Stoned Brain Returns

遊びの日常。日記<週記

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SERIE A 2014-2015 第6節 ミランVSキエーヴォ

2014.10.05

category : FOOTBALL

comment(0)



お前はミランが勝ったときしかブログに書かないのかと
厳しいご指摘を受けそうですが、その通りです。
勝っても負けてもドローでもTwitterではあーだこーだ言っていますが、
やはり記事としてまとまった物を書こうとなったときに
負けた試合なんてテンション下がって下がっていけねーです。
そんなの書く気起きないです、ホントに許してください。

というわけで、ひっさびさのスッキリ勝利、しかも完封なので嬉しくて書きますw
それにしても本田さんの得点への絡みっぷりがものすごくて
ちょっと今後大丈夫なのか怖いほどですね。
今日の1点目もアバーテ→本田△→敵のクリア→ムンタリさんということで
間接的にですが絡んでるし、2点目のFKの軌道えぐかったですねw
トーレス師匠が加入して、ちょっと試合に出てないエルシャラーウィが師匠と交代で出て来て
すぐFK貰ったと思ったら、6人くらいボールに寄って来てw
結局断固として譲らなかった本田△が決めたという流れでしたが
いやー、あのFKはピルロやベッカムのそれみたいで何度観ても興奮します。

しかも師匠がエルシャラと交代してベンチに戻って来ても
いまいち反応薄かったピッポが、
本田△帰って来たときは何かお迎えして宥めてましたね。
本田さんがピッポに「90分出たい」と言っていたとかいうのをどこかで読みました。
やっぱり△だねー、カッコいいねー。
ピッポは本田さんの「噂の病気」のことなんか気にかけてるのか、
時にはメネズ下げて、△残すって手はないのかなと思ったりもするんですけどね。

ただピッポは本田さんに全幅の信頼を寄せているようで、
以前本田さんを叩いてた人たちに「ざまあああああwwwww」と
言いたくて仕方ないようなコメントも出してくれていたりしますから、
「大事な本田に何かあったら困るから」と下げるのかもしれないと
勝手に思い込んでいます。

そしてここ数試合、DFの顔触れが変わり、ボネーラさんが控えで
「練習態度が不真面目で他の選手にベタベタ絡んでゲイ疑惑があり、
ピッポに嫌われているのではないか」と噂のラミがスタメンになっていることが多い。
そりゃあガットゥーゾがDHにいて、CBにマルディーニ、ネスタがいた頃に比べると
どれだけレベルが落ちるのか考えるのも嫌ですが、
それでもボネーラさんよりは何とかなっているラミ。
練習態度はともかく、他の選手にベタベタでゲイ疑惑は関係ないっしょー。
だってピッポもヴィエリとベタベタ大概だったじゃんw
人のこと言えるようなあれでもないと思うぜw
なので心配せず練習真面目にやってとりあえず定位置確保してください。

特筆すべきは右SBのアバーテと本田さんの連携の良さ。
画質の悪いネット中継で観てると、髪形背格好似てるし、
背番号は2人とも2ケタで1の位はどっちも0だし区別つかずに困っているのですが、
本田さんが得点に絡むときはセットでアバーテも絡んでいたりして、
この2人が得点源になっていると言っても過言ではない様子。
アバーテが不動の右SBになってくれてホントに嬉しいです。

来週はEUROがあってリーグ戦はないけど、
本田さんも代表選でこっちに帰って来るんですよねぇ。
代表はしばらくいいので、ミランでコンディション整えておいてくれないかな・・・。
スポンサーサイト

SERIE A 2014-2015 第2節 パルマVSミラン

2014.09.15

category : FOOTBALL

comment(0)



最終スコアがパルマ4-5ミランというノーガード打ち合い。
いや1994年から色々試合観て来たけど、
ここまで「ノーガード打ち合い」の名に相応しい試合を観たことがあっただろうか。
私が一番ミランを好きだった頃のセリエAって、1-0とか2-1の試合が多く
点が入っても3-2くらいじゃなかったか、
そして1試合に5点入ると結構疲れるよなーと思ってなかったか。
カテナチオって一体何だった?!!!!!
オレの知ってるイタリアサッカーってこんなんとちゃーーーう!!!
と頭を抱えていたら、観ていたネット中継の実況がイギリス人で
「これがイタリアのサッカーなのかーーー?!!!」って言ってました。
いや、ホントそれな。

よかったところと言えば、とにかく点が取れたということでしょう。
1点取られても取り返す、これの繰り返して、
何とかかんとかパルマの追撃を振り払って逃げ切った形ですから、
選手のメンタルの強さもかなりの物かもしれない。
ミランの1点目はオレたちの本田△→ボナベントゥーラ。
2点目はご存じの通り、アバーテのクロスから△の豪快ヘッド。
すごいやん、本田△ちゃんとミランの10番に相応しい活躍してるやん!!
しかもミランの10番が開幕から2試合連続ゴールって、
40年ほど前のジャンニ リベラ以来だって言うんだから素晴らしいじゃないですか。
更にメネズが非常によく動いてくれて点も取れるので、
△とメネズ+エルシャラかボナヴェントゥーラか、今節ベンチだったトーレス師匠が入れば
そこそこ得点は期待できそうです。
メネズの2点目のシュートはとってもオシャレでしたね。
いやトーレス師匠はどうなのかな・・・エルシャラさんとかボナヴェンでいい気がするんだが。
まぁシーズン長いから怪我とかのことも考えると、誰かいないと困るしね。

・・・ボナヴェンと△とメネズ2点と・・・あとデヨングですね!
デヨングのインターセプトから自らドリブルでシュート。
1から10まで全部自分でやった完璧な得点でした。
あれパルマのDFショックで眠れないよねw

しかしこの後ミランの致命的な「DFがザル過ぎる」という弱点も発覚。
パルマのDFも大概ザルだったので、5点も取れて逃げ切れたような物の、
もう何て言うか脆弱にも程があるよ、DF崩壊と言っても過言ではないよ。
2試合で8得点は凄いけど、2試合で5失点は問題だよ!
今日の試合ではボネーラが2枚イエローカードもらって退場。
相手も1人退場したから何とか数的不利は解消されたような物の、
パルマの1点目のカサ坊のゴールなんか、完全にカサ坊フリーやん!!
皆ボールしか観てないやん!!
そして大問題のパルマの4点目、というかミランのOGだよ。
デシリオとディエゴロペスだけを悪く言うつもりはないけど、
あの強さであの距離で、枠に向かってバックパスはちょっと危険だよ。
もう1つ前のタイミングでパス出せたんじゃないのかとか、
せめてタッチラインに逃げるとか、もうちょっと色々あっただろうに、なぜバックパス凹
2点リードしてたんだし全然慌てるようなところじゃなかったのに。

バイタルで相手選手をフリーにしないとか、もっと体寄せて行くとか、
そういう基本的なDFをちゃんとしないと、いくら点とっても勝てなくなる時が来ますよ、
それが一番心配。
ピッポがFW出身だから、FWに関しては手取り足取り教えられるかもしれないけど、
DF面をもうちょっと立て直さないとダメだよ。
だから師匠よりもDFの選手を取って欲しいのに・・・。
中盤の底にガットゥーゾ、最終ラインにマル様ネスタがいた頃とは違うんだから、
DFはあの人たちに任しとこうじゃダメだからね、ピッポ!
ボネーラ頑張ってるけど頼りなさ過ぎるよ!!!
次のユヴェントス戦、ボネーラ出られないし、出られたところで出来は微妙だけど、
かなり厳しくなると思います。
「あいつらDF弱い」って絶対分かってるんだから。

ただアバーテのサイドを駆け上がるスピードと、クロスは嫌いじゃないです。
△へのクロスもとても巧かった、できる子になってくれて嬉しいです。

そんなツッコミどころ満載のとんでもゲームでしたが、勝ったことはよかったです。
ユーヴェ、ローマと並んでいるとはいえ、ミラン1位!! インテルより上にいるよ!!
次の直接対決までにDFの課題どうにかしろと言っても無理でしょうけど、
とにかく全力で戦うしかない! Forza Milan!!!

今回は前節にも増して通信状態が悪く、ピッポ劇場を余り楽しめませんでした。
でもボナヴェンとメネズのゴールでもみくちゃになってたのと、
カサ坊に点取られて、(´・ω・`)ってなってたのは観ました。
明日9月16日の19:56~BS12のTwellVで録画放送をしてくれるので、
ピッポ劇場はそちらできちんと観ようと思います。

そしてミラン以外の試合。
イングランドプレミアリーグのマンチェスターユナイテッドで
不遇のシーズンを過ごしていた香川真司が古巣のブンデスリーガ、
ドルトムントに復帰、その初戦を観戦しました。
ユナイテッドで1年近く点を取れなかった香川が、
復帰初戦でいきなりドルの1点目の起点になり、2点目は自身でゴール。
温かいドルのサポーターやチームメイト、監督、スタッフに支えられて
いい入り方ができたようでとても嬉しいです。
本当にあの膨大な数のサポーターが香川のチャントを歌ってるのとか、
得点後の「カガーワ―、シンジー!!!」は感動して泣く。
香川が得点した時の公式Twitterも笑いました。




W杯も不本意な形で終わってしまったけど、ドルで試合勘取り戻して、
また日本代表に戻ってこい!!

と感慨深く観戦していたら、マインツ所属の岡崎慎司さんが
ヘルタベルリン相手に2得点という大活躍。
お前ら皆仲良しだな!!!
何だかんだ日本人がヨーロッパで活躍してて嬉しいじゃねーか、チクショー。
W杯は選手にとってもサポーターにとっても大きいけども、
W杯が全てじゃないから、とにかくまずはクラブで精いっぱい頑張ってくれよ!!

あと試合を観たのは、レヴァークーゼンVSブレーメン。
スパヒッチの惜しいシュートもありましたが、ポストに阻まれ、
2試合連続ゴールとはいかなかった、まぁDFの選手ですからね。
3-3でドローだったんだっけ、試合の途中ものすごいテンション下がった上に、
今朝の試合を観ちゃったもので忘れてしまいました。
こことにかく下朝鮮が幅を利かせているので、応援する気にならないんですよ。
スパさんを筆頭にイェドヴァイとかチャルハノールとか、
男前多くていいんだけど、じつに残念だな。

SERIE A 2014-2015開幕!!

2014.09.01

category : FOOTBALL

comment(0)

さぁミラニスタ大歓喜の開幕戦ですよ!!
セリエA2014-2015のミランの開幕戦の相手はラツィオ。
開幕前のギネス何とかカップで10失点という
開幕前にピッポ解任?!なんてことになりそうな結果でしたが、
その後のTIMカップを制覇。
ちょっと調子が上向きになってきたの・・・?といったところでした。

そして我らがピッポのACミラン監督としての国内リーグデビュー戦。
どうなることかとハラハラドキドキしながら、
相変わらず画質の悪いネット放送を観ていたワケですが
蓋を開けてみれば何とラツィオに3-1の快勝。
しかも1点目は試合開始6分だか7分だかの本田さんのゴール。
日本のミラニスタ大歓喜の瞬間が、シーズン開幕6分だか7分で訪れた!
エルシャーラウィがボールを持ってドリブルするのをかなりの距離並走して、
シャラからのパスを冷静にシュート。
もう完璧でしたね、夜中でも絶叫でした。
本田さん、W杯で日本が結果出せなかったときにえらく鈍足だ鈍足だって言われたけど
あの走りのどこが鈍足なのかと、そのくらい早かったですね。
シャラさんのパスも絶妙でした、2人のコンビネーションが最高でした。
本田さんが決めた後、選手が寄って来たのを観たら、
チームの雰囲気も良さそうな感じで安心しました。
更に本田さんが交代する時のミラニスタの拍手が嬉しかったですね。
現地のミラニスタ、ホントにありがとう!

そして2点目にムンタリさん、3点目にメネズのPKが決まって、
ラツィオにOGで失点してしまったものの何とか守り切って勝ちましたよ、ミラン勝った!!

と、もちろん試合に勝ったこととか、本田さん大活躍とか
嬉しいことは嬉しいのですが、1998年からの愛が未だに続くワタシとしては
タッチライン沿いギリギリのところでうろうろうろうろと、
常に画面の左下に後ろ姿が映っている
フィリッポ インザーギ監督が愛しくて仕方ないわけですよ!
身振り手振りは大きいし、声も大きいし、リアクションも大きいし、
選手時代と全然変わってないんですよね、腹抱えて笑いました。
本田さんが得点した時の写真がTwitterでRTされまくってましたが、
スタッフに飛び掛かって喜んでましたねw
ムンタリさんのときには勢い余ってなぜか選手の歓喜の輪の中でモミクチャwww
なんであんたそこにいるしwww
副審に何か言われてたしwww
顔は現役時代に比べれば老けたけどカッコいいし、
細身のスーツでオシャレに決めてて
本当にシュッとしててカッコいいんだけど
やってることはガットゥーゾやマラドーナと大して変わらないからねw
ピッポが退場処分になる前に誰か(←タソッティ)止めてあげてくださいね。

そんな感じで初戦は本田さんも活躍したし、ピッポも充分目立ってたしw
満足は満足ですが、ちょっと真面目なことを言わせてもらうと3点取って嬉しかったのか、
ピッポのテンションが選手にそのまま伝染したのか分かりませんが
やっぱりDFが不安定というかバタバタしすぎなのが気になります。
今シーズン加入したディエゴロペスがこの試合大当たりで
PKセーブできたからいいけど、OGもPKも献上ってちょっとダメだろ。
特にミラニスタ的には3-0にはいやーな記憶があるというか
ちょっとトラウマなので、OGで1失点した時は「あ、これ追いつかれる(逆転される)かも」って
思ったのは私だけではなかった筈。
自分たちがリードしたときに、イケイケムードに流されず
試合運びをもう少しうまくやってほしいです。
こういう時にベテランがいないのは心配なんですよねぇ・・・。
後半途中辺りから攻められっぱなしで心臓に悪かったです。

まだ開幕1試合目なので、今後この勢いが続いてくれればいいけど、
最後に息切れしてしまうこともないとは言えないので、
ミランの復活に関しても、ピッポの手腕に関しても
まだ何とも言いきれないところはあると思います。
ただ、シーズン開幕してピッポが率いるミランを初めて観て、
このチームなら応援したい!頑張ってほしい!って思えるチームではありました。
CL圏内狙えるといいね・・・いやまだ今シーズンはそこまで望まないけど
できればインテルより上がいいねw

あとこれはミランではありませんが、ミランの前日に
バイエルレヴァークーゼンの試合を、純粋にスパヒッチ目あてで観ました。
もうあのレヴァークーゼンのスタジアム(バイアレーナ?)とユニのえるじーなんなの。
K国絡みとか一瞬の10000分の1くらいの速さで応援する気失せるんですけど。
だからブンデスリーガ観たくないのよ、選手もスポンサーもK国多くてさ。

相手はヘルタベルリン、日本の細貝萌選手が所属するチーム。
スパさん以外はややヘルタベルリン寄りで観ていたのですが、
結果バイエルが4-2で勝利。
スパさんの見事なヘディング決まったのは嬉しかったです。

TIM杯2014!!

2014.08.24

category : FOOTBALL

comment(2)

昨日の夜、レヴァークーゼンの試合を観るか観ないかで悩んで、
こいつの存在をすっかり忘れていましたが、TIMカップですよ。
ミラン、ユヴェントス、サッスオーロが1試合45分で三つ巴の戦い。
シーズン始まる前の最後の調整試合という意味でも
45分で1試合とは言え、モチベーションを上げるのに結構重要。

1試合目のユーヴェ戦。
オレたちの本田△がやってくれました、魅せてくれました。



デ シリオのクロスをユーヴェDFを物ともせずにシュート。
気持ちよく決まってくれました!
この本田△の1点を守り切ってユーヴェに勝利。
ダイジェストでしか観てないけど、得点直後に映った
ベンチにいるスーツ姿の男前に「これ誰や!」と動揺したけど、
ピッポですよね、そうですよね、監督だからベンチにいて当然ですよね。

次のサッスオーロ戦では、メネスがPKで1点取り、
2点目、本田△のスルーパスを受けたエルシャーラウィが
スピードでユーヴェDFを振り切ってシュート。
いやー、これは本田△のスルーパスもよかったけど、
エルシャーラウィもすごかったですよ、よく落ち着いて決めてくれました。



これで2勝したミランがTIM杯制覇。
ギネスで10失点して惨敗だったミランが、
1つタイトル獲ってしまいました。
しかも本田さんが大会のMVPですよ。
ピッポのミランが勝ってくれれば、特に本田さんの活躍に拘ることはありませんが、
私の最愛のピッポに日本人が褒められるというのは
何だかんだ言って嬉しい物です。
そして通常の試合のスタイルとは違うとはいえ、
こういう勝利がチームのモチベーションを上げていくのだから、
この勝利は非常に意味のあるものです。
ちょうど1週間後にはセリエAも始まることですし、
今回の勝利で自信をつけて、でも浮足立つことなく、
シーズンに臨んでほしいと思います!

で、何事もなかったかのように試合の結果の話でしたが、
どうもバロテッリのリヴァプール移籍が決定的になっている模様。
バロテッリまでいなくなって、このチームどんなプロヴィンチアになっちゃうのかと
ちょっと心配はしているのですけどね。
フェルナンド トーレスの獲得に動くとかいう噂もありますが、
どっちかというと獲得するならDFの方をどうにか・・・
TIM杯こそ無失点でしたが、ギネスカップの10失点は不運とか
調整不足では済まされないレベルだと思うんだ。

ボスニアのスパヒッチ来ないかな・・・願ってたら来るかも。

ピッポだって、私が来ないかなーと思ってたらユーヴェからミランに来たし。
ミランの監督にピッポ・・・と言い出したら、
ちょっと早かった感は否めないけどピッポが監督になったし。
まぁ妄想なんですけどねw
ミランに関して一番「もってる」のは私だ!!みたいなねw
私が今シーズンは本気で応援するので、ミランもそれなりに復活しますよ。

それにしてもピッポはどうもじっとベンチで座っているということができないのか、
テクニカルエリアギリギリのところでうろうろうろうろしてることが多い感じ。
あれ注意しないとホントに自分で出て行きかねないよw

そういえば私の愛するユーゴスラヴィアの妖精が
こんな恐ろしいことをやってましたよね。



ピッポも興奮の余り、出て行きすぎたりしないようにw
いえ大のピッポファンとしては大歓迎だけどw退場とかは困るからね。

ミランVSチーバス グアダラハラ

2014.08.09

category : FOOTBALL

comment(0)

運よくタイミングが合いまして、ミランVSチーバス グアダラハラ(メヒコ)の試合を
ネットでライブ観戦できました。
観戦とは言っても回線状態は非常に悪く
殆ど動いてない紙芝居状態でしたが。

結果からいうと、ミランが3-0で勝利。
ギネスインターナショナルチャンピオンシップで、マンチェスターシティー、
オリンピアコス、リヴァプールに合計10失点で負けていたので、
相手がどこであれ、とりあえず勝てたのはよかったのではないかと思います。
本田からのニアンで先制、バロテッリのFKで追加点、
パッツィーニが3点目と、失点しなかったのもよかったですが、
決して試合内容がいいかというとそういうわけでもなく、
赤紙までは出ませんでしたが、結構な数の警告があったりして
試合は結構荒れ模様でした。
明確な戦術とかもあんまり見えてこなかったような・・・。
ただ先制点の本田さんとニアン、もしかしたら相性いいのかな。
先制する前にも1度、ニアン→本田でチャンスがありました。
本田さん決められなかったけどね、マークもついてたし。
日本では散々な言われようだけど、本田さん頑張ってると思うよ。
ピッポもその頑張りは買ってくれているのか、どうなのか・・・。
とはいえ私は今ひたすらピッポへの愛でミランを応援しているので
ピッポが喜ぶ顔が見られれば誰が活躍しても構いませんです。
皆さん頑張ってください、オレも応援頑張りますので。

いやでもとりあえずチームが自信を回復するという意味で、
大事な勝利だったと思います。
しかしこの調子で、国内リーグ初戦がラツィオってのは何とも厳しいなぁ。

とりあえずハイライト映像を。



改めてちゃんとしたっぽい映像で見ると、ピッチが観たことないような模様入ってますw
これやり難かっただろうなぁ。
そして試合の前半、白のアウェイユニのミランと、
白地に赤の縦じまのチーバス、すっごい観難かったんですよねw
どっちがどっちか分かんねー(怒)と思ってたら、
後半ミランがロッソネロに代わってました、そりゃそうだわ。

あとストリーミング映像が紙芝居だったせいなのかどうか分かりませんが、
ベンチはチーバスばかり映っていたようでした。
ピッポ映さんかい、できないカメラマンだぜ全く。
ただテクニカルエリアのラインぎりぎりに出ずっぱりだったので
後ろ姿はずーっと見えてました。
選手時代常にオフサイドラインギリギリにいた男は
監督になって常にタッチラインギリギリにいるようです。

避けては通れない・・・

2014.08.08

category : FOOTBALL

comment(0)

W杯初登場の初戦でカメラに向かって投げキッスをしたのを観て以来
すっかり私がのぼせ上がってしまっているボスニア ヘルツェゴヴィナのキャプテン、
エミール スパヒッチ選手がボスニア ヘルツェゴヴィナ代表を引退するというニュース。
前々から代表引退とは言われていましたが、
もしかしたらピルロのようにEUROまでは・・・なんて淡い期待もしていたけれど
やはり代表引退を決意したようです。
スパヒッチを好きになったのは本当につい最近のことですが
もうずいぶん長いこと知っていたような、とても長いこと好きだったような気がしてなりません。

それからもう1人、今回のW杯では召集メンバーから落選してしまっていたとはいえ
アメリカ代表の偉大なレジェンド、ランドン ドノヴァンが
今シーズンのMLS終了後に現役引退だそうです。
アメリカ代表と言えばドノヴァン、そんなイメージの選手でした。
アメリカなんて好きじゃないけど、マイナースポーツであるサッカーで
アメリカ代表チームをけん引してきた偉大な選手だったし、実は大好きです。
まだ32なんですね、私の弟より年下だったとは・・・(驚)
近頃のサッカー界で32歳というと、まだ現役引退には早い年齢なような気がします。
選手寿命も延びて来たところで、ドノヴァンの引退。
一つの時代が終わるんですね。

サッカー選手を好きだったり応援すると、選手の引退の哀しみは避けては通れないことなのですが
分かっていてもやはりつらいし、淋しい物です。
30代なんて普通に働いていたら働き盛りどころか、
まだまだ若い年齢なのに。

とにもかくにも、スパさんはまだクラブチームで頑張ってくれると思いますし、
ボスニア ヘルツェゴヴィナという国のナショナルチームを維持してゆくことを
表立ってでも陰ながらでも支えてくれるでしょう。
ドノヴァンはきっとアメリカサッカーを更に活気のあるものするために
尽力してくれることでしょう。
いやあんまりアメリカにサッカー強くなって欲しくないんですけどね。
あの世界の大国アメリカwがマイナースポーツを頑張ってる感がいいので
普通に強くなると応援する気が失せるのでね、ほどほどにw

2人の前途が幸多からんことを祈って。

SERIE A 2014-2015日程決定

2014.07.29

category : FOOTBALL

comment(0)




今朝 私がフォローしているバレージ先生からのツイートで判明しました。
サンシーロでラツィオが初戦だそうです。
セリエA開幕でワクワクなんて久しぶりだなぁ。

今アメリカで行われている、
ギネス インターナショナル チャンピオンズ カップの結果が続々入ってきますが、
どうもミランの成績は芳しくない様子です。
初戦のオリンピアコス戦、3-0で負け、
次のマンチェスター シティー戦で5-1で負け。
いやまだプレシーズンですから、そんなに本気出す必要はないと思うし、
これから国内リーグ開幕するまでにコンディションを上げてくれればいいんですが・・・
これ普通にコンディション上がるのか、
そのままグダグダシーズン終わるなんてことはないだろうな。

私はどちらかというと攻撃陣よりも守備陣愛なので
この失点を見ると何だか悲しくなってしまいます。
いやもちろんピッポは好きでしたし、点を取らないことには勝てないけど、
4点取られても5点取って勝てるほどの得点力がないなら、
DFをしっかりするしかないんですよね。
失点0に抑えられれば勝ち点1は取れるんだから。
今のミランの様子ではどちらもなさそうだから問題なのです。

もういいから監督出しとけよ(選手として)

なんてミラニスタから言われないようなチームになってもらいたいですが・・・。

ところでミラニスタとしては活躍してくれれば何でもいいけど、
日本人としてはちょっと気になる本田さんの存在ですが、
ピッポ率いるミランで爆発できそうなのか私にはわかりません。
本田さんにポジションへの拘りはあるのかもしれないけど、
ピッポがちらっと言ってたボランチでのプレー、悪くなさそうなんですけどね。
ちょっとやってみたらいいんじゃないのかな。

フロントがどう考えているか知りませんが、
私は今シーズンはピッポの監督としての経験を積むシーズンと考えて、
とりあえずは上半分の順位でシーズン終わってくれればいいかなと。
べつにCLも出なくていいです。
あわよくばUELくらいで十分です。
今シーズンで地均しして、来シーズンでCL狙いに行くくらいの気持ちでいて欲しい。
リーグ戦優勝はその次のシーズンでもいいです。
好きなチームが強いのが一番嬉しいけど、今の私はどちらかというと、
ピッポが監督としてどうなって行くのか見届けたいという気持ちが大きいです。
時間はかかってもいいですから、安定したチームになって欲しいし、
下部組織の若い選手も使って、選手の育成もしてほしい。
そもそも金だけ出していい選手を買うシステム好きじゃないし、
今のミランに至っては契約切れの選手を狙って獲得してすぐに売却って
なんでそんなビンボーくさいことやってんの?!ってなものです。

フロントも長い目でピッポを見守ってほしいです・・・無理かな凹

話は違いますが、numberの永久保存版のW杯特集号が発売になっています。

Number PLUS(ナンバープラス)98号 ブラジルW杯総集編 永久保存版Number PLUS(ナンバープラス)98号 ブラジルW杯総集編 永久保存版
(2014/07/24)
不明

商品詳細を見る


他の特集号ではありませんでしたが、
numberはズマイェヴィ特集を組んでくれているようなので買おうと思っています。
最近サッカーに限らず雑誌買わないんですけどね。
これは買っておいて間違いなさそう。
そしてnumberと言えば先日これを立ち読みしました。

Number(ナンバー)857 W杯 ブラジル2014 The FinalNumber(ナンバー)857 W杯 ブラジル2014 The Final
(2014/07/17)
不明

商品詳細を見る


オレたちのカンナヴァーロさんのインタビューが載っていまして、
もう耳がもげるかと思うほど痛かったです。
アッズーリの選手に対してのカンちゃんの意見だったのですが、
そのまま我々サポーターにも当てはまってました。
ホント、イングランドに勝ったことによって調子に乗って、コスタリカ舐めすぎたよね。
私も反省しなくちゃいかんな、ホントに。

BENTORNATO, SUPER PIPPO!!!その2

2014.07.20

category : FOOTBALL

comment(5)

ミランのTOPチームに就任したスーペルピッポことフィリッポ インザーギさんが
チームの紅白戦で2得点を挙げたというニュース。
映像はこちらです。



引退して2年になるとは思えない、現役時代を髣髴とさせる2得点w
今は怪我もなくて状態がいいんでしょうねw
そしてあの2点目、体の前で両手広げて「ボールよこせ」アピールw
ちょっと前屈みな特徴のある走りでキーパー交わしてシュート。
何なの監督、真剣なのw
現役復帰でも目論んでるのw

いや紅白戦でガチなタックルとかされても困るんですけど、
あのインザーギをどフリーにしてて大丈夫なのかと。
皆ピッポのゴールを間近で見たくてあえてのどフリーなの。
ミランディフェンダーはオフサイドラインで生まれた男から、
徹底的に最終ラインのコントロールの仕方を習うといいと思います。
何かねー、最近アッズーリのDFが脆弱になったのって
セリエAにピッポがいなくなったからじゃないのって思いますね(違

ピッポのいないセリエAとか淋しすぎたので、
これからどんどん頑張ってほしいと思います。
選手より目立ってても、私が許す。

BENTORNATO, SUPER PIPPO!!!

2014.07.18

category : FOOTBALL

comment(2)

先日W杯が終了して以来、毎日抜け殻のように生きている私ですが、
今年は色々サッカーに関する動きが多く、
ピルロがユヴェントスに移籍して以来サッカーから遠ざかっていたけれど
真面目に復帰することになりそうです。

というのも、日本代表の本田さんがミランに移籍したとほぼ同時期に
ミランの監督に就任した元ミランの10番様セードルフがクビになり、
新たに2014-2015シーズンに向けてミランの監督に就任したのが
選手時代、ロベルト バッジョかこの人かというくらい好きだった
アッズーリのFW、またの名をミスターオフサイド、フィリッポ インザーギなのです。
ミラニスタ隠居状態だった私ですが、ピッポの公式Facebookなんかは追っていて、
彼がミランの下部組織の監督になり、何かタイトルを獲って、
経験を積んで、いつかTOPチームの監督に・・・なんて思ってはいました。
が、その日がこんなに早く来るとは思っていなかった!!
いや、やっぱりちょっと早いような気もするんだけどな・・・。
このミランが大変状態が悪い時期に、まだまだ監督経験が下部組織だけというピッポに
ミランを立て直すという重い役割を背負わせていい物かどうか。
まぁ、セードルフは下部組織どころか、わざわざ現役引退してミランの監督になったんだから、
形だけならどうにでもなるとは思うんですよ。
しかし、わざわざ現役引退してまでミランに戻って来て、
チームを立て直そうとしたけど失敗、もう1シーズンくらい様子を見ても罰は当たらないと思うのに
監督を辞めてしまったセードルフのことを考えると、
ピッポも同じような運命を辿ったらどうしよう・・・と古くからのファンは心配になってしまうわけです。
ミランのレジェンドの1人と言っても過言ではないピッポとはいえ、
監督としてすぐに結果を出さないとポイ捨てしかねないからな、最近のミランは・・・。
私がしっかり見張って、気合入れて応援しなければ。
私はピッポが監督に就任するなら、仮にそれが宿敵インテルの監督であっても
全力で応援しようと思っているので、それがミランともなれば
選手にかつてのミランの面影が1ミリも残っていないとしても、
やはりピッポの為にミランを応援しようと思うのです。
もうね、親心みたいなもんですよ、ピッポの方がずっと年上だけどさ。

しかしピッポって監督になっても、やっぱりチームに得点決まったら
血管切れそうな勢いで喜ぶのかなw
スーツ着てビシッとカッコよく決めてるみたいですけど。



これではちょっと分かりにくいですね。
でもいい映像だなぁ。

で、ピッポが監督をしていたミランのプリマヴェーラに
ボスニア ヘルツェゴヴィナの18歳だか19歳だかの若手の
アンドレイ モディッチという選手がいるようです。
この選手に関してはボスニア ヘルツェゴヴィナのスポーツ関連アカウントで知り、
調べてみたらピッポの教え子だったことと、
中々才能のある選手のようだということが判明しまして、今後注目したいと思います。
トップチームに上がって来てくれないかなー。
ミランでもボスニア ヘルツェゴヴィナ代表でも活躍する日を待っています。
ちょっとね、KAT-TUNの亀梨くんに似てるんですよw



そしてユヴェントスの監督がコンテから、
以前ミランを率いていたアッレグリに変わりました。
どうもピルロと合わなかったイメージなのですが、
ユヴェントスでまたピルロと一緒って、何かねーどうなんでしょーねー。
そしてコンテの退任は青天の霹靂だったわけで、
アッズーリの監督、プランデッリが退任した直後なので、
もしかすると時期アッズーリの監督はコンテで決定・・・?なんて思っていたりします。
コンテ、選手時代好きだったんですよね~。
アッズーリの監督になってくれたら嬉しいです。
何しろユヴェントス3シーズンで3連覇という名将ですし!

ピルロと言えば、このW杯でアッズーリ引退という話でしたが、
イタリアサッカー協会の幹部になっているミランのレジェンド、
デメトリオ アルベルティーニに引きとめられたとか。
よくやってくれた、デミ、愛してるよ!!

そんな感じで、サッカー関連のエントリも、ちょこちょこ更新しようと思いますので
サッカー関連のエントリを楽しみにしてくださっている皆様、
どうぞよろしくお願いします。

2014 FIFA WORLD CUP BRAZIL!! 決勝Tまとめ

2014.07.17

category : FOOTBALL

comment(0)

2014年ワールドカップが終わってしまいました。
4年に一度の地球規模のお祭りが終わってしまいました。
午前3時ごろまで起きていたり、5時ごろに起きたり、
ほぼ徹夜でサッカー観たり、身体的にはかなり過酷な1か月でしたが
本当に楽しい1か月でした。
今の仕事は自分の希望で休みを取れるので、うまく休みを取っていたので
しんどいとは言っても前回ほどではありませんでした。
前回は疲れすぎて生まれて初めて金縛りにあったり、
W杯終了後通勤中に電車で倒れそうになって
そのまま病院に行ったら血圧が100切ってたみたいなこともありました。

で、決勝T1回戦から。
全試合観たというわけではないので、とりあえず観たのだけ感想を。

【ブラジルVSチリ】
チリ強かったですね~。
ダヴィド ルイスに先制されて、あーこれあかんかなと思ったら、
ブラジルのスローインを掻っ攫ってサンチェスがシュート。
これがその後のブラジル代表を暗示しているような気がしましたね。
決勝Tの1試合目から延長、PKかよーーーでした、ホントに。
ブラジルのGK、ジュリオ セザールの神憑りセーブでブラジルが勝ち抜けましたが、
チリは本当に強かったです、いいサッカーを見せてもらいました。
サモラーノやサラスがいたときのチリよりも強力化してる気がしました。
本当に強くて、粘り強くていいチームでした、感動したよ。

・・・ブラジル、いっそここで負けてた方が、もうちょっとショック小さかったんじゃないかな・・・

【コロンビアVSウルグアイ】
コロンビア、本当に強かったですね。
このチームに4-1で負けても、大した恥ではない気がするよ、日本代表。
ウルグアイはGL最終戦の噛み付き事件でスアレスが出場できず、
あまりいいところもなし。

【オランダVSメヒ子】
これもいい試合でした。
先制したのはメヒ子だったけどスナイデルに弾丸シュートを決められ、
最後の最後までメヒ子が頑張ったけど、マルケスのファウルを取られてPK献上。
それをフンテラールに決められて敗退。
もうこれは本当に泣いたよ。
思い出しただけで涙出て来ます。
マルケスここまで本当によく頑張ってくれてたのに(泣)
そしてモレノが怪我して交代を余儀なくされたのも痛かったかな。
レジェスも悪くなかったけど、CBコンビってできるなら変わらない方がいいし・・・。

あとこの試合で給水タイムというのがあったのが衝撃でした。
暑さが酷いので前後半それぞれ30分くらいに給水タイム。
これさー、GLのときにもやっててくれたら、
アッズーリが勝ち抜けられたかもしれなくねー?と不服な面もありました。
それにちょっとペースが乱れますよねぇ。
水分補給は大事だけど良し悪しだと思うんです。

毎回W杯ごとに、メヒ子とチリはどんどん好きになります。
また次のW杯で面白い試合見せてください。

準々決勝
【ブラジルVSコロンビア】
今回のブラジルって、実は攻撃陣(ネイマール除く)よりもCBの方が得点力があったという、
中々シュールな状態だったんでしょうかねw
チアゴ シウヴァの得点シーンでゴール前にいたのって、ダヴィドルイスとチアゴシウヴァだし、
ダヴィド ルイスのFKもえらく鮮やかだし。
でもこれが裏目に出て準決勝のあれがあった感じでしょうか。
終わってみれば全て繋がってるように見えますねw
チアゴシウヴァが相手GKが蹴ろうとしたボールをかすめ取ってシュートしたのがファウルを取られ
イエロー累積で準決勝出場停止。
更にコロンビアのスニガのラフプレーによりネイマールは腰椎骨折の大けがで
W杯絶望という踏んだり蹴ったりの状況。

スニガのプレーには批判も多いし、私もあれはいかんだろと思うんですけどね。
その後FIFAが処分を検討とか言い出したのはどうかと思いますね。
結果処分はなくなったみたいですが、2002年の韓国とアッズーリの試合を観ろ、
ザンブロッタは大けが、マルさまは頭蹴られ、とっちゃんは観客からレーザー当てられ、
ココは頭から流血、あんなのサッカーじゃねーだろってプレーしかなかったじゃねーか。
それで誰か1人でも処分されたのか、そんな話題が出たのか。
FIFAは今すぐ解体しろや。
それから日本のマスゴミもそうだけどな。
あのときは「韓国すげーすげー、日本の代わりに頑張れ」とか
アッズーリが受けた悪質ファウルに何一つ文句着けなかったじゃねーか。
スニガからネイマールが受けたファウルは悪質だとか、
どの面下げて言ってんだ、ゴミクズが、ふざけんな、各局全部潰れろや。
ついでに言うと、マスゴミがポルトガルやアッズーリやスペインやドイツを持ち上げるのも
私は気に入らないですね。
とくにここ数年のスペインの持ち上げ方が異常でしたね。
2002年に韓国とスペインの試合で明らかにおかしいジャッジでスペインが負けたときに
お前ら一人でも「あんな誤審があっていいのか」って声挙げたのかよ。
すっげー及び腰で「誤審・・・ですかねぇ」みたいな言い方してたのどこのゴミだよ。
韓国もFIFAも日本のマスゴミも生涯許さん。

はぁ、時々思い出してこうなるんですよね。
今回は韓国が決勝T出ないから安心してたけども・・・。

なんて、思いながら、繰り返しTVで見るネイマールの痛みに悶え苦しむ姿を見て
私も涙しました、自国開催で優勝を義務付けられたチームのエースが
担架に乗せるだけで泣き叫ぶ姿とか見たくなかったよ・・・。

それでもブラジルが何とかコロンビアに勝利。
コロンビアも最後まで頑張った、ハメス ロドリゲスは得点王だし、
歴史に残る快挙でしたね、ホントにおめでとうございます。
スニガのファウルはちょっとケチついた感があるとはいえ。
ダヴィド ルイスが試合後にハメス ロドリゲスと抱き合って、
「こいつすごかったよ!!」って指差してたシーンはよかったなー。
ダヴィド ルイスっていいヤツなんだろうなぁ。

【フランスVSドイツ】
ドイツのセットプレーからフンメルスの1点を守り切って勝ち抜け。
うーん、ちょっと退屈だったのか、殆ど寝ていたようで記憶にありませんw
私、ドイツ代表のサッカーって精密機械かロボットみたいで
人間味がなくて嫌いだったんですよね。
だからここではフランスを応援していたし、
準決勝もブラジルを最初は応援していたわけですが・・・

準決勝
【ブラジルVSドイツ】
いやー、ドイツの冷酷非情っぷり冴えまくりでしたねw
ここまで来るとS属性的には好きにならずにいられませんよ、ドイツ。
そしてフランス戦でお預けだったクローゼのW杯総得点単独TOPを取れるかどうか
そんな試合でもあったわけです。
それが7-1、ブラジル超絶ホームで7-1。
誰が驚いたって、ドイツの選手が一番驚いたんじゃないでしょうか。
コロンビアが敗退してロドリゲスの得点がストップした今
得点王射程圏内のミュラーが1点。
元祖ロナウドが解説でスタジアムにいる目の前でクローゼが記録更新。
鋼のメンタルだわ。
4大会連続出場で総得点単独TOP、すごいことですよ。
クローゼ、あんた本物のレジェンドだよ。
ドイツ代表好きじゃなかったとはいえ、2002年からクローゼを観られたのは
サッカーファンとして幸せだと思うよ!
そしてこれはもちろんクローゼのポジショニングがいいこともあるのでしょうが、
チームメイトがクローゼに何とか点を取らせたいみたいな意図が見えましたね。
エジルとかミュラーが何かとクローゼにパス出すようなシーンが多かった気がします。
ドイツ代表ってそういうセンチメンタルさってないと思ってたので意外でした。
繰り返しますが、クローゼがいいところにいるのが一番なんだとは思います。

そしてそこからドイツが6分間で4得点という
嘘みたいな展開、誰も想像しなかったですね、こんなの。
そしてクロースが2点、ケディラが1点、前半30分でドイツが5点・・・有り得ない。
更に後半途中出場のシュルレが2点追加。
このシュルレって途中出場でえらい結果出しました。
途中出場の選手が結果を出すって、チームが勝つためにとても大事なことです。
とくに延長戦に入った後なんかは、それを期待されて投入されるんだから。

ブラジルはもう完全に崩壊してしまった守備陣ですが、後半は何とか攻めて
ドイツゴールを脅かすわけですが、ドイツのGKノイアーがすごかったですね。
ノイアーってGKですが、今回のW杯の活躍観ていると、
なぜかバレージ先生を思い出します、ポジション違うのにw
足元巧くてフィードも味方に通るし、きれいなタックル。
94年W杯決勝のバレージ先生はすごかったけど、あれに近いというか。
ドイツのCBが素晴らしかったかというと、悪くないけど中の上か、
上の下くらいかなという感じだったのに、ノイアーがいるだけで鉄壁。
最後にブラジルのオスカルが1点だけ取りましたが、その時怒ってたのも
ノイアーのプロ意識の高さですね、カッコいいわ。
日本代表にもああいうCB欲しい(違

この試合「オスカル」と「アンドレ(シュルレのファーストネーム)」が点を取ったと
Twitterで呟いてる人がいて、未だにツボにはまっております。

この試合からすっかりドイツ代表を好きになっちゃいましたよ。
今までドイツ代表応援したのって、2002年の準決勝。
アッズーリとスペインがあんな形で敗退して、ドイツが韓国と当たったとき。
あのときは全身全霊こめてドイツ応援して、
ドイツ勝って心底感謝しましたが、
まさか自発的に好きになる時がくるとはね、思いもしませんでしたねw

【アルヘンVSオランダ】
アルヘンは1998年のイングランドとの決勝T1回戦、
ベッカムが退場になったあの試合の記憶があって、
応援するのに二の足を踏むチームなのです。
当時は大嫌いだったけど、最近はそこまでありません。
ただアルヘンか・・・と一瞬考えてしまう程度。
しかしなぜか私、オランダ代表が好きになれないので、
ここは南米最後の砦だし、素直にアルヘンを応援することにしました。
何が嫌いとかじゃないんですよね、オランダ、何か嫌い。
1998年W杯のオランダVSアルヘンはオランダ応援しましたけどね。
ベルカンプの完璧なトラップで相手を交わしてのシュートは衝撃でした。

この試合は延長、PKまでもつれ込む死闘。
オランダは準々決勝コスタリカ戦でもPKになり、
GKシレッセンがPKを止めたことがないということで、
別のGKをPK戦に送り込んだ、何かこういう所が好きじゃないんだろうなぁ。
しかしこの試合は交代を使い果たしていたのでシレッセンのまま。
アルヘンのGKロメロはオランダのフラールとスナイデルを止め、
シレッセンは1本も止められず、アルヘンが決勝進出。
でもPKはね、自分の応援しているチームがPKで負けたとしても、
外した人、止められなかったGKを責めるのではなく、
120分で決着をつけられなかったことを責めた方がいいです。
チーム全員の責任。

【ブラジルVSオランダ】
累積で出場停止だったチアゴシウヴァ復活。
ドイツ戦はネイマール不在よりも、チアゴシウヴァがいないのが痛いと思っていたのですが、
それでも3失点。
ただチアゴシウヴァがいたから3失点で済んだのかもしれません。
ドイツ戦、もしもチアゴシウヴァがいたら5失点で抑え、ネイマールがいたら2点取って、
5-3くらいでドイツが勝ったかなと思います、たられば意味ないけどね。
好きじゃないけど、ロッベンとカイトって何なの、人間なの。
2試合連続PKまでもつれ込んで、ブラジルより中日少なくて、
「3決とか意味ねーし」って監督もロッベンも言ってたのに
蓋開けてみたら3-0とかやらしーにも程があります。
そーゆーとこが嫌いなんだぜ。
何だかんだでブラジル代表のサッカーは好きだったから、
他に応援するチームがなくなるとブラジル応援みたいな感じだったのです。
これを機に、観る側も一度「サッカー王国ブラジル」を忘れた方がいいのかもしれません。
FWにロマーリオ、元祖ロナウド、リヴァウド、ロナウジーニョが立て続けに出て来て、
右SBにはカフー、左SBにロベカルがいた時代が凄すぎただけで、
あんなこと滅多にないことなんだと思います。
ネイマールも勿論才能はあるのだけど、
上に挙げた人外レベルのFW陣、決定力のあるFKというより殺傷能力のあるFK蹴れるSBとかには
とても適わない。
それにネイマールだけではどうしても打開できない時はあるんだから、
そんなときに周りがフォローできるだけの技術がないと
とてもW杯で優勝まではねらえないんだと思います。
そして3点取られて4点取り返すだけの攻撃陣がいないなら、
DFが失点しないようにするしかないけど、それも今回のブラジルには欠けていた。
GKのせいだけじゃありませんよ。

決勝戦
【ドイツVSアルヘン】
ブラジルから7点取ったドイツとは思えないほど点が取れませんでしたね。
でもこっちが本当であって、W杯の準決勝で、しかも相手チームのホームで7点取れたのが
明らかに異常事態なんです。
あれはあれで楽しかったけど、
こちらの試合は点は入らないけど、とてもスリリングないい試合でした。
アルヘンは決定機は何度もあるのにオフサイドだったり外したりで全然決まらず、
ドイツはドイツでアルヘンの縁の下の力持ち、
マスチェラーノを筆頭とするDF陣に抑えられてなかなか点が奪えない。
これドイツダメなんじゃねーかと本気で思いました。
マスチェラーノは本当に効いてましたね。
攻撃専門のメッシの分まで汗かいて、本当に素晴らしい選手だと思います。
ああいう選手があってこその、メッシのような天才。
アルヘン=メッシみたいな語られ方をしていたけど、見方によっては
アルヘンの勝利はマスチェラーノにかかっている、そんなところがありました。
メッシメッシ騒いでるだけの人たちは知らないけど、
本当にサッカー好きな人はちゃんと見てました。
最後のインタビューの涙もカッコよかった。
ドイツ好きになったけど、マスチェラーノにトロフィー掲げて欲しかった気もします。
勝敗が分かれたのは、僅かな差だったと思います。
脳震盪を起こして下がったクラマーに変わって入ったシュルレ、やりましたねー。
シュルレのクロスを冷静に胸トラップしてゴールにたたき込んだゲッツェも途中出場。
レーヴ監督の采配が冴えまくっていたと思います。
ゲッツェと交代するときにレジェンドクローゼが「お前が点取る」みたいなことを言ったとか。
クローゼカッコいいぜ! レジェンドにそんなこと言われたら、取れないワケないじゃないか!!
シュヴァインシュタイガーの流血は肝が冷えましたが最後までホントによくやってくれました。

アルヘンのラストプレー、メッシのFK。
あれが入ってたら、PKまで行ったんだろうな。
PK戦嫌いだけど、あれは入ってほしかったです。
最後の最後まで観たかった・・・。
ノイアーがPK防ぎまくるのも観たかったな。

今大会最優秀GKがノイアー、これは全く異論ありません。
毎度毎度氷のように無表情な顔でペナルティエリアの外でも平気で出て行って
相手選手を追いかけてクリアとか、もうあの域になるとロボットだよね!
そんなロボットみたいなノイアーがメルケルとハグするときに
左足を後ろにぴょこっと上げたの可愛かったね、萌えたね。

MVPのメッシというのは色々言われていますし、
私も「えー、アルヘンからならマスチェラーノの方が・・・」というか、
MVP=マスチェラーノと思っているんですが、
それでも準決勝までアルヘンを導いたという点で、やはりメッシは本当にすごい選手でした。
強固なDF陣あってこそだけど、点取れないと勝てないからね。
ただ表彰されて嬉しそうなノイアーの横で俯き加減のメッシは観ていてつらかったです。
ノイアーもちょっと表情が曇ってたみたいだったし。

【まとめ】
GL突破したチームを見るとアメリカ大陸の国が多く、
アメリカ大陸開催のW杯ではヨーロッパの国は優勝できないというジンクスがあるし、
最終的には南米の国(多分ブラジル)が優勝と思っていたけど、
大きく予想が覆されました。
ドイツにジンクスとか関係ないんでしょうね、さすがだわ。
そしてクローゼの得点ランキング単独TOP、
ドイツが色んな記録を塗り替えた大会。
終わってみたらドイツのための大会だったとw

ドイツという国は1950年W杯のオーストリアとの合同チームのとき以外は、
ベスト8以上進出100%なんだそうです。
ベスト8以上100%って、最強じゃねーかってなもんです。
そしてTwitterでRTされまくってて驚愕した記録があります。

ドイツW杯成績(2014年現在)
参加大会16回 
優勝4回 
準優勝4回 
3位3回 
予選落ち無し(ベスト8未満なし)
決勝進出率 43.75%(WC本選参加75ヶ中第1位)
ベスト4進出率 68.75%(WC本選参加75ヶ国中第1位)
ベスト8進出率 100.00%(WC本選参加75ヶ国中第1位)

リネカーが言った『フットボールは単純だ。22人がボールを奪い合い、最後はドイツが勝つ』
ってかなり的を射た言葉なんですねぇ。
ブラジルですらGL敗退ということはあるんだから、
優勝回数でブラジルが勝っていても(とはいっても5回)
どっちが強いのかってことになると、ドイツの方が強いんじゃないかと思います。
安定してるよね。
監督が誰だろうと、選手が変わろうとこの成績おさめてるんだから。
それに世代交代がとてもスムーズに行っている印象です。
今回出場していた選手で前回も出ていた選手も多く、
決勝でアシスト&得点したのは次回の主力になりそうな20代前半のシュルレとゲッツェ。
よほどおかしなことにならない限り、次回もドイツは強いんでしょうね。
ただここのところ、W杯取ると、次のW杯でGL敗退続いてるからね。
ドイツも油断はできないでしょう・・・油断とかしないかw

しかし次回はアッズーリに頑張ってほしいことと、
ボスニア ヘルツェゴヴィナがバラバラになっていないこと、
セルビアも出て来ること、スウェーデンその他北欧も出て来ること、
ヨーロッパ開催だから難しいかもだけど、メヒ子とチリ頑張れ。
ブラジルどうか立ち直って、とあれこれ願いがあります。
日本ももう少し強くなれてたらいいね。

と、ここまでドイツ代表絶賛してきたんですが、
水を差すようなニュースが来てしまいましたね。
今日本で出回ってるニュースのソースが韓国ので信用できないから
一応ドイツのソースとされるシュピーゲルのサイトも観てみました
ちょっとドイツ語は分からんなぁ・・・。
英語版は今の所更新されていない模様。
ただ動画はあるし、観客も一緒に歌ってるし、
サッカー観戦でよくある下品なチャントみたいなやつなのかなぁ。

いずれにしてもせっかくW杯獲ったんだから
最後気持ちよく終わろうよ・・・
Old |  to Blog Top
PROFILE

KAORIE

Author:KAORIE
NAME:かおりぃ
GENDER:真ん中より右寄り
AGE:70年代最後の年生まれ
LIVING IN:9州のF県
MIXI
TWITTER:cuore_ok
MAIL:
kan.du.beskydda.mig★gmail.com

PROFILE

CALENDER
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
MONTHLY ARCHIVES
CATEGORIES
LINKS(in alphabetical order)
WIDGET








Kaorieさんの読書メーター
ACCESS
FRIENDS REQUEST
MY FRIENDS

■ ブログ名:小人閑居

■ ブログ名:Finally

■ ブログ名:zoetrope【reverse】
FC2 BLOG RANKING
SEARCH

Copyright ©Stoned Brain Returns. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。