、無知なだけ」と話していたシーンは
何だか妙に納得してしまったのです。
宗教にしろ、音楽にしろ、人間関係にしろ、ナチュラルな人だなと改めて感じました。
自分が霊的な存在でいることについても少し語っていましたが、
あれも変な宗教の教祖が言うようなことではなく、
俗世と離れ、煩悩を切り離す時間も必要だということなんだろうな。
瞑想したりマントラを唱えることで、無心になり、そういう存在に近づくと。
だから宗教的な雰囲気とはいっても、胡散臭げな物ではなく、
観ているだけでこちらも浄化されるような清々しい物です。
あーでもマハリシ、お前はダメだ。

ダメつながりで、インタビュー受けてたフィル スペクターも何かおかしなことになってました。
てか、今檻の中ですよね、確か。

ただこの映画、内容に関しては言うことないのですが、
¥2,500均一という値段と、12月にリリースになるDVDの特典付き限定品。

【5,000セット限定生産】 ジョージ・ハリスン/リヴィング・イン・ザ・マテリアル・ワールド コレクターズ・エディション 未発表音源10曲SHM-CD付き [DVD]【5,000セット限定生産】 ジョージ・ハリスン/リヴィング・イン・ザ・マテリアル・ワールド コレクターズ・エディション 未発表音源10曲SHM-CD付き [DVD]
(2011/12/23)
ジョージ・ハリスン、エリック・クラプトン 他

商品詳細を見る


何つーか、もう金儲けしたいのがあからさま過ぎです。
ジョージのファンならいくらでも出すだろうと足元見てるとしか思えない。
なんでDVDとBDをセットにしなくちゃいけないのかと。
特典CD付けてそれぞれDVD版とBD版と出せばいいこと。
高いって文句言ったって、結局ファンは買うんですよ。
だったらもうちょっと誠意のある売り方をしてほしいもんです。
映画だって、ファンとしては「内容は」大変満足行くものですが、
¥1,800以上の値段をつける意味が分からない、特別興行だ?(゚⊿゚)シラネ
あの映画を見て、なぜそんな金儲け主義に走れるのかが疑問です。
ジョージが知ったら喜ぶのか?!
普通の金額なら日曜日にも行きたいところですが、
釈然としないのでもう行きません・・・いや、本当は何回でも観たいんですが。
金額が高いとか安いとか言う問題ではなく、姿勢の問題です。

でも本当に内容はよかったです。
DVDは買います、当然です。

最後にトレイラー。



それにしても今年の11月30日で、ジョージが亡くなってから10年になるんですね。
あっという間だったなぁ・・・。

忘れられない一日どころか、今日が何月何日かもよく分からないのだが・・・

2010.11.17

category : THE BEATLES

comment(0)

Apple、iTunes でビートルズの楽曲配信を開始


アップルのサイト
「いつもと同じ一日が、忘れられない一日になります」
なんてもったいぶったことが書かれて、発表されたのが、
ビートルズ楽曲のオンライン配信開始。
うーん、ビートルズファンにしか喜ばれないであろうこのニュース。


と言うか、そもそもビートルズファンはもうすでに音源揃えてるだろうし、
揃ってる人が配信でまた買うなんてことは、LPとCDの関係くらいならともかく、
どう考えてもありえないんじゃないでしょうかね。
あ、いや、ビーヲタはそれでもやるかw
しかもアルバムが1タイトルあたり2,000~3,000円って、
AMAZONで輸入盤買ったら2,000円以下なんですけど、
収納場所がいらない以外配信で買う意味ありますか?
それにどうせ、初期楽曲ステレオ盤でしょ。


それでもビーヲタ的にはこれはやはりすごいニュースで、
とうとう来たかとは素直に思います。


ただね、このエントリでも書きましたけどビーヲタってのは病気ですから、
こうやって派手な宣伝すると、健全な人たちが拒絶反応起こして、
ビートルズマンセーうぜーとか言うので、
ビートルズ関連のニュースを大々的に宣伝するのやめた方がいいと思うんですよね。
逆に増えるかもしれないファンを減らす気がしてなりません。
楽曲は散々あちこちでかかって使われてるんだし、
これと言って新曲が出るわけでもないんだから、
一ビーヲタとしてはそっとしといて欲しいです。
不運にも聴く機会がない人は仕方ないとあきらめればいいし、
まぁ「聴く機会がない」とか言ってる人は不運とも思わないでしょう。


あ、書いてることが何かすごいけんか腰ですが、
ビートルズファン歴この秋で20年になりました。
20年ビーヲタやってると、ビーヲタ仲間よりもアンチに会うことの方が多いので、
「ビートルズ聴きすぎていやになった」人と同じくらい、
アンチ自慢とかビートルズ聴いたことない自慢にうんざりしているだけで、
ビートルズに対する屈折した愛情は未来永劫変わらないので、
あんまり深く気にしないでね♪と、
この場を借りて天国にいるジョンやジョージに謝っておきます。

rossoazzuro(赤と青)その2

2010.10.24

category : THE BEATLES

comment(0)

THE BEATLES 1962 - 1970THE BEATLES 1962 - 1970
(2010/10/18)
THE BEATLES

商品詳細を見る


赤盤はステレオリマスターの方かーーー、やっちまったなぁ。
一応聴いてますけど、この頃初期~中期のは普段「ヤァヤァヤァ」と「HELP!」以外
モノVer.をメインにして聴いているので、音が割れてダメだ、これ。
まぁ、聴くために買ったというよりは、
やっぱり持ってなくちゃなという感じで買っただけなので、
これからそんなに聴くことはないと思いますが。
当然「Eleanor Rigby」もガッと音が切り替わるヤツなんだろうなぁ。


しかしこの赤青盤、ずいぶん売れてるみたいですが、
一体誰が買ってるんでしょうか。
去年のリマスターの時も思いましたが、
売れた売れた言われた割に、リマスター盤買ったって人、
身の回りに殆どいないんですけどね。
全く世の中どうなってんだか分かりませんよ。


先日、友人にチラッと話したんですけどね。
割と長いロックファンでも洋楽ファンでも、ビートルズを通ってない、
ちゃんと聴いたことないって人、結構多いじゃないですか。
恐らく、そういう人たちって、これからビートルズをどんなに頑張って聴いても
ビートルズを好きになることってないと思うんですよね。
なぜか。
ビートルズってのはあっちこっちで耳にして、TVでも使われるし、
コムサに行けばエンドレスで流れてるし、
結構曲を耳にする機会って多いじゃないですか。
それにも関わらず、ちゃんと聴いたことがないと感じるってことは、
ビートルズの音に耳が反応しないからであって、
これから意識して聴いたところで変わらないはず。
ビートルズを好きになる人ってのは、偶然TVで聴いた1曲とか、
街で聴いた1曲とかが好きになって、ビートルズを好きになるわけです。
コムサに1日居てテンション上がらない人は、ビートルズに関わったり、
しっかり聴いてみようと努力する時間が無駄だと思うので
諦めた方がいいです。
ビートルズ好きって、ロックとか洋楽とか以前に、
遺伝子レベルで決まってるのかも知れません。
だって病気みたいなもんですよね、ビーヲタって。


何が言いたいかって、要はあれですよ。
古参のビートルズヲタの知識ひけらかし、仲間意識はウザくて大嫌いですが、
ビートルズ聴いたことない自慢、アンチビートルズ自慢も相当ウザいってことです。
某巨大掲示板にもアンチ多いですしね、ふざけてる人もいるかもですが。
いや、まぁ見なきゃいいんですけど、そんなとこw

セットリスト(自分のだけ)

2010.08.16

category : THE BEATLES

comment(0)

THE BEATLES DJ's Night
    ビートルズをかけまくる ヤァ!ヤァ!ヤァ!

色分け
黄色→ジョンVo.
緑→ジョージVo.
ピンク→ポールVo.
水色→リンゴVo.
グレー→その他


<オープンちょっと前>
You Can't Do That
 (A Hard Day's Night/The Beatles)
Blue Jay Way
 (Magical Mystery Tour/The Beatles)
P2 Vatican Blues
 (Brainwashed/George Harrison)


<22:00~フリー>
Rock And Roll Music
 (Live At The BBC/The Beatles)
Crying, Waiting, Hoping
 (BBC/The Beatles)
London Town
 (London Town/Paul McCartney)
Help
 (Skyline Drive/Holiday With Maggie)
For You Blue
 (Let It Be/The Beatles)
A World Without Love
 (A World Without Love/Peter & Gordon)
I Really Love You
 (Gone Troppo/George Harrison)
Roll Over Beethoven
 (With The Beatles/The Beatles)
Within You, Without You
 (SGT Peppers~/The Beatles)
Here Comes The Moon
 (George Harrison/George Harrison)
Act Naturally
 (Help!/The Beatles)


<0:20~>
Birthday
 (The Beatles/The Beatles)
Getting Better
 (新井ハル)
You're Sixteen,You're Beautiful
 (Ringo/Ringo Starr)
A Shot Of Rhythm And Blues
 (BBC/The Beatles)
I'll Be Back
 (A Hard Day's Night/The Beatles)
I Call Your Name
 (Mono Masters/The Beatles)
Old Brown Shoe
 (Past Masters/The Beatles)
Here Comes The Sun
  (The BBC Sessions/Belle And Sebastian)
Apple Scruffs
 (All Things Must Pass/George Harrison)
Blow Away
  (George Harrison/George Harrison)
Mystical One
  (Gone Troppo/George Harrison)
Mother
 (Instant Karma/Christina Aguilera)
Gone Troppo
  (Gone Troppo/George Harrison)
Glad All Over
  (BBC/The Beatles)


<3:00~>
A Hard Day's Night
  (A Hard Day's Night)
Fill In The Blanks
 (Y NOT/Ringo Starr)
Some Other Guy
  (BBC/The Beatles)
Awaiting On You All
 (ATMP/George Harrison)
Keep Under Cover
 (Pipes Of Peace/Paul McCartney)
Power To The People
  (Instant Karma/Black Eyed Peas)
Plug Me In
 (ATMP/George Harrison)
Wake Up my Love
  (Gone Troppo/George Harrison)
Matchbox
  (Mono Masters/The Beatles)
Helen Wheels
  (Wingspan/Paul McCartney)
Slow Down
  (Mono Masters/The Beatles)
Savoy Truffle
 (The Beatles/The Beatles)
Please Mr.Postman
  (The Beatles/The Beatles)
Instant Karma
  (Instant Karma/U2)
Eight Day's A Week
  (Beatles For Sale/The Beatles)


「Cryiing,Waiting,Hoping」をかけるつもりが、BBCのもう片方の同じ曲順の
「Rock And Roll Music」になっちゃったり、
CDの整理が追いつかなくて、「Gone Troppo」をかけるつもりが、
気付かずに何度も「Blow Away」をかけたり(笑)、
結構ドジもやらかしましたが、こんな感じです。
まぁ、「Rock And Roll Music」はワタシがビートルズを好きになった
きっかけになった特別な曲なのでいいとしても。
ジョージの曲の圧倒的な多さに、リアルタイムで気付いていましたが、
やっぱり改めて見ても多いことにビックリ。
こんなにジョージ ハリスンの曲が流れるイベント、他にはないでしょう(笑)
「A Hard Day's Night」はSugarcultのカバーをかけようと思ってたけど、
他のDJさんの選曲を見ても、王道を外しまくってる感じだったので
本家のをかけました。


そんな感じでした。
関係者の皆様、来てくれた皆様、ありがとうございました。

8月14日はビートルズナイト!

2010.08.12

category : THE BEATLES

comment(0)

THE BEATLES DJ's Night
    ビートルズをかけまくる ヤァ!ヤァ!ヤァ!

「堂山の地でビートルズナイトを開催するってことに大きな意味があると思うんだ。」

ザ・ビートルズを中心に各メンバーのソロ楽曲、別ユニット楽曲、
他アーティストによるビートルズあるいはメンバーの楽曲のカバーなどでお送りする
カフェスタイルDJイベントです。
ゲイ、ビアン、バイの人はもちろん、

○長年ビートルズが好き
○ビートルズはあまり知らないけどこれから聴いてみたい
○ビートルズしか知らない(メンバーのソロ・他ユニット楽曲を知らない)
○レトロな雰囲気の音楽が好き
○どんなアーティストがビートルズのどんな曲をカバーしているのか知りたい
○まったりお酒でも飲みながら大音量の音楽に浸りたい

という方大歓迎です!

なお、CDかデジタルオーディオプレイヤーをお持ちいただければ
お手持ちのリクエスト音源も流せます。
また、こちらで用意できる作品には限り・偏りがある場合がございます。


2010.08.14 (Sat.)
OPEN 22:00 / CLOSE 5:00

■dista
大阪市北区堂山町17-5 巽ビル4F
06-6361-9300
PC
Mobile

入場無料(入退場フリー / ドリンク有料/フードはございません)

■DJ
わかめ/KAORIE/けるる軍曹...and you!

■HOST
コンビ/アカリル/ヒガ/根岸絶叫





ビートルズ好きな皆様、当日偶然関西にいる皆様、
ぜひお誘い合わせの上お越しくださいませ。
Old |  to Blog Top
PROFILE

KAORIE

Author:KAORIE
NAME:かおりぃ
GENDER:真ん中より右寄り
AGE:70年代最後の年生まれ
LIVING IN:9州のF県
MIXI
TWITTER:cuore_ok
MAIL:
kan.du.beskydda.mig★gmail.com

PROFILE

CALENDER
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
MONTHLY ARCHIVES
CATEGORIES
LINKS(in alphabetical order)
WIDGET








Kaorieさんの読書メーター
ACCESS
FRIENDS REQUEST
MY FRIENDS

■ ブログ名:小人閑居

■ ブログ名:Finally

■ ブログ名:zoetrope【reverse】
FC2 BLOG RANKING
SEARCH

Copyright ©Stoned Brain Returns. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。