Stoned Brain Returns

遊びの日常。日記<週記

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

移転のお知らせ

2015.05.27

category : DIARY

comment(0)

突然ではございますが、このブログを移転することにしました。
Kentのブログの方でも書きましたが、
5月末での仕様変更がちょっとばかし不都合なため
気分転換も兼ねて引っ越ししようと決意した次第であります。

2006年からここで色々書き綴って来たわけで
引っ越しというのは少々淋しくもあるのです。
本当に色々ありました。
1000件近いエントリに1000件近いコメント。
懐かしい名前もありますし、テンプレートも気に入っていました。

うーんやっぱりここは引っ越すの止めようかなw
いやもうWordpressで新しいの作ったから。

古いエントリも全部そっちにあるので
必要ならご覧ください、こっちも特別に削除はしませんので。
で、新しいURLはこちら。

Kentのブログはタイトル変えたのでこっちはどうしようか悩んだけど
大きく変えずに付け足した。
いやただスピンオフって使ってみたかっただけで
深い意味は何もありません。
だってカッコいいじゃん、スピンオフ。

で、KentのブログのURLはKentのブログにも書いてるけどこちらね。
あともう一つ、ものすごく密かにやってるアレは変えません。
仕様かわっても大して関係ないからそのままです。

と言うわけで、次からは新ブログになりますのでどうぞよろしくお願いします。
スポンサーサイト

アイラブユーゴ(全3巻)

2015.04.19

category : BOOKS

comment(2)

アイラブユーゴ1 (自主管理社会趣味1)アイラブユーゴ1 (自主管理社会趣味1)
(2014/08/12)
鈴木 健太、亀田 真澄 他

商品詳細を見る

アイラブユーゴ2 (自主管理社会趣味)アイラブユーゴ2 (自主管理社会趣味)
(2014/11/23)
百瀬亮司、亀田真澄 他

商品詳細を見る

アイラブユーゴ 3 女の子編 (自主管理社会趣味)アイラブユーゴ 3 女の子編 (自主管理社会趣味)
(2015/03/09)
亀田 真澄、山崎 信一 他

商品詳細を見る


どのタイミングで感想を書こうか悩んでいたのですが、
2巻を読み終わった時点で、これは3巻まで揃えて、読み終えて
1つのシリーズとして感想を書こうと決めて待ち、
結果こんな中途半端な時期に感想を書くことに相成りました。
時々このブログにユーゴ関連(まぁ映画がメインですが)でいらっしゃる方が見受けられるので
ぜひともご紹介しておきたい「アイラブユーゴ」シリーズ!

私がユーゴ愛に目覚めたきっかけと言うのはサッカーでした。
ピクシーが好きとか、98年の日本が初出場したフランスW杯で
同じグループにいたクロアチアに惚れ込んだとか(これも運命的と言えば運命的)
そんなようなことだったわけです。
このW杯にはユーゴスラヴィア代表も出場していて
ベスト16までは進んでいました、ピクシーもいましたね。
サッカーの話は長くなるので興味があれば「引き裂かれたイレブン」で検索してください。

引き裂かれたイレブン ~オシムの涙~ [DVD]引き裂かれたイレブン ~オシムの涙~ [DVD]
(2007/03/21)
イビチャ・オシム

商品詳細を見る


サッカーが入口になってユーゴスラヴィアという消滅した国に興味を持ったわけですが、
割とその前から縁はあって英語を教えてくれていたイギリス人に
色々コソヴォの空爆の話を聞いたりはしていたんですよね。
ただユーゴスラヴィアと言う国はとにかく複雑すぎる。
歴史を遡ると平気でオスマントルコだのオーストリアハンガリー帝国だの出て来るし
宗教も正教系カトリックイスラムと入り乱れてるし、
国境は海で囲まれ、「日本人」という括りで何の問題もなく
疑いも持たずに生きてきた日本生まれの日本人には到底理解できないカオス。
そして血で血を洗う内戦の暗い歴史がある。

そんなユーゴスラヴィアという国を決して暗い歴史ではなく、
当時の政治、経済、文化、人、スポーツ、食べ物等々
ユーゴスラヴィア国民が普通の生活で触れていたことを
写真あり解説ありで纏められた、実に分かりやすく
それでいて非常に濃い内容のユーゴスラヴィア本。
こういう本が欲しかったんだ!!!と小躍りして喜びました。
もう1冊出るごとにどれだけ次の発売を待ち、
最終巻の3巻で「もうこれで終わりなんだ」と悲しんだことか。

そもそもこの「アイラブユーゴ」シリーズとの出会いと言うのが実に偶然で、
今の勤務先の東京本社から人が来たときに
その方が旧ユーゴの構成国Sに留学していたことがあるという話を聞き、
それをTwitterでツイートしたらRTされていたのです。
誰だろうと思ってプロフィールを拝見したら
「アイラブユーゴ」シリーズの編集者の方だったというわけ。
深いユーゴ愛が私を導いてくれたに違いない!

更にちょうど1巻(ユーゴの政治、民族、宗教など)を読んだ数日後、
これは本当にびっくりするほど偶然だったのですが
大阪に住む親友殿、某hdk氏がThe Radio Dept.の曲についてツイート。
この曲です。

この曲で繰り返される「Smrt fašizmu, sloboda narodu!」というフレーズが
ちょうど「アイラブユーゴ1」に出て来ていたのです。
ユーゴスラヴィア、パルチザンの人民英雄スティエパン フィリポヴィッチが処刑される直前に
5,000人の人民の前で言ったとされ、
ユーゴスラヴィア人民解放戦争のスローガンとなった言葉です。
こういうタイミングって重なるもんですよね。

そしてこのシリーズは写真や記事の内容も然ることながら
各巻の著者の方のユーゴ愛に溢れた「はじめに」が心に染みるのです。
普通に生活していて「ユーゴスラヴィア」と言っても
ちょっと知っている人ですら「ユーゴスラヴィアって・・・今もう国ない・・・よね?」
みたいな反応しか返ってこないのに、
日本のどこかにこんなにユーゴ愛に溢れた方がいらっしゃるのかと思うと
ちょっと目頭が熱くなってしまいます。

そして著者の皆様、編集者の方のTwitterのアカウントもあり
皆様のアカウントをフォローして事あるごとにあれこれリプライや
RTしたり、してくださったり、やり取りをさせていただいたものですから
ただ買って読んだだけであるにも拘わらず、
自分もすごく深く関わらせて頂いたような気がして愛着が湧いています。
せめてユーゴノスタルギストの同志にこのシリーズの存在を知らせ、
微々たるものでも本の売上に貢献するくらいのことはせねばと
このエントリを立ち上げてた次第であるのです。
まぁ貢献できても1冊か2冊くらいだとは思いますが。

1巻=大人編(政治、歴史、民俗、宗教など)
2巻=男の子編(スポーツ、建築、乗物など)
3巻=女の子編(ファッション、音楽、芸術、食べ物など)

とざっくり分かれていますが、私のように
「サッカーユーゴスラヴィア代表!! ボスニア ヘルツェゴヴィナ代表!! ピクシー!!」
という女の子(という年齢ではないが)もおれば、
男の子でも「ロマ音楽!! バルカンビート!! クストリッツァ!!」な人もいるので
ちょっと気になるテーマから読んで行けるのが良い所。

ユーゴスラヴィアサッカーとかエミール クストリッツァが好きで
ユーゴスラヴィアが好きで検索して
このブログに辿り着いた方、ぜひ読んでみてください!

ARDBECK " BLUE " RELEASE LIVE FUKUOKA@ROOMS

2015.04.17

category : LIVE!

comment(0)

去年の11月にスウェーデンの民族楽器、ニッケルハルパの演奏をする
Väsenというバンドのライブに行きました。
そのライブに関してはブログで感想を書けてませんすみません。

で、その時のライブの召喚元、JABUPさんから届いたメルマガで紹介されていた
ARDBECKなるユニット。
シューゲイズだのチルアウトだの書いてあったので興味が湧いて試聴してみたら
これが結構よかった。
ミニアルバム「BLUE」が3月にリリース予定で

BLUEBLUE
(2015/03/18)
ARDBECK

商品詳細を見る


(曲のタイトルの感じがマイブラっぽいのです)

そのリリースパーティーが
福岡のオサレライブハウス(注:イメージです)ROOMSで開催されるというので行ってまいりました。
ARDBECKの他に福岡の地元エレクトロニックバンドANALOGIXと
音響系のバンドmacro room groupが共演。
ANALOGIXとmacro room groupもネットで音源や動画をチェックしたら
何となくよさそうで楽しみでした。

当日、何とその数日前に近頃余りひかない風邪をひき
決して万全とは言えない体調で臨んだライブ。
しかもちょっと今色々ありましてメンタルも絶不調。
楽しみだけどライブ行くのやめて寝ていたいとすら思ったのですが
えいやっと気合を入れて行ってみたら!
良さそうだとは思ったけど、そこまですごく期待はしていなかった地元バンドの
ANALOGIXとmacro room groupが思いのほかよかった!
トップバッターのANALOGIXが80年代のテクノっぽいビジュアルで
寸劇も交えながら、動きもややキモ目wで面白く、
でもその見た目の面白さに負けないリズムのしっかりした音。
あれはフジロックの深夜にレッドマーキーとかで聴いたらヤバい音です。

ANALOGIXから一転、macro room groupはダークでミニマルな音。
このライブで観なかったら恐らく出会わなかっただろうなと思いますが、
ストイックにライブやってるバンドって後々まで印象に残ることが多いのです。
非現実的な音から、最後のラップで驚いた感じでした。
職人っぽい音作りで、ドラムは特にそんな感じだった。

そして真打登場。
ARDBECKはヴォーカルとベースの須藤優さん、ドラムの堀正輝さんに加え
サポートでギターの楢原英介さん。
CDを聴いている限り、それなりにリズムはしっかりしているけど、
マイブラやThe Radio Dept.的な儚さやドリーミーな感じもあり、
オシャレな印象で、そういう心構えでのライブ参戦だったわけです。
が、ちょっと違った!
須藤さんの声は遠くから儚げな感じで聴こえて来るのだけど
もっとこう、がっつり踊れる骨太な音で、いい形で大いに裏切られました。
特に「BLUE」の中でも私の一番好きな曲「CRISIS」
この曲の破壊力はライブでもハンパなかった!
よかったなー、楽しかったなー。
「BLUE」がミニアルバムということで収録曲全部演奏しても6曲。
未収録のを2曲(うち1曲はアンコール)であっという間だったのが本当に残念。
3時間くらい踊り狂ってたいような音だった。
ぜひまたチャンスがあればライブ観たいです。
フェスの雰囲気にも合いそうだし、今後の活動に大いに期待です。



イミテーション ゲーム

2015.04.01

category : FILMS

comment(0)

イミテーション ゲーム」を観て参りました。
アカデミー賞に8部門ノミネートの割に、結果はパッとしなかったですよねぇ。
まぁアカデミーなんてアメリカローカル賞どーでもえーわということだし、
映画観るたびに好きになるベネディクト カンバーバッチが出てるし、
これは行っておくしかないと楽しみにしていましたが、
ちょっと出遅れた感が無きにしも非ず。
実は去年から楽しみにしていた「味園ユニバース」をやっと観られて満足してしまって
映画館通いをサボっていたのです、本当にごめんなさい。
でも「イミテーション ゲーム」だけは観とかなくちゃなーと
ようやく重い腰を上げて行ってきました。

以下ネタバレします。

続きはこちら >>

高知旅行記(2015年2月27日~28日)

2015.03.02

category : TRAVELLING

comment(0)

2014年に初めて行って以来、1年で2度も行った高知に、
今年も早速行ってまいりました。
本当は3月中旬~下旬のどこかで行こうかと思ったのですが、
2月に追加出勤の可能性がなくなり、天気も良さそうだったし、
ホテルもバスもまだ空いていたということで、急遽決定。
1年で3度も行っているとさすがに慣れたもので
3日前くらいでもさっさと手配完了。
ただ今回は微妙に週末と被っていたせいなのか往復ともバスが混んでいました。
いつも人が少なくて、採算取れているのか心配だったので、
窮屈だったとは言え一安心。

以下長くなるのでTOPページからの方は続きへどうぞ。





続きはこちら >>

味園ユニバース

2015.02.20

category : FILMS

comment(0)

去年制作が発表になり、半年近く待っていた渋谷すばる主演の映画
味園ユニバース」とうとう観てきました。
先日関ジャニ∞のラジオ公録の際に飛溺氏に連れて行ってもらった
大阪千日前にある味園ビルの地下1階、味園ユニバースが舞台。
・・・と言うほど、ユニバースは登場しなかったのですが
赤犬のワンマンライブですばる演じるポチ男が
ユニバースの舞台で歌ったシーンは
実に華やかで、ちょっと退廃的で印象深いシーンでした。

以下ネタバレ。

続きはこちら >>

関ジャニ∞のレコメン! ラジオ史上最大の公開録音スペシャル

2015.01.26

category : EVENT PARTY

comment(0)

遅ればせながら、あけましておめでとうございます。
今年も大した更新はないと思いますが、どうぞよろしくお願いいたします。

去年発売された関ジャニ∞のCD3枚、
言ったじゃないか / CloveR 【初回限定盤B】(DVD付)言ったじゃないか / CloveR 【初回限定盤B】(DVD付)
(2014/10/15)
関ジャニ∞

商品詳細を見る


関ジャニズム (通常盤)関ジャニズム (通常盤)
(2014/11/05)
関ジャニ∞

商品詳細を見る


がむしゃら行進曲 (通常盤)がむしゃら行進曲 (通常盤)
(2014/12/03)
関ジャニ∞

商品詳細を見る


を購入し、それぞれについている番号を応募すると
抽選でイベントに参加できるということで、とりあえず応募したら何と当選。
以前8周年のイベントにも当選しながら
仕事のせいで行けなかったという苦い過去もありましたが、
今回はしっかり行ってきました!
イベントは村上くんと丸ちゃんがやっているレコメンというラジオ番組の公開録音。

会場は初の大阪京セラドーム。
新大阪で降りて、大阪駅に向かい、いつもの飛溺氏と待ち合わせをしていた
玉造の駅までに既に数人のエイターさんに遭遇。
福岡ドームでのライブでも福岡市内の主要駅の至る所で
グッズのトートバッグ持った人見かけたけど
やはりドームでのライブというのは凄いですね。
4万人が来場したというのだから無理もありませんが。

開場から開演まで2時間もあったので
そんなに早く行っても仕方なかろうと、何度も振られた玉造の
フォーゲルブローというスウェーデンカフェでのんびりランチして京セラドームへ移動。
あぁそうだ、始まる前にトイレに行っておかなくてはと思ったら
女子トイレがどこもえらい行列でできる限り少ない所を探し求めて
ドーム半周はしたのではなかろうかと思います。
開演間に合わん!とかなり焦りましたが何とかギリギリで着席。

ちょうど京セラドームでのライブの中日ということもあり、
ライブのセットはライブの時のまま。
今回は福岡ドームのチケットが取れず行けなかったので
こんな感じなのかー観たかったなー、
ラジオの公開録音とは言え、何か曲も演ってくれるんじゃないかなーなんて
淡い希望を抱いていたら突然客電が落ちて
メインステージではなく、アリーナ中央のステージにメンバー登場!
しかも全員私服!
メンバー曰く「リハーサルみたい」な感じで「がむしゃら行進曲」で開幕でした。
イベント冒頭と、公録終了後に「オモイダマ」と「ズッコケ男道」を演ってくれました。
ラジオでリクエスト募っていたらしいですね。
福岡の局ではほとんど信ちゃんと丸ちゃんの時間ないから
全然聴いてなくて知りませんでした。
いえスミマセン、実はラジオってそもそも好きじゃないから全然聞かないんです。
なのでラジオでの放送も結局聴いていません、ごめんなさい。

・・・「RAGE」聴きたかったなー、「オモイダマ」って好きじゃないんだよなー。
「関ジャニズム」のライブのDVD待っとくしかないか。

ラジオ用のトークはメインステージにテーブルを並べ、メンバーが座った状態で
まーったりと進行。
背後の大画面のお陰でみんなの顔見えたけど、ライブみたいにあちこち来てくれないので
実物は殆ど見えませんでしたが
ライブと違って皆私服で緊張感まるでなしw

箇条書きでツボだったネタ。

・BLはベーコンレタス(by丸ちゃん)
・添い寝できるメンバー、人気1位は丸ちゃん
・「丸、気持ちいいねん」と丸ちゃんとベタベタ触る両隣のヨコと大倉
・でも丸ちゃんが添い寝できるのはすばさん
・ヤスは「みんなとできる(添い寝)」
・仰向けの信ちゃんと、信ちゃんの方を向いて添い寝する亮ちゃん
・信ちゃんでも萌そでは可愛い
・なぜかビートルズの「HELP」のイラストの服を着た信ちゃん
・いつもの乙女っぷりが影を潜め、やけに男前なヤス
・でもヤスの画面が櫓に隠れて全然見えない
・メガネの亮ちゃん
・やけに疲れ気味のすばさん
・65㎏まで太りたい(by亮ちゃん)

そしてイベントは終わり、一旦別れた飛溺氏と再合流。
公録がメインイベントではあったのですが、この後が結構重要なイベントでして、
2月に公開予定のすばさん主演の映画「味園ユニバース」の舞台になった
なんばの「味園ビル」に連れて行ってもらったのです。
「エイトの中で一番演技が巧いのは、絶対にすばるだ」と言い続けて久しいですが
漸くすばさん主演の映画ということで、心の底から楽しみにしている映画。
そしてイベントの数日後、すばさんのソロライブが
味園ビルの地下にある「ユニバース」で開催されることになっていました。
そのライブにはとてもとても行けませんでしたが
すばさんがロケ中に歩き回ったであろう場所を歩き回り、
ちょっとだけライブに行けない悔しさは紛らわせた気がします。
当然ですがたくさんのエイターが味園ビルの周りで写真撮影。
ライブやイベントに来たついでですよねー、考えることは皆一緒ですよねーw

「味園ユニバース」の主題歌のすばさんのソロシングルも発売になります。
これは買うしかありません。

記憶 / ココロオドレバ (初回限定盤)(DVD付)記憶 / ココロオドレバ (初回限定盤)(DVD付)
(2015/02/11)
渋谷すばる

商品詳細を見る


できることなら味園ビルの大宴会場で晩御飯したかったのですが、
3連休だったしイベント終わってからの規制退場にひっかかり
京セラドームから脱出するのに時間がかかり
それは叶いませんでした、残念でした、いつかリベンジに行かねばなりません。
その時にはスナック街のお店にも入ってみたいです。
そしていつかユニバースでライブも観たい。

福岡に帰って来てから、買ってはいたけどなかなか見られなかった十祭のDVDも観ました。

十祭(通常盤)  [DVD]十祭(通常盤) [DVD]
(2014/12/24)
関ジャニ∞

商品詳細を見る


正直なところ、公録イベントよりもこれはかなり面白かったです。
ジャニーズメドレーカッコよかった。
特にすばさんヨコ信ちゃんの少年隊素敵でした。

去年も今年も年の初めのブログが関ジャニ∞って
ガチなエイターっぽいですね、私w

Kieth Flack Countdown Special "CLUB SNOOZER 福岡"2014/12/30

2014.12.31

category : LIVE!

comment(0)

近頃はすっかりクラブイベントから足が遠のいていて、
細かくイベント情報をチェックすることすら怠っていたわけですが
Twitterで偶然、NAHAVANDがCLUB SNOOZERで福岡に来る!と知り
当然行ってきたよ!
約1年前のThe Cigavettesのさよならライブくらいから
めっちゃ楽しみにしてたよ、NAHAVANDのライブ!!
さらにNAHAVANDのライブの前に、元The CigavettesのVo.山本政幸の
アコースティックライブも決定。
自分が参加しているサークル「星屑書房」の忘年会の後、
懐かしのKieth Flackに直行しました。

まずはまさゆきのゆるーいアコースティックライブ。
The Jamの「English Rose」のカバーで始まり、オリジナル曲と
ブランキーの「赤いタンバリン」のさわりのとことか、
本家ポール マッカートニー御大よりも素朴でじわっと心に染みる「Blackbird」とか
最後はくるりの「虹」
くるりは
「皆いいって言うしきっといいんだろうから聴いてみたけど
結局一度もいいと思わなくてでもまさゆきの歌うくるりの曲は
何だか知らないけどいつもいつもいい曲に聴こえるから
本当にいい曲なのかもと思ってくるりのを聴くとやっぱりいいと思わない」
の無限ループなので、
このまさゆきのカバーもすごくよかったんだけど
いつもと同じことだろうなーと思いつつ、くるりのオリジナルを聴いてみたら、
やっぱりいつもと一緒でまさゆきのカバーがよく聞こえただけでした。
もう次はオリジナルを聴き直す必要なさそうです。

ビョークとくるりとTeenage Fanclubは諦めました。

まさゆきの7月に発売(手売りのみ)になったソロCD、
ライブでも歌っていた曲が収録されている「ROULETTE EP」も
やっと入手できました。
グーグル先生で検索しても全然情報出て来ないし、
本当にリリースされたの?くらい思っていたので手に入って安心。
シンプルなアコースティックな音です。
最後の「ルーレット」ホントによかったよ。
CD見つけたら聴いてください。

さぁこれで「山本政幸 ソロ CD」とかの検索でこのブログが引っかかるようになる
そういうオチですね、分かりますw

そしてNAHAVANDです。
大阪の某hdk氏に1stアルバムの音源を頂いており、
殆ど曲は頭に入れてありましたどころか、むっちゃ聴いたよね。
ライブ前に飽きたらどうすんの?というくらい聴いた。
それにYouTubeにいくつか上がってる動画も観たし、
絶対ライブカッコいいはず!と200%くらい期待してたけど、
もう期待通りだった、ライブの時間短いよ!

CDもよかったけど、佇まいが本当にカッコよくて
ライブでずっと観ときたいというか、何か戦ってるような気分になる感じ。
宮内くんのパンチのあるVo.も、時里くんのロックなギターも大好き。
アルバム未収録だけど、「Why Always You Are」も聴けてよかったです。
贅沢言うと「MUSIC」も聴けたら嬉しかったなー。
フリーDLだけの頃の音源も本当にいいよね、だからこそ
リリースされたCDをちゃんと買おうって思うわけです。



アルバムには↑の曲のfeat.なしのが収録されていて、
ライブでそれをやったあと、山本兄弟いるけどどうなのかなーと思っていたら
最後やってくれました。
これライブで観るの夢だった!
2015年、本厄で、前厄の今年の酷さに、「オレ来年年越せないかも凹」とか思ってたけど
何とか頑張って生きていけそうな気がしたよ。

CDはNAHAVANDの公式サイトかライブ会場で買えます。
あと大阪のFLAKE RECORD?
そしてCDもいいけど、絶対ライブいいから!
NAHAVANDのライブで感じる力を表現するボキャブラリーが私にないのが
本当に残念でしたかないよ。
いつもライブ観たいから福岡に毎週おいで!って言ったけど、
私が関西に引っ越したらもっとライブ観られるかな!

去年、観たいバンドが殆ど来日してしまって、
今年は本当にライブが少なかったから欲求不満気味だったけど、
最後に最強のNAHAVANDのライブ観られてよかったです。
来年もまた観られますように!

2014年映画ランキング

2014.12.29

category : FILMS

comment(0)

今年はライブに行く回数が例年に比べて少なく、
ライブのための遠征もSuedeで1度大阪へ行っただけでした。

その代わりと言っては何ですが、サッカーの試合と
劇場での映画鑑賞にかなりの時間を費やしました。
ということで、2014年に劇場で観た映画を振り返ります。

まず簡単なデータ。
福岡市総合図書館のシネラ、爆音映画祭の西鉄ホールを合わせ、
延べ35本、年間劇場鑑賞本数最高記録です。
内、2度観た映画は「チョコレートドーナツ」と「嗤う分身」の2本。
今年初上映の作品は28本。
再映作品が5本。

劇場としてはKBCシネマで観た作品が20本(延べ21本)
中洲大洋が3本。
TOHOシネマ天神が3本。
キャナルシティが1本(延べ2本)
T-JOY博多が1本。
シネラ2本、西鉄ホール3本。
KBCシネマダントツ1位です。
そりゃあ観たい映画を探すときKBCシネマの近日公開作品をチェックするくらいだから
当然と言えば当然なんですけどね。

次、Kaorie的ランキング。

再映も含め期待してたほどではなかった映画3本。
・レイルウェイ運命の旅路
・8月の家族たち
・ストックホルムでワルツを
・ブルーベルベット
・アルゲリッチ 私こそ、音楽!

そんなに期待してなかったけどよかった映画3本。
・紙の月
・聖者たちの食卓
・エイトレンジャー2

再映も含め、年間ベスト5。
1、UNDERGROUND(爆音映画祭2014)
アンダーグラウンド 2枚組 [DVD]アンダーグラウンド 2枚組 [DVD]
(2012/04/28)
ミキ・マノイロヴィチ、ラザル・リストヴスキ 他

商品詳細を見る


2、嗤う分身
(DVD未発売)

3、チョコレートドーナツ
チョコレートドーナツ [DVD]チョコレートドーナツ [DVD]
(2014/12/02)
アラン・カミング、ギャレット・ディラハント 他

商品詳細を見る


4、ブルージャスミン
ブルージャスミン [DVD]ブルージャスミン [DVD]
(2014/10/24)
アレック・ボールドウィン、ケイト・ブランシェット: サリー・ホーキンス 他

商品詳細を見る



5、ダラス バイヤーズクラブ
ダラス・バイヤーズクラブ [DVD]ダラス・バイヤーズクラブ [DVD]
(2014/09/02)
マシュー・マコノヒー、ジャレッド・レト 他

商品詳細を見る


以上。
よく観ましたねー。
金額も計算しようと思ったけど面倒だったので諦めましたw

来年も面白い映画にたくさん出会えますように!

映画あれこれ

2014.12.08

category : FILMS

comment(0)

「嗤う分身」以来劇場で鑑賞した映画の感想をサボっていたので
ここでまとめて書こうと思います。
Filmarksには色々書いているので、ご興味あればご覧ください。

100歳の華麗なる冒険
日本でも高齢者を主人公にした映画は多くなっている気がしますが、
これはスウェーデンの100歳の誕生日を迎えたアランが
老人ホームから脱走すると言うコミカルなロードムービー。
と言うと可愛らしい感じに聞こえますが、このアランというじーさんが結構頭おかしい。
子供の頃から爆発物と爆破が大好きという危険人物っぷりで、
そもそも老人ホームに入れられたのも、家猫を外に放してキツネに殺されてしまい、
そのキツネを納屋諸共爆殺したという経緯。
もう危な過ぎです。
そのアランが適当に辿り着いた電車の駅で若者から一瞬預かったトランクに
大金が入っていることを知らず電車に一人乗り込んだことでマフィアに追いかけられるという
現在のアランの話と
アランがそれまでどんな人生を送って来たかという物語をクロスさせて話が進行するわけですが
その過去の話がまたブラックすぎて時々「ここ笑っていいの?」というレベル。
あれよあれよと言う間に戦争に巻き込まれ革命に巻き込まれ、
有名政治家に出会い、何となく全て切り抜けていく様は圧巻です。
そして特に感傷的になるでもなく、サラッと次から次へと人が死んでいく。
ホラー映画みたいです。
生首飛んできたときは焦ったわw

日本で高齢者をモデルにした映画を撮るにしても、
ちょっとこういうのはできないだろうなぁ。

紙の月
何度か劇場の宣伝で観て、宮沢りえがよさそうだったので観た映画。
ちょうど中洲大洋のポイントが貯まってたので無料で観られました。
銀行の契約社員である平凡な主婦、梨花が
銀行の顧客の大学生の孫の光太と不倫関係になり、莫大な額の銀行預金を横領。
二人で贅沢の限りを尽くしたが、銀行の書類の不備が明らかになり
梨花が追い詰められていくという映画。

この映画は原作があるのですが読んでおらず、
紙の月 (ハルキ文庫)紙の月 (ハルキ文庫)
(2014/09/13)
角田 光代

商品詳細を見る


ドラマ化もされて評判がいいようですが、観ていません。
紙の月 [DVD]紙の月 [DVD]
(2014/10/24)
原田知世

商品詳細を見る


なので単純に映画がどうだったかということで語ると、
ちょっと梨花と光太が不倫関係に至る経緯が雑な感じで
もうちょっと何かなかったの?と思う所があったのですが、
それでもなかなか緊張感があっていい映画でした。
それと平凡な主婦を演じるには宮沢りえはオーラあり過ぎますね。
地味な化粧に地味なコートを着て、ポケットに手を突っ込んで歩いてても
銀行の地味な制服着ててもカッコいいんですよね。
今まで気付かなかったけど、意外と男前な感じもして素敵でした。
それから銀行の同僚、隅役の小林聡美。
梨花の横領が発覚して、会議室のようなところで二人で話すシーンがあるのですが
張りつめた空気感が、さすがだなと思いました。
更に意外だったのが同じく同僚の相川役、大島優子。
AKBとかどうなの?とちょっと思ってたけど、悪くなかったです。
梨花が横領に手を染めていくのを知っているかのような発言をして
梨花や観ている側をハラハラさせる演技はよかったです。

そしてテーマソングがThe Velvet Undergroundの「Femme Fatale」
Velvet Underground & NicoVelvet Underground & Nico
(1996/05/07)
The Velvet Underground

商品詳細を見る


映画は薄靄がかかったような、冷たい雰囲気だったけれど、
最後に流れる「Femme Fatale」が生々しく、現実離れした空気を出していて◎。


トム アット ザ ファーム
モヤッとした映画でした。
映画を観る前にある程度設定を頭に入れておかないと
ストーリーに必要な人間関係が理解できないような気がします。
トム(監督で脚本も書いたグザヴィエ ドラン)はゲイで、恋人のギョームは
交通事故で死んでしまった。
トムはギョームの実家へ葬儀の為に向かうのだが、家族がちょっとおかしい。
ギョームが「サラ」というカノジョがいると母親に言っていたため
トムはギョームの友達であると自分の立ち位置を偽らなければならない。
ギョームの兄フランシスは暴力的な男で、トムに対しても家に閉じ込め、
家業である酪農を手伝わせ、母親の為にとウソを吐かせ、
とにかく何かにつけて暴力をふるう。
周囲の村人からも村八分にされている様子。
同性愛者を嫌悪している風だったのだが、トムとタンゴを踊ったり、
いつの間にか寝床がくっついていたりして、
「え、トムとフランシスはそういうことになっちゃってるの?」と
思わずにはいられないような男。

ストーリーはモヤッとしていますが、とても綺麗な映画でした。
「愛のサイコサスペンス」という触れ込みを観て
「サイコサスペンスねぇ」という気がしないでもありませんが、
何だかんだフランシスの存在がエロティックで
暴力的だけどどこか惹かれるところがあるんですよね。
フランシスはDV男の典型で、トムはそれに振り回される典型なのかもしれないけど。

そして最後に流れるルーファス ウェインライトの「Going To A Town」


「ブロークバック マウンテン」や「チョコレートドーナツ」のときもそうでしたが、本当にルーファス何なの。
主役がゲイの映画ではルーファスの映画を使うような決まりでもあるの?!
しかもルーファスの曲のせいで映画そのものの価値が上がってるような気がして
騙されたんじゃないかって気がして仕方ないんだけどw

Release the StarsRelease the Stars
(2007/05/15)
Rufus Wainwright

商品詳細を見る




デビルズ ノット

ウエストメンフィス3事件という実際にアメリカで起きた事件に関する映画。
アーカンソー州ウエストメンフィスで3人の男児が惨殺された。
容疑者は3人の10代の少年たち。
しかしずさんな捜査と偏見で容疑者にされた少年たちの、冤罪の可能性を疑った弁護士のロン ラックスや
被害者の少年の母親のパム ホッブスを筆答に、
アメリカの様々な著名人が声を上げ、3人の少年は
「有罪を認める代わりに釈放」という全く意味の分からない司法取引で釈放。
この映画も当然結論が出ないまま終わります。

未解決事件は大好きですが、映画作品として観るにはどうなのかなと
ちょっと思ってしまう内容ではあります。
まぁ啓発目的というのはあるのでしょう。
だいたい私はロン ラックスを演じたコリン ファース目当てで行ったので
内容がどうこうはまぁそこそこ映画としてできていればいいくらいの感じだから
文句はありません。
やっぱりコリンは素敵、スーツ姿カッコいい、コリン大好き。
それより容疑者の1人ダミアン役のジェームズ ハムリックが綺麗な子でした。
若かりし頃のSuedeのギタリスト、リチャードのような美少年でした。
リチャードも今はピザってるけど、加入当初は目が飛び出るような美少年でしたからね。
時間って残酷だね。


365日のシンプルライフ
今年は北欧映画が充実している気がします。

「デビルズ ノット」の後に昼食を食べた後という時間帯に観たので
睡魔に負けて冒頭は記憶にありません、情けないことです。
主人公のペトリはカノジョに振られたのをきっかけに
物が多過ぎる自分の部屋にうんざりして、全て残らずトランクルームに預け、
1日に1つだけ、必要なものを持ち帰り、新しく買い物はせず、
それを1年間続けると言う実験をする。
主人公のペトリを含め、家族もご本人様が演じているという
手作り感満載の映画です。
シンプルに生きようとする人がシンプルに作った映画。
でも服まで預ける必要あったの? トランクルームまで全裸で疾走って
日本だったら下手したら捕まるよwという疑問もある。
まぁ実験ですからいいんだと思います。

「所有とは責任であり、モノは重荷になる」

私の死んだばあさんが、正にこういう感じの人で、
自分の家や部屋はモデルルームみたいでしたね。
ひいばあさんが死んだ時に、その荷物の片付けで大変な思いをしたそうで
その教訓だったらしいです。

以上。
2014年も残すところあと1か月弱となりましたが、
あと何本くらい観られるのでしょうか。
新しい作品ももちろんまだまだあるのですが、
福岡で12月中旬に開催される「爆音映画祭
大好きな「UNDERGROUND」の上映が決定。

アンダーグラウンド 2枚組 [DVD]アンダーグラウンド 2枚組 [DVD]
(2012/04/28)
ミキ・マノイロヴィチ、ラザル・リストヴスキ 他

商品詳細を見る


これは絶対観に行くし、今まで観たかったけど観てなかった映画
「ブルーベルベット」も上映決定。
ブルーベルベット (特別編) オリジナル無修正版 [DVD]ブルーベルベット (特別編) オリジナル無修正版 [DVD]
(2007/11/02)
カイル・マクラクラン

商品詳細を見る


日本公開当時、なぜ劇場で観たのか分からないけど観てて、
もしも今日本で公開されても絶対観るであろう「ドラキュラ」も上映。
ドラキュラ [DVD]ドラキュラ [DVD]
(2009/11/04)
ゲイリー・オールドマン、ウィノナ・ライダー 他

商品詳細を見る


ゲイリー オールドマンですよ。
大好きな映画ですよ。

もう5~6本は観るかも知れませんね。
Old |  to Blog Top
PROFILE

KAORIE

Author:KAORIE
NAME:かおりぃ
GENDER:真ん中より右寄り
AGE:70年代最後の年生まれ
LIVING IN:9州のF県
MIXI
TWITTER:cuore_ok
MAIL:
kan.du.beskydda.mig★gmail.com

PROFILE

CALENDER
09 | 2017/03 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
MONTHLY ARCHIVES
CATEGORIES
LINKS(in alphabetical order)
WIDGET








Kaorieさんの読書メーター
ACCESS
FRIENDS REQUEST
MY FRIENDS

■ ブログ名:小人閑居

■ ブログ名:Finally

■ ブログ名:zoetrope【reverse】
FC2 BLOG RANKING
SEARCH

Copyright ©Stoned Brain Returns. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。